リンゴ酢の飲み方でおすすめは?ダイエットに効果的な量やレシピも紹介

今回ご紹介するテーマは「リンゴ酢」です。リンゴ酢は、さまざまな効果が注目されて今飲んでいる方が増えています。そんなリンゴ酢の効果はもちろん、おすすめの飲み方やレシピなどを特集します。リンゴ酢の効果や飲み方をチェックして健康や美容に役立てましょう。

リンゴ酢の飲み方でおすすめは?ダイエットに効果的な量やレシピも紹介

目次

  1. 効果がスゴイ!リンゴ酢の飲み方とおすすめレシピを大特集!
  2. 今回の主役!リンゴ酢とは?
  3. リンゴ酢の飲み方の前に…効果を握る栄養素とは?
  4. 飲み方と一緒に知りたい!リンゴ酢の健康効果
  5. リンゴ酢には美容効果も詰まってる!?
  6. 詳しく知りたい!リンゴ酢のダイエット効果の理由とは?
  7. リンゴ酢の効果と一緒にチェックしておきたい!飲み方のポイント
  8. 効果を活かしたい!リンゴ酢の基本的な飲み方
  9. リンゴ酢はアレンジした飲み方も美味しい!?
  10. リンゴ酢は手作り出来る!?
  11. 美容効果が嬉しい!リンゴ酢を使ったハイビスカスティーの飲み方
  12. ビタミンCたっぷり!おすすめのブルーベリーリンゴ酢の飲み方
  13. リンゴ酢を使ったいちごのサワードリンクの飲み方
  14. ダイエット効果あり!?リンゴ酢を使ったスムージーの飲み方
  15. ホットで温かいリンゴ酢ドリンクの飲み方
  16. 柑橘系のフルーツとリンゴ酢を使った効果的なドリンクの飲み方
  17. 飲み方だけじゃない!ダイエットにおすすめのリンゴ酢レシピ
  18. リンゴ酢を活用したもずく酢レシピ
  19. 野菜をたっぷり摂りたい!リンゴ酢を使ったドレッシングのサラダ
  20. フルーツたっぷり!ダイエット効果のリンゴ酢を使ったマリネ
  21. リンゴ酢の飲み方をマスターして効果的に活かしちゃおう!

効果がスゴイ!リンゴ酢の飲み方とおすすめレシピを大特集!

最近は、お酢ブームということもあり、さまざまな種類のお酢が登場しています。その中でも身近になっているお酢が「リンゴ酢」です。今回は、そのリンゴ酢に着目して効果はもちろん、効果的な飲み方やアレンジした飲み方、さらには、おすすめのヘルシーレシピなど飲み方以外にも着目しながらご紹介していきます。

今回の主役!リンゴ酢とは?

リンゴ酢の飲み方は効果をご紹介する前に、まずはリンゴ酢自体のことからお話ししていくことにしましょう。いくら飲み方や効果を知っても基本であるリンゴ酢のことを知ることも大切なポイントになります。リンゴ酢の飲み方も気になるところですが、飲み方と一緒にリンゴ酢のことを知っておきましょう。

リンゴ酢は…【リンゴ果汁とアルコールで作られたお酢】

リンゴ酢は、一般的にリンゴの果汁とアルコールを合わせて作られたお酢になっています。リンゴ酢と一言で言っても色々なアイテムがありますが、中には、リンゴのみを熟成、発酵させて作られているリンゴ酢もあるそうです。果実酢の中でもスタンダードな種類で、比較的よく飲まれています。

リンゴ酢の飲み方の前に…効果を握る栄養素とは?

次にご紹介していくのは、飲み方と一緒に気になるリンゴ酢の効果の鍵を握っている栄養成分についてです。飲み方と一緒に覚えておくとさらに効果的です。栄養成分には、色々な効果が隠れているので一緒に知っておくことでさまざまな活用することが出来ます。

栄養成分①リンゴポリフェノール

リンゴ酢に含まれている栄養成分の1つめは、リンゴポリフェノールです。リンゴポリフェノールは、その名の通り、リンゴに含まれているポリフェノールの総称です。

熱していない皮の部分に多く含まれていると言われています。ポリフェノールは、苦味や渋み成分となっていて約5000種類以上あると言われています。リンゴポリフェノールは、カテキンが繋がった成分で出来ているそうです。

栄養成分②食物繊維

リンゴ酢に含まれている栄養成分の2つめは、食物繊維です。リンゴ酢に含まれている食物繊維の中で特に注目する食物繊維は、ペクチンです。ペクチンは、水に溶けやすい食物繊維になっていて老廃物を体外に排出して腸内環境を正常に保つためにも重要な栄養成分になっています。

栄養成分③カリウム

3つめの栄養成分は、カリウムです。カリウムには、利尿作用があり、腸内環境改善や塩分を外に排出し、むくみを改善してくれる働きもあります。さらに、血行促進の働きから健康への効果にも関わってくる栄養成分になっています。

飲み方と一緒に知りたい!リンゴ酢の健康効果

続いてお届けしていくのは、リンゴ酢の飲み方を実践する上で得られる健康や美容の効果です。リンゴ酢を効果的な飲み方を知って、続けていくとそれが色々な効果へと繋がる可能性があります。リンゴ酢の飲み方をチェックすると同時に、リンゴ酢にはどんな効果があるのかを見ていくことにしましょう。早速、飲み方にも反映される効果をお届けします。

健康効果①疲労回復効果

リンゴ酢の1つめの健康効果は、疲労を回復してくれる効果です。リンゴ酢には、クエン酸が含まれています。クエン酸には、疲労物質である乳酸を取り除いてくれる効果があると考えられており、それが疲労回復の効果へと繋がっていると言われています。

健康効果②血圧を下げる効果

リンゴ酢の2つめの健康効果は、血圧を下げてくれる効果です。その鍵を握っているのは、カリウムです。カリウムの働きにより、体内に増え過ぎてしまった塩分を外へ排出してくれることで血圧を低下させてくれる効果が期待出来ます。

健康効果③骨を健康に保ってくれる効果

リンゴ酢の3つめの健康効果は、骨を健康に保ってくれる効果です。リンゴ酢に含まれている栄養素成分の中でクエン酸の効果はとても大きく、骨を丈夫にするために助けてくれるカルシウムの吸収率を上げてくれる効果があります。リンゴ酢を飲むことで、カルシウムを効率的に摂取することが出来ます。

リンゴ酢には美容効果も詰まってる!?

続いて、飲み方と合わせて見ていくリンゴ酢の効果は、美容に関する効果です。リンゴ酢は、健康だけでなく、美容へのおすすめ効果もたくさんあります。健康の効果の次は、飲み方と一緒に見る美容効果です。それでは、早速チェックしていきましょう。

美容効果①ダイエット効果

リンゴ酢の美容効果の1つめは、ダイエット効果です。リンゴ酢には、ダイエットをサポートしてくれる効果がたくさん隠れています。その秘密を握っているのは、クエン酸とアミノ酸です。このダイエット効果に関しては、後ほどさらに詳しくご紹介します。

美容効果②むくみ防止効果

リンゴ酢が持っている美容効果の2つめは、むくみを解消してくれる効果です。私たちの体は、塩分を摂り過ぎると体内で水分が増えてしまい、それがむくみの原因になります。それを助けてくれるのは、リンゴ酢に含まれているカリウムです。カリウムの働きにより、余分なものを外に出してくれることでむくみ解消へと繋がります。

美容効果③美肌効果

リンゴ酢の3つめの効果は、美肌効果です。リンゴ酢には、お肌を健康的に保ってくれるビタミン類やミネラル類、そして食物繊維が含まれています。それらの働きにより、美しいお肌を保ち、シミやシワを改善してくれると言われています。

詳しく知りたい!リンゴ酢のダイエット効果の理由とは?

先ほど少し触れましたが、リンゴ酢のダイエット効果は、「リンゴ酢ダイエット」があるほど注目されています。それでは、何故リンゴ酢がダイエット効果があると言われているのでしょうか?その理由を3つお届けします。リンゴ酢がダイエットに効果的だと言われる鍵は栄養成分にありました。

クエン酸の【脂肪燃焼効果】

リンゴ酢がダイエットに良いと言われている理由の1つめは、「クエン酸」にあります。しかし、クエン酸を摂取する時には注意も必要です。クエン酸は、エネルギーの代謝を高めてくれるクエン酸回路を活発にしてくれるという理由からダイエットに良いとされていました。

ただし、摂り過ぎてしまうとブドウ糖や脂肪酸の働きを抑制してしまう可能性があります。それが逆にエネルギーの代謝を抑えてしまって逆効果になる可能性があります。クエン酸を摂る時は、1日2gがおすすめです。

アミノ酸の【脂肪分解効果】

リンゴ酢に含まれているアミノ酸には、リパーゼの働きを活性してくれる働きがあります。リパーゼとは、脂肪を分解してくれる酵素の1つで、体に溜まっている内臓脂肪や皮下脂肪を少なくしてくれる効果があると言われています。そのリパーゼの働きを助けてくれるのがリンゴ酢などのお酢です。

食物繊維の【腸内環境改善効果】

3つめのダイエットをサポートしてくれる理由は、リンゴ酢に含まれている食物繊維です。リンゴ酢に含まれている食物繊維などの栄養成分が腸内環境を整えてくれて、血行を促進してくれると共に基礎代謝を上げてくれて効率的に痩せやすい体へと導いてくれます。

Thumbりんごダイエットの効果は?成功する方法・やり方まとめ!危険もある?

リンゴ酢の効果と一緒にチェックしておきたい!飲み方のポイント

ここまで、リンゴ酢の栄養成分や効果をたっぷりご紹介しましたが、ここからは、リンゴ酢の飲み方をお届けします。リンゴ酢の飲み方にはいくつかのポイントがあります。飲み方を間違えてしまうとリンゴ酢の効果を発揮出来ない可能性があります。具体的な飲み方の前に、まずは、そこからチェックしていきましょう。

飲み方のポイント①リンゴ酢を飲む量は?

リンゴ酢の飲み方のポイントの1つめは、1日にリンゴ酢を飲む量です。リンゴ酢はおすすめしていますが、過剰な量を飲み過ぎると逆に体調を崩してしまう恐れがあります。そのため、1日にリンゴ酢を飲む量は、15〜30mlが適量と言われています。大さじに直すと約大さじ1〜2くらいの量になります。

飲み方のポイント②リンゴ酢を飲むタイミングは?

リンゴ酢の飲み方のポイントの2つえは、リンゴ酢を飲むタイミングです。リンゴ酢を飲むタイミングは、基本的にいつでも大丈夫です。一番のおすすめは、1日に30mlを3回に分けて飲む方法です。食後に飲んだり、おやつの時間に飲んだりするようにしましょう。

飲み方のポイント③リンゴ酢の飲み方の注意点

リンゴ酢の飲み方のポイントには、注意点も含まれています。リンゴ酢を飲む時は、1日のおすすめ摂取量以上は飲まないことをおすすめします。飲み過ぎてしまうと胃が荒れてしまい、健康面で逆効果になってしまう恐れがあります。さらに、胃が弱い人は、量を少なくする必要があるので自分の体調と相談しながら取り入れましょう。

効果を活かしたい!リンゴ酢の基本的な飲み方

それでは、早速リンゴ酢の具体的な飲み方をご紹介していきましょう。リンゴ酢には、アレンジの効いた色々な飲み方があります。その前にご紹介していくのは、シンプルな基本的なリンゴ酢の飲み方です。

基本的なリンゴ酢の飲み方

材料は、リンゴ酢大さじ2と水やお湯150mlです。リンゴ酢は、基本的に5〜7倍にして飲む飲み方がおすすめです。コップやマグカップにリンゴ酢を入れてそこへ水やお湯を入れてしっかり混ぜたら完成です。作り方が簡単で、手軽に飲める所が魅力です。

リンゴ酢はアレンジした飲み方も美味しい!?

次は、リンゴ酢を使ったおすすめの飲み方のアレンジレシピをご紹介します。リンゴ酢は、基本的なレシピで飲む飲み方もいいですが、毎日繰り返していると飽きてしまいます。そんな時に、アレンジレシピをいくつか知っていると応用が効くのでおすすめです。

おすすめ!リンゴ酢の牛乳割りのレシピ

材料は、1杯分の量です。リンゴ酢15g、はちみつ22g、牛乳120gを用意しましょう。測りの上にコップを置いて作ると簡単で便利です。測りにコップを乗せたら、リンゴ酢を入れます。さらにはちみつを入れてしっかり溶かしましょう。さらに牛乳を入れてかき混ぜたら完成です。

リンゴ酢は手作り出来る!?

実は、今回主役のリンゴ酢って自分たちで作ることが出来るって知ってましたか?作り方は簡単ですし、手軽に作ることが出来ます。作り方にも色々な方法があります。短期間で作る方法と長期間かけて作るレシピをご紹介します。

鍋でリンゴ酢を作るレシピ

材料は、リンゴ1個、お酢400ml、氷砂糖200gを用意しましょう。リンゴは、タワシでこすったりしながらしっかり洗いましょう。キッチンペーパーで水分を良く拭き取ったら、芯を取り除いて皮を剥かずに、2cmほどのいちょう切りにします。

お鍋にリンゴを入れて、氷砂糖を入れてお酢も入れていきましょう。全て入れてから弱火にかけ、温めたら60度になったら火を止めます。粗熱が取れたら煮沸消毒や熱湯消毒しておいた瓶に出来たリンゴ酢を詰めてそのまま12〜24時間置いたら完成です。

火を使わずリンゴ酢を作るレシピ

材料は、3リットルの容器の量です。リンゴ10個、穀物酢1.8リットル〜、氷砂糖500gを用意しましょう。リンゴは良く洗って水分を拭き取り、リンゴを半分に切ってから8等分にします。芯を取り除き、水につけて色を止めましょう。

再度水分を拭き取って、煮沸消毒した容器に少量入れ、氷砂糖を入れます。また次にリンゴを敷いて氷砂糖というように交互に隙間なく、重ねていきましょう。リンゴを瓶の9分めくらいまで入れて酢を入れます。蓋をして1ヶ月置いたらリンゴ酢の出来上がりです。

美容効果が嬉しい!リンゴ酢を使ったハイビスカスティーの飲み方

続いては、リンゴ酢を使った効果的な飲み方をいくつかご紹介します。さらに、飲み方以外にもリンゴ酢をダイエットンと活かすためのレシピもご紹介します。まずは、先ほどの飲み方同様にアレンジの効いたおすすめのレシピをお送りしましょう。

リンゴ酢のハイビスカスティーの飲み方

材料は、1人分の量です。ハイビスカスティー100ml、リンゴ酢大さじ1、はちみつ小さじ1〜大さじ1、炭酸水100mlを用意します。グラスにリンゴ酢とはちみつを入れてよく混ぜ合わせます。はちみつが溶けたらハイビスカスティーと炭酸水を加えてからさらに混ぜたら完成です。

ビタミンCたっぷり!おすすめのブルーベリーリンゴ酢の飲み方

次にご紹介していくのは、ブルーベリーを使ったリンゴ酢のジュースの飲み方です。ミキサーがなくてもリンゴ酢を活かしたドリンクを作ることが出来ます。ジュースだけでなく、スムージーの飲み方のレシピをご紹介します。

ブルーベリードリンクの飲み方

材料は、1人分の量です。ブルーベリージャム大さじ2、ヨーグルト80〜100g、牛乳大さじ2、リンゴ酢大さじ1、はちみつ小さじ1、氷お好み量を用意します。グラスに材料を全て入れてしっかり混ぜましょう。おすすめのアイテムとして冷凍ブルーベリーをそのまま加えてもGOODです。

リンゴ酢を使ったいちごのサワードリンクの飲み方

次のリンゴ酢の飲み方レシピは、いちごを使ったリンゴ酢の飲み方をご紹介します。リンゴ酢は、色んなフルーツと合わせて飲む飲み方がおすすめです。他のフルーツの相性も抜群なので、この飲み方も是非トライしてみましょう。

いちごのサワードリンクの飲み方レシピ

材料は、いちご200g、氷砂糖200g、リンゴ酢100ml、レモン果汁1/2個を用意します。いちごは丁寧に洗ってヘタを取って水分を拭き取ります。煮沸消毒した容器にいちご、氷砂糖、リンゴ酢、レモン果汁を入れて漬けるだけです。3日くらいしたら出来上がります。飲み方は、炭酸水や牛乳などで割って飲むとおすすめです。

ダイエット効果あり!?リンゴ酢を使ったスムージーの飲み方

続いては、ミキサーを使って作るリンゴ酢を使った簡単なスムージーの飲み方レシピです。量も調節しやすいので、お好みの量を作ることが出来ます。朝の1杯にいかがでしょうか?

リンゴ酢の豆乳バナナスムージーの飲み方レシピ

材料は、1人分の量です。豆乳200ml、バナナ1本、リンゴ酢小さじ2〜3を用意しましょう。全ての材料をミキサーに入れて撹拌するだけの簡単レシピです。他の材料を混ぜて作るのもおすすめですよ。

ホットで温かいリンゴ酢ドリンクの飲み方

次は、リンゴ酢を使って作る温かいドリンクのレシピです。リンゴ酢はアイスで飲むこともあれば、ホットで飲むこともあります。体を温めることで基礎代謝を上げる効果も期待出来ます。そのため、ダイエットをサポートしてくれる可能性があります。

マーマレードで作るリンゴ酢ドリンクの飲み方レシピ

材料は、1人分の量です。リンゴ酢大さじ1、マーマレード大さじ1〜2、お湯150mlを用意しましょう。リンゴ酢、マーマレード、お湯を耐熱カップに入れてしっかり混ぜたら完成です。簡単に作れてなおかつ体を温めてくれるリンゴ酢を使ったホットドリンクはおすすめです。

柑橘系のフルーツとリンゴ酢を使った効果的なドリンクの飲み方

次にご紹介するのは、オレンジとグレープフルーツを使って作るダイエットにも効果的なドリンクレシピです。飲み方もさまざまなので、色んな組み合わせを楽しみながらトライしましょう。

オレンジ&グレープフルーツのリンゴ酢ドリンクの飲み方

材料は、オレンジ1個、グレープフルーツ1/2個、スペアミント1パック、リンゴ酢250ml、氷砂糖200g、はちみつ50gを用意します。ミントを洗ってしっかりと水気を切ったあと、オレンジとグレープフルーツの皮を剥き、薄皮と種を取ります。

全ての材料を煮沸消毒した瓶に入れて1日1度蓋をしたまま混ぜます。1週間で完成します。炭酸水などで割る飲み方がおすすめです。

飲み方だけじゃない!ダイエットにおすすめのリンゴ酢レシピ

次は、リンゴ酢を使ったダイエットにおすすめのレシピです。リンゴ酢は、飲むだけでなく、料理に活用することも出来ます。飲み方のご紹介だけでなく、ダイエットにおすすめのアイテムも一緒にご紹介していきます。

リンゴ酢寒天のレシピ

材料は、大タッパー1個分の量です。水500cc、粉寒天4g、リンゴ酢〜100cc、砂糖〜大さじ2を用意しましょう。鍋に水と粉寒天を入れて火にかけます。沸騰してから1〜2分ほど煮ながら溶かして砂糖を加えましょう。砂糖が溶けたら火を止めてリンゴ酢を一気に加えてよく混ぜたら、水に濡らしたタッパーに入れて粗熱を取って冷蔵庫で良く冷やして完成です。

リンゴ酢を活用したもずく酢レシピ

次は、リンゴ酢を使ったいつもの食事にプラスしたくなるダイエットレシピをご紹介します。ダイエットにおすすめのレシピは、ヘルシーなこともポイントですが、高い栄養素もポイントになります。簡単に作れて効果的なレシピをお届けします。

リンゴ酢のもずく酢の作り方

材料は、もずく160g、リンゴ酢大さじ3、お酢大さじ3、麺つゆ大さじ3、はちみつ小さじ1を用意しましょう。もずくを軽く水洗いします。リンゴ酢、お酢、麺つゆ、はちみつをボウルに入れてよく混ぜたら、もずくを入れてよくかき混ぜてから1時間ほど漬けて完成です。

野菜をたっぷり摂りたい!リンゴ酢を使ったドレッシングのサラダ

次は、野菜をたっぷり摂れるリンゴ酢を使ったドレッシングがポイントのサラダレシピをご紹介します。飲み方を覚えてドリンクとして飲むのもいいですが、ドレッシングとしてサラダなどに活用するのもおすすめの食べ方です。

エリンギとトマトのリンゴ酢ドレッシングレシピ

材料は、4人分の量です。小松菜2/3束、エリンギ150g、プチトマト4個、オリーブオイル適量、塩適量、醤油小さじ1、塩小さじ1/4強、リンゴ酢小さじ1、メープルシロップ小さじ1.5、昆布パウダー小さじ1/4、玉ねぎのすりおろし小さじ1/2、ごま油大さじ11.5を用意しましょう。

小松菜を洗ったら水に浸しておき、エリンギを1cmくらいの太さに切ります。フライパンにオリーブオイルを入れて軽く塩をしてからエリンギを炒めます。

ボウルに、醤油、塩、リンゴ酢、メープルシロップ、昆布パウダー、玉ねぎのすりおろし、ごま油を入れてよく混ぜ、プチトマトを適当な大きさに切りましょう。小松菜の水を切ってからお皿に盛りつけてエリンギとプチトマトを盛りつけたらドレッシングをかけて完成です。

フルーツたっぷり!ダイエット効果のリンゴ酢を使ったマリネ

最後にお送りするのは、フルーツをたっぷり使ったダイエットにおすすめのフルーツマリネです。自分の好きなフルーツを使って作れる思わず食べたくなるマリネレシピです。

リンゴ酢がよく似合うフルーツマリネの作り方

材料は、リンゴ1個、パイナップル1/2玉、いちご6粒くらい、亜麻仁オイル大さじ1、リンゴ酢大さじ2、メープルシロップ大さじ2、レモン汁大さじ1、塩ひとつまみを用意しましょう。

リンゴをお好みの大きさにカットして塩水につけておきましょう。いちごも塩水につけておき、パイナップルはお好みの大きさにカットします。ボウルに亜麻仁オイル、レモン汁、メープルシロップ、リンゴ酢、塩を入れて混ぜておきます。

リンゴの塩水を洗い流して水分を拭き取り、いちごも洗ってヘタを取ったら同じように水気を拭き取ります。先ほどのボウルにフルーツを入れて優しく混ぜてから冷蔵庫へ入れて冷やして完成です。

リンゴ酢の飲み方をマスターして効果的に活かしちゃおう!

リンゴ酢の効果は、飲み方次第で変わります。基本の飲み方以外にも牛乳を混ぜて飲む飲み方、紅茶と一緒に飲む飲み方、炭酸水と一緒に飲む飲み方、他の材料を一緒にサワーとして飲む飲み方などあらゆる飲み方があります。さらに、飲み方だけでなく、料理にも活用できるリンゴ酢。簡単な飲み方から実践して、効果をゲットしましょう。

もっとリンゴについて知りたいアナタへ!こちらも要チェック!

Thumbりんごの栄養と効能まとめ!隠された健康・美容効果を倍増する食べ方
Thumbりんごの変色の原因・防止方法まとめ!塩水以外にも防ぐやり方がある?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-23 時点

新着一覧