焼きバナナは便秘改善・免疫力アップの効果が?皮ごと食べる場合の作り方

毎日健康のためにバナナを食べているという人は多いのではないでしょうか?今、そんなバナナの新しい食べ方である「焼きバナナ」に注目が集まっています。焼きバナナには健康や美容効果があり、甘みも増しますので是非食べてみて下さい!今日は焼きバナナについて紹介します。

焼きバナナは便秘改善・免疫力アップの効果が?皮ごと食べる場合の作り方

目次

  1. いつものバナナに飽きたら焼きバナナを作ってみよう!
  2. 生のバナナそのものの栄養や効果とは?
  3. 健康や美容の効果も!焼きバナナの驚くべき効果
  4. オリゴ糖が大幅にアップ!便秘解消効果
  5. 焼きバナナで体を温める!冷え性を改善し免疫力アップ
  6. 強い抗酸化作用で肌の老化を抑制する効果
  7. バナナの皮に栄養や効果はある?
  8. 皮ごと焼くと効果がさらにアップする焼きバナナ
  9. 焼きバナナの簡単な作り方とは
  10. 皮ごと食べたい焼きバナナの作り方とは
  11. 農薬に注意が必要!焼きバナナの皮を食べる場合の注意点
  12. おすすめのアレンジレシピで焼きバナナを食べよう
  13. 体をさらに温める効果抜群「焼きバナナ+シナモン」
  14. 甘いデザートで幸せな気分に「焼きバナナ+アイスクリーム」
  15. 焼きバナナでたくさんの効果を手に入れよう!

いつものバナナに飽きたら焼きバナナを作ってみよう!

そのまま食べるのも美味しいですし、ヨーグルトに混ぜたり、ミックスジュースにしたりと、とにかく色々な料理に使うことができるバナナ。毎日バナナを食べているという人もたくさんいますよね。そんなバナナですが、今そのまま食べるバナナではなく、焼いて食べる焼きバナナが話題になっているのをご存知ですか?

焼きバナナは、そのままバナナを焼くだけという簡単な方法でありながらも、美味しさも格段にアップしますし何よりも、焼きバナナには免疫力のアップ効果がたくさんあることで注目されています。バナナは甘くて美味しいですが、毎日同じような食べ方だと飽きてしまいますよね。そんな時には、焼きバナナを試してみませんか?美味しい上にたくさんの効果がありますよ。

Thumbホットバナナはダイエットに効果的!作り方や美味しいアレンジレシピは?

生のバナナそのものの栄養や効果とは?

元々そのままのバナナもたくさんの栄養が詰まっており、私達にたくさんの効果をもたらせてくれるのは有名な話ですよね。バナナはフィリピンやインドネシアが原産の南国のフルーツです。そんなバナナは栄養バランスが他の果物に比べて非常に良く子供にも積極的に食べて欲しい果物の1つでもあります。

バナナの栄養や効果としては、ブドウ糖や果糖、ショ糖といった糖分がおおく私達が生きていく上のエネルギーを有効的生み出してくれます。バナナ1本でエネルギーを効率よく生み出しますので、アスリートの間でもよく食べられている果物です。また、カリウムも多く塩分を排出しむくみを予防したり高血圧の予防効果があります。

そのほかにも胃腸の器官を整えるビタミンB群や骨を丈夫にするマグネシウムなど、たくさんの栄養を含んでいます。甘さが強いので、食べやすい上にカロリーは低いのでダイエットにもよく利用されますよね。そのままでも十分栄養が多く含まれているバナナですが、焼きバナナになるとどのくらい効果が高まるのでしょうか?

Thumbバナナの保存方法を伝授!冷凍や冷蔵庫で長持ち!栄養価も味もばっちり!

健康や美容の効果も!焼きバナナの驚くべき効果

焼きバナナは、バナナを焼いて食べるだけですが、実はたくさんの効果をもたらせてくれます。健康の効果はもちろんのこと、女性には嬉しい美容効果もありますので、是非作って食べてみて欲しいアレンジです。では、焼きバナナの効果とはどのような効果があるのでしょうか?

オリゴ糖が大幅にアップ!便秘解消効果

焼きバナナの効果として代表的な効果が便秘の解消効果です。便秘に悩む方は多いですよね。便秘は様々な病気の原因になるだけでなく、肌荒れやニキビ、体臭がきつくなるなど何一つとして良い効果はありません。出来るだけ早くに解決しておく方が良い便秘ですが、焼きバナナには便秘をスムーズに解消する働きがあります。

バナナを焼くとオリゴ糖が大幅にアップします。オリゴ糖とは腸内にいるビフィズス菌の餌になる糖分で、腸内環境を整えてくれる効果があります。また、本来バナナは南国のフルーツですので、ほてった体を冷やす働きがありますが、焼きバナナにすることで、体を温めてくれ腸自体の活動も活発にしてくれます。

特に寝起きなどは体温が低く、体も冷えていますが焼きバナナを食べると体自体を温めてくれますので、相乗効果で便秘解消効果が高くなります。冷えて活動が鈍くなっている腸が、しっかりと活動するようになりますので、便秘も解消されやすくなります。便秘が解消されると肌の調子が整ったり、肌自体がキレイになることに繋がります。しっかりと老廃物を排出することができると肌の調子も整います。

焼きバナナで体を温める!冷え性を改善し免疫力アップ

先程紹介したように、バナナは体を冷やす働きがありますが、焼きバナナにすることで体をしっかりと温めてくれます。女性の多くは冷え性に悩んでいますよね。冷え性は体温自体も低くなりますので、しっかりと体を温める食材を食べたりして生活改善をしていく必要があります。冷え性も、多くの病気の原因になり、何よりも免疫力が低下してしまいます。

免疫力は体温が高い方が活発に活動しますので、多くのウィルスなどに対抗していってくれますが、体温が低いと免疫力は活動があまりできず、風邪をひきやすかったり一度風邪をひくと長引く傾向にあります。焼きバナナは、しっかりと体を温める効果がありますので、免疫力のアップにも繋がります。

風邪は万病の元といわれるように、免疫力を高めて日ごろの風邪を予防することが大切です。特に女性の場合だと冷え性だと肌の調子も悪いことがありますよね。手足が非常に冷たくて辛い思いをしている人はたくさんいるかと思います。そんな時には是非焼きバナナを試して欲しいですね。

Thumbバナナのカロリーと栄養を調査!糖質高いがダイエットに効果あり!

強い抗酸化作用で肌の老化を抑制する効果

焼きバナナには強い抗酸化作用があり、老化を抑制する効果があります。体の中には酸性が強い活性酸素が発生し、これはシミやシワといった老化現象の原因になってしまいます。活性酸素は体をさびさせる働きがありますので、いかに素早く活性酸素を取り除くかが鍵になりますが、焼きバナナには活性酸素を取り除く抗酸化作用がありますので、それらの予防をすることができます。

アンチエイジングにも抗酸化作用が強い食材を使用した食事が大切ですので、焼きバナナはまさにアンチエイジングに適した食材といえます。焼きバナナを食べるだけで、アンチエイジング出来るなんて嬉しいですよね。また、活性酸素は細胞も傷つけてしまいガン化させてしまうというリスクもありますので、積極的に焼きバナナを食べて阻止していきたいですね。

活性酸素はストレスや煙草、紫外線、アルコールといった生活習慣がメインになり発生します。焼きバナナを食べつつも、生活習慣の改善もしていく必要があります。

バナナの皮に栄養や効果はある?

バナナはたくさんの栄養がありますが、私達が食べる部分は皮を剥いた果実の部分ですよね。いつもなら捨ててしまうバナナの皮ですが、栄養はあるのでしょうか?実はバナナは果実にも栄養は多く含まれていますが、バナナの皮にも多くの栄養があります。バナナの皮には、食物繊維やカリウム、ミネラル、ルテイン、トリプトファンといった栄養が含まれています。

バナナの皮はたくさんの効果がある!

食物繊維は有名な栄養素の1つで、便秘解消効果がありますよね。むくみ予防できるカリウムや目の健康維持に必要となるルテイン、強い抗酸化作用があるトリプトファンなど、私達の生活に必要となる効果がたくさんありますよね。たくさんの栄養がありますが、そのまま食べるのは抵抗があるのが本音です。

しかし、そんな時には焼きバナナがおすすめ。焼きバナナにすると皮の栄養もしっかりと摂ることができます。以前はバナナの皮は食べていけないといわれてきました。幻覚作用があったり毒性が強いと言われていましたが、今はそれは全くの嘘だとわかっていますので、焼きバナナでも安心して調理することができますね。

皮ごと焼くと効果がさらにアップする焼きバナナ

焼きバナナは、皮を剥いてカットしたバナナを焼く方法と、そのまま皮ごと焼く方法がありますが、おすすめは皮ごと焼く方法です。実はバナナの実よりも皮にはたくさんの栄養が詰まっており、皮ごと焼くことで皮の栄養をたくさん取り込んだジュースが溢れ果実に含まれることで効果をさらにアップさせることができます。

焼きバナナを作ると、中からバナナのジュースがグツグツと出てくるのがわかります。このバナナのジュースにたくさんの栄養が含まれていますので、もし焼きバナナを作る場合には皮ごと調理するようにしましょう!

焼きバナナの簡単な作り方とは

免疫力アップや便秘効果が高く甘くて美味しい焼きバナナですが、その作り方となどのような方法なのでしょうか?実は焼きバナナの作り方はとっても簡単です。美容効果や健康効果が高い焼きバナナを作ってたくさんの効果を得ましょう!

電子レンジでの焼きバナナの作り方

料理の時短に有効活用できる電子レンジですが、焼きバナナも電子レンジで簡単に作ることができます。電子レンジで作る場合には加熱しすぎると、縮んでしまいますので注意が必要ですが、簡単でかつ短い時間で作ることが出来ますのでおすすめの作り方です。電子レンジでの作り方は、バナナを真横にカットします。カットしたバナナをお皿において電子レンジ600Wで1分半~2分加熱します。

電子レンジで焼きバナナの作り方のポイントとしては、バナナの皮が黒くなってきたらストップするようにしましょう。電子レンジだとしっかりと火が通りますし簡単に作れますよ。さっと食べたいときに作って食べることが出来ます。

オーブントースターでの焼きバナナの作り方

じっくり加熱をするのが得意なのがオーブントースターです。しっかりと皮の栄養素を取り出すことができますので、時間がある場合にはオーブントースターで作るのがおすすめですよ。オーブントースターでの作り方もいたって簡単ですので、是非焼きバナナを作ってみてくださいね。

オーブントースターでの作り方はバナナの真ん中に切り込みを入れて、オーブントースターに入れます。バナナの皮から汁がでることがありますので、下にアルミホイルなどをしいておくのがおすすめです。そのまま5分程度加熱し、バナナの皮が真っ黒になれば、裏返し同じように真っ黒になるまで加熱します。オーブントースターでの焼きバナナの作り方だと、じっくりと加熱する分甘味も増しますしとろとろになり美味しいですよ。

フライパンでの焼きバナナの作り方

フライパンでも焼きバナナを作ることができます。フライパンの場合の作り方は、バナナの皮をむいてバナナを輪切りにしましょう。そして、バターを溶かしそこへ輪切りにしたバナナを置き焼いていきます。焦げないように、火は弱火にして焼きましょう。両面がしっかりと加熱できたら完成です。

フライパンでの焼きバナナはバターを使う分、香りは豊かになりますがカロリーは通常よりも高くなっています。しかし、フライパンで作る分アレンジの幅も広がりますので、焼きバナナを健康のためだけでなくスイーツとして楽しみたいならフライパンでの焼きバナナがおすすめです。

皮ごと食べたい焼きバナナの作り方とは

先ほど紹介した作り方と一緒で、しっかりと皮や果実に焼き目がついたら完成です。皮は普段あまり食べない場所ではありますが皮ごと焼きますので、食感が変わります。抵抗がある場合には剥いて焼くのがおすすめです。焼きバナナで皮も食べる場合には注意点がありますので、そちらをしっかりと守る必要があります。

農薬に注意が必要!焼きバナナの皮を食べる場合の注意点

焼きバナナで皮の栄養をもっと摂取したい場合には、皮を食べることも出来ますが、その場合注意したいのが農薬です。バナナは通常海外から輸入されてきますが、その際にたくさんの農薬を添付されてきます。皮ごと調理するには、この農薬が出来るだけ少ないバナナを選ぶ必要がありますが、一般的なスーパーで販売されているバナナは、まず農薬が大量にかかっていますので避けるようにしましょう。

今は通販などで農薬が少なくなっているバナナが売られていますので、そちらを購入するようにしましょう。バナナの場合、無農薬バナナはかなり買うことが難しいですし、農薬が多少なりともついていることは知っておくようにしましょうね。農薬が気になる場合には、皮は取り除いて食べるようにしましょう。

おすすめのアレンジレシピで焼きバナナを食べよう

焼きバナナは甘さがぐっと増えますので、アレンジもおすすめです。甘い焼きバナナはスイーツとしても、優秀で至福の気持ちにしてくれますよ。焼きバナナのアレンジレシピを紹介します。焼きバナナをアレンジして美味しいスイーツを楽しみましょう!

体をさらに温める効果抜群「焼きバナナ+シナモン」

香辛料のシナモンも体を温める効果がありますので、免疫力アップや美容効果として焼きバナナとの相乗効果が期待できます。そのうえ、焼きバナナにシナモンをかけると一気にスイーツになり味の相性は抜群ですので、おすすめのアレンジレシピです。焼きバナナにシナモンをかけるだけで、シナモンの風味とバナナの甘さがマッチしてとても美味しいですよ。

また焼きバナナにシナモンをかけた上に、はちみつをかけるのもおすすめ。かなり甘くなりますが、はちみつも抗菌作用があったり風邪予防や免疫力アップに効果があります。かなり甘くなるので、たまにのアレンジにしておくのがよいですが、ご褒美に食べたくなりますよ。

甘いデザートで幸せな気分に「焼きバナナ+アイスクリーム」

暖かいものと冷たいもののコラボレーションって美味しい定番のスイーツですよね。焼きバナナの場合だと横にアイスクリームを添えると、冷たいアイスと暖かい焼きバナナが相まって、絶品スイーツになります。

焼きバナナにアイスクリームを添えるだけで、作ることができますので、好きなアイスクリームを選んでくださいね。こちらもシナモンやはちみつ、ナッツなどをトッピングするのもおすすめです。

焼きバナナでたくさんの効果を手に入れよう!

免疫力のアップから、美容効果まだ幅広い効果がある焼きバナナ。もちろん味も絶品ですので、単にスイーツとしてたべるのも美味しいのでおすすめのアレンジ方法です。本来なら体を冷やしてしまバナナですが、今年は温めた焼きバナナを食べて健康や美容効果を実感しましょう!

焼きバナナはアレンジレシピもたくさんある

焼きバナナはアレンジレシピも多くあり、チョコレートをかけたり、パンケーキにそえたりキャラメリゼしたりといろいろな味を楽しめるのも魅力の1つです。美味しい焼きバナナ、ぜひ1度作ってみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-05-11 時点

新着一覧