みかんの皮のマル秘活用術!風呂や掃除・健康にも嬉しい意外な使い方とは?

みかんの皮って普段何かに使おうとしないと捨ててしまいますよね。しかしみかんの皮は、実はお風呂掃除などに役立ちますし、健康にも嬉しい効果があることを知っていますか?今まで捨てていたみかんの皮にも活用法がある!みかんの皮の便利な活用法を紹介します!

みかんの皮のマル秘活用術!風呂や掃除・健康にも嬉しい意外な使い方とは?

目次

  1. みかんの皮を捨てるのはもったいない!
  2. 実は栄養いっぱい?みかんの皮に隠された秘密とは
  3. 漢方薬としても使えるみかんの皮
  4. カラカラにしたみかんの皮はお風呂にいれると美容効果アップ
  5. お風呂掃除にだって活躍するみかんの皮
  6. 油汚れにもみかんの皮が大活躍!
  7. 水垢や油汚れにもみかんの皮クリーナーを作って撃退しよう!
  8. これで汚れとおさらば!みかんの皮を使った掃除方法
  9. 油性ペンの落書きもみかんの皮で落とせちゃう!
  10. 捨てるのはもったいない!みかんの皮は肥料として再利用を
  11. みかんの皮はそのまま食べてもOK!
  12. 食べておいしいみかんの皮を使ったレシピ
  13. 魚を焼くときにもみかんの皮が役に立つ!
  14. 保存するときはみかんの皮を乾燥させてから
  15. 活用術は多種多様!みかんの皮は捨てずにとっておこう

みかんの皮を捨てるのはもったいない!

みかんはビタミンがたっぷりで美味しい果物です。しかし多くの人はみかんの皮をむいたら捨ててしまいますよね。ですがみかんの皮にはたくさんの活用法があります。みかんの皮は捨てるものと思って、気にも留めずゴミ箱に入れるのはすごくもったいことだったりします。

みかんの皮には栄養が詰まっているので、それを煎じて飲めば風邪予防にもなります。またみかんの皮は水垢はもちろん、油汚れにも効くのでお掃除にも活用できるのです。またお風呂に入れればお肌がつやつやになる効果も期待できます。

そんな多方面に活用できるみかんの皮を捨ててしまうなんてもったいないと思いますよね?これからみかんを食べる人はみかんの皮を捨てずに有効活用してみましょう。またみかんの美味しい時期にはみかんの皮を乾燥させて保存しておきましょう!

実は栄養いっぱい?みかんの皮に隠された秘密とは

実はみかんの皮には栄養が詰まっているって知っていましたか?多くの果物は皮の方が栄養たっぷりで、皮を捨てるのはもったいないといわれています。みかんの皮もそんな果物同様に、捨てるにはもったいないほどの栄養や成分が詰まっています。

そのまま食べてもアンチエイジングに効果的

少し意外かもしれませんが、みかんの皮って食べられます。同じ柑橘系で作られているマーマレードが良い例で、みかんの皮はそのまま食べることができます。ポリフェノールが含まれているので、活性酸素を除去してアンチエイジング効果が期待できます。

健康効果が高い

これも意外かと思いますが、実はみかんの皮は実よりも健康に良い成分が多く含まれています。特に筋には「ペクチン」が含まれていますし、皮は実よりも「ヘスペリジン」という成分が多く含まれています。ビタミンCを安定して吸収できるようにしてくれるので、実は皮ごと食べた方が良いのです。

Thumbみかんの栄養成分&効果まとめ!健康に嬉しい効能やカロリー・摂取量も解説

漢方薬としても使えるみかんの皮

古くから体調を整えるための薬として漢方が使われてきましたが、実はこの漢方にもみかんの皮が使われているって知っていましたか?みかんの皮を乾燥させたものを「陳皮(ちんぴ)」といい、風邪予防に役立つといわれています。

作り方は簡単でよく洗ったみかんの皮を天日干しにしてカラカラにします。それをちぎってお茶として飲んだり、お風呂に入れたりして使うだけです。また陳皮を料理に使うこともでき、陳皮を作っておけば万能に使うことができるんですよ。

風邪予防に役立つだけでなく、お腹の調子が悪いときにも整腸効果を発揮してくれます。陳皮茶はほのかにみかんの香りがするだけですが、風邪を引きやすい時期には大変役に立つので是非陳皮を作って飲んでみましょう!

カラカラにしたみかんの皮はお風呂にいれると美容効果アップ

天日干しでカラカラにしたみかんの皮はネットなどに入れてお風呂に入れると美容効果が期待できます。またみかんの皮に含まれる香り成分がリラックス効果をもたらし、ストレスなどの緩和に繋がります。ゆずと似たような効果が期待できます。

また血行を促進して血の巡りを良くしてくれるので冷え性の改善にも役立ちますし、ストレスを緩和してリラックス効果が得られるので自律神経を整えるのにも役立ちます。多方面から冷え性の改善に作用してくれるので、冷え性の人は是非みかんの皮を陳皮にして使ってみましょう。

ただしみかんの皮は多めに使うのがポイントです。目安として1回分は4個~5個分のみかんの皮が必要とされています。みかんを食べたときは捨てずに取っておき、まとめて陳皮にしておきましょう。まとめて作れば手間も省けて楽ですよ。

お風呂掃除にだって活躍するみかんの皮

お風呂に陳皮を入れれば美容効果や冷え性改善効果が得られますが、お掃除に使うこともできるのがみかんの皮のすごいところです。特にお風呂は水垢が溜まりやすい場所ですよね。擦っても落としにくいお風呂の水垢はみかんの皮を使ってきれいにしましょう。

みかんの皮を使ってみかんクリーナーを作り、それを水垢に吹きかけることで水垢を撃退します。みかんの皮の香りがほのかにするので、掃除していても良い香りで掃除が楽しくなります。またお風呂だけでなくキッチンや洗面所の水垢にも効果的です。

みかんクリーナーがあれば家の掃除が楽になるので、みかんを食べたときにはみかんの皮を取って置いて、みかんクリーナーを作ってみましょう。陳皮にみかんクリーナーと使いたいものが多すぎるとみかんをたくさん食べなければいけなくなりますね!

油汚れにもみかんの皮が大活躍!

こちらも掃除としては意外かと思いますが、実は油汚れにもみかんの皮が大活躍します。みかんの皮には油を浮かせる効果があるので、例えばみかんを皮ごとレンジでチンしてさっと拭くだけでレンジがきれいになるんですよ。

またお風呂掃除でも登場したみかんの皮で作ったクリーナーを使っても油汚れをきれいにすることができます。レンジ以外にも、コンロ台の油汚れやグリルの油汚れなどに活用することができるので、お風呂からキッチンの掃除はみかんの皮で作ったクリーナーを活用してみましょう。

なかなか汚れが落ちないときは少しつけ置きしてみましょう。つけ置きするときにキッチンペーパーにクリーナーを染み込ませて汚れがしつこい場所に数分つけておくと、汚れがあっという間に取れてきれいになります。

水垢や油汚れにもみかんの皮クリーナーを作って撃退しよう!

お風呂の水垢や油汚れの掃除に使うみかんの皮クリーナーは、実は単にみかんの皮を水に入れて作るのではありません。意外かもしれませんが、実は一度煮て冷ましてからクリーナーとして使います。そんなみかんの皮のクリーナーの作り方を紹介します。

みかんの皮クリーナーの作り方①

材料はみかんの皮と水です。水100mlに対してみかん1個分の皮を用意しましょう。作り方はまずみかんの皮を細かくちぎります。次にそれを鍋の中に入れて、水を入れ、火にかけます。だいたい15分くらいを目安にコトコト煮込みます。

みかんの皮クリーナーの作り方②

冷めたらザルにあけてこします。こしたものをスプレー容器などに入れて完成です。だいたい2週間で使い切るようにしないと効果が下がってしまうので、使い切れるだけの量を作るようにしましょう。これで水垢も油汚れも撃退できてしまいます!

これで汚れとおさらば!みかんの皮を使った掃除方法

みかんの皮を使った掃除方法は主にクリーナーを使います。みかんの皮をそのまま汚れがある場所に擦り付けるのも良いですが、煮出してクリーナーにした方が使いやすいでしょう。簡単な汚れであればみかんの皮(オレンジ部分)を擦りつけるだけでも効果があります。

またみかんクリーナーは重曹を入れて作ると洗浄力がアップします。作り方は普通のクリーナーと同じですが、水500mlに対してみかんの皮5個分、重曹は約30gほどです。こした後に重曹を混ぜて冷まし、スプレー容器に入れたら完成です。

上の動画にもあったように、お茶パックに入れて作ればこす作業が省けます。作りやすいやり方で作って早めに使い切るようにしましょう。また、2週間たってしまったみかんの皮クリーナーはもったいないですが捨てた方が良いでしょう。

油性ペンの落書きもみかんの皮で落とせちゃう!

さて次のみかんの皮活用法は、意外や意外、油性ペンの落書き落としです。油性ペンの汚れ種類は油です。なので子どもがフローリングなどに落書きしてしまった油性ペンの落書きもみかんの皮を使えばきれいさっぱりなかったことにできてしまいます!

油性ペンの落書きを消したいときはクリーナーではなくみかんの皮本体を使います。みかんの皮の表皮部分(オレンジ色の部分)で油性ペンの落書きをゴシゴシと擦ります。少し力のいる作業ですが、みかんの皮で落書きが消せるので頑張ってみましょう。

最後に濡れた雑巾などで拭き取れば完了です。みかんの皮がボロボロになってしまうので、床に残ってしまったときは掃除機などで吸い取りきれいにしましょう。比較的フローリングなど凹凸が少ない場所の落書きなら消すことができますよ。

捨てるのはもったいない!みかんの皮は肥料として再利用を

みかんの皮を捨てるなら、肥料として再利用してみるのはいかがでしょうか?みかんの皮が肥料になるなんて意外!と思う人もいるかと思いますが、実はみかんの皮には紫外線などから実を守るためにフラボノイドという成分が含まれています。

これを利用することで肥料として役立ってくれるので、家庭菜園をしている人は是非みかんの皮を肥料にして使ってみましょう。肥料にして使うには、まずみかんの皮を乾燥させ陳皮を作ります。次にそれを細かく切り、土に撒いて使うだけです。

水分を含んでいると上手く肥料として効果を発揮しないので、1~2週間程度天日干しにしてカラカラ状態にするようにしましょう。また土に混ぜたら3日間隔でよく土をかき混ぜてくださいね。みかんの皮も土に返すことでエコになるので、意外かと思いますが試してみましょう!

みかんの皮はそのまま食べてもOK!

みかんの皮を活用しても余ってしまった…という場合にはそのまま食べてみるのも良いでしょう。みかんの皮は決して美味しいといえるほどのものではありませんが、ポリフェノールなど美容や健康に役立つ栄養や成分がたくさん含まれています。

なのでそのまま食べることでもみかんの皮の効果を得ることができます。でもやはり美味しくないと感じる人もいるでしょう。そんなときはみかんの皮を料理に使うのも良いですね。またみかんの皮を使ってみかんジャムを作るとみかんの皮の効果をそのまま得ることができます。

みかんの皮は陳皮茶として以外にも、粉末状にしてお菓子作りに応用したり、香りづけに使えたりと料理のレパートリーが増えます。捨てるのはもったいないので、是非料理に活用して余った部分だけ捨てるようにしてみましょう。

食べておいしいみかんの皮を使ったレシピ

みかんの皮をどうやって料理に使えば良いか迷う…という人のために美味しいみかんの皮レシピをいくつか紹介します!みかんの皮ジャムやお菓子、料理の香りづけと使い道はたくさんあるので、皮ごと使いたいときに以下のレシピを作ってみましょう!

みかんのパウンドケーキ

陳皮とみかんの輪切りを使ったパウンドケーキです。【材料】ホットケーキミックス200g、卵3個、バターと砂糖は各80g、牛乳とはちみつは各おおさじ1杯。【作り方】陳皮は牛乳とはちみつに浸しておきます。ボウルにバターと砂糖を入れてクリーム状になるまで混ぜておきましょう。

クリーム状になった砂糖とバターの中にホットケーキミックスを入れ、浸した陳皮を半分入れよく混ぜます。残りの陳皮は生地の上か中間に挟みます。最後に輪切りのみかんを乗せてオーブン180度で35分程度焼き、様子を見てさらに焼いて完成です。

みかんの皮ごとジュース

みかんを丸ごと使ったジュースです。【材料】みかん2個、バナナ2本、はちみつ大さじ2杯、プレーンヨーグルト大さじ2杯。【作り方】みかんはお湯でサッと洗います。ヘタを取ったら皮ごと適当な大きさにしておきます。次にミキサーにちぎったバナナとみかん、はちみつ、ヨーグルトを入れ、よく混ぜたら完成です。

みかんの皮の天ぷら

意外や意外!みかんの皮の天ぷらです。【材料】みかんの皮2~3個分、てんぷら粉と水は適量。【作り方】みかんの皮はよく洗っておきます。てんぷら粉と水を合わせて衣を作ったら、みかんの皮を浸してあとはあげるだけです。塩で食べると美味しいですよ。

Thumbみかんジャムの作り方やレシピ・保存方法!皮の活用や食べ方を紹介

魚を焼くときにもみかんの皮が役に立つ!

魚を焼くときって匂いや油汚れが気になって、あまり焼き魚を作るのって好きじゃないって人も多いですよね。そんなときにもみかんの皮が役に立ちます!グリルの水といっしょにちぎったみかんの皮を入れておくことで、油を中和して落としやすくしてくれます。

またみかんの皮には消臭効果もあるので、魚の嫌~な匂いも取ってくれます。これなら焼き魚も苦ではありませんよね。みかんの皮は意外なところで活躍してくれるので、今まで捨てていた人はこれからは捨てないようにして利用しましょう!

他にもグリルにこびりついてしまった油汚れはレンジ同様に水にみかんの皮を入れて加熱することで落としやすくなります。色々と試してキッチンの油汚れをきれいさっぱりなかったことにしてしまいましょう!掃除するのが楽しくなりますよ。

保存するときはみかんの皮を乾燥させてから

みかんをたくさん食べて、その皮を保存するときは乾燥させて陳皮にしてからにしましょう。水分を含んだままの状態だとカビが生えやすいので、使う前にダメにして、結局捨てることになってしまいます。それではせっかくのみかんの皮がもったいないです。

保存するときはみかんの皮を一度よく洗い、1週間~2週間ほど天日干ししてよく水分を抜くようにしましょう。水分が残っていると腐る可能性もあるので、完全にカピカピのカラカラ状態にしてから細かく切り、密閉容器などで保存します。

また陳皮にしたものも、なるべく早めに使い切るようにしましょう。掃除や料理などに日常的に使っていればあっという間になくなりますが、使う頻度が少ないと無駄にしてしまうので気をつけてくださいね。

活用術は多種多様!みかんの皮は捨てずにとっておこう

みかんの皮の活用術って多種多様で今すぐにでも試したくなるものが多いですよね。みかんの皮は捨てるなら、何かに活用してからにしましょう。単に捨てるものだったみかんの皮も正しい活用法を知っておけば、これからは簡単に捨てられなくなりますね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-21 時点

新着一覧