パスタを水につけるともちもち感倍増!簡単・美味しい水漬けの作り方は?

水漬けにしたパスタはもちもちとした美味しい食感になることをご存知ですか?水につけるだけでもちもち食感のパスタができたら簡単で便利ですよね。美味しいもちもちパスタを作るためにチェックしておきたい水漬けの方法について見ていきましょう。

パスタを水につけるともちもち感倍増!簡単・美味しい水漬けの作り方は?

目次

  1. 水漬けパスタの美味しい作り方を知りたい!
  2. パスタを水漬けにすることのメリットとは?
  3. どのくらいの時間パスタを水につける?
  4. 水につける場合のパスタの茹で方は?
  5. 電子レンジで加熱しても美味しい水漬けパスタになる
  6. 冷凍保存をしても美味しい水漬けパスタになる!
  7. 簡単にできる水漬けパスタの冷凍保存方法
  8. 冷凍した水漬けパスタの美味しい解凍方法
  9. もちもちパスタで作りたいおすすめのアイディア
  10. 水につける方法で美味しいパスタを作ってみよう!

水漬けパスタの美味しい作り方を知りたい!

美味しい食感になると評判の水漬けパスタ

「自宅でも簡単に美味しいパスタを作りたい!」という場合に人気を集めているのがパスタを水につける方法。茹でる前にパスタを水につけることによって、ワンランク上の美味しいパスタに仕上げられると評判です。水漬けパスタはSNS上でも高い人気を呼び、パスタ好きの間では水につけてからパスタを調理する方法が定番になりつつあるのではないでしょうか。

パスタはランチタイムにお腹を満たしたい時や、時間がない時に素早く夕飯に何かを作りたい時に役立ちますよね。簡単な行程で気軽に作ることができるパスタ料理ですが、水につけるという一手間をかけるだけでお店で食べるような味を堪能することができるようになります。美味しいパスタを作りたい時にぜひ水につける方法を取り入れてみてくださいね。

水につける方法をチェックして美味しいパスタを作ろう

「パスタを水につけるとどうなるの?」「美味しい水漬けパスタの作り方を知りたい!」という場合に役立つ水漬けパスタの美味しい作り方についてまとめました。ポイントをおさえることによって、美味しい水漬けパスタを簡単に作ることができるようになります。お好みのソースや具材を使って、美味しいパスタ作りを楽しんでみてくださいね。

Thumb卵を使ったパスタの簡単レシピ!とろ〜りからめておいしいアイデア料理集

パスタを水漬けにすることのメリットとは?

茹でる時間を大幅に短縮できる

それでは、水漬けパスタにはどういったメリットがあるのでしょうか?水漬けパスタの良いところとしてあげられるのが、茹でる時間を短縮できるということ。あらかじめ水につけてあるのでパスタが柔らかい状態になっており、表示時間よりも茹で時間を短くすることが可能です。茹で時間を短縮できれば光熱費の節約にもつながるので経済的ですね。

生パスタのようなもちもち食感になる

水漬けパスタの特徴はもちもちとした食感。水につけることでパスタに十分に水分を含ませ、乾燥パスタにはないもっちりとした食感を引き出しやすくなります。まるで生パスタのようなもちもち食感を堪能することができるのが嬉しいポイント。「パスタはもちもちとした食感の方が好き!」という方は、ぜひ水漬けパスタにして調理してみてくださいね。

どのくらいの時間パスタを水につける?

2時間ほど水につける

水漬けパスタの簡単な作り方をチェックしていきましょう。美味しい水漬けパスタを作るためには水につける時間が大切になります。水につける時間が短いと、十分にもちもちとした食感を引き出すことができません。パスタの太さにもよりますが、水につける場合は2時間以上を目安にしましょう。噛んだ時に芯をわずかに感じられるくらいがベストです。

前日にパスタを水につける方法でもOK

「2時間以上も水につけている暇はないなあ……」という場合は、前日や朝方にパスタを水につけておけばOK。ブランチとしてパスタを食べたい場合は前日に水につけておきましょう。ランチや夕飯にパスタを食べたい時は朝にパスタを取り出して水につけておけばOK。このように時間を有効活用しながら水漬けパスタの調理方法を役立ててみてくださいね。

水につける場合のパスタの茹で方は?

表示時間の1/3くらいの茹で時間

水につけた場合、パスタはすでに柔らかな状態になっているので茹でる時間を削減することができます。茹で時間の目安は、パッケージに表示されている1/3くらいの時間。茹で時間が9分であれば3分の茹で時間で良いということですね。茹で時間を短縮できれば時短調理にもつながるのが嬉しいポイント。あとはお好みの固さになるように時間を調整していきましょう。

ソースをからめてできあがり

パスタが茹で上がったら、お好みのソースや具材と組み合わせてパスタのできあがりです。市販のパスタソースを使えばあっという間にパスタができあがりますね。事前にパスタを水につけておくことで、短い調理時間ですぐにパスタ料理を完成させることができます。気軽にパスタを楽しみたい場合は、水漬けパスタの美味しい作り方を活用してみてくださいね。

Thumbパスタ一人前の茹で方のコツを調査!茹で時間の目安・グラム数など徹底調査

電子レンジで加熱しても美味しい水漬けパスタになる

塩と熱湯を耐熱容器に入れて600Wの2分加熱

「水漬けパスタを茹でる時に鍋にお湯を沸かすのが面倒だなあ……」と感じた場合は電子レンジで加熱をする方法もあります。電子レンジで加熱をすれば光熱費をさらに節約することができそうですね。パスタを2時間以上水につけたら、耐熱容器に入れましょう。全体にかぶるくらいの熱湯を注ぎ、塩を加えたら軽く混ぜます。600Wの電子レンジで2分ほど加熱したら完成。

様子を見ながら加熱時間を調整

加熱時間は、パスタの太さによって異なる場合があります。お好みに合わせて時間を短くしたり、長くしたりしてみてくださいね。電子レンジでパスタを加熱したら、あとはソースをからめるだけで美味しいパスタのできあがりです。パスタ料理がぐっと身近になるのではないでしょうか。電子レンジを使った方法も役立ててみてくださいね。

冷凍保存をしても美味しい水漬けパスタになる!

水漬けにしたパスタは冷凍保存可能

水漬けパスタをさらに活用できるようにしたい!という場合におすすめなのが冷凍保存する方法。水漬けパスタは冷凍保存が可能なので、多めに水漬けパスタを作って冷凍しておくと良さそうですね。冷凍保存方法はとても簡単なため、思いついた時にすぐに取り入れることができます。水漬けパスタの活用範囲を冷凍保存で広げていきましょう。

ストックしておけばとても便利

水漬けパスタを冷凍ストックしておくことで、食べたい時にすぐに使えるのが嬉しいポイント。毎回水につけてパスタを茹でるのが面倒に感じる場合にもおすすめしたい方法です。何食分かをまとめて水につけて冷凍保存をしておけば、あとは解凍するだけで美味しいもちもちパスタのできあがり。日常的にパスタ料理を堪能することができそうですね。

簡単にできる水漬けパスタの冷凍保存方法

2時間ほど水漬けにしたらオリーブオイルをからめる

水漬けパスタの冷凍保存方法をチェックしていきましょう。まずはパスタを2時間以上水につけておきます。芯が少し残ってるくらいまで水につけたら、ザルにあげて水を切り、ボウルに入れましょう。ボウルに入れたらオリーブオイルを全体にからめます。こうすることでパスタ同士がくっつくことを予防できるので、オリーブオイルを使ってみてくださいね。

保存容器に密閉したら完了

オリーブオイルをからめたら、保存容器にパスタを入れましょう。小さめの容器に入れて保存しておけば、取り出して茹でる時に鍋に入れやすくなります。パスタを入れたら上からぴったりとラップを被せるのがポイント。空気に触れる範囲を狭くすることで劣化を防ぎます。保存容器の蓋をしたら冷凍庫に入れて、作業の完了。

冷凍した水漬けパスタの美味しい解凍方法

沸騰させた塩入りのお湯で1分茹でればOK

冷凍保存した水漬けパスタは、そのままの状態で茹でることができます。大きめの鍋に水を入れてお湯を沸かしたら、水の1%くらいの分量の塩を加えましょう。冷凍状態の水漬けパスタを加え、1分ほど茹でたらザルにあげます。パスタの状態を見ながらお好みに合わせて茹で時間を変えてみてくださいね。短時間であっという間に茹でることができます。

いつでも美味しいもちもちパスタを食べたい時に

冷凍保存しておけばいつでも取り出せますし、解凍せずにすぐ茹でられるので便利。いつでも美味しいパスタを食べたい時に水漬けにした冷凍パスタが役立ちそうです。毎回水につけるのが面倒な時や、ご飯を切らしていて代用できる主食が欲しい時などに活用できそうですね。ぜひ美味しい水漬けパスタを冷凍保存を活用して作っていきましょう。

Thumb美味しいパスタのレシピ・簡単な作り方!茹で方や絶品ソースなど紹介

もちもちパスタで作りたいおすすめのアイディア

食感がもちもちしているからこそ美味しいナポリタン

水漬けパスタでは、いろいろな種類のパスタ料理を美味しく作ることができますがおすすめはナポリタン。昔ながらの味付けを楽しめるナポリタンは、もちもち食感だからこそ美味しく作れるのではないでしょうか。

タマネギやピーマン、ベーコンをカットしたらオリーブオイル炒めましょう。ケチャップと中濃ソース、みりんで味付けをしたら茹でた水漬けパスタをプラス。全体に味を絡め、塩胡椒で味を整えたら完成です。もちもちとした食感がやみつきになる美味しさなので、ぜひ試してみてくださいね。

ソース焼きそば風にするのもおすすめ

洋風パスタにするのも良いですが、もちもちとした食感を生かしてソース焼きそば風にするのもおすすめです。もちもちとしたパスタの食感が生きて、とても美味しく仕上げることができるのではないでしょうか。

キャベツやタマネギ、豚肉などをカットしたらフライパンで炒めていきます。野菜がしんなりしてきたら茹でたパスタを加え、ソースや和風だしの素で味付けをしましょう。器に盛り付けてお好みで刻み海苔や鰹節などをトッピングしたら完成です。水漬けパスタの変わり種アレンジとして作ってみてはいかがですか。

Thumbワンポットパスタの人気レシピ厳選10♡定番ナポリタンや和風も♡

水につける方法で美味しいパスタを作ってみよう!

パスタは水につけることでもちもちとしたワンランク上の食感に仕上げることができるようになります。冷凍保存することも可能なので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。さまざまなアレンジを加えながらパスタ料理を堪能してみましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-10-27 時点

新着一覧