みかんの保存方法&期間まとめ!賞味期限を長持ちさせるコツは?

みかんの季節がやってくると、実家やお友達からダンボールにたくさん入ったみかんをもらう事ありますよね?たくさんもらえるのは嬉しいけど、保存しておらず、最後まで食べきれなかったという人も多いと思います。そこで今回はみかんの保存方法や、賞味期限について紹介します。

みかんの保存方法&期間まとめ!賞味期限を長持ちさせるコツは?

目次

  1. みかんが美味しい季節は?
  2. 常温みかんの賞味期限は?
  3. 賞味期限を長持ちさせたい!
  4. 冷蔵保存は良いのか?
  5. 冷蔵保存したみかんはいつまでに食べれば良い?
  6. 冷凍しても問題なし?
  7. みかんの解凍方法
  8. 冷凍保存したみかんが食べられる期間は?
  9. みかんが腐ってしまったら…
  10. まとめ:みかんを上手に保存して期間を伸ばそう!

みかんが美味しい季節は?

みかんは365日いつでも、スーパーなどで販売されていますよね。どの季節に食べても美味しいのですが、最もみかんが美味しい季節というのがあるんです。種類によって美味しい季節は違うのですが、極早生みかんは秋がおすすめです。早生みかんは秋から冬にかけて美味しく、中生みかんは冬場が一番美味しいですよ。晩生みかんは冬から3月ぐらいまで美味しく食べられます。

常温みかんの賞味期限は?

お店でもみかんというのは、常温で保存されていますので、自宅でも常温保存で問題ありません。しかし日光が当たりやすい場所で保存をしておくと、腐ってしまうスピードが早いです。なので日光が当たらない場所に保存して置いた方が良いでしょう。

保存時はみかんをダンボールに入れっぱなしにしない!

お友達や家族からみかんをもらうとダンボールにたくさん入れてくれる事がありますよね?そのままみかんをダンボールに入れた状態で保存しておく人もいると思います。ダンボールの中でみかんを保存しておくと、乾燥してしまったりカビが生えて、他のみかんに移ってしまう可能性がありますので、ダンボールでの保存はあまりおすすめしません!

ダンボール保存で長持ちさせるには?

保存する場所が確保できなくて、ダンボールに保存しておくしかないという方もいらっしゃると思います。ダンボールでみかんを保存する場合は、みかんの乾燥を防ぐためにも新聞紙をダンボールの下に敷きましょう。そしてみかんの上にも被せるようにします。保存する時に、ダンボールのふたを閉めて保存してしまう人がいますが、しめずに保存するのが良いです。

賞味期限を長持ちさせたい!

つい食べれなくて腐ってしまい、みかんを捨ててしまう方もいらっしゃいますよね?どうせならもらったみかんを全部食べ切りたいと思いますよね。そのためにはみかんを上手に保存して賞味期限を伸ばす必要があります。みかんの食べられる期間を少しでも伸ばす保存方法をまとめていきましょう。

長持ちさせる保存方法は3パターンあり!

みかんを長持ちさせるための保存方法は3パターンあります。一つ目の長持ち保存方法は、常温で暗い所で保存する方法ですね。最初にご紹介させていただきました。二つ目の長持ち保存方法は、冷蔵庫で保存する方法になります。三つ目の長持ち保存方法は冷凍保存をする方法です。一つ目は先ほど紹介させていただいたので、残り2パターンの保存方法を紹介します。

冷蔵保存は良いのか?

みかんを冷蔵庫で保存する事は全く問題ありません。むしろ、常温で保存するよりも期間を伸ばす事ができますしカビができにくくなりますのでおすすめです。しかし冷蔵庫での保存にはマイナス点もあります。それはずっと入れっぱなしにしておくと、みかんの甘みが減ってしまうという点です。酸っぱいみかんがお好きという方は問題ないでしょう。腐ってしまうよりかは期間を伸ばした方が良いですからね。

みかんを冷蔵庫で保存する方法

冷蔵庫でみかんを保存する時は、まず1つずつ新聞紙にくるめていきましょう。新聞紙がない場合はキッチンペーパーでも代用する事ができますので安心してください。くるめたら、袋の中に入れておきます。保存場所ですが、冷蔵庫の場所によって冷たすぎる所もありますよね?みかんを保存する場合は野菜室で問題ありません。

食べる時は冷蔵庫から出して数時間置く!

冷蔵庫で保存したみかんを食べる時は、食べる2時間ぐらい前に出しておくとちょうど良いですね。保存しておいたみかんを冷蔵庫から出してすぐに食べると、みかんが普段より固く感じてしまう人もいますので、冷蔵保存したみかんは、2時間置いてから食べるのが一番美味しいです。

冷蔵保存したみかんはいつまでに食べれば良い?

冷蔵庫で保存したみかんの賞味期限ですが、約2週間程度でしょう。それを過ぎても調理次第では美味しく食べられるのですが、みかん本来の味を楽しみたいのだれば冷蔵保存したみかんは2週間以内に食べるようにしましょうね。

冷蔵保存のみかんを調理して食べる!

冷蔵庫で保存し、2週間過ぎてしまった場合は、冷蔵庫から取り出して料理の1品に使う事ができます。写真のようにコンソメスープにみかんを入れるだけで、柑橘系のスープになってさっぱりとした味わいになるのでおすすめですよ、作り方は簡単でいつも通りコンソメを使ってスープを作った後、みかんを一つずつ入れるだけでOKです。

冷凍しても問題なし?

みかんの保存方法三つ目の冷凍保存についてですが、冷凍保存も全く問題はありません。三つの中では一番長持ちします。冷凍みかんという商品があるぐらいですから、腐ってしまう心配があるなら、もらったら・購入したらすぐに冷凍保存した方が良いでしょう。

みかんを冷凍保存するやり方

冷凍保存したい分のみかんをトレイの上にのせます。この時金属トレイの方がおすすめです。一日冷凍保存しておき、翌日に水に浸けます。浸けたらすぐにトレイの上に戻して再度、冷凍庫で保存をしてください。

みかんが完全に凍ったら…

冷凍保存によって、完全にみかんが凍った状態になったら、100円ショップなどに売られているフリーザーパックの中に入れましょう。空気が入っていると良くないので、入れたらしっかり空気を抜いて密封しておきます。

皮なしみかんを冷凍庫で保存する方法

冷凍みかんと言えば、皮がついた状態で保存するイメージがありますよね。上記で紹介させていただいた冷凍保存方法は皮がついた状態の話でした。今回は、皮を剥いたみかんの冷凍保存のやり方を紹介しますね。

工程はほとんど同じ

皮付きの冷凍保存とやり方はほとんど同じです。ただ最初に常温のみかんの皮を最初に剥いておきます。そして、トレイ(金属だと好ましい)の上にのせて冷凍庫で保存します。冷凍庫から取り出したら、皮付きの場合は水に浸けましたが、皮なしは水に浸ける必要はありません、冷凍保存ができたら、フリーザーパックに入れて再度冷凍庫で保存しておけば良いです。

みかんの解凍方法

冷凍庫で保存したみかんの解凍方法についてですが、自然解凍が一番良いです。ただ冷凍保存すると、ひんやりしたみかんになってしまいます。何時間も放置しておくと味が若干落ちてしまいますので、自然解凍とはいえ、ぬるくなりすぎない程度で食べるのが良いですよ。夏は冷凍保存したみかんが一番美味しいです。

冷凍保存したみかんが食べられる期間は?

冷凍保存したみかんの賞味期限についてですが、約1ヶ月程度持ちます。保存方法の中では一番賞味期限が長く、長持ちする方法ですね。綺麗に保存ができていると、食べられる期間が3ヶ月ぐらい持つ事もあります。ただ美味しく食べたいのであれば冷凍保存したみかんは1ヶ月以内の期間に食べると良いでしょう。

冷凍保存のみかんを調理しよう!

冷凍保存したみかんの調理方法はいろいろあるのですが、冷たい料理におすすめです。とくに1ヶ月以上経過したみかんは調理した方が美味しく頂けます。冷たい料理と言えば(ちらし寿司)ですね。冷凍保存したみかんは、外に出してもカチカチなので自然解凍をしておきます。料理をする数時間前には出しておいた方が良いでしょう。

自然解凍の時間がわからない時は?

冷凍保存したみかんの解凍時間がいまいちわからない時は、前日に冷凍から冷蔵庫へ移動させておきます。すると翌日の夕飯時にはしっかり解凍できています。ちらし寿司をいつも通り作ってもらって、盛り付けをする時に冷凍保存したみかんを上にのせてあげるだけで色合いも良くなりますし、美味しいですよ。

みかんジャムにも使える

冷凍保存したみかんをそのまま食べる事に飽きた場合は、みかんジャムを作ると良いですよ。トーストに付けて食べれば美味しい朝食になります。作り方はジャム作りと同じ方法で問題ありません。ただ冷凍されたみかんを使うので、ジャムを作る前に冷凍保存したみかんをい解凍しておく必要があります。解凍方法は上記で紹介してあります。

普段のジャム作りより砂糖は多めに!

みかんジャムを作る時に砂糖は欠かせないですよね?ただ冷凍保存したみかんは少し酸っぱ味がありますので、通常のジャム作りで使う砂糖の量より少し多めに使った方が良いです。甘みが増して、冷凍保存していたみかんとは思えない程の美味しさを引き立ててくれますからね。

みかんが腐ってしまったら…

冷凍保存したみかん、冷蔵保存したみかん、常温保存したみかんが万が一腐ってしまったら、絶対に食べないようにしましょう!食べてしまうとお腹をこわしてしまう危険があります。お腹が痛い程度で済むなた良いですが、病院に行かないといけなくなってしまうケースもありますからね。

腐ったみかんの見分け方は?

腐ったみかんの見分け方ですが、みかんを見た時に少しでも皮にカビがついていたら食べないようにしてください。だんだん腐ってくるとみかんはふにゃふにゃになりますので、それもNGです。あとはみかんの匂いを嗅いだ時にツンとしたらアウトです。みかんの表面は問題ないが、変な汁がついている場合もやめた方が良いですね。

まとめ:みかんを上手に保存して期間を伸ばそう!

たくさんもらったみかんを全部食べきるには、保存方法をしっかり行いましょう!新聞紙に一つずつくるめて…など面倒臭く感じてしまうかもしれませんが、腐らせないためにもきちんとみかんを保存してあげましょうね。

みかんの関連サイトはこちら

Thumbみかんジャムの作り方やレシピ・保存方法!皮の活用や食べ方を紹介
Thumbみかんの栄養成分&効果まとめ!健康に嬉しい効能やカロリー・摂取量も解説
Thumb焼きみかんはダイエットや免疫力アップに効果あり?美味しい作り方は?
Thumbみかんの人気レシピ30選!簡単!美味しく作れる料理や保存法も紹介

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-21 時点

新着一覧