ピーナッツバターの作り方・使い方まとめ!おすすめの絶品活用レシピは?

ピーナッツバターは市販でも販売されていますが、簡単な作り方でオリジナルの自家製ピーナッツバターを作ることができます。今回は、美味しくてマルチに使えるピーナッツバターの作り方をご紹介します。たっぷり作ったピーナッツバターをいつものレシピに取り入れましょう!

ピーナッツバターの作り方・使い方まとめ!おすすめの絶品活用レシピは?

目次

  1. マルチに活用できるピーナッツバター
  2. ピーナッツバターの嬉しい効果は?
  3. ピーナッツバター基本の作り方
  4. たっぷり作ったピーナッツバターの保存方法は?
  5. ピーナッツバターの絶品活用レシピを紹介
  6. 絶品!ピーナッツバターの贅沢トースト
  7. ディップして食べよう「ピーナッツバターソース」
  8. 一品おかずにも人気「インゲンのピーナッツバター和え」
  9. メイン料理もOK「ピーナッツバターチキン」
  10. 美味しいピーナッツバターを手作りしよう

マルチに活用できるピーナッツバター

ふわっと鼻に抜けるピーナッツの香りが食欲をそそるピーナッツバターはスーパーなどで販売されていますが、大容量を購入してしまうと余らせてしまったり少量を選ぶとすぐに使い切ってしまったり量を調節しにくいものです。そんなときには、手作りの自家製ピーナッツバターがおすすめです。

今回は、香ばしい風味の濃厚ピーナッツバターの作り方をご紹介します。自家製ピーナッツバターの使い方や、おすすめの絶品活用レシピなどぜひ参考にしてくださいね!甘さや量を調節しながら、自分だけのオリジナルピーナッツバターを美味しく作ってみましょう!

ピーナッツバターの嬉しい効果は?

ピーナッツバターと聞くと、高カロリーで脂肪分が多いといったイメージがありませんか?ヘルシーな印象を受けにくいピーナッツバターですが、実は作り方をアレンジした自家製ピーナッツバターにすることで低カロリーでダイエットに最適のピーナッツバターを作ることができます。

ピーナッツバターは良質な脂肪分

ピーナッツには脂肪分が約50パーセントを占めていますが、オリーブオイルやアボカドのように非常に良質な脂肪分と言われています。オレイン酸とリノール酸によって作られているピーナッツは、ダイエットやスキンケア以外にも生活習慣病の改善にも有効と言われています。ペースト状にすることで消化の手助けにもなります。

女性にとって嬉しい成分がたっぷり

ビタミンEといった抗酸化作用の成分も含まれているので女性にとって嬉しい効果を期待できます。また、不調の原因になりやすいビタミンも多く含まれており、ビタミンB1やB6、葉酸やナイアシンなどが含まれていることから疲労回復やストレス軽減の効果もあります。良質な脂肪分となっているので、量を守りながらバランス良く栄養素を摂取したいですね。

ピーナッツバター基本の作り方

ピーナッツバター基本の作り方をご紹介します。材料、下準備、手順をしっかりとマスターすることで美味しいピーナッツバターを作ることができますね。様々なアレンジレシピに取り入れたりマルチに活用することのできる栄養満点の美味しいピーナッツバターを作りましょう。

ピーナッツバターの作り方①材料

まず、ピーナッツバター基本の材料をご紹介します。材料は、無塩ピーナッツ200グラム・有塩バター50グラム・砂糖30グラム・はちみつ適量です。ピーナッツは殻を取り除いた重さを計りましょう。ヘルシーに仕上げたいときには、砂糖を甜菜糖やきび砂糖にしたり、量を調節しましょう。以上の材料でジャム瓶1つ分が出来上がります。

ピーナッツバターの作り方②下準備

天板にピーナッツを並べながら色げ、160度に加熱したオーブンで30分程度炒りましょう。低温でじっくりとピーナッツを炒ることで、ピーナッツの香りが深くなり水分が蒸発します。粗熱が取れたら薄皮を剥いて、保存容器または保存瓶を煮沸消毒しておきましょう。保存容器または保存瓶が冷えたら下準備終了です。

ピーナッツバターの作り方③手順

作り方は、フードプロセッサーなどを使ってピーナッツを攪拌し滑らかな状態にします。30秒ほど攪拌したら一度全体をしっかりと混ぜて、再度30秒ほど攪拌しましょう。ねっとりとした質感からどんどん細かい粒に変化するので、砂糖を加えて更にしっかりと攪拌します。

全体に砂糖が溶け切ったら、常温または室温に戻したバターを加えます。バターを加えてから再度フードプロセッサーを30秒攪拌し、全体を混ぜ合わせてもう一度30秒ほど攪拌します。砂糖やはちみつを加えて味をととのえてからすり鉢などを使ってペースト状にします。滑らかな質感になったら保存容器または保存瓶に移して出来上がりです。

たっぷり作ったピーナッツバターの保存方法は?

ピーナッツバターは比較的長期保存できるものですが、自家製ピーナッツバターは防腐剤などが入っていないので日に日に傷んでしまいます。2週間以内を目安にして使い切るようにしましょう。もっと保存したい場合は、小分けにして冷凍保存することで調理に取り入れることができるのでおすすめです。

保存容器または保存瓶の煮沸消毒とは?

ピーナッツバターを保存するときに必ず必要となる下準備に、煮沸消毒があります。煮沸消毒を行っておくことで、新鮮なピーナッツバターを美味しく保存することができます。煮沸消毒の方法は、鍋にたっぷりの水を入れて洗った保存容器とフタを加えて沸騰させます。

沸騰したら弱火にして5分以上かけて煮ましょう。保存容器または保存瓶の中までしっかりと煮沸を行って、全体が煮えるようにトングなどを使って回します。パッキンがついている場合は、3分ほどで引き上げます。煮たらトングなどを使って取り出し、自然乾燥させれば煮沸消毒完了です。

ピーナッツバターの絶品活用レシピを紹介

ピーナッツバターの使い方は、トーストに塗ったり調理に取り入れたりと様々な使い方ができます。甘みを抑えたピーナッツバターにしておくと、料理の邪魔をせずにほんのりとピーナッツの風味をプラスすることができるのでおすすめです。自家製ピーナッツバターの美味しい使い方をご紹介します。

ピーナッツバターの使い方はシンプルに食べるだけでも十分風味を感じることができますが、今回は一味違った贅沢なピーナッツバターの使い方をご紹介します。いつもの朝食に、おなじみの料理にピーナッツバターを取り入れることで一手間かけたワンランク上のレシピになりますよ。

絶品!ピーナッツバターの贅沢トースト

ピーナッツバターの使い方で真っ先に思いつくトーストレシピですが、そのまま塗るだけではなく色々なトッピングを追加することによって贅沢なトーストに早変わりします。ピーナッツバターの風味と甘みをたっぷりと味わうことのできる、元気を出したい日の朝に食べたいおすすめのトーストです。

絶品活用レシピ「ピーナッツバターの贅沢トースト」の作り方

トーストにピーナッツバターをしっかりと塗ります。トーストのミミ近くまで塗っておくことで味が均一になりますよ。厚みが出ないように、ピーナッツバターは均等に塗っておきましょう。ピーナッツバターを塗ったら、板チョコを割ってバランス良く散らしておきましょう。ビターチョコがおすすめです。

ビター板チョコを散らしたら、半分に切ったマシュマロを乗せていきましょう。小さいサイズのマシュマロであれば、切る必要なくそのまま乗せることができます。あとは、表面がこんがりと焼けるまでトースターで焼き上げましょう。食感が物足りないときは、砕いたビスケットを乗せるとさらに美味しく仕上がりますよ。

ディップして食べよう「ピーナッツバターソース」

スイーツやデザートに取り入れられることの多いピーナッツバターですが、エスニック料理とも相性がよくソースとして活用することができます。今回は、生春巻きのようなエスニック料理におすすめのピーナッツバターソースをご紹介します。風味そのままの美味しいピーナッツバターソースの出来上がりです。

絶品活用レシピ「ピーナッツバターソース」の作り方

ボウルにピーナッツバター大さじ4・味噌大さじ1・甜麺醤大さじ2・ナンプラー大さじ2・はちみつ小さじ2・にんにく2片・水150ccを加えて全体が馴染むようにしっかりと混ぜ合わせましょう。全体が混ざったら、砕いたピーナッツをトッピングしてピーナッツバターソースの出来上がりです。ナンプラーは調節しながら加えましょう。

生春巻きの具材はエビ・焼き豚・ビーフン・大葉・レタス・きゅうり・アボガド・香菜などがおすすめです。様々な具材を取り入れた生春巻きを使って、ピーナッツバターソースを美味しく食事に取り入れましょう。エスニック料理であれば、ピーナッツバターは相性良く馴染みますよ。

一品おかずにも人気「インゲンのピーナッツバター和え」

あと一品おかずが欲しいときや、忙しいときの一品レシピにピーナッツバターは活躍します。鮮やかな色合いのインゲンをさっと茹でてピーナッツバターと調味料を混ぜ合わせるだけで簡単におかずが出来上がります。忙しいときに人気の、おすすめピーナッツバターレシピです。

絶品活用レシピ「インゲンのピーナッツバター和え」の作り方

インゲンは軸を切り落として斜め3棟分にします。たっぷりの鍋に水を沸騰させて、インゲンを加えて2分ほど茹でましょう。茹で上がったら粗熱をとって水気をしっかり拭き取ります。インゲンにピーナッツバター小さじ1・砂糖小さじ1・醤油小さじ1/3を混ぜ合わせて味が馴染んだらインゲンのピーナッツバター和えの出来上がりです。

メイン料理もOK「ピーナッツバターチキン」

ピーナッツバターはお肉とも相性が良く、臭みなどを取り除いて食べやすくなります。ピーナッツを砕いてふりかけることで、食感に変化を出すこともできますね。いつもの唐揚げに飽きたときにはぜひトライして欲しいおすすめのレシピです。

絶品活用レシピ「ピーナッツバターチキン」の作り方

手羽元は塩こしょうをしておきます。ビニール袋にピーナッツバター大さじ4・醤油大さじ2・酒大さじ2・手羽元を加えて揉み込んでから20分ほど寝かせて味を馴染ませます。アルミホイルの上に並べてオーブントースターで両面各10分ほど加熱しこんがりと焼き上げれば出来上がりです。

美味しいピーナッツバターを手作りしよう

作り方が難しく感じてしまうピーナッツバターですが、基本の作り方を覚えておけば簡単でお手軽に作ることができます。少ない材料でたっぷりとピーナッツバターを作ることができるので、普段使う分を作っておくことでストックをおくことができますね。美味しい自家製ピーナッツバターを作りましょう!

あわせて読みたいピーナッツについての記事はこちら

Thumbピーナッツは食べ過ぎ注意!気になるカロリーと女性に嬉しい美容効果とは?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-06-22 時点

新着一覧