美味しい天ぷらの揚げ方を解説!さくさく衣のレシピと作り方のコツ!

美味しい天ぷらの揚げ方のコツやレシピについてまとめました。さくさくで美味しい天ぷらを作るにはレシピや揚げ方のコツを取り入れることが大切。どのような作り方なら美味しい天ぷらになるのかレシピのコツを踏まえて、正しい揚げ方を活用していきましょう。

美味しい天ぷらの揚げ方を解説!さくさく衣のレシピと作り方のコツ!

目次

  1. 天ぷらの美味しい作り方のコツを知りたい!
  2. 天ぷらに使う食材は水気をとるのが作り方のコツ
  3. 衣の材料を全て冷やすのも美味しい天ぷらレシピには大切
  4. 衣の材料の混ぜ方や順番のコツをおさえて美味しい天ぷらを作ろう
  5. さくさく美味しい天ぷらの作り方には炭酸水が欠かせない
  6. 簡単に美味しい天ぷらの衣にできる作り方の裏技
  7. 家庭で美味しい天ぷらを作れる揚げ方のコツとは
  8. 天ぷらの美味しい揚げ方で気をつけておきたいポイント
  9. 揚がった天ぷらを美味しい状態で食べる時のコツは?
  10. 作り方のコツをおさえて自宅で美味しい天ぷらを作ろう

天ぷらの美味しい作り方のコツを知りたい!

さくさくで美味しい天ぷらを作るのは難しい

自宅で美味しい天ぷらを作れれば良いですが、天ぷらはなぜかべちゃっとしてしまいがちですよね。お店で食べるようなさくさくとした食感の天ぷらを作るのは意外と難しいので苦戦する方も多いのではないでしょうか。美味しい天ぷらが作れないのには具材の処理の仕方や衣の作り方に問題がある場合があります。作り方のコツさえ覚えておけば、美味しい天ぷらを作ることも可能。

自宅でお店で食べるような天ぷらを作ることができれば、贅沢な気分を楽しめますよね。どうやったら美味しい天ぷらを作ることができるのか基本のコツをチェックして役立ててみてはいかがですか。美味しい天ぷらはコツさえおさえておけば気軽に作れるようになります。美味しい天ぷらを作れる名人を目指して、作り方のコツをチェックしていきましょう。

揚げ方やレシピをチェックして、美味しい天ぷらのコツをつかもう

「美味しい天ぷらを作りたい時はどうすれば良いの?」「衣や揚げ方のコツを知りたい!」という場合にぴったりな美味しい天ぷらのレシピについてまとめました。基本的なポイントをきっちりとおさえておけば、美味しい天ぷらは自宅でも簡単に作ることができます。ハードルが高そうに見える天ぷらですが、簡単なコツを取り入れて美味しい仕上がりにしていきましょう。

Thumb天ぷらの揚げ方のコツ!さつまいもをサクッと美味しくできる方法は?

天ぷらに使う食材は水気をとるのが作り方のコツ

天ぷらがべちゃっとするのは食材の水分が原因

天ぷらを作る時に、衣がべちゃべちゃとした状態になってしまうことがありませんか?衣がべちゃっとする原因としてあげられるのが具材の水分。水分が多い具材の場合、衣に水分が移ってベチャベチャの状態になってしまいます。衣がべちゃべちゃしていると美味しくありませんし、全体の食感も悪くなるので気をつけておきたいですよね。

特に冷凍食材や魚介類などは水分が出やすい傾向にあります。内部の水分が出てきてしまうと、衣や揚げ方をこだわったとしてもべちゃっとした状態になってしまうため美味しい天ぷらを作るためには気をつけておきましょう。

美味しい天ぷらにするために水分はキッチンペーパーでとっておこう

さくさくとした美味しい天ぷらにするために、衣をつける前に食材の水分をしっかりと取っておくことが大切になります。キッチンペーパーに具材をのせ、その上からキッチンペーパーをかぶせて水分を取っていきましょう。冷凍エビなどは解凍すると水分がたくさん出てくるのでちゃんと水気をとるようにしてみてくださいね。この一手間で天ぷらの美味しさが変わります。

衣の材料を全て冷やすのも美味しい天ぷらレシピには大切

常温で材料を混ぜるとグルテンが出て粘りやすくなる

続いて、美味しい天ぷらを作るために取り入れておきたい衣作りのコツについてチェックしていきましょう。天ぷらの衣の材料は全て冷やしておくのがポイント。常温のままに置いてあると、小麦粉に含まれているグルテンが混ぜた時に出てきて粘りが出やすくなります。粘りが出てきてしまうと、衣がべちゃっとする可能性が高くなるため気をつけましょう。

しっかり冷やせば美味しい天ぷらを作りやすい

小麦粉や水などの材料を計量したら冷蔵庫に入れてしっかりと冷やしておきましょう。冷やしておけばグルテンが出てきて粘りが発生するのを防ぐことができるようになります。このようにして作った衣の天ぷらはさくさくになりやすいので、ぜひ取り入れてみてくださいね。冷やすのを忘れてしまった場合は、冷凍庫も活用しながら短時間で冷やせるようにしておきましょう。

衣の材料の混ぜ方や順番のコツをおさえて美味しい天ぷらを作ろう

卵と水を混ぜた後に粉を加えるのがレシピのコツ

衣の材料を冷やしたら、衣を作っていきます。衣の材料は混ぜ方の順番も重要なポイント。まずは、冷水と卵をしっかりと混ぜていきましょう。冷水と卵を最初に混ぜることで、小麦粉の混ぜすぎを防ぎます。小麦粉は混ぜすぎるとグルテンが出てきてしまうので気をつけてくださいね。卵と水がなじむように混ぜた後に小麦粉を3回に分けてふるい入れます。

粉が少し残っている状態でOK

小麦粉の半量をふるい入れたら、泡立て器を使って軽く混ぜましょう。続いて、残った小麦粉の1/2をふるい入れて菜箸で軽く混ぜます。最後に残った小麦粉を加えて軽く混ぜたら衣の完成。美味しい天ぷらの衣を作る場合は混ぜすぎないことが大切。小麦粉が表面に残っている状態でOKです。ほんの少し混ぜるだけで良いので、混ぜすぎには気をつけてくださいね。

小麦粉が残っているからといってたくさん混ぜるとグルテンが発生してしまいます。グルテンはさくさくの天ぷらを作る時の妨げになるため気をつけておきましょう。天ぷらのさくさく食感をアップさせるためにも、小麦粉は表面に残っているくらいにするのが目安にしておきましょう。

Thumb天ぷらのレシピまとめ!サクサクの衣を簡単で作れる裏ワザレシピを紹介!

さくさく美味しい天ぷらの作り方には炭酸水が欠かせない

炭酸水を使ったレシピならさくさくになりやすい

さくさく美味しい天ぷら作りのコツとして取り入れておきたいのが炭酸水。炭酸水を衣の中に入れておくと揚油に入れた時に炭酸ガスが加熱され、中までしっかりと熱を通しさくさくとした状態にしやすくなります。炭酸水を入れるだけでさくさく度合いが変わってくるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。糖類などは添加されていない炭酸水を活用していきましょう。

最後の仕上げに炭酸水を混ぜるのがコツ

炭酸水は衣作りの仕上げに入れます。卵1個と冷水500mlをしっかと混ぜた後に小麦粉300gをふるい入れながら3回に分けて軽く混ぜてください。最後に50mlの炭酸水を入れて軽く混ぜたら完成。炭酸水を最後に入れることで炭酸ガスが抜けるのを防ぎます。炭酸水を入れた状態で長時間衣を放置すると炭酸ガスが抜けてしまうので気をつけてくださいね。

簡単に美味しい天ぷらの衣にできる作り方の裏技

マヨネーズを使うとグルテンがくっつかず、水分が蒸発する

さくさくの美味しい天ぷらを作るのにぴったりな裏技は他にもあります。おすすめしたいのがマヨネーズを入れる方法。卵の代わりにマヨネーズを入れることでマヨネーズの油分が小麦粉のグルテンのくっつきを抑えられるのがポイント。グルテン同士がくっつかないことで粘りがでず、さくっとした天ぷらに仕上げやすくなります。

ベーキングパウダーでさくさく食感に

ベーキングパウダーを入れるのもさくさくの天ぷらを作るのに効果的。衣に少量のベーキングパウダーを混ぜれば、炭酸ガスが発生してさくさく食感を作りやすくなります。美味しい天ぷらを作りたい場合は、こういった裏技も試してみてくださいね。

家庭で美味しい天ぷらを作れる揚げ方のコツとは

打ち粉をして衣がはがれるのを防ぐ揚げ方が重要

それでは、天ぷらの具材を揚げていきましょう。具材は衣をつける前に打ち粉をつけるのがおすすめ。うっすらと全体に小麦粉で打ち粉をつけておくことによって、具材から衣がはがれるのを防げます。打ち粉が接着剤の役割をはたしてくれるのがポイント。衣がはがれやすい時に使ってみてくださいね。

揚油の3割にごま油を入れて風味豊かに

揚油にもこだわっておきましょう。揚油の3割にごま油を入れると、こうばしい風味豊かな美味しい天ぷらになります。さくさく食感も出しやすいのでぜひ取り入れてみてはいかがですか。天ぷらを揚げる時は180℃をキープするのがポイント。全体がさくっとするまで揚げたら完成です。

Thumb天ぷら油の処理はどうしたらいいの?揚げ油の処理や再利用についても紹介!

天ぷらの美味しい揚げ方で気をつけておきたいポイント

具材を入れるのは油の表面の1/2くらいまで

天ぷらを作る時に一度に大量の具材を入れるのはNG。たくさんの具材を入れることで油の温度が下がり、揚がるまで時間がかかってしまいます。揚げ上がりに余計な時間がかかると衣が油を吸い込み、べちゃっとした食感になるため注意が必要。油の表面の1/2くらいまでにしておきましょう。

多めの油で揚げて温度の低下を防ぐ

天ぷらを作る場合は多めの油を使うのがおすすめ。ヘルシーにするために揚げ焼きにする方法もありますが、油が少ないと温度がすぐに低下して加熱ムラが出てしまいます。油を余計に吸収する原因にもなるため、多めの油を使って油の温度の低下を防ぎましょう。このように衣作りや油の使い方によってさくさく食感が異なるため、こだわって作ってみてくださいね。

揚がった天ぷらを美味しい状態で食べる時のコツは?

キッチンペーパーに置いたままだと油が戻ってべちゃっとなる

美味しい天ぷらを作ることができたら、食べるまでの過程も大切になります。食べるまでの天ぷらの扱いを失敗すると、せっかくさくさくに揚がってもべちゃっとしてしまうので気をつけてくださいね。天ぷらを作った場合、油をとるためにキッチンペーパーにのせることが多いですがこれは避けたほうが無難です。

キッチンペーパーの上に長時間置いておくと、吸い込まれた油が再び天ぷらに戻ってべちゃっとなる原因となります。また、熱々の天ぷらを積み上げることによって内部に蒸気が生まれ、水分を含んで天ぷらがべちゃべちゃになるので盛りつけ方も気をつけてくださいね。

揚げたてをすぐ食べるか、お皿に移す

天ぷらを美味しく食べるのに最も良いのは、揚げたてをすぐにいただく方法。油切りにのせて油を切ったら、熱々のうちにすぐ食べることでさくさくとした食感をしっかりと堪能できます。すぐに食べるのは難しい、という場合は油を切ったらすぐにお皿に盛りつけておくようにしましょう。なるべく重ならないようにするなど工夫してみてくださいね。

Thumb卵の天ぷらを食べたらやみつきに!簡単な作り方や絶品レシピを紹介!

作り方のコツをおさえて自宅で美味しい天ぷらを作ろう

美味しい天ぷらを作るためには基本をおさえておくことが重要なポイント。工夫をすることで自宅でもお店で食べるような美味しい天ぷらをいただけるので、ぜひこだわってみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-02-19 時点

新着一覧