コンバース・ハイカット靴紐の結び方まとめ!定番からアレンジまで!

スニーカーといえば定番のコンバース・ハイカットですが、靴紐をアレンジするだけで全く違った表情を見せてくれます。シンプルなデザインのコンバース・ハイカットだからこそ、靴紐の結び方をチェンジしておしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。その方法をご紹介します。

コンバース・ハイカット靴紐の結び方まとめ!定番からアレンジまで!

目次

  1. コンバースのハイカットは靴紐アレンジが楽しい!
  2. まずはコンバースハイカットの基本の靴紐の結び方をチェック
  3. コンバースのハイカットをかっこよくしたいなら靴紐はダブルバック
  4. 靴紐を星形にするのがキてる!コンバースハイカットと相性抜群
  5. コンバースのハイカットの形ならでは!靴紐を足首に巻きつけて
  6. 靴紐をはしご結びにして周囲の目を惹きつける!
  7. スタイリッシュな靴紐アレンジはのこぎり結び
  8. 靴紐アレンジの定番ラティス結び!コンバースハイカットにもぴったり
  9. 靴紐をブッシュウォークにすると可愛さが際立つ!
  10. どうなってるの?と思わせる結び目隠しをやってみよう
  11. 革靴で人気のパラレル結びをコンバースのハイカットでもチャレンジ
  12. 靴紐の真ん中結びはどんな靴も可愛くしてくれる
  13. クロスのラインがおしゃれに仕上がるファスナー結び
  14. コンバースハイカットの印象を大きく変えるならチェッカー結び
  15. 靴紐2本使いもハイカットの色とあわせるとおしゃれで可愛い
  16. 簡単靴紐アレンジならループバックがおすすめ
  17. 靴紐をチェンジしてコンバースハイカットの表情を変えてみよう
  18. シンプルなコンバースだからこそ靴紐アレンジで楽しもう!

コンバースのハイカットは靴紐アレンジが楽しい!

コンバースハイカットの代表作「キャンパスオールスター」は1917年にバスケットボール用シューズとして誕生しました。その足首を守るフォルムはプロ使用に耐えるとされ、時を経た今は普段使いのスニーカーとして安定の人気を誇っています。歴史が長いからこそ、靴紐アレンジの幅もかなり広いのでチェックしていきましょう。

Thumbコンバースのハイカット・ローカットコーデ!おしゃれな履きこなし方とは?

まずはコンバースハイカットの基本の靴紐の結び方をチェック

コンバースハイカットの基本的な結び方は、爪先に一番近いホールに靴紐を通してから両端の紐をクロスさせて編み上げて行くオーバーラップかアンダーラップです。この結び方は最も簡単で足をしっかりホールドしてくれるので、定番となっています。

こちらはオーバーラップです。紐を全て上から穴に通す方法で、緩みにくいのが特徴です。一方アンダーラップは全て下から通す方法で、オーバーラップに比べると圧迫感が少なくなります。また、ハイカットのスニーカーは一番上の穴まで通すかどうかは好みなので好きな位置で結んで構いません。

Thumb靴紐結び方|もうほどけないスニーカー・革靴の靴紐結び方伝授します!

コンバースのハイカットをかっこよくしたいなら靴紐はダブルバック

かっこいい結び方はダブルバック。この靴紐アレンジも簡単なので試してみましょう。トップ(足首に近いところ)から2つ目のホールに靴紐の両端を上から通したら、左右を交差させて4つ目の穴に上から通します。このように1つ飛ばしで爪先まで通したら、交差させずに同じ列にあるホールの下から通し、余っているホールにクロスで戻していけば完成です。

靴紐を星形にするのがキてる!コンバースハイカットと相性抜群

星形結びの人気が上昇中です。覚える難易度は高めなアレンジですが覚えたらサクサクできるので試してみましょう。コンバースオールスターはそれ自体が星のマークが入っているので相性◎です。紐が白なら鮮やかな生地のハイカットとよく合います。

靴紐をひっかけるための並行ラインを先につくります。次に片方の靴紐を垂直の次の穴に通し、星型の1辺になるように並行に通します。垂直に爪先に一番近い穴に通したら、斜めに渡して並行をつくったときと同じ穴に入れます。同じ要領でまた爪先から斜めに通したら一番下の穴に戻し、そこから出た紐を並行にしたところへひっかけ、一番下の反対側に通せば星になります。

ハイカットは穴の数が多いので、トップを2回へ移行にしておくとリボン結びと星がかぶらず綺麗につくれます。このようにアシンメトリーにしても可愛いですね。白のコンバースハイカットなら靴紐は別の色に返ると映えます。こちらの記事の後半ではさまざまな靴紐をご紹介するのでチェックしてみてください。

コンバースのハイカットの形ならでは!靴紐を足首に巻きつけて

コンバースのハイカットはすっきりしたフォルムなので、靴紐を足首に巻きつける結び方が可能です。足首以外の結び方は何でも構いませんが、足首の太さによっては靴紐は長さがあるものに変えた方がいいかもしれません。

結び目を後ろにもってくるだけで可愛い仕上がりに

結び目を前にもってくるとカッコイイ印象ですが、後ろでリボンにする結び方なら可愛く仕上がります。あるいは、左右の紐を穴から出す長さのバランスを変えてサイドで結ぶこともできます。結び目の位置だけで印象がガラッと変わるのでボトムスとのバランスも考えて色々試してみましょう。

靴紐をはしご結びにして周囲の目を惹きつける!

はしご状の結び方は見た目に反して簡単です。まず爪先に一番近い両側穴に下から紐を並行に通したら、垂直の上にある穴に上から入れます。紐は下に出ているので並行に交差させてそれぞれの紐の両端を反対側の穴に通します。また上に出た紐を垂直に穴にいれて交差、これをトップまで繰り返せばOKです。通す回数が多いので長さのある靴紐の方がいいかもしれません。

スタイリッシュな靴紐アレンジはのこぎり結び

コンバースのハイカットはシルエットがスリムなので、この結び方がよく合います。靴紐の両端を爪先に一番近い穴へ上から並行に通したら、一端を向かい側の一つ飛ばした上の穴へ斜めに下から通し、もう一端は垂直に上の穴に通した後並行に向かい側へ通します。次は並行にした紐を斜めに、斜めにした紐を並行に、を繰り返します。

靴紐アレンジの定番ラティス結び!コンバースハイカットにもぴったり

ラティス(格子)の名の通りクロスが多い結び方です。シンプルなコンバースもドレスアップできます。爪先から並行に紐を通したら、2つ飛ばした穴へクロスさせて通し、垂直に1つ上の穴に下から通したら、今度は一気に爪先から2番目の穴までクロスさせて戻します。そしてまた1つ上の穴に垂直に上がり、を繰り返していくと格子ができあがります。

コンバースのハイカットだからこそラティス結びの密度が丁度いい

締め付け具合で靴紐の幅を変えられるコンバースのハイカットだからこそ、自分好みの密度に格子を調整できます。ゆるめにすると1つ目の写真のようになり、このようにキツめに紐を編むと密度が高くなります。

靴紐をブッシュウォークにすると可愛さが際立つ!

可愛い結び方にしたいならサイドで結べるブッシュウォークがおすすめです。ブッシュウォークはオーストラリアやニュージーランドで雑木林(bush)探検(walk)を意味しています。とはいえ、結び方については結び目が中央ではなくサイドに来るものを指します。

靴紐の両端を爪先に一番近い穴に通したら、一端は垂直に上の穴へ、もう一端は垂直に1つ飛ばした上の穴へ入れます。それぞれ並行に向かいの穴へ通したら、後は1つ飛ばしで同じことを繰り返せば靴紐がどちらも片側の穴から出るのでリボン結びにすればOKです。

靴の形状は違いますが、ブッシュウォークのやり方がよくわかるのでこちらの動画は参考になります。1分10秒あたりからゆっくりやってくれるので、手元にコンバースを用意して一緒にやってみてはいかがでしょうか。ハイカット以外でも可愛く仕上がるので手持ちの靴に紐が必要なものが多い人は試してみましょう。

どうなってるの?と思わせる結び目隠しをやってみよう

結び目隠しはどうやって留めているのかわからないので不思議ですが、簡単な話で、交差などで上に持っていった紐の両端を片側の穴の下側で結ぶか、両端をホールより大きな結び目にして留めてしまえばいいだけです。あまり両端の長さがあまるようだと履き心地が悪いので、長さは短めの靴紐に変えましょう。

革靴で人気のパラレル結びをコンバースのハイカットでもチャレンジ

パラレル結びは並行(パラレル)に靴紐を通す結び方です。革靴で人気の結び方ですが革靴はクロスさせても見えなくなる一方、コンバースのハイカットで行う場合はクロスすると見えてしまいます。要領はブッシュウォークと変わらず、センターで結びたい時は片方だけクロスさせて反対の穴から出して結びましょう。クロスさせる方の紐だけ少し長さをとっておくのがコツです。

靴紐の真ん中結びはどんな靴も可愛くしてくれる

靴紐の編み目の真ん中でリボン結びにできるのでどんな靴でも可愛い印象になります。単純に、靴紐の両端が真ん中で落ち合うようにすればいいだけなので、紐の一端をトップに、もう一端を爪先側に斜めに通したら、爪先側は一度並行に反対の穴へ通し、後は両端ともジグザグに通して真ん中で落ち合ったらリボン結びにしましょう。

クロスのラインがおしゃれに仕上がるファスナー結び

コンバースのハイカットは靴紐を見せられる長さがあるのでファスナー結びも映えます。靴紐の両端を爪先の穴に下から通したら、それぞれ今通した紐の下にくぐらせ、クロスして向かいの穴に下から通します。次にクロスさせる時も、今通してきた紐の下をくぐらせるようにして上に進んでいけばできます。

コンバースハイカットの印象を大きく変えるならチェッカー結び

チェッカー結びは2本の靴紐が必要です。1本をパラレル結びにしたら、それを横軸としてもう1本の靴紐を縦軸になるように上下に編み込んでいくだけ。両方の余った部分を上でリボン結びにすれば完成します。このように目立つカラーの靴紐だと可愛いですね。

一方の靴紐をコンバースハイカットと同じ色にすると、新に投入した色だけ映えるのでテーマカラーのある日にはこのような組み合わせも素敵です。柄ものと無地、異素材でもおもしろいので色々試してみましょう。

靴紐2本使いもハイカットの色とあわせるとおしゃれで可愛い

コンバースハイカットの配色と同じ靴紐の色を2本ねじって1本にしてから基本形の結び方にしてみましょう。2本の長さは同じにします。靴紐のリボンも豪華になるのでおすすめです。ねじっても2本分なので穴に通すのはちょっと大変ですが、紐に立体感が出て可愛く仕上がります。

簡単靴紐アレンジならループバックがおすすめ

靴紐を爪先側に通したら、次はクロスではなくオオバコ相撲のように両端の靴紐をクロスさせたらひっぱり合うようにして次の穴に紐を通していくだけ。簡単なので靴紐アレンジ初心者の方はループバックからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Thumbおしゃれな靴紐の結び方まとめ!ほどけないスニーカーの通し方は?

靴紐をチェンジしてコンバースハイカットの表情を変えてみよう

靴紐の結び方のアレンジは上記の通りでしたが、靴紐自体をチェンジしても、また違ったコンバースハイカットを活かすことができます。靴紐以外にもいくつかご紹介するのでチェックしていきましょう。

素材や機能は通常の靴紐ですが、ロゴや柄のある靴紐にしてみましょう。こちらのようにコンバースの色と合わせるのも良いですし、コンバース自体がシンプルなデザインのため、あえて全く異なった色を合わせてもマッチします。

グラデーションが綺麗な靴紐もおすすめです。この紐の色合いは他者とあまり被らないので足元のおしゃれを強調できます。こちらはブーツと合わせていますが、ホワイトのコンバースともよく合うカラーです。グラデーション系はほかにも虹色やネオン系、ラメ入りなどさまざまあります。

コンバースハイカットのしっかり生地とリボンのやわらかさは絶妙にマッチする

コンバースハイカットの通常の靴紐はしっかり目の紐ですが、やわらかなリボンを靴紐代わりにすると、異素材なのにマッチします。リボンの長さは靴紐よりやや短めにすると、このようにぷっくりしたリボンの形が綺麗なバランスになってくれます。長さのあるリボンを切って使う場合は切り口からほつれていくので、ほつれ止めの液を手芸店でゲットしておきましょう。

靴専門店では機能性重視でしっかりめの靴紐が多いので、リボンなど見た目重視の靴紐は靴専門店より雑貨店の方が品揃えが多いでしょう。ただし、あくまで見た目重視なのでアクティブに動き回る日は通常の靴紐をおすすめします。せっかくのリボンが早くダメになってしまうので気を付けましょう。靴紐として売られているリボンは長さの表示があるので要チェックです。

なんだこれ?不思議さが目を惹くクールノットを靴紐にしてみよう

結び方を見てきましたが、結ぶのが面倒くさい人にはこちらのクールノットがおすすめです。「結ばない靴紐」で、コブが穴を塞いでロックしてくれるので結ぶ必要がありません。伸縮性のあるゴムが入っているので、通したまま脱ぎ履きできます。スポーツにも耐えられるように作られているので安心です。

ハイカットには伸びる靴紐がおすすめ!脱ぎ履きがとっても楽

結ぶのは楽しいけど脱ぎ履きでいちいちほどくのが面倒臭い!という人にはセリアの伸びる靴紐がぴったりです。通常の靴紐のようにアレンジが楽しめるのに、紐が伸びてくれるので結んだ形をそのままに脱ぎ履きできます。100円な上に長さや柄もいくつかあるのでお気に入りを探してみてはいかがでしょうか。

価格は少々お高めですが走ることが多い人はXpandを靴紐に変えてみましょう。こちらは結ぶ必要すらなく、専用のエンドクリップを紐の先端に止めるだけ。穴から紐が出なくなるので、内側でとめれば結び目隠しも簡単にできます。ゴム製でカラーバリエーションも豊富です。

パラレル結びが面倒だったらシリコンゴムで留めてしまおう

パラレル結びに憧れるけどやってみるのは大変そう、という人にはシリコン製の結ばない靴紐がぴったりです。並行に渡す1本1本がバラで、両端にストッパーがついているので、穴にひっかけていくだけでOK。結び目もなく簡単にパラレル結びの見た目にできます。シリコン製は伸縮性もあるので脱ぐ時にいちいち紐を取る必要もありません。

使い方はこちら。長さの違うバンドが入っているので、自分の足幅に合わせて選ぶことが大切です。スニーカーなのにスリッポンのように履けるのでとても便利。朝の忙しい時間にはありがたい効果を発揮してくれること間違いなしです。

クイックシューレースがおしゃれ好きにはたまらない!利便性も最高

片手で結べる靴紐として人気が高まっているのがクイックシューレースです。靴紐の先端にあるリングをひっぱって、靴に取り付けたピンにひっかけるだけで脱着できます。靴紐のバリエーションはとても多く全80種類もあります。蛍光ネオンやリング付属のチャームが純金コーティングのものなど、おしゃれ好きにも嬉しいラインアップです。

使い方はこちらのように、ピンをとりつけてから靴紐を通していき、好みの長さで切って留めるだけ。ひっかけて使えるので荷物が多くて両手を離したりしゃがんだりするのが大変な人にはぴったりのアイテムです。

Thumb伸びる靴紐(100均のセリア)が大人気!ハイカットもラクラク

シンプルなコンバースだからこそ靴紐アレンジで楽しもう!

コンバースのハイカットはシンプルなデザインだからこそ遊び心の効いた靴紐アレンジが映えます。結び方はもちろん、素材や色を変えても楽しむのはいかがでしょうか。おしゃれ好きな人も靴紐までは気を配っていなかったりするので、他者との差別化ができるはずです。また、学校の上靴などでもちょっとおしゃれになるので新年度に向けてマスターしましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-25 時点

新着一覧