りんごの種類一覧!特徴・収穫時期・甘さの違いを徹底比較!

りんごの旬といえば秋ですが、店頭では一年中並んでいるため本当はいつが旬なのか?分からなくなったりします。今回は、赤いりんごや青いりんご・黄色いりんごなど、いろんな種類があるりんごの、収穫時期や特徴・甘さなど種類ごとに比較、一覧でご紹介します。

りんごの種類一覧!特徴・収穫時期・甘さの違いを徹底比較!

目次

  1. りんごについてを知ろう!
  2. 美味しいりんごの選び方
  3. りんごの収穫時期
  4. 極早生種のりんごの種類一覧
  5. 早生種のりんごの種類一覧
  6. 中生種のりんごの種類一覧
  7. 晩生種のりんごの種類一覧
  8. りんごの種類人気ランキング
  9. りんご収穫量ランキング
  10. りんごの種類を知ってお気に入りを見つけよう!

りんごについてを知ろう!

りんごの種類は何種類あるの?

秋に旬を迎えるりんごの種類が何種類あるが皆さんはご存知ですか?世界では約15,000種類・日本だけでも、約2,000種類もあります。その中でも、りんごの産地青森県で栽培されている種類は50種・市場に出ている種類は40種あると言われています。

りんごの栄養素

「りんごを1日1個たべると病気の遠ざける」そんなことわざがあるように、りんごには、ビタミン・カルシウム・タンパク質・食物繊維などバランス良く栄養素が含まれています。

りんごに含まれる食物繊維には、整腸作用がりお腹の調子が悪い時や便秘のときにも効果があります。また、ビタミンは美肌に効果があり、リンゴ酸やクエン酸は疲労回復に効くとも言われています。

Thumbりんごを大量消費したい!簡単・人気の美味しいレシピ15選!

美味しいりんごの選び方

せっかく食べるなら美味しいりんごがいですよね!ここでは、蜜たっぷり入った美味しいりんごの選び方をご紹介します。

①全体的に色ツヤが良いものを探す②おしりの部分に丸みがあるのものを選ぼう③つるが太く深く、くぼんでいるものを選ぶそんなことに気を付けて選んでみましょう。蜜たっぷり美味しいりんごに出会えるはずです。

また、店頭で表面がデコボコしたりんごをみかけたことがありませんか?そんな時「あちこちぶつけてしまい、へこんでいるのかな?」と避けたりしていませんか。しかしこのデコボコは糖度が高く、美味しい証拠です。是非、購入してみてください。

甘さに大事だけど、シャキシャキして食感のりんごが好きという人は、あまり熟しすぎてないりんごを選ぶといいでしょう。おしりの部分の色をチェックすると分かりやすいですよ。

Thumbりんごの栄養と効能まとめ!隠された健康・美容効果を倍増する食べ方

りんごの収穫時期

極早生種、これをなんと読むのか分かりますか?これで「ごくわせしゅ」と読みます。作物が通常の収穫時期よりも、一番早く収穫できるものを極早生種といいます。りんごの場合、8月20日までに収穫したりんごの種類を極早生種といいます。

次に早生種(わせしゅ)とは、通常の収穫時期よりも早いが極早生種よりも遅い収穫時期のものを差します。9月20日までに収穫されたりんごが、これにあたります。中生種、これは「なかてしゅ」と読み文字通り中間時期に収穫できるもをいいます。

最後に晩生種は「おくてしゅ」と読み、通常の収穫時期よりも遅く収穫されたものが晩生種と呼ばれています。晩生種は手入れをする期間が長くなるため、育てるのが難しいと言われています。りんごでは、10月20日以降に収穫されたものが、晩生種に分類されています。

今回は、収穫時期ごとにりんごの種類や甘さ・食感などのりんごの特徴を一覧でご紹介していきます。

Thumbりんごの変色の原因・防止方法まとめ!塩水以外にも防ぐやり方がある?

極早生種のりんごの種類一覧

8月20日まで収穫した品種を極早生種といいます。極早生種と言われる品種には、夏緑(なつみどり)・祝(いわい)・花祝(はないわい)などの種類があります。

夏緑の収穫時期は、8月上旬・皮の色は黄緑に淡い赤色の縞が入ります。甘みと酸味のバランスが良くやや硬めの食感が特徴です。祝の収穫時期は、8月上旬から中旬かけてで、皮の色は緑色です。香りがよく甘さも酸味がありますが、果汁が少なめになっています。

また、花祝の収穫時期は8月上旬、皮の色は赤の縞模様です。甘さと適度な酸味があり、やや柔らかい食感が特徴です。

Thumbりんごポリフェノールの効果と含有量は?発毛やダイエットの効能も?

早生種のりんごの種類一覧

次に、9月20日までに収穫した品種が早生種です。早生種には、きおう・つがる・さんさ・あかね・彩香などの種類があります。

きおうの収穫時期は8月下旬で、皮の色は黄緑色から黄色です。酸味はほとんどなく、甘さと香りを強く感じます。口当たりがよいのが特徴です。サンつがる・つがるの収穫時期は9月上旬で、皮の色は赤で縞状に色づきます。糖度が12から13度あり甘味になっています。

あかねの収穫時期は9月上旬で、皮の色は鮮やかな赤です。やや酸味が強く固めの食感です。サンつがるとつがるの違いは、収穫前の成熟期に有袋という袋をかぶせて育てたか?かけないで育てたか?の違いです。有袋をかぶせてそだてたりんごをつがる。無袋で育てりんご太陽を浴びたことからサンつがるといいます。

さんさの収穫時期は、9月の上旬で、皮の色は赤です。シャキシャキの食感が特徴で、甘味だけでなく酸味も聞いているのでさっぱりした味わいです。

中生種のりんごの種類一覧

10月20日までに収穫された品種が中生種となります、中生種には、トキ・早生ふじ系・紅月(こうげつ)・紅玉(こうぎょく)・千秋(せんしゅう)・ジョナゴールド・津軽ゴールドなどの種類があります。

トキの収穫時期は、9月下旬で皮の色は全体が黄色くなっています。甘みと酸味のバランスが良く、香りや食感も良くなっています。紅月の収穫時期は9月下旬で、皮の色は赤で紫赤色の縞が入っています。とても甘い味が特徴です。

紅玉の収穫時期は10月上旬で、皮の色は濃い赤で光沢があります。さわやかの香りを酸味の効いた甘みが特徴です。固めの食感となっています。千秋の収穫時期も10月上旬で、皮の色赤です。舌ざわりがよく濃厚な味わいになっています。

ジョナゴールドの収穫時期は10月中旬で、皮の色は赤です。酸味が強いですが、甘みも十分に感じることができます。食感はやや硬めになっています。津軽ゴールドの収穫時期は10月中旬で、皮の色は黄緑です。とても希少な品種となっています。王林に似た上品な甘みがあります。

晩生種のりんごの種類一覧

10月20日以降に収穫される品種が晩生種となります。晩生種には、陸奥(むつ)・ゴールデンデリシャス・シナノゴールド・王林・ふじなどがあります。

陸奥(有袋)の収穫時期は、10月下旬で皮の色は桃紅色をしています。さわやかの酸味と独持の香りが特徴です。サン陸奥の収穫時期、味・香りは陸奥と変わりませんが大きく変わるのは皮の色です。有袋の陸奥が桃紅色なのに対して、無袋のサン陸奥は黄緑色になります。以前は有袋の陸奥は高額で取引されていました。

シナノゴールドの収穫時期は、10月下旬で皮の色は黄色となります。甘さの中に酸味を感じることが出来ます。サクサクとした食感が特徴です。王林の収穫時期は、10月下旬で皮の色は黄緑色になります。酸味はほとんどなく、甘みと香りが強いのが特徴です。柔らかめの食感となっています。

ゴールデンデリシャスに収穫時期は、10月下旬で皮の色は黄色になっています。日本での生産量は少ないですがアメリカやヨーロッパでは多く生産されています。食感は柔らかめでジューシー甘味と酸味のバランスが取れています。

りんごの種類人気ランキング

ここまで、りんごの種類や収穫時期・特徴についてまとめてきました。次はりんごの人気の種類一覧をランキングでご紹介します。

人気のりんごの種類ランキング5位紅玉

種類が豊富なりんごの中で5位になったのは紅玉です。紅玉は原産はアメリカですが、日本には明治時代に入ってきました。小玉ですが、真っ赤になるのが特徴です。紅玉の酸味や果肉の特徴が製菓用に向いていることから、生食だけでなく、製菓用としても人気があります。

人気のりんごの種類ランキング4位王林

青りんごの代表格、王林が4位です。ふじ・つがるについで日本で多く作られている種類です。酸味が弱く甘みが強いため子供が食べやすいと思います。王林は香りに特徴があります。ジュースなどにも使用できますが、ジャムやお菓子作りにはあまり適していません。

人気のりんごの種類ランキング3位ジョナゴールド

日本では、4番目に多く生産されているジョナゴールドが3位です、ジョナゴールドはアメリカ生まれのゴールデンと紅玉の交配合で作られました。甘さと酸味のバランスが良く、果汁もシャキシャキした食感も人気です。サラダやお菓子作りにも使用できます。

人気のりんごの種類ランキング2位つがる

酸味が少ない甘口の種類つがるが2位です。日本での生産量も2番目に多くなっています。そのまま食べてもいいですが、ジュースやジャムにも使えますが、お菓子作りにはあまり向いていません。

人気のりんごの種類ランキング1位ふじ

国内生産量トップのふじが人気ランキングでも1位です。酸味・甘味・歯ごたえどれをとっても人気があります。また、蜜が入りやすい種類なので果汁もたっぷりです。生食だけでなく、ジュースやジャム・焼き菓子にも利用することができます。

りんご収穫量ランキング

りんごと言えば、青森県が思い浮かびますが、りんご収穫量が多い所はどこなのでしょうか?りんごの収穫量が多い県を調べてみました。

5位は福島県で約27,000トン・4位は岩手県で約43,800トン・3位は山形県で約45,700トン・2位は長野県で約142,100トン・1位は青森県で447,800トンになっています。

りんごの種類を知ってお気に入りを見つけよう!

いかがでしたか?りんごの種類や収穫時期、甘さの違いについて調べてみました。りんごの種類はたくさんあります。甘味を求めるなる酸味の少ない品種を、甘味も酸味も求めるなら甘味と酸味のバランスが取れた品種にするなど好みの品種を探しましょう。

品種によって、食感も違ってきます。また、そのまま食べて美味しいものや、お菓子作りに向いているもの、向いていないものがあるので、りんごの特徴を知って上手に使ってみてください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-20 時点

新着一覧