ホットプレートのおすすめ最新まとめ!選び方のポイントや人気メーカーは?

家族での食事やホームパーティなどで、便利でおすすめのホットプレート。様々な商品があり、選び方が分からない方も多いはず。ホットプレートの選び方のポイントや、おすすめの人気のホットプレートなどを知ることで、自分に合った最適のホットプレートを見つけましょう。

ホットプレートのおすすめ最新まとめ!選び方のポイントや人気メーカーは?

目次

  1. ホットプレートは一家に一台!
  2. ホットプレートは使用する人数に合わせて選ぶのがおすすめ
  3. 料理の幅が変わる!ホットプレートのプレート数とフタをチェック
  4. ホットプレートの収納方法もおすすめの選び方ポイント
  5. 使いやすさが決まるホットプレートのお手入れ方法などもチェック
  6. おすすめのホットプレートを紹介
  7. 象印の「やきやき」は付属プレートが豊富なおすすめのホットプレート
  8. 収納に困らないホットプレートならタイガーの「これ1台」がおすすめ
  9. IHタイプのおすすめ「パナソニック」のホットプレート
  10. 「山善」のホットプレートはシンプルで使いやすい点がおすすめ
  11. とにかくおしゃれなホットプレートなら「BRUNO」が人気でおすすめ
  12. 白いホットプレートで有名な「プリンセス」もおすすめ
  13. 煙が気になる方におすすめのホットプレート「ザイグル」
  14. パーティで大活躍!おすすめは「ポットデュオエスプリ」
  15. おすすめのホットプレートで食卓を華やかにしよう

ホットプレートは一家に一台!

ひと昔前までは、ホットプレートといえば、焼き肉をするイメージを抱く方が多かったことでしょう。しかし昨今では、焼き肉だけでなく、パエリアやグラタンなど料理の幅も広がり、ホームパーティなどでも人気の家電の一つになっています。朝食にホットケーキを焼いたりなど、焼き物の料理ばかりでなく、鍋もできる最新のホットプレートも登場し、人気になっています。

一家に一台あるとかなり重宝するホットプレート。ホットプレートの選び方のポイントや、どんなメーカーからどんな最新のホットプレートが出ているのかを知ることで、自分に合ったホットプレートが見つかることでしょう。ホームパーティや、家族で囲む食卓に、人気のホットプレートを活用しましょう。料理が楽しく、会話もはずみ、楽しいひと時になること間違いなしです。

ホットプレートは使用する人数に合わせて選ぶのがおすすめ

ホットプレートの選び方として、一番に考えたい点は、何人で使うのか、といった使用人数です。

使用人数とホットプレートのサイズが合わなければ、料理し続けても全員に行き渡らない、なんてことも。ホットプレートには主にスクエア型とサークル型があります。スクエア型のホットプレートでチェックすべきは横幅。3人以下の少人数で使用するのであれば、20~30㎝程度で十分といえるでしょう。

4~5人で使用するのであれば、40~50cmが人気のサイズ。6人以上の大人数で使用するのあれば、50cm以上の大きなサイズを選ぶことをおすすめします。サークル型の場合は、少人数で使用する時には直径が30cm代のもの、人数が多ければ直径40cm以上のものがおすすめ。使用する全員が食事を同時に楽しむために、最適なサイズのホットプレートを選びましょう。

料理の幅が変わる!ホットプレートのプレート数とフタをチェック

ホットプレートには付属しているプレートがいくつかあるものや、フタの有無もホットプレートによって変わるため、選び方の基準にしている方も。最新のホットプレートでは料理の幅を左右するプレートとフタ。プレートやフタによってどれだけ料理の幅が広がるのかを確認してから用途に合わせたホットプレートを選ぶ基準にしましょう。

一般的な平形プレート。餃子やお好み焼き、焼きそばなど、「焼き」をメインとした料理には必須。表面がフラットな形状で、どのホットプレートにも付属されているスタンダードなタイプです。焼き肉などに最適な波形プレート。余分な油などが落ちる形状になっている点が特徴。表面に波形の凹凸があるプレートになります。

油ハネが気になる方には穴あきプレートも。油をプレートの下に落ちる形状になっています。最新のホットプレートには付属されていることが増えてきました。焼いている最中の油ハネが抑えられるので、お子様と一緒に使うことが想定される方におすすめ。焼き肉などの料理ができますが、使用後は丁寧に洗いましょう。

たこ焼きプレートはたこ焼きを作る時には欠かせません。商品によって穴の数や大きさが異なるので、一度に焼ける数を確認するといいでしょう。ホットケーキミックスを使ったお菓子や、小さなアヒージョなども作れます。フタはガラス製と金属製の2種類が一般的。透けて見える、軽さ、取っ手の位置など、使い勝手を考えた選び方をすることがポイントです。

Thumbホットプレートでチーズフォンデュができる!人気の簡単レシピ紹介!

ホットプレートの収納方法もおすすめの選び方ポイント

便利な調理家電であるホットプレートですが、使わない時には大きなスペースを確保しなければなりません。他のキッチンアイテムと異なり、重ねて収納することが難しいホットプレート。選んだホットプレートを収納する場所も考慮してからの選び方がおすすめです。最新のホットプレートでは、収納ボックスが付属されていたり、見せる収納に最適なおしゃれな見た目などがあります。

複数枚のプレートやフタが付属されているホットプレートを選んだ場合、梱包時の箱などを収納箱として活用するのもいいアイデアです。バラバラにならず、かつ、ほこりなどからも守ってくれる収納方法になります。また、最新のホットプレートではおしゃれなデザインのものもトレンド。場所を確保できるなら、見せる収納にしてもいいでしょう。

使いやすさが決まるホットプレートのお手入れ方法などもチェック

ホットプレートのお手入れは意外と大変。特に大人数でも大丈夫な大きなサイズのホットプレートだとなおさらです。

お手入れ方法などが面倒なものだと、自然と登場回数が減っていってしまう可能性も。せっかく購入したホットプレートなら、頻繁に使って変化のある食卓にできるよう、お手入れ方法なども確認することがおすすめです。メーカーや商品によって異なるので、細かくチェックしましょう。

使用後のプレートのお手入れが一番のポイント。プレートが外せて丸洗いできるものがおすすめです。ホットプレートを衛生的に保つためにも外せないポイントといえるでしょう。また、家族で食の好みが分かれる場合は、プレートも半分に分割されているメーカーのホットプレートを選ぶ選び方も。一度の食事で違うメニューを味わうことができます。

おすすめのホットプレートを紹介

ホットプレートの選び方が分かったところで、おすすめのホットプレートや様々なメーカーから出ているホットプレートについて知識を深めましょう。

近年では、食材を美味しく調理できる、お手入れしやすいプレートの加工といった「本格派」のホットプレートと、使いやすさも備えたデザイン性の高い「おしゃれ系」のホットプレートに2分されているのがトレンド。用途や目的に合ったお気に入りのホットプレートを見つけましょう。

象印の「やきやき」は付属プレートが豊富なおすすめのホットプレート

魔法瓶で知られているメーカー、象印から発売されているホットプレート。特徴は付属プレートの多さ。「遠赤穴あき焼肉プレート」「遠赤平面プレート」「遠赤平面ハーフプレート」「大たこ焼きプレート」の4種類。特にハーフプレートは一番の特徴といえます。ホットプレートを2分して別々の料理を同時に作ることが可能になります。

波形プレートの半分が空いている形状をしており、反対側で波形プレートか平面プレートを選ぶことができます。なので、焼き肉をしながら焼きそばを作るといったことも可能なホットプレートです。料理の幅が広がること間違いなしです。傷が付きにくいコーティング加工も魅力。また、丸洗いできる仕様や、収納ホルダーの付属など、最新モデルならではのホットプレートです。

収納に困らないホットプレートならタイガーの「これ1台」がおすすめ

こちらも魔法瓶で知られているメーカであるタイガーから発売されているホットプレートの最新モデルになります。プレートの種類は穴あき・波形、平面、たこ焼きの3種類。表面に食材が焦げ付きにくいコーティングがされている点は嬉しいポイントです。本体ガード、プレート、ヒーターと取り外せるので、丸洗いでき、清潔に保つことができるホットプレートです。

一番の特徴は約14.2cmという薄さ。さらに、専用の収納ケースも付属されているので、収納に困りません。プレート、付属のへらなども本体と一緒にしっかりと収納でき、キッチンのわずかな隙間にも収納できる魅力があります。横のサイズも約50cm弱というサイズから、大人数での使用にもおすすめ。食材の旨みを引き出したい本格派におすすめのホットプレートです。

IHタイプのおすすめ「パナソニック」のホットプレート

家電メーカーで知られているパナソニックから発売されている最新のIHタイプのホットプレート。IHタイプは熱伝導が早く温まりやすい点が特徴です。細かな温度設定も可能な点も嬉しいポイント。専用の付属鍋を使えば、鍋料理だけでなく、煮込み料理なども可能に。表面には金属へらでも使用できるコーティングがされているので、傷がつきにくいです。

付属のプレートは平面プレート1枚。ガードとプレートを取り外して丸洗いできるので、清潔に保つことができます。また、天面パネルもIH特有のサッと拭くだけでキレイになるフラットな点もお手入れしやすいポイント。収納ホルダーなどは付属されていないので、梱包箱を収納として活用したり、普段の調理でも使用するのであれば、出しやすい場所に収納することがおすすめです。

「山善」のホットプレートはシンプルで使いやすい点がおすすめ

様々なジャンルの商品を扱うメーカー、山善のホットプレートの一番の特徴は、ワイドな横幅。広いプレートなので、広々と料理できるだけでなく、大人数での使用でもホットプレートの食材にどこからでも手が届くような大きなサイズが魅力です。焦げ付き防止のコーティングもされているので、大容量の料理を一気に作っているときでも安心です。

シンプルな操作で使いやすい点も人気の理由。コンセントに差し込んだ電源を回して温度調節するだけ。家族での使用におすすめのホットプレートです。プレートは本体から簡単に取り外すことができるので、お手入れも丸洗いでき衛生的。シンプルで使いやすく、長く愛用できそうなホットプレートを探している方にはおすすめです。

とにかくおしゃれなホットプレートなら「BRUNO」が人気でおすすめ

おしゃれなホットプレートの代名詞的商品といえば、BRUNO。インテリア雑貨を扱うメーカーならではの、ホーロー鍋をイメージしたようなデザイン性の高さと、SNS映えする可愛らしい見た目が人気の最新ホットプレートです。

2~3人向けのコンパクトホットプレートと、4~5人向けのホットプレートグランデサイズがあります。BRUNOは見た目がおしゃれなだけでなく、使い勝手も抜群です。カラフルなカラーも他のホットプレートにはないおしゃれな印象をアップしてくれます。

温度を保温から最大250度まで調節可能なので、低温でじっくり調理したい煮込み料理や、高温の焼き料理まで幅広く対応しています。平面プレートだけでなく、たこ焼きプレートも付属。おしゃれなデザイン性と料理の幅が広いことから、ホームパーティで活躍すること間違いなしのホットプレート。プレートは取り外して丸洗いできるお手入れのしやすさも人気のポイントといえます。

白いホットプレートで有名な「プリンセス」もおすすめ

芸能人のSNSなどから話題になり、人気に火がついた「プリンセス」の白いホットプレート。インテリア性の高いデザインが一番の特徴のホットプレートといえます。台座には天然竹を使用しており、白とナチュラルブラウンの配色が、さらにおしゃれな印象を高めます。ホームパーティなどで自慢したくなるおしゃれなホットプレートを探している方にはおすすめです。

見た目のおしゃれだけでなく、使い勝手も好評だからこそ人気。遠赤外線で食材を焼くので、旨みが引き出されるよう工夫されています。また、熱伝導もよく、蓄熱性もいいので、作った料理が冷めにくい仕様も嬉しいポイント。付属のプレートはありませんが、木製のへらもおしゃれに見せてくれます。SNS映えにぴったりのおしゃれなホットプレートです。

Thumbテーブルグリルピュアが口コミで人気!おしゃれで白いホットプレートとは?

煙が気になる方におすすめのホットプレート「ザイグル」

食卓でホットプレートを使用すると、油はねや煙が気になる方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめのホットプレートが「ザイグル」。

上部にあるカーボンヒーターで遠赤外線を照射して食材を焼き上げます。よって、煙を出さずにしっかりと加熱調理ができるというわけです。見た目のインパクトも大きいホットプレート。ホームパーティなどで使用すれば話題の中心になることでしょう。

プレートは波形プレートと、平面プレートの2種類。どちらも2分割することができるので、洗いやすくお手入れしやすいです。デメリットとして挙げられる点としては、収納方法がコンパクトにならない点。そのままの形に付属のカバーを取り付けるだけになります。ホットプレート用に大きめのスペースを確保できるか確認するようにしましょう。

パーティで大活躍!おすすめは「ポットデュオエスプリ」

本体とパーツの組み合わせを変えるだけで、「焼く」「揚げる」「蒸す」「煮る」の4種類の料理をすることができまるホットプレート。直径は21cmというコンパクトさ。食卓の上に、使用する食材と一緒に並べても、狭く感じないことでしょう。ここまでの多機能になると、ホットプレートの域を超えているような感覚に陥る方も多いことでしょう。

今までのホットプレートの概念を覆すかのような「ポットデュオエスプリ」。ホームパーティなどで、人が集まる時に様々な料理を出すことができ、重宝すること間違いなしのホットプレートです。コンパクトなサイズから、一人で使うのも最適。出来たての料理を堪能できる食事タイムを手に入れてみましょう。

おすすめのホットプレートで食卓を華やかにしよう

ホットプレートは一家に一台あるととても重宝する家電。しかし、メーカーや種類など非常にたくさんのホットプレートが発売されており、どれを選んだらいいのか悩む方も多いことでしょう。選び方のコツは、使用する人数と目的を明確にすること。主に使用する人数が分かれば、自ずと必要なホットプレートのサイズも見えてきます。

インスタグラムなどのSNSで気になっている人気メーカーのホットプレートで決める選び方もいいでしょう。その場合は、見た目のデザインだけでなく、ホットプレートの仕様もしっかり確認するようにしましょう。信頼できるメーカーの最新のものなど、選び方の基準は人それぞれ。目的や用途に合ったお気に入りのホットプレートを見つけましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-11-30 時点

新着一覧