パイナップルダイエットの効果・方法とは?正しいやり方や注意点を解説

かつて大流行したパイナップルダイエットが最近また注目を集めている事を皆さんはご存知ですか、パイナップルは一年を通して輸入され、手に入れやすく、ダイエット方もとても簡単です。今回はそのパイナップルダイエットの効果的な方法や注意点などについてお話ししてまいります。

パイナップルダイエットの効果・方法とは?正しいやり方や注意点を解説

目次

  1. パイナップルダイエットとは
  2. パイナップルダイエットの効果
  3. デトックス効果が期待できるパイナップルダイエット!
  4. 疲労回復や美肌にも効果的で低カロリーのパイナップル!
  5. パイナップルダイエットのやり方・方法
  6. 低カロリーパイナップルダイエットの注意点
  7. パイナップルヨーグルトダイエット
  8. 豆乳パイナップルダイエット
  9. パイナップルダイエットで効果無しにならない工夫
  10. パイナップルダイエットで美しいカラダをゲットしよう!

パイナップルダイエットとは

パイナップルダイエットは今から約30年ほど前にハリウッドの女優さんが考案したダイエット方です。フルーツでのダイエットはリンゴやバナナなど色んなダイエット方がありますが、パイナップルダイエットなんて聞いた事が無い方も多いと思います。

でも実はパイナップルにはダイエットに効果がある成分がたくさん入っているんですよ。これからみなさんに簡単に出来て続けやすいダイエット方法や効果的なやり方などを説明して行きたいと思いますので、ぜひご参考になさって下さい。

パイナップルダイエットの効果

パイナップルは果物の中でも酵素が一番多く含まれています。特にタンパク質を分解する酵素が多く、肉や魚介類の消化吸収を助けてくれます。パイナップルの酵素は、体内の脂肪を分解してくれますのでダイエットに大きな効果があります。

パイナップルには「プロメライン」という酵素が特に多く含まれていて消化吸収率を上げ、筋肉を保ち続ける効果もあり、基本的に身体を痩せやすい体質に変えてくれるというメリットもあります。また、パイナップルはお肉料理と一緒に食べると消化をよくしてくれると言われていますが、酢豚の中のパイナップルもその理由からのようです。

デトックス効果が期待できるパイナップルダイエット!

私達の体は午前4時から正午までは排泄の時間帯です。ですから朝からタンパク質や炭水化物を摂ると排泄に使う貴重なエネルギーを消化のためにも使わざるを得なくなります。そこで、消化酵素の多いパイナップルなどを摂取する方法をとる事で消化器官は余分なエネルギーを使わずに排泄に専念できるようになります。

排泄が順調に行くと腸も整い、代謝や免疫力が上がってきます。このようなパイナップルの効用を活かしながら、タンパク質と炭水化物を同時に摂らないなどを心がける事で、理想的なダイエット効果が期待できるのです。

なぜタンパク質と炭水化物を一緒に摂ってはいけないかと言いますと、消化するための酵素の種類がそれぞれ違うからです。性質の違う消化酵素どうしでは、消化がうまく行えず、腸内に長い時間食べ物が留まってしまい、腐敗したり、毒素が発生したりと、きわめて腸内環境が悪くなってしまいます。

疲労回復や美肌にも効果的で低カロリーのパイナップル!

パイナップルは低カロリーだけでなく、ビタミンB1が含まれているのも注目すべき点です。ビタミンB1は糖質を分解する酵素の働きを手助けし、糖質をエネルギー変える働きをしてくれますので、皮膚や粘膜の健康維持を保つことができます。また糖質は脳の働きにも大切な栄養源になっています。

ビタミンB1が不足すると、糖質のエネルギー代謝が弱まり、疲れやすく、集中力がなくなり、イライラの原因にもなりかねません。パイナップルはビタミンB2やビタミンCも豊富で、疲労の解消や、肌の老化防止、などに優れた効果があります。また食物繊維が多く含まれているため、便通を促進し腸をきれいにしてくれる為ダイエットにも効果的です。

Thumbパイナップルの栄養成分・効果まとめ!美容と健康におすすめの食べ方も紹介

パイナップルダイエットのやり方・方法

では、ここからはパイナップルダイエットのやり方を詳しく紹介していきます。ぜひあなたに合った方法を見つけて実践してみてください。注意点などもありますので、見逃さないよう、しっかりと記事をご覧ください。

朝パイナップルダイエット

これはその名の通り、朝に低カロリーのパイナップルのみを食べるダイエットのやり方です。午前中に他のものを一切摂らず、パイナップルだけ摂ります。私たちの体の排泄時間は午前4時から正午までと言われていまが、この時間帯に、タンパク質と炭水化物を摂ってしまうと、排泄に使うエネルギーが、タンパク質と炭水化物を消費するために使われてしまうので、排泄が後回しになってしまいます。

そういった余分なエネルギーを使わないためにもパイナップルだけを摂ることをお勧めします。ここで、パイナップルの糖質が気になると思われるかもしれませんが、午前中の時間帯は、糖が脂肪に変わりにくいので食べるタイミングとしてはグットタイムなのです。

低カロリーパイナップルダイエットの注意点

注意点1. 必ず生のパイナップルを食べましょう。

パイナップルの缶詰はNGです。缶詰は全て工程のとちゅうで殺菌機によって熱を加え加熱殺菌されます。酵素は熱に弱く、60℃以上の熱で酵素のはたらきを失ってしまいますので缶詰のパイナップルは酵素による効果が期待できなくなってしまいます。ですからダイエットにはぜひ生のパイナップルを選んでください。

注意点2.パイナップルは熟しているものを選びましょう

熟していないものは、食べると口の中がピリピリ感じます。これは酵素の働きによるものですが、熟していないパイナップルは口の中が荒れる心配がありますので、完熟のパイナップルを選ぶようにしましょう。

Thumbパイナップルの食べごろはいつ?見分け方・目安や追熟の方法も紹介

注意点3.常温で召し上がりましょう

パイナップルは暑い国の食べ物ですので食べると身体を冷やしてくれます。冷蔵庫で冷やすとさらに体を冷やす作用が強くなりますのでお腹を冷やさないためにもぜひ、常温で食べましょう。

注意点4ダイエット中の飲み物はミネラルウォーターにしましょう

ジュースなどの炭水化物入りの飲み物はカロリーもありますし、消化を妨げますので、おすすめできません。出来れば常温のミネラルウォーターと一緒に摂る方法をとって下さい。

注意点5.夏の時期向けのダイエット

パイナップルは暑い国、フィリピンや沖縄などで採れる果物ですので夏バテ予防に最適です。東洋医学の観点からすると、パイナップルは夏バテで食欲減退気味の時は、消化を助け、気・血・水を作り、体内に運ぶ働きを高めるとされ推奨されています。身体を冷やす作用があるため、冬場は冷え性の方は摂取量を控えめにした方が良いでしょう。

また、パイナップルは他のフルーツに比べても、カロリーが低くダイエットにピッタリなフルーツといえます。朝は忙しく、細かくカットしたりする時間がない方は、ミキサーでパイナップルジュースにするのもオススメです。

パイナップルヨーグルトダイエット

ヨーグルトにはたんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなど、豊富な栄養素が含まれていて、低カロリーパイナップルとの組み合わせはダイエットにもってこいです。食物繊維が多いパイナップルとヨーグルトの乳酸菌がお互い影響し合って腸に働きかけ、腸内を整えてくれるのでまさにダイエット向きの食べ物と言えます。

材料:生パイナップ100g(一口大にカットしたもの3つくらい)。 水50ccくらい(お好みで調節)。ヨーグルト大さじ2。作り方(コップ1杯分):材料を全てジューサー入れ混ぜて完成です。

簡単に出来てとても美味しいですが、注意点としてパイナップルの消化酵素であるプロメリンが、苦味のあるペプチドに分解するため、混ぜて30分くらいたつと苦味がでてきてしまいますので混ぜたらすぐに召し上がる事をおすすめします。

豆乳パイナップルダイエット

豆乳と低カロリーパイナップルが互いに作用しあって相乗効果が得られこちらもダイエットにぴったりです。豆乳の成分である大豆サポニンが脂肪の燃焼を効果的にする働きがあり、パイナップルと一緒に摂ることで、豆乳に含まれている大豆たんぱく質を体内に取り入れやすくします。大豆たんぱく質は大豆ペプチドという成分に変化し、腸で吸収されるときに血行を促進させ基礎代謝をアップする効果があります。

材料:豆乳200ml。パイナップル200g。作り方:生のパイナップルと豆乳200mlを一緒にミキサーにかけるだけで完成です。豆乳が苦手という方にも、パイナップルを混ぜると飲みやすくなるのでオススメです。注意点は、おいしいので飲みすぎないことです!

パイナップルダイエットで効果無しにならない工夫

お腹が空いたとき、食事の3時間前にパイナップルを食べる

お腹が空いた時に酵素を摂ると、酵素の吸収率が上がりダイエットに効果的です。注意点としては、前述したように炭水化物を一緒に摂ると消化活動がうまく行われませんのでパイナップルだけをとる方法をおすすめします。ぜひ、おやつは低カロリーパイナップルにしてみて下さい。そして軽い運動を取り入れましょう。

筋肉量を増やして基礎代謝をアップし、脂肪が燃焼しやすくなりますのでダイエット成功への近道になります。筋トレのように、無理な運動の必要はなく、いつも歩く量を少し増やしたり、エレベーターやエスカレーターを使う所は階段を使うようにしたりするだけでもダイエット効果に結びつきます。

リラックスする時間を作る事もダイエットの為には必要!

また、体重がなかなか落ちなくても落ち込まないことです。あせって急激な減量をすれば健康を害してしまい、ダイエットどころではなくなります。体重は1か月に自分の体重の5%未満の減少に抑えましょう。5%以上になると、体重が落ちにくくなる停滞期に入るので、たいていの人はここでストレスとなりリバウンドしやすくなりがちです。

今までダイエットにむけて頑張ってきた事を無駄にしないためにも気分転換や、リラックスの時間を作って乗り越えていきましょう。逆に、体重が減少し過ぎる人は、食事のバランスや量を調節するなど食事のやり方を変えて、身体に負担がかからないようにしましょう。

パイナップルダイエットで美しいカラダをゲットしよう!

パイナップルダイエットを注意点も含めてお伝えしてきましたが、どのようなダイエットでも、やり方を間違えてしまうと、逆効果になってしまうことがあります。カロリーが少ないパイナップルだけを食べていれば、痩せることが出来ても、健康を害してしまいますし、リバウンドを引き起こしかねません。

またダイエットは、決して短期間で出来るものではありません。心身にストレスをかけず、健康的な身体を手に入れ、それを維持するためには、長期的にしかも楽しく取り組むダイエットのやり方が大切です。毎日の生活に上手く取り入れ、無理のないダイエットライフを送って下さいね、健やかなダイエットができますよう心から願っています。

他にもパイナップルについて興味のある方はこちら!

Thumbパイナップルの育て方まとめ!家でできる簡単な栽培方法・コツを紹介
Thumbローションの作り方!パイナップル&豆乳ローションでムダ毛を撃退できる?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-05-13 時点

新着一覧