パイナップルの育て方まとめ!家でできる簡単な栽培方法・コツを紹介

トロピカルフルーツの定番、パイナップル!可愛い個性的な見た目と、ジューシーで甘酸っぱいパイナップルは家庭で栽培する事が出来ます。育て方も簡単なので、観賞用としても食用としても栽培を楽しんでみましょう!パイナップルの育て方やコツを詳しくご紹介していきます。

パイナップルの育て方まとめ!家でできる簡単な栽培方法・コツを紹介

目次

  1. パイナップルを栽培してみよう!育て方に工夫すれば簡単に
  2. 育て方の前にパイナップルについて知っておこう!
  3. パイナップルの育て方はプランターで失敗なし!
  4. 育て方はまず植え付けから!パイナップルの土作りと植え付け
  5. 手入れの仕方は?パイナップルの基本的な育て方
  6. 剪定や植え替えはパイナップルの大事な育て方のポイント!
  7. パイナップルが収穫出来る時期は?収穫方法と目安
  8. 育て方が簡単なパイナップルは観賞用にしても!
  9. こんな育て方も!食べたパイナップルも栽培出来る⁈
  10. 色々な植物が家庭栽培可能!色々な植物を栽培していこう

パイナップルを栽培してみよう!育て方に工夫すれば簡単に

トロピカルフルーツの定番、パイナップル!可愛い見た目で、さらにジューシーで甘酸っぱくて人気のフルーツです。さらに、最近では酵素の働きからダイエットにも効果があるとして注目されている話題のフルーツでもあります。デザートやスムージーとして使われるだけでなく、料理に使用しても存在感がありお肉を柔らかくしてくれるなど万能の果物です!

そんなパイナップルですが、実は育て方が簡単で家庭で栽培する事が出来るんです。パイナップルを栽培していると、栽培中も可愛い見た目で観葉植物としても楽しむ事が出来ます。さらに、育て方のコツをしっかりと守っていれば収穫まで出来てしまうんです!買うと1個300円以上してしまうパイナップルですが、栽培していればたくさん楽しむ事が出来てしまいます。

そこで今回は、パイナップルの育て方について見ていきましょう。初心者でも失敗しなくて、さらに栽培環境に左右されにくいプランターでの育て方をご紹介していきます。これなら、限られたスペースでしか栽培出来ない人でも安心して栽培していくことが出来ます。収穫までのコツなど、しっかりと知識を持ってパイナップルを育てていきましょう。

育て方の前にパイナップルについて知っておこう!

まずはパイナップルについて詳しくご説明していきます。パイナップルとは、パイナップル科の多年草に属します。トロピカルフルーツでお馴染みのパイナップルは、熱帯アメリカ原産の植物でイメージ通り温暖な気候を好む植物です。日本では主に、亜熱帯地域に属する温暖な気候の沖縄や小笠原などで栽培されているパイナップルが市場に出回っています。

そんなパイナップルは、栄養も豊富な果物です。最初にご紹介していた酵素は、タンパク質を分解してくれる働きがあるのでダイエットにも効果が期待出来るだけでなく、料理の下ごしらえとして利用する事が出来ます。さらに、食物繊維やカリウムにより便秘やむくみの改善にも効果があり、ビタミンも豊富で美容へも効果が期待する事が出来ます。

パイナップルの育て方はプランターで失敗なし!

そんなパイナップルは、ぜひたくさん食べたい果物です。どうせなら、栽培して楽しんでしまいましょう。しかし、パイナップルは温暖な気候を好む植物。日本での栽培は、温暖な地域でしか出来ないのでは?と思われてしまいますが、実はそれを可能にする育て方があるのです。それが、プランターでの栽培です!プランターなら、コツもいらずに温度管理も出来てしまいます。

また、プランターでの栽培なら限られたスペースでしか栽培出来ないと言うアパートやマンションにお住まいの人でも栽培していく事が出来ます。寒くなって来たら暖かい家の中に入れる事ができ、スペースもあまり取らないので一石二鳥!そんなプランターでパイナップルを栽培していきましょう。栽培中は、家の中にあっても観葉植物として楽しめます。

育て方はまず植え付けから!パイナップルの土作りと植え付け

まずはパイナップルを植え付けていく為の土作りです。プランターは、5号鉢程度の物で大丈夫です。大きくなってきたら植え替えして大きい鉢が必要になって来ますが、植え替えについては後々ご紹介していきます。まずは、プランターに土を敷き詰めておきましょう。土は、市販の果物栽培に適した培養土を使用しても構いませんが、酸性土壌にした方が良いでしょう。

そう、パイナップルの土作りのコツは、パイナップルが好む酸性土壌を作ってあげる事です。自分で酸性土壌を作るなら、赤玉をメインに腐葉土を多めに混ぜ込んで作ります。パイナップルは多湿を好みますが、水はけが悪くなってしまうと根腐れなどの心配もあるので川砂も一緒に混ぜ込んであげましょう。腐葉土と川砂の割合は同じくらいが目安です。

そこに、市販のパイナップルの苗を植え付けていきます。パイナップルの植え付けに適した時期は、6~8月の梅雨明けしてから、しっかりと気温が上がったのを確認してから行いましょう!パイナップルの苗よりも一回り大きい穴をあけ、苗を植え付けます。植え付けたら、たっぷりと水をやり、1ヶ月程度は直射日光が当たらない明るい場所で育てて行きます。

手入れの仕方は?パイナップルの基本的な育て方

定着後は、日当たりのいい場所に移動して育てていきましょう。パイナップルは高温でも元気に育っていくので、なるべく日光に当てる方法を取ってあげます。定着後に気温が寒くなるようでしたら、家の中の日当たりなどに移動してあげるのがコツです!15度以下になってしまうと、休眠してしまい成長が鈍くなってしまうので注意しましょう。

パイナップルの手入れの方法は、生育期である5~9月頃の気温の高い時期には土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをして、冬には霧吹きなどで葉に水を与えるようにします。冬には乾燥気味にするのがコツです!また、追肥は生育期には2ヶ月に1回、有機肥料かリン酸が多めの緩効性化成肥料を与えるようにしましょう。休眠している冬には必要ありません。

剪定や植え替えはパイナップルの大事な育て方のポイント!

パイナップルは、収穫するまでに何年か栽培していかなければなりません。その間に、剪定や植え替えをしなければならない事があります。まずは、剪定についてです。剪定は、パイナップルの実をつけるためにも必要な作業です。パイナップルの下葉が枯れてくるので、その際にはすぐに取り除きましょう。家の中に置く場合には、尖った葉の葉先をカットしても構いません。

また、植え替えの方法もご紹介していきましょう。植え替えは、根詰まりする前にしましょう。パイナップルがある程度大きくなってきたら、根詰まりしてきます。目安は2年を超えた当たりです。植え付けと同じ方法で、一回り大きい8号鉢程度のプランターに植え替えしてあげましょう。休眠している冬よりも、暖かい時期に行うようにしてみてくださいね。

パイナップルが収穫出来る時期は?収穫方法と目安

パイナップルは、苗の植え付けから2年を超えた当たりから収穫する事が出来ますが、苗や生育状況によって変わって来ます。まずは、パイナップルの実が付き始めたら旬の時期である8月くらいまで待ちましょう。8月頃になると、実が少しずつ黄色くなって来ます。3~5割程度黄色くなったのを確認してから収穫するようにしましょう。

収穫方法は、実のすぐ下から切り取って収穫をします。パイナップルは、収穫すると追熟をしないので早めに食べるようにしましょう。少し時間を置きたい場合には、新聞紙などで包んで冷蔵庫で保存します。パイナップルのお尻の部分を上にして保存すると、甘味のバランスが良くなって保存する事も出来るそうです。しかし、なるべく早く食べるようにしましょう。

育て方が簡単なパイナップルは観賞用にしても!

パイナップルは、もちろん収穫するのが一番の楽しみかも知れません。しかし、ポップな可愛い見た目なのを放っておくのは勿体ありません。最近では、その可愛い見た目から観葉植物としてのパイナップルの注目も高まっているのです。栽培しながら、観葉植物としてもパイナップルを楽しんでいきましょう。家の中にしまう時期には、観葉植物で楽しみましょう。

また、最近ではミニパイナップルが人気です。フラワーアレンジメントなどの贈り物でも、ミニパイナップルが添えてある場合があります。食用にするには時間がかかってしまいますが、その小さい可愛いパイナップルは観葉植物として長く楽しんでいく事が出来ます。贈り物の為に、自分で栽培してみるのもいいかも知れません。

こんな育て方も!食べたパイナップルも栽培出来る⁈

パイナップルは、実はわざわざ苗を買ってこなくても栽培を始める事が出来ちゃいます。買ってきたパイナップルを食べるついでに栽培を始めてみましょう。方法は、パイナップルのクラウンと葉の部分を切り取り、葉を5~6枚剥いで切り口を乾かします。後は、植え付け同様育てていく事が出来てしまいます。

また、水耕栽培で根を出す方法もあります。先ほど同様に、クラウンと葉の部分を切り取り、葉を剥いでから1㎝程度水に浸かるように水を張った容器に浸しておきます。後は、毎日水を変えていれば根が出て来ます。これなら、苗を買わなくても始める事が出来るのでおすすめです。

色々な植物が家庭栽培可能!色々な植物を栽培していこう

最近では様々な野菜や果物が、家で簡単に栽培出来るようになって来ています。家で栽培しやすいように改良された品種や、小さめの品種なども多く、もはや家庭栽培ブーム。んな中でも、パイナップルは観葉植物としても食用としても楽しめる果物としておすすめです。簡単に始める事が出来るので、さっそく始めてみましょう。

一緒に読みたいおすすめの記事

Thumbパイナップルの食べごろはいつ?見分け方・目安や追熟の方法も紹介
Thumbパイナップルの栄養成分・効果まとめ!美容と健康におすすめの食べ方も紹介
Thumb犬がパイナップルを食べていい?注意点と利点まとめ!食糞に効果あり?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-10-27 時点

新着一覧