ワインのカロリーは赤と白どっちが高い?太らない飲み方を紹介!

ワインは好きだけどカロリーが気になるという人多いと思います。ワインには、白ワインと赤ワイン、その他のワインと種類も多いので少しでもカロリーを少なくしたい時にどれを選ぶべきなのでしょうか。カロリーを気にせずワインを楽しめる情報を集めてみました。

ワインのカロリーは赤と白どっちが高い?太らない飲み方を紹介!

目次

  1. ワインが飲みたいけどカロリーが気になる!
  2. カロリーが気になる!ワインのそもそもの特徴とは?
  3. 気になる赤ワインのカロリーは?
  4. 太らない?白ワインのカロリーとは?
  5. ロゼワインのカロリーも気になる!
  6. ワインと言えばシャンパン派はカロリーに注意!
  7. ノンアルコールワインのカロリーは?
  8. ワインを選ぶ際にはアルコール度数に気を付ければカロリー制限出来る
  9. カロリーが気になる人でも楽しめる!ワインの飲み方の注意事項
  10. カロリーが気になる人は辛口ワインを選ぼう
  11. ワインのおつまみに高カロリーなメニューを用意しない
  12. カロリーを気にした太らない赤ワインのお供は?
  13. 白ワインのお供はカロリーを気にしたおつまみがおすすめ
  14. ワインカロリーを気にしたいなら産地選びにもこだわろう!
  15. カロリーを気にしつつワインを楽しもう!

ワインが飲みたいけどカロリーが気になる!

ダイエット中でカロリーが気になるけど、ワインが飲みたいという時ありますよね。そんな時に気になるのが、赤ワインや白ワインなどワインの種類によってカロリーが異なるのかということです。自分が好きな種類のワインのカロリーを把握しておけば、ダイエット中の息抜きしたい時に便利です。さらにワインの太らない飲み方があれば知っておきたいところです。

ここでは、ワイン好きがダイエット中に直面するカロリーの問題を解決する情報をまとめてみました。さらに、太らないためのおすすめの飲み方もご紹介しています。赤ワイン派、白ワイン派、その他派もワインのカロリーを正しく把握してワインライフとダイエットを両立させてみませんか。ワインを飲まない人生なんて嫌だという人は、必見です。

Thumb赤ワインの効能・効果まとめ!身体にもたらすメリットと一日の適量は?

カロリーが気になる!ワインのそもそもの特徴とは?

太らない飲み方をしたいワインですが、カロリーを気にする前にワインの特徴についておさらいしておきましょう。ワインとは、ブドウの果汁を使っているアルコール飲料です。主に白ワイン、赤ワイン、ロゼワイン、スパークリングワインなど様々な種類が展開しています。最近では、ノンアルコールワインなども登場しています。

ワインには赤や白、その他の種類であってもカロリーとして、たんぱく質や脂質、糖質が含まれています。ワインの中に含まれているカロリーで最も高いのが、アルコールです。アルコールは体には溜まらないエンプティカロリーと呼ばれています。アルコールは、たくさん取っても脂肪にならないのではと勘違いされることもあります。

しかしワインなどに含まれるアルコールは、カロリーがあり中性脂肪の元になります。ただしワインは、他のアルコールに比べてカロリーが控えめです。飲み方を工夫すれば、太らないことも夢ではありません。さらに白ワインは血圧を下げる効果が期待出来たり、赤ワインにはアンチエイジング効果があると言われています。正しい飲み方をすれば、健康にもつながる飲み物です。

Thumbホットワインの作り方とアレンジレシピ集!健康への効果や注意点も調査

気になる赤ワインのカロリーは?

それでは、気になる赤ワインのカロリーからご紹介していきます。赤ワインといっても銘柄が様々な種類があるので、多少カロリーの差はあると思ってく下さい。一般的に73キロカロリー程度と言われています。赤ワイン以外の食べ物で73キロカロリーなのは、ほっき貝やじゃがいも、加工乳(濃厚)などがあります。他の食品と比べてみると、意外にカロリーが無いと思いませんか。

赤ワインのカロリーは、低いので太らないのかと感じる人も少なくありません。ただし赤ワインのカロリーを消費しようとすると、52kgの女性が10分間階段昇降をしたエネルギーに匹敵します。そう考えると、カロリーが高いなと感じませんか。太らないようにするためにも正しい飲み方をして、赤ワインを飲む際の総カロリーをなるべく抑えるようにしましょう。

Thumb赤ワインを使った料理まとめ!煮込みやデザートなどおすすめレシピを紹介

太らない?白ワインのカロリーとは?

白ワイン派の人は、白いワインを選ぶ理由として白ワインの方が太らないのではないかと思っているかもしれません。しかし白ワインのカロリーは、赤ワインと同じカロリー数です。白ワインの方が色が薄いのに、赤ワインと同じ73キロカロリーだと驚く人も多いでしょう。たとえ白ワインであっても、太らないような飲み方をすると良いかもしれません。

白ワインの方が、和食に合うためヘルシーな印象を持っている人もいることでしょう。しかし、カロリーは赤ワインと同じなので今までダイエット中だからとあえて白ワインを選んでいたという人は、カロリーだけを考えるのであれば赤ワインを選択してみても良いでしょう。正しい飲み方をして、ダイエット中も赤と白両方のワインを楽しみたいところです。

Thumb日本ワインおすすめ銘柄ランキング!魅力や国産ワインとの違いも解説

ロゼワインのカロリーも気になる!

ワイン初心者の中には、赤ワインも白ワインも辛いので苦手だという人も少なくありません。ワイン初心者でも比較的好まれるワインと言えば、甘さを感じることも多いロゼワインです。ロゼワインのカロリーは、100mlあたり77キロカロリーと言われています。白ワインや赤ワインよりもやや高めなので、ダイエット中の人は避けた方が良いでしょう。

ロゼワインと同じカロリーの食品は、しらうおやわかざぎなどです。ヘルシーなイメージの魚と同じカロリーなので、飲み方に気を付ければダイット中でもOKかなと思うかもしれません。しかしロゼワインのカロリーを消費しようと考えた場合、縄跳びを13分程度行ったカロリー数に匹敵します。ダイエット中にロゼワインを飲もうかなと思った時に思い出してください。

Thumbセブンイレブンのワインおすすめ特集!安くて美味しい・飲みやすいのは?

ワインと言えばシャンパン派はカロリーに注意!

「ワインと言えば、シャンパンよ」という人もいるでしょう。シャンパンは、赤ワインや白ワイン、ロゼに比べてはるかにカロリーは高い飲み物です。100mlあたりでは、100キロカロリーに相当します。100キロカロリーの食べ物は、たいらがいなどです。茹でたうどんよりもやや低い程度のカロリーなので、飲み過ぎには特に気を付けたいワインです。

カロリーの高いワインであるシャンパンを運動で消費しようとすると、リング上で10分間激しいボクシングを行ったカロリー数に相当します。ダイエット中にも関わらずシャンパンが飲みたいと思った場合には、ボクシングの選手の真似をする動きを10分程度行う覚悟で飲むと良いでしょう。実際にアルコールが抜けた後運動すれば、今後飲みすぎることはやめると思えるはずです。

Thumbアルパカワインの味は?ワンコインで購入できるおすすめの赤・白を紹介

ノンアルコールワインのカロリーは?

最近流行のノンアルコール印象ですが、ワイン版も数多くのメーカーから販売されています。ノンアルコールワインのカロリーは、100mlあたり20キロカロリー程度です。アルコールが1%未満なのでカロリーも含めです。ワインを飲みたいけどなるべくカロリーを少なくしたいと考えているのならば、ノンアルコールワインを手に取ってみることをおすすめします。

ノンアルコールワインと同じカロリー数の食品は、茹でたキャベツやホールトマトです。ダイエット中でキャベツばかり食べているという人は、気分転換にノンアルコールワインを飲んでみても良いでしょう。ノンアルコールワインのカロリーを消費する場合、10分間カーペットやフロアを掃いた運動量に相当します。これなら簡単に消費出来そうですね。

Thumb本当に美味しいワインは?価格が安い初心者の方おすすめランキングも

ワインを選ぶ際にはアルコール度数に気を付ければカロリー制限出来る

ダイエット中正しい飲み方をしてワインのカロリーを減らそうと思っても、そもそも選んだ銘柄のカロリーは高いという場合には無駄な努力になってしまう場合があります。ノンアルコールワインでは物足りないと感じる人は、なるべくアルコール度数の少ないワインの銘柄を選べばカロリーが少ないです。ワインのラベルに書かれているアルコール度数に気にしましょう。

ただしロゼワインは、赤ワインや白ワインよりもアルコール度数が低いのにカロリーが高めです。ロゼワインは、甘い分糖質が多く含まれています。他にも特殊な製法で作られたワインやぶどう以外も材料にしているワインを楽しむ場合には、糖質の多さにも注目する必要があります。ワイン専門店などでソムリエに炭水化物の少ないワインを紹介してもらいましょう。

Thumbワインは太る?ダイエットに使える?赤・白で太る・太らないのか調査!

カロリーが気になる人でも楽しめる!ワインの飲み方の注意事項

ワインのカロリーが気になるという人は、飲み方を工夫していましょう。まずお腹が空いている状態でワインを飲むことはやめておきましょう。お腹がペコペコの状態でワインを飲めば、アルコールが体の中で周りやすいのです。思ったよりもワインを飲んでしまい、結果としてカロリーが高くなったということも多いです。食欲も旺盛になるので、食べすぎに繋がります。

ワインを飲む場合には、だらだらと飲み続けるという飲み方はNGです。予め何時までワインを飲むということを決めておけば、カロリーだけでなく飲み過ぎにも効果があることでしょう。またワインを飲んだ後は、〆ラーメンなどをすることも強い心を持って止めておきまそう。ダイエット中は、誘惑に負けない強い気持ちが必要です。

Thumbワインの美味しい・正しい飲み方とマナー!適温やアレンジ方法も紹介!

カロリーが気になる人は辛口ワインを選ぼう

先ほどご紹介したように、甘いワインの方がカロリーが高い傾向にあります。甘いワインで無駄なカロリーを摂取したくないと考えてる人は、辛口ワインを選ぶようにしましょう。甘いワインしか飲んだことが無いという場合には、ダイエット中をきっかけに辛口ワインの美味しさにチャレンジです。

糖質が低いワインを選ぶことは、カロリーを気にした大事な飲み方です。甘いワインしか飲みたくないという人は、量を調節しましょう。さらにワインよりもウィスキーの方がカロリーが低めなので、ワインを飲むよりも痩せやすいと言われています。ワインにかかわらずアルコールを楽しみたいと考えている人は、ワイン以外の糖質の低い飲料を探してみても良いでしょう。

Thumbワインの保存方法は?開封後の保存期間・賞味期限と適正温度まとめ!

ワインのおつまみに高カロリーなメニューを用意しない

ワインだけを飲むという人は少ないと思います。ワインを料理やおつまみとマリアージュさせるケースも多いでしょう。ここで高カロリーのおつまみを選んでいるようではダイエット効果が期待出来ない場合がほとんどです。ワインに合うおつまみは、高カロリーの食品ばかりではありません。今一度見直してみましょう。

例えば、ワインのお供にスライスチーズや生ハムを用意するという人も多いでしょう。ただスライスチーズのカロリーは、61キロカロリーです。1枚だけで終わるというケースは少ないのではないでしょうか。2枚、3枚と手が伸びて気が付いたら恐ろしいカロリーになっていたという場合も多いでしょう。自制心が必要です。

Thumbワインに合うおつまみ・チーズ・お菓子、コンビニおすすめランキング&簡単レシピ!

カロリーを気にした太らない赤ワインのお供は?

ここでは、赤ワインを飲む場合にどんなおつまみを用意すればカロリーを気にすることが可能かについて詳しくご紹介していきます。まずは、野菜のステックです。野菜のステックはカロリーが気になる人だけでなく、美容や健康を気にしている場合のおつまみにぴったりと言えるでしょう。ただしドレッシングのカロリーにも十分注意が必要です。

赤ワインのおつまみには、同じ赤色の食品を選ぶと良いと言われています。おすすめは、マグロの漬けです。低カロリーですが、栄養価が高いので美味しく赤ワインを楽しむことが可能です。赤ワインを飲むという人は、自家製の赤ワイン漬けにチャレンジしてみても良いでしょう。他にも苺を使ったスイーツなども一押しです。砂糖やクリームはつけすぎないようにしましょう。

白ワインのお供はカロリーを気にしたおつまみがおすすめ

白ワインのお供には、白い食べ物を選ぶと良いでしょう。中でも白魚のホイル蒸しは、カロリーが低いのにお腹がいっぱいになると評判の高いおつまみです。比較的簡単に出来るので、普段は料理しないという人も思い切ってワインのおつまみを自分で作ってみましょう。外食するよりもぐんとカロリーを減らすことが出来ます。お財布にも優しいで節約派にもおすすめです。

もっとワインを飲む場合にカロリーを気にしたいという人は、豆腐料理と白ワインを一緒に楽しんでみましょう。和食に合う白ワインと豆腐の相性は、抜群です。そのまま食べても美味しいですが、ひと手間加えて味噌と絡めた豆腐をフライパンで焼いてみるだけでも美味しさが全然違います。低カロリーで美味しいおつまみは何かということを研究してみましょう。

ワインカロリーを気にしたいなら産地選びにもこだわろう!

ワインのカロリーを気にしたい人は、ワインの産地にも注目してみましょう。一般的にアメリカで作られているワインよりもヨーロッパ産ワインの方が、規制などが強いです。そのためカロリーもヨーロッパ産の方が少ないという傾向が見られます。同じ赤ワインを選ぶならお値段は掛かりますが、フランスやイタリア産のワインを選ぶようにしましょう。

また、今日本でも人気のオセアニア地方で作られたワインは、他の産地に比べて糖質が高めである傾向にあります。安く手に入るので愛飲している人も多いですが、カロリーを気にする場合には避けた方が無難です。それぞれの産地によって味も異なるワインですが、カロリーの視点からワインを選ぶ目を今後養っていきましょう。楽しくワインを楽しむ役に立ちます。

お店のソムリエにカロリーのことを聞いても、分からない場合も少なくありません。飲みたいワインがある場合には、事前にホームページなどで成分を確認してカロリーはどのくらいなのかということを調べる習慣を付けましょう。日本のワインの場合には、実際にワイナリーなどを見学して作る工程からカロリーはどのくらいか確認しても良いでしょう。

カロリーを気にしつつワインを楽しもう!

ワインは、他のアルコールに比べるとカロリーは少なめです。ただし飲みすぎたり、おつまみが高カロリーであれば太ってしまう原因になることも考えられます。ダイエット中にワインを楽しみたいと考えている人は、辛口ワインの赤か白ワインを選びましょう。空腹時をさけ、適量を飲むように心掛けます。楽しいワインのある生活を楽しみましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-09-18 時点

新着一覧