パスタの糖質やカロリーは高いって本当?ダイエット中に食べて大丈夫?

糖質制限中に知っておきたいパスタの糖質やカロリーについてまとめました。糖質が気になる場合は糖質カットや糖質オフタイプのパスタであれば、糖質制限ダイエット中も安心です。パスタのカロリーや糖質を把握して、糖質制限ダイエットに役立てましょう。

パスタの糖質やカロリーは高いって本当?ダイエット中に食べて大丈夫?

目次

  1. パスタの糖質やカロリーについて知りたい!
  2. 糖質制限ダイエット中はどのくらいの糖質を摂取できる?
  3. 糖質やカロリーはパスタにどのくらい含まれている?
  4. ソースも含めたパスタの糖質やカロリーは?
  5. 全粒粉パスタの糖質&カロリーについてもチェック
  6. グルテンフリーパスタは糖質制限ダイエット中もOK?
  7. 食べ方の順番が糖質制限ダイエット中には大切
  8. 飲み物も工夫してパスタの糖質の吸収をおさえよう
  9. 食べる時間帯も工夫してパスタを食べよう
  10. パスタの具材を工夫してカロリーや糖質オフにする
  11. 糖質オフ&糖質カットのパスタを糖質制限ダイエットに役立てよう
  12. おすすめしたい糖質オフと糖質カットのパスタ&ソース
  13. 代用品も活用して糖質制限中もパスタを楽しもう
  14. 海外でも人気のゼンパスタで糖質オフしよう
  15. ダイエット中は糖質オフの工夫をしてパスタを食べよう!

パスタの糖質やカロリーについて知りたい!

糖質制限ダイエット中は糖質量を知ることが重要

簡単に作れて美味しいパスタ料理は、自炊の強い味方ですよね。時間がない時でもパスタ料理なら素早く作れるのでいろいろなシーンで役立てている方も多いのではないでしょうか。しかし、糖質制限ダイエット中はパスタの糖質量が気になります。炭水化物の一種でもあるパスタは、糖質の量も多くなるので糖質制限している間は糖質カットをする工夫も必要。

糖質オフをするためにはどうすれば良いのか知っておけば、糖質制限中もパスタを食べやすくなります。糖質制限ダイエット中だからといって大好きなパスタを我慢してばかりではストレスが溜まってしまいますよね。そうならないようにい糖質オフ方法をおさえておくのがおすすめ。ストレスを溜めずに糖質制限中もパスタを楽しめるようにしてみましょう。

パスタの糖質を把握しておこう

「パスタの糖質量はどのくらい?」「パスタを糖質カットするための方法について知りたい!」という場合に役立つパスタの糖質や糖質オフ方法についてまとめました。糖質量を把握し、糖質カットのパスタを活用すればダイエット中もパスタを食べることは可能です。ダイエットにふさわしい工夫をしながら糖質カットしたパスタを満喫してみてくださいね。

Thumbコンビニは糖質制限におすすめ商品が豊富!ダイエット中のランチにぴったり!

糖質制限ダイエット中はどのくらいの糖質を摂取できる?

通常の糖質制限ダイエットは70〜100g

糖質制限ダイエットする上で知っておきたいのが、1日あたりどのくらいの糖質を摂取しても大丈夫かということです。糖質制限ダイエットといっても全く糖質を摂取しないということではないので気をつけましょう。糖質は体のエネルギーとなるのに必要な栄養なので、全く摂取しないと健康的な体作りができなくなってしまいます。

通常の糖質制限ダイエットの場合、1日あたり70〜100gほどの糖質であれば摂取しても大丈夫とされています。これよりも糖質量を制限したスーパー糖質制限という方法もありますが、糖質を過度にカットする食事方法は体調管理が難しいのでおすすめできません。適度な糖質を摂取するということも忘れないでおいてくださいね。

ゆるい糖質制限ダイエットなら110〜140gほど

糖質制限ダイエットには、ゆるい糖質制限という方法もあります。厳格に糖質制限をするのではなく、ゆるく制限していくことによってストレスを感じずに糖質制限を続けられるのが嬉しいポイント。長く続けやすい糖質制限をしたい時におすすめです。

ゆるい糖質制限の場合は、110g〜140gほどの糖質を摂取してもOK。このように糖質制限の種類によって摂取量は異なるので目的に合わせて取り入れてみてくださいね。

Thumb糖質の1日の必要量とは?間違った糖質制限ダイエットをしないために!

糖質やカロリーはパスタにどのくらい含まれている?

1人分あたりのカロリーは300kcalほど

それでは、ダイエット中に気になるパスタの糖質量やカロリーについてチェックしていきましょう。1人前あたり200gのパスタを目安としています。パスタだけのカロリーや糖質量なので、ソースや具材によって糖質量は変化することも覚えておいてくださいね。

1人前のパスタの場合、カロリーは300kalほどになります。うどんが210kcal、そばが220kcalであることを考えるとパスタのカロリーは麺料理の中でも高めと言えるのではないでしょうか。

糖質量は56gほどになる

続いてパスタの糖質量についてチェックしていきましょう。パスタ1人分あたり、糖質量は56gほどになります。通常の糖質制限をしている場合、1日に摂取できる糖質量の半分以上を摂取することになりますね。糖質は炭水化物以外にも含まれているので、パスタを1食分で食べたら他の食事では糖質をなるべく控えめにしていくことが大切になります。

ソースも含めたパスタの糖質やカロリーは?

洋風パスタの場合

ここまではパスタだけの場合の糖質やカロリーについて見ていきましたが、ソースや具材も含めたカロリーと糖質もチェックしていきましょう。カルボナーラはカロリーが630kcal、糖質が56gほどになります。ミートソースはカロリーが540kcalで糖質は62g、ナポリタンはカロリー510kcalで糖質65g。このようにソースが加わることでカロリーも糖質もアップします。

和風パスタの場合の糖質&カロリー

和風パスタの場合のカロリーや糖質量はどうなっているのでしょうか?和風きのこパスタの場合はカロリーが370kcal、糖質が56g。たらこパスタは500kcalで糖質が55gほどになります。和風パスタは洋風パスタよりもカロリーや糖質が少し控えめですね。洋風のパスタは糖質の他に脂質も多くなるので、カロリーが高くなる原因となるのではないでしょうか。

全粒粉パスタの糖質&カロリーについてもチェック

通常のパスタより糖質やカロリーが低い全粒粉パスタ

パスタにはいろいろな種類があるので、種類別のカロリーや糖質についても見ていきましょう。全粒粉パスタはその名前の通り全粒粉を使ったパスタのことです。全粒粉が入ることによって、茶色になっているのが特徴。こうばしい風味を感じられ、噛みごたえもあるのがポイントです。全粒粉の場合、カロリーは280kcal、糖質は54gほど。通常のパスタよりも低めになっています。

低GIなのも魅力

全粒粉のパスタは低GI食品であるのも魅力。低GI食品とは、血糖値を上げにくい食品のことです。食事の時に血糖値が急上昇すると、体は脂肪が溜め込まれやすい状態になってしまうのが特徴。

そのため、低GI食品を取り入れることで血糖値の上昇をゆるやかにすることもダイエット中は大切になります。全粒粉パスタは低GI食品の一種なので、ダイエットに活用していきたいですね。

Thumb糖質制限のメリットとデメリットは?きちんと知って正しいダイエット!

グルテンフリーパスタは糖質制限ダイエット中もOK?

カロリーは通常のパスタよりも低め

近年人気を集めているグルテンフリー食品ですが、パスタにもグルテンフリーがあります。グルテンフリーパスタのカロリーや糖質量もチェックしていきましょう。グルテンフリーパスタは小麦粉ではなくとうもろこしの粉を使っているのが特徴。とうもろこしの粉を使うことでグルテンをなくし、グルテンフリー生活の役に立てられます。

グルテンフリーパスタの場合、カロリーは285kcalほどになります。通常のパスタよりもカロリーが控えめであることがわかりますね。

意外と糖質量が高いグルテンフリーパスタ

グルテンフリーパスタの糖質量はどうなっているのでしょうか?グルテンフリーパスタの場合、糖質は64gになります。グルテンフリーパスタの方が普通のパスタよりも糖質量は高くなるのがポイント。とうもろこしは実は糖質量の多い食材です。そのため、とうもろこしの粉を使ったグルテンフリーパスタは糖質が高め。糖質制限をしている場合は気をつけましょう。

食べ方の順番が糖質制限ダイエット中には大切

空腹時にいきなりパスタを食べるのは糖質制限ダイエット中は避けよう

ここまでパスタの糖質やカロリーについてチェックしていきましたが、糖質制限ダイエット中にどうしてもパスタが食べたくなった時の食べ方についても見ていきましょう。食べ方を工夫することでパスタが体重に与える影響を抑えることが可能です。パスタを食べる時、空腹時にいきなり摂取するのはNG。空腹時に摂取することで血糖値が急激に上がり、脂肪が溜まりやすくなります。

食物繊維を最初に食べる方法がダイエットにはおすすめ

ダイエット中にパスタを食べる場合は、最初に食物繊維豊富な野菜を食べましょう。レタスやきゅうり、ほうれん草、小松菜、ブロッコリーといった食物繊維を多く含んだ野菜を食べることで血糖値の上昇を穏やかにします。ただし、サツマイモやジャガイモ、かぼちゃといったデンプン量が高い野菜は糖質量が多いのでパスタと合わせるのはおすすめできません。

飲み物も工夫してパスタの糖質の吸収をおさえよう

黒烏龍茶で糖質の吸収を抑制

パスタを食べる場合、一緒に飲むものも工夫しておきましょう。おすすめしたいのが黒烏龍茶。黒烏龍茶には糖や脂肪の吸収をおさえる効果があるとされているので、糖質制限中に飲むのに最適です。黒烏龍茶を飲むことによって満腹中枢が刺激され、少量のパスタでも満足感のある食事を楽しめるのでぜひ黒烏龍茶を取り入れてみてくださいね。

緑茶のカテキンで脂肪を燃焼

黒烏龍茶以外には緑茶もおすすめ。緑茶にはカテキンが豊富に含まれ、脂肪燃焼効果などを期待することができます。最近はコンビニやスーパーなどでもダイエット効果のあるお茶を気軽に手に入れられるので、パスタを食べる時に役立ててみてはいかがですか。こうした工夫をすることで、パスタが与える影響を抑えることが可能になります。

食べる時間帯も工夫してパスタを食べよう

夜にパスタを食べると消費できない可能性がある

パスタを食べる場合は、時間帯も工夫していくことが必要になります。夜の時間帯にパスタを食べるのはおすすめできません。夜になると体の代謝が落ち、エネルギーの消費が十分にできなくなります。そのため、パスタを食べてもエネルギー消費が出来ず、脂肪の蓄積につながるため注意が必要。夜の時間帯は避けてパスタを食べていきましょう。

昼間に食べてしっかり消費する

パスタを食べたい場合は昼間のうちに食べておきましょう。昼間に食べておけば、パスタの糖質を摂取したとしても1日のうちにエネルギーとして消費をすることができます。パスタを食べた日は、いつもよりも多めに体を動かすように意識してみると良いかもしれないですね。エネルギー消費をすることができればパスタを食べても安心です。

パスタの具材を工夫してカロリーや糖質オフにする

キノコや葉物野菜など低カロリーな食材を活用

パスタを調理する時は具材にもこだわると良いのではないでしょうか。低カロリーで食物繊維が豊富なキノコや葉物野菜、ブロッコリーなどの食材をたっぷり使うことでパスタの量を減らしても食べ応えのある1品になります。通常よりもパスタの量を半分くらいに減らし、その分だけ野菜やキノコ類を増やすと良いかもしれないですね。ぜひ試してみてくださいね。

良質なタンパク質を入れて量を増やすのもおすすめ

野菜以外には良質なタンパク質を入れるのもおすすめです。低脂肪なササミや鶏胸肉は糖質制限中のダイエットに役立つのでパスタの具材として活用してみましょう。また、白身魚もおすすめ。このように具材を加えるだけでパスタのヘルシー度をぐっと上げることができるので、ダイエット中に美味しくパスタを食べるためにも工夫してみてくださいね。

Thumb糖質制限メニューの簡単レシピ!併せて行いたい筋トレメニューも!

糖質オフ&糖質カットのパスタを糖質制限ダイエットに役立てよう

糖質オフや糖質カットのパスタが増えている

具材や食べ方を工夫する以外にできる対策が、糖質オフのパスタを使う方法。近年の糖質制限ブームにより、糖質カットをしたパスタ商品が多く出回るようになりました。パスタ自体の糖質を減らしたい場合は糖質オフパスタを取り入れてみてはいかがですか。スーパーなどで見かけることもできるので、気軽に活用できます。

ソースも糖質オフ&糖質カットにするとダイエットに効果的

パスタだけでなく、ソースも糖質カットタイプを選ぶのがおすすめ。ソースの種類によってはカロリーや糖質が高いものもあるので気をつけましょう。糖質カットやカロリーオフタイプのパスタソースをストックしておけば、ダイエット中にパスタが食べたくなった時にすぐに使えます。こういった工夫もしてみてくださいね。

おすすめしたい糖質オフと糖質カットのパスタ&ソース

50%の糖質オフがされているカーボフ

それでは、おすすめしたい糖質オフタイプのパスタをチェックしていきましょう。糖質オフでおすすめしたいのがカーボフ。糖質が50%カットされているので糖質制限中もパスタを食べられるのが嬉しいポイントです。冷めてもパスタ同士がくっつかないと評判なのも魅力。

大塚食品のマイサイズの糖質カットソース

糖質カットをしたパスタソースであれば、大塚食品のマイサイズもおすすめです。ミートソースなどの定番のパスタソースを低糖質&低カロリーで展開。温めてすぐに使うことができるので、忙しい時の食事の強い味方です。

代用品も活用して糖質制限中もパスタを楽しもう

糖質0麺は糖質カットしたい時にぴったり

他にも糖質制限中にぴったりなパスタの代用商品もあるので取り入れていきましょう。おすすめは糖質0麺。糖質が0なので糖質制限中も安心です。食物繊維も豊富で便秘解消のサポートになるのも嬉しいポイント。

他の麺料理にも役立てられる

糖質0麺はパスタだけでなく他の麺料理にも代用できます。ラーメン風にしたり、焼きそば風にしたりといったように活用方法はバリエーション豊か。「麺料理が好きだけれどもダイエット中だから控えなくちゃ……」という方も糖質0麺を使ってみてはいかがですか。

海外でも人気のゼンパスタで糖質オフしよう

ゼンパスタとは乾燥しらたきのこと

続いておすすめしたいのが海外でも人気のゼンパスタ。ゼンパスタとはしらたきのことで、海外では乾燥しらたきをパスタのようにして食べるのがダイエット中の人たちの間で人気を集めています。

乾燥しらたきであればストックしやすいですし、すぐに使えるのが魅力です。しっかりとした弾力があり、美味しく食べられるのも特徴。ヘルシーにパスタを食べたい時にいかがですか。

食物繊維が豊富で糖質カットだけでなく便秘解消にも役立つ

乾燥しらたきであるゼンパスタは食物繊維も豊富に含んでいます。食物繊維は便秘解消に必要な栄養。便秘が解消されると代謝のアップにもつなげることができるので、効率的にダイエットをしたい場合にもゼンパスタを使ってみてはいかがですか。パスタに使うのはもちろんのこと、糖質0麺のようにラーメンや焼きそばといった麺料理にも使うことができます。

ダイエット中は糖質オフの工夫をしてパスタを食べよう!

「ダイエット中だけど、パスタが無性に食べたい!」となることがありますよね。そういった場合は、パスタの種類や食べ方を把握しておくことが大切になります。低糖質で低カロリーな具材を使ったり、食べ方の順番を工夫していくことで糖質制限ダイエット中でも安心してパスタを食べることは可能。

また、パスタ自体も糖質オフタイプを選ぶとさらに安心です。カロリーと糖質量が控えめなパスタやパスタに代用できる麺類を活用してヘルシーなパスタ料理を作ってみてはいかがですか。ストック食品にしておけば、食べたい時にすぐに調理をすることができるので便利です。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-09-22 時点

新着一覧