ウインナーを冷凍して上手に活用!保存・解凍方法や賞味期限は?

朝食やランチ、お弁当のおかずの一品としても幅広く使われるウインナーソーセージ。その冷凍されたウインナーを活用する方法をたくさん紹介していきます!一度冷凍保存されたウインナーを解凍する方法や賞味期限についても詳しく説明していきますので是非参考にしてみてください。

ウインナーを冷凍して上手に活用!保存・解凍方法や賞味期限は?

目次

  1. ウインナーを冷凍保存して上手に活用しよう!
  2. 安い時にウインナーを大量に購入しても大丈夫?
  3. 冷凍したウインナーを使っていろいろ工夫して料理に活用しよう!
  4. 冷凍したウインナーの保存・解凍方法について紹介!
  5. フリーザーパックに入れてウインナーを冷凍する
  6. 密封容器に入れてウインナーを冷凍する
  7. サランラップでウインナーを冷凍する
  8. かっちこちに冷凍したウインナーを解凍する方法を紹介!
  9. 電子レンジで冷凍したウインナーを解凍
  10. ボイルして冷凍したウインナーを解凍
  11. 冷蔵庫で冷凍したウインナーを低温解凍する
  12. ウインナーの賞味期限について知ろう!
  13. いつまで食べられる?ウインナーの消費期限って?
  14. 冷凍したウインナーを使った料理を紹介!
  15. 香ばしい風味の「ポテトとウインナー炒め」「ウインナーを使ったナポリタン」
  16. 手軽で簡単「ウインナーとキャベツのトマトスープ」
  17. 一味違った「ウインナーを使ったカレーライス」
  18. シンプルで本格的な「ウインナーとほうれん草のクリームパスタ」
  19. 和洋折衷「大根とウインナーのおでん風」
  20. 冷凍したウインナーの活用方法・保存と解凍方法について:まとめ

ウインナーを冷凍保存して上手に活用しよう!

子供から大人までみんなウインナーが大好きですよね。お弁当や朝食やランチにもウインナーはよく使われます。もうすでに日本の食卓でもウインナーは定番のおかずの一つになっています。ウインナーというのは冷凍して、上手に活用することでちょっとしたレシピに加えることによって本格的な料理の一品にもなってしまいます。ウインナーの保存や解凍方法なども詳しく紹介します!

安い時にウインナーを大量に購入しても大丈夫?

そのまま食べても十分美味しいウインナーですが、たとえばチャーハンやパスタにもウインナーを具材として加えると味も引き立って本格的な料理の一品になります。スーパーマーケットに行くと、広告の品などでたまにウインナーが安く売られている場合がありますよね?いつもは値段が高くてなかなか手を出しにくいウインナーが安く売られていたらつい買いたくなりますよね。

ウインナーは冷蔵庫で1ヵ月程度保存が可能

そして広告の品で安く売っていたので、大量にウインナーを衝動買いしてしまいます。つい思い切ってたくさんのウインナーを買ってしまったものの、賞味期限が切れてしまってぜんぶ使い切れないということが心配になると思います。しかしスーパーマーケットで売られている一般的な袋に詰められているウインナーは、冷蔵庫で約1ヶ月程度は保存が可能なんです。

なぜかというとベーコンやソーセージのような食肉加工品は、保存食として作られているのでもともとは豚肉や鶏肉を塩漬けして長持ちするように加工して作られています。ウインナーなどのソーセージはドイツが発祥とも言われていますが、鳥獣類を挽肉にして、塩や香辛料で調味してケーシング(ソーセージの表皮部分)に充填した食品ということで長く保存できます。

ウインナーなどのソーセージはもともとスモークにしたり、塩漬けにしたりして長く保存できるように作られてしますが最近はあまり、スモークをかけていないソーセージ食品が多くなっているので賞味期限も短くなってきています。しかし一般的な袋に詰められるウインナーは冷蔵庫で1ヵ月ほど長持ちするので必要なときに取り出して料理に活用することができます。

Thumbお弁当をウインナーのお花で華やかに!飾り切りの簡単なやり方は?

冷凍したウインナーを使っていろいろ工夫して料理に活用しよう!

ウインナーには味に熟成された深みのある旨味があるので、どんな料理に使用してもいいアクセントになって味が引き立ちます。そのままフライパンでウインナーを焼く場合は、あらかじめ切り目を入れると中の方まで焦げ目がついて香ばしい風味が出てさらに美味しくなります。みなさんもいろいろ工夫を凝らして、料理のレシピに冷凍したウインナーを活用してみてください!

冷凍したウインナーの保存・解凍方法について紹介!

それでは冷凍したウインナーの保存・解凍方法について紹介していきます。ウインナーを冷凍庫から取り出して、すぐに料理に使いたいときに、いちいち袋詰めに入ったものをすべて解凍するには効率も良くないですし、ウインナーも劣化してしまいます。まずウインナーを冷凍庫に入れる場合には小分けにして入れることをおすすめします。

フリーザーパックに入れてウインナーを冷凍する

まずおすすめなのはフリーザーパックなどジッパーがついて密閉できるようになっている袋を使います。食品の乾燥や酸化による冷凍焼けなどの臭いが他の食品にうつることも防ぐことができます。小分けにしてウインナーを冷凍保存することによって、必要なときにはそのまま電子レンジを用いてすぐに解凍して料理に使用することもできます。

密封容器に入れてウインナーを冷凍する

あと密封容器に入れて冷凍保存してもいいです。その際にはかならず酸化をなるべく防ぐために空気を抜くようにしてください。透明の密封容器だと中身がすぐわかりやすくて、冷凍庫の中にも整理しやすいので便利ですよね。ウインナーを入れるとたくさんの量が容器の中に入りますので、少し隙間を空けてうまく間隔を設けて入れていく方があとで取り出しやすいので楽だと思います。

サランラップでウインナーを冷凍する

あとさらに収納スペースを取らないのが、サランラップです。一人暮らしの方ですと、一回に使う量がそれほど多くないですので3本や5本を小分けにして、もしくは10本などをまとめてウインナーをサランラップに包んで冷凍保存してください。結構ひとつひとつサランラップで包むのに手間は掛かりますが、料理に使うときにはすぐに取り出して楽に使うことができるのでおすすめです。

かっちこちに冷凍したウインナーを解凍する方法を紹介!

つぎに冷凍したウインナーの解凍方法について紹介します!かっちこちになっているウインナーを自然解凍するには時間が掛かります。そのまま解凍すると食感が失われてしまいせっかくのウインナーが台無しになってしまいます。凍った細胞の中の水分が溶けていくのですが、この水分の中にはウインナーの中に含まれているうま味や栄養が入っています。

電子レンジで冷凍したウインナーを解凍

その場合、まず電子レンジに解凍のボタンがありますのでそれを使ってウインナーを解凍していきます。ここで注意点があります。ある程度解凍されれば包丁でカットできますので半解凍ぐらいで電子レンジから取り出しても大丈夫です。目安として500wで2分から3分程度で半解凍の状態になります。ウインナーに包丁の刃が通るぐらい解凍できていればそのまま使用してください。

ボイルして冷凍したウインナーを解凍

もしくは凍ったままのウィンナーを調理してもいいです。料理にもよりますが、そのままボイルして食べる場合は沸騰したお湯に凍ったウィンナーを入れて調理します。ポトフなどの場合もそのままスープの中に入れて調理すればいいので簡単ですし、とくに解凍する手間も省けますよ。あらかじめスライスをしておくなど、ウインナーをカットした状態で冷凍保存をするのもおすすめです。

冷蔵庫で冷凍したウインナーを低温解凍する

もう一つのウインナーの解凍方法は冷蔵庫の中で低温解凍する方法です。ゆっくりと時間を掛けて低温で解凍することにより解凍しすぎを防ぐことができます。そして細菌の繁殖やウインナーの品質を落とすことなく解凍できるのでおすすめですよ。ポイントとしては冷蔵庫での解凍は冷蔵庫の内温度が2~5℃が最適の温度です。ただこの低温解凍の方法は解凍に時間が結構掛かります。

ただこの解凍方法で冷凍されたウインナーを解凍することによって、品質を守ることができるので2~5℃の庫内温度を維持すればだいたい半日ほどでゆっくり自然解凍されていくので料理に使う時間から逆算して冷凍庫からウインナーを冷蔵に入れ替えてください。注意点として季節によって自然解凍に掛かる時間は変わってくるので夏場だとだいたい10時間程度で解凍されます。

これもあくまで目安なので、外気温が1、2℃違うだけでも解凍時間が変わってきます。ただ冷蔵庫の中に入れてあるのでもし早めに解凍されてしまったとしても解凍しすぎということにはなりません。極力タイミングよく冷凍されたウインナーがいい感じに解凍された状態で料理に使用したい場合は、気温がいつもより高めであれば1時間でもずらして冷蔵庫に入れ替えてください。

冷凍されたウインナーを解凍する方法で、さらにオーソドックス解凍方法は冷凍庫の外に出して自然解凍するという方法です。冷蔵庫の自然解凍よりも、短時間で解凍することが出来ますがかなり時間に気を付けておかないと、解凍しすぎというデメリットもあります。基本的には冷凍庫からウインナーを出して6時間程度で自然解凍されていきます。

この外に冷凍されたウインナーを出すという解凍方法も季節によって時間が変わっていきますので注意する必要があります。かっちこちに冷凍されたウインナーを外に出した場合でも、夏場の気温が高い時期だと1、2時間程度解凍される場合もあります。冬場だと6時間程度でだいたい包丁で切れる程度に解凍されていきますが、外に出して自然解凍する方法は時間の調節が結構難しいです。

あまり外に出して自然解凍する方法はおすすめはできませんが、時間の調節がうまくできる人で低温解凍よりも早めに解凍させてたいという場合はチャレンジしてみてください。うまく時間の調節ができれば、品質も落とすことがなく、電子レンジでの解凍方法よりも僅かですが電気代のコストも掛からないので、その場合はおすすめの解凍方法ということになります。

ウインナーの賞味期限について知ろう!

つぎにウインナーの賞味期限について案内していきます!まず賞味期限と消費期限という二つの混同してしまいそうな言葉がありますよね。ご存知の方もおられると思いますが、一応詳しく賞味期限と消費期限の意味の違いについて説明しておきます。食品を購入したときに、「この食べ物って何日くらい持つのかな?」というようにまず食べられる期限が気になりますね。

「消費期限」と「賞味期限」について

食品の期限の表示には、「消費期限」と「賞味期限」の2つに分けらて記載しているのをよく目にされると思います。しかしこの期限というのは、袋詰めの場合など未開封の状態でさらに保存温度をちゃんと守ってのことになりますのでその点をまず理解していただく必要があります。もしスーパーなどで食品を購入してきて、開封したらできるだけ早く食べ切るように心掛けてください。

ウインナーなども同様に消費期限と賞味期限はどうちがうのか気にされることはとても大切な情報なんです。簡単に言いますと、消費期限は「安全に食べられる期限」。賞味期限は「おいしく食べられる期限」ということです。よくこの表示の違いがわかりずらいかもしれませんので「安全に食べられる」か「おいしく食べられる」かというふうに覚えてください。

「賞味期限」とは、とにかく未開封の状態で保存方法を守って、食品の風味や味など全ての品質がちゃんと維持できていて、まさに賞味なのでおいしくその食品が食べられるということを保証する期限を表示しています。そしてウインナー、ソーセージ、ハム、乳製品などには消費期限よりも長くて、だいたい1週間を超えても品質が保たれる食品に表示されています。

商品によって違うので良く見てみよう!

たとえば伊藤ハムの「グランド アルトバイエルン ウインナー」というよくスーパーなどで見かける代表的なウインナーがあります。こちらのパッケージには【製造日より25日間(冷凍保存も可)】という賞味期限の表示があります。もともとウインナーなどのソーセージ類は保存食として加工されているので冷蔵庫で保存した場合でも製造日から25日間は賞味が保たれます。

保存状態に注意!

ウインナーなどの食品は賞味期限を過ぎたとしても、べつに食べられないわけではありませんのでまずは製造日から1か月ほどは安心して食べても大丈夫です。賞味期限というのは、「お客様に安心しておいしく召し上がっていただくための目安です。」ただ賞味期限内だとしても、ちゃんと2~5℃の庫内温度に保たれた冷蔵庫に入れていなかったりして保存状態が悪い場合はダメです。

保存状態が悪いとウインナー自体の品質が低下して腐敗してしまうおそれもあります。賞味期限がもし過ぎてしまったら、まずは色や臭い、味などをちゃんと確認してください。もし色も変色していて、酸っぱい臭いや味がしたときはうっかり食べてしまうとお腹を壊したり、加熱したとしても食中毒になる可能性もあるのでその場合はちゃんと処分しましょう。

いつまで食べられる?ウインナーの消費期限って?

あとウインナーなどの食品が賞味期限切れになっていて、とくに味や臭いなど見た目に異常はないけどもし気になる場合はちゃんと加熱調理してから食べてください。それでは消費期限についても案内します。「消費期限」は、賞味期限と同様に未開封の状態で保存方法を守って食品の腐敗などが発生して食中毒などのおそれがない期限を表示しています。

とにかくウインナーを冷凍した場合の保存期間ですが、だいたい目安としては1ヵ月から2ヵ月程度です。ただ、日にちが経てば経つほどに劣化していくので、目安としてはなるべく製造日から2ヶ月以内に食べてください。なかなか家庭用の冷凍庫だと冷凍することで細菌をすべて死滅させることはできませんが、細菌の繁殖をある程度なら抑えることができます。

冷凍保存してる間でもウインナーの油分が酸化したりして、劣化していくので状態が悪くなってくる可能性があります。もし製造日から2ヶ月経ってない状態でも、使用する前には、臭いや色、保存状態をちゃんと確認してから調理などをしてください。ウインナーには消費期限よりも賞味期限の表示が書かれているのでご自分でちゃんとした知識を備えておくことが大切ということです。

Thumbウインナーのレシピ特集!人気の簡単美味しいおかず・おつまみの作り方

冷凍したウインナーを使った料理を紹介!

それではウインナーを使った美味しいレシピを紹介していきます!まずは誰もが好きなチャーハンです。チャーハンに入れる具材や調理法によって、たくさん種類がありますが今回紹介するチャーハンは「パラパラ玉ねぎウインナーチャーハン」です。シンプルなチャーハンですが、ネギの代わりに玉ねぎが入っているのがポイントです。あとチャーシューの代わりにウインナーを入れます。

冷凍したウインナーを使った料理①

玉ねぎチャーハンのレシピです。【材 料(1人分)ご飯1膳分、卵1個、玉ねぎ1/4個、ウィンナー4本、サラダ油大サジ1、酒大サジ1/2、塩コショウ少々、鶏ガラスープの素大サジ1/2、醤油適量】作り方は玉ねぎをみじん切りにして、ウィンナーは食べやすい大きさに切ります。あとは普通のチャーハンと同じように卵を入れてからご飯と残りの具材をぜんぶ入れて炒めていきます。

香ばしい風味の「ポテトとウインナー炒め」「ウインナーを使ったナポリタン」

冷凍したウインナーを使った料理②

他にもおすすめのウインナーを使ったレシピを紹介していきます。「ポテトとウインナー炒め」こちらはポテトとウインナーを揚げ焼きにして、コンソメとバター、ブラックペッパーで味付けをします。つぎにおすすめレシピは「ウインナーを使ったナポリタン」こちらは玉ねぎ、ピーマン、ウインナーを使用してナポリタンスパゲティーを作ります。

手軽で簡単「ウインナーとキャベツのトマトスープ」

冷凍したウインナーを使った料理③

つぎにおすすめのウインナーを使ったレシピは「ウインナーとキャベツのトマトスープ」こちらはウインナーとキャベツ、ホールトマトを使って、コンソメとケチャップ、塩コショウで味付けをします。簡単に手早くて、美味しく作れるのでおすすめです。あとホールトマトを使わずにコンソメだけを使って、ポトフ風にしても手軽でとても美味しいですよ。

一味違った「ウインナーを使ったカレーライス」

冷凍したウインナーを使った料理④

つぎにおすすめのウインナーを使ったレシピは「ウインナーを使ったカレーライス」よくココ壱番屋のカレーにトッピングとしてウインナーが使われたりしますが、カレールーの中に肉の代わりとしてウインナーを入れて作ります。ただウインナー自体に塩分が多く入っているのでカレーのルーを少し減らして、薄めに調整するのがポイントです。

スープカレーのようになっても問題ありません。ウインナーから十分だしが出るので、玉ねぎ、ジャガイモ、キャベツ、パプリカなどを具材として使用してスープカレー風にしても美味しいのでおすすめです。あとひき肉やハムなどの代わりにウインナーを使ったドライカレーもおすすめです。その場合もウインナーの塩分があるので、ルーの量を調節してください。

シンプルで本格的な「ウインナーとほうれん草のクリームパスタ」

それではまだウインナーを使ったおすすめの料理がありますので、紹介していきます!おすすめレシピは「ウインナーとほうれん草のクリームパスタ」です。【材料(2人分)パスタ2人分、ウインナー5本、ほうれん草適量、バター20g、生クリーム100cc(無ければ牛乳でも構いません)粉チーズ、オリーブオイル、塩適量、ブラックペッパー(無ければコショウ少々】

「ウインナーとほうれん草のクリームパスタ」の作り方を簡単に説明します。あらかじめオリーブオイルで食べやすい大きさに切ったウインナーを炒めて、その後に茹でたパスタとほうれん草を加えて最後に味付けをします。ウインナーに塩気があるので、味付けはすこし少なめの量でも十分です。あまり炒めすぎるとぱさぱさしてきますので、火が全体に通っていれば出来上がりです。

和洋折衷「大根とウインナーのおでん風」

最後に紹介するウインナーを使ったおすすめ料理は「大根とウインナーのおでん風」です。【材料(3人分)、ウインナー7本、大根1/2本、砂糖大さじ1、醤油大さじ2、みりん大さじ2、酒大さじ2、だし2カップ】作り方はまず大根を輪切りにして面取りをします。ウインナーはおでんのだしが染み込みやすいように斜めに何本か切れ目だけを入れておきます。

あとはすべての材料を入れて煮立ったら火を弱めて30から40分ほど、ことこと炊くだけです。大根に竹串がスッと通るまで火を入れてください。ウインナーの味が染み込んだ、おでん風の大根が出来上がります。ウインナーを使った和洋折衷の料理になります。これもシンプルで楽に作ることができるので是非試してみてください!

冷凍したウインナーの活用方法・保存と解凍方法について:まとめ

冷凍されたウインナーを活用した料理や、保存・解凍方法。そして賞味期限についても紹介してきました。ウインナー自体が加工されていて、そのまま焼いたり、ボイルするだけもおいしく食べれますが他にも料理にいろいろ活用することによっておいしさが引き立ってきます。今回紹介しました料理以外にもご家庭でいろいろ工夫してウインナーを使った料理を作ってみてください。

冷凍されたウインナーの保存や解凍方法もなるべく、品質を落とさないように低温解凍するなどしてなるべくは製造日から2ヶ月以内で召し上がってくださいね。せっかく購入したウインナーも賞味期限が切れてしまい、味を落としていまうのはもったいないので正しい保存方法でなるべく4℃以下の冷凍庫に保存してください。

広告の品でウインナーが安売りしていたら、これからは思い切って大量に購入してみてください。もちろん2ヶ月以内に余裕を持って食べきれる量ですが。活用方法もたくさんあるのでウインナーを使った料理のレシピを増やしておけば、無駄なく使い切ることができますよ!

ウインナーに関連する記事はこちらへ

Thumbソーセージとウインナーの違いは?太さで呼び方が変わる!味や材料は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-09-27 時点

新着一覧