ゴーヤ茶の作り方・効能まとめ!ダイエットに効果的な美味しい飲み方は?

夏の健康食材として有名なゴーヤ。ゴーヤは苦味があって好き嫌いが分かれますが、ゴーヤ茶にすれば飲みやすく気軽に栄養を摂取する事が出来ます。そんなゴーヤ茶の効果や効能を見ていきましょう。苦味を抑えた作り方や飲み方についても詳しくご紹介していきます。

ゴーヤ茶の作り方・効能まとめ!ダイエットに効果的な美味しい飲み方は?

目次

  1. 美容に健康にゴーヤ茶を飲もう!
  2. ゴーヤとは?
  3. 体の不調を感じたらゴーヤ茶を
  4. 糖尿病の予防や改善にゴーヤ茶がおすすめ!
  5. ゴーヤ茶でダイエットも
  6. 美容へもゴーヤ茶でアプローチ
  7. ゴーヤ茶を手作りしてみよう!苦味を抑えて家族みんなで健康に
  8. 簡単なゴーヤ茶の作り方
  9. 飲みやすいゴーヤ茶の飲み方
  10. 飲み方に工夫して美味しく健康に

美容に健康にゴーヤ茶を飲もう!

夏野菜の中でも、栄養豊富で健康に効果的として有名なゴーヤ。夏になると、ゴーヤチャンプルーなどでよく食卓に並ぶご家庭も多いです。ゴーヤは旬の時期になると安価で手に入れる事が出来るので、野菜の高騰化が進む今、手に入れやすく栄養も豊富で主婦の味方でもあります。また、ゴーヤを栽培してグリーンカーテンを楽しむ人も増えています。

ゴーヤは、育ちやすくたくさん収穫する事が出来る植物でもあります。夏に栽培すると、食べるのが追いつかないと言う人も多いのではないでしょうか。たくさん買ったけれど食べきれない、たくさん生っているけれど食べきれないと言う時は、ゴーヤ茶にしてみましょう。ゴーヤ茶は、そのまま食べるよりも苦味を抑えられて家族みんなで飲むことが出来ます。

最近では健康の為の効能だけでなく、ダイエットや美容への効能も注目されています。ゴーヤ茶の効能を生かして、ダイエットに最適な飲み方も一緒に見ていきましょう。苦味を抑えた作り方だけでなく、さらに飲みやすくするアレンジの飲み方についてもご紹介していくので、今まで苦手だった人でも毎日の生活に取り入れていく事が出来るかも知れません。

ゴーヤとは?

ゴーヤとは、熱帯アジアが原産の温暖な気候を好む野菜です。日本では沖縄が主な産地です。ゴーヤの他にも、ツルレイシ、ニガウリと呼ばれています。普段私たちが食べている部分は、実は果実。未熟な状態のゴーヤの果実を収穫して、野菜として食べられています。沖縄料理で使われる事が多く、ゴーヤチャンプルーなどとしてよく食べられています。

また、ゴーヤは比較的栽培が簡単な植物なので家庭菜園でも楽しまれています。収穫する目的だけでなく、グリーンカーテンとして夏の省エネ対策として使われてもいます。ゴーヤはウリ科の植物なので、蔓を誘引してグリーンカーテンを作り上げる事が出来ます。栽培が簡単で、収穫を楽しみながらグリーンカーテンで涼む事も出来て人気の植物でもあります。

しかし、苦味が強く栽培しても量が多くて食べきれない、すぐに完熟してしまうのがゴーヤの難点でもあります。そんな悩みを解決してくれるのが、ゴーヤ茶です。ゴーヤ茶にすれば、苦味を抑える事も出来て日持ちもするようになります。まずは、ゴーヤ茶の効果や効能から見ていきましょう。様々な効果を知れば、今すぐゴーヤ茶を作りたくなるはずです。

体の不調を感じたらゴーヤ茶を

何だか疲れが溜まっている、食欲が出てこないと言った体の不調にゴーヤ茶が効果的です。ゴーヤ茶に含まれているモモルデシンと言う成分、主にゴーヤの苦味成分が体の不調へ効果を発揮します。モモルデシンの主な効能は、整腸作用や炎症の改善です。また、苦味によって唾液の分泌を促してくれるので、食欲を出してくれるだけでなく肝機能を強化してくれます。

また、ゴーヤ茶にはビタミンCなどのミネラルが豊富に含まれています。ビタミンCの主な効能は、免疫力の向上です。夏バテや、夏の体のだるさと言った不調にも効果があります。また、疲れに良いとされているビタミンB1、B2も豊富に含まれているので、疲れが溜まっている時に効果的です。モモルデシンと合わせると、夏バテの症状に効果が期待出来ます。

糖尿病の予防や改善にゴーヤ茶がおすすめ!

食後の血糖値が気になる、糖尿病を持病として持っている場合にもゴーヤ茶が効果的です。ゴーヤ茶が一躍有名になったのも、この血糖値を下げてくれる効果です。ゴーヤ茶には、血糖値を下げる為に必要なインスリンの分泌を促してくれるチャランチンと言う成分が含まれています。ゴーヤ茶を飲む事で、インスリンの分泌が促されて血糖値の上昇を抑制してくれます。

また、ゴーヤ茶にはカリウムも豊富に含まれています。カリウムの主な効能は、体内の余分な水分やナトリウムの排出です。カリウムによって、体内の余分なナトリウムが排出される事によって血糖値も下げられます。血糖値が気になっている、糖尿病を持病として持っている場合には、食事と合わせてゴーヤ茶を飲む事で、血糖値の上昇を抑える事が出来るのです。

ゴーヤ茶でダイエットも

ゴーヤ茶は、健康だけでなくダイエットにも効果があります。先ほどご紹介したカリウムは、むくみ太りにも効果があります。また、ゴーヤ茶には水溶性の食物繊維も豊富に含まれています。水溶性の食物繊維の効能は、コレステロールの排出を促してくれます。ダイエットだけでなく、健康としても気になるコレステロールを排出して動脈硬化を予防する事が出来ます。

また、ゴーヤ茶にはダイエットに有効な脂肪の燃焼を助ける共役リノレン酸が豊富に含まれています。共役リノレン酸は、体内で消化される事によって共役リノール酸へと変化しますが、これが脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを促してくれるのです。脂肪を効率的に燃焼するためにも、運動に合わせてゴーヤ茶を摂取すると効果が高まるかも知れません。

美容へもゴーヤ茶でアプローチ

ゴーヤ茶にはビタミンCが豊富に含まれているとご紹介しましたが、ビタミンCは美肌に効果があるのはもちろん皆さんご存知かと思います。なので、疲れだけでなく美肌にもゴーヤ茶が効果的です。ビタミンCは、皮膚の免疫力向上にも効果があります。夏の強い日差しなどによるダメージにも、ゴーヤ茶を飲む事で体内からアプローチする事が出来ます。

また、ビタミンCを始めとするミネラルは加熱によって消失しやすくなってしまう成分でもあります。調理してゴーヤを食べる場合、ミネラルやビタミンはどんどん失われて行ってしまいます。ゴーヤ茶にして飲む事で、長時間加熱する事もなく有効的にゴーヤに含まれるミネラルやビタミンを摂取する事が出来るのです。

ゴーヤ茶を手作りしてみよう!苦味を抑えて家族みんなで健康に

健康の為にも、さらにはダイエットや美容の為にも有効な成分が含まれているゴーヤは、その成分を損なう事が少ないゴーヤ茶として摂取していきましょう。ゴーヤ茶にする事で、苦手な人が多いゴーヤ特有の苦味を抑える事も出来ます。市販品もありますが、作り方も簡単なので手作りしてみましょう。ここからは気になるゴーヤ茶の簡単な作り方について見ていきます。

ゴーヤ茶の作り方で用意する物は、ゴーヤとざるや乾燥ネットなど、フライパンです。保存する為の密封容器や、シリカゲルなどの乾燥剤も用意しておくと良いでしょう。また、天候によって十分に乾燥させる事が出来ない場合には電子レンジを使用した作り方になります。その際にはクッキングシートと平たいお皿などを準備しましょう。

簡単なゴーヤ茶の作り方

作り方は、まずゴーヤ茶にするゴーヤをよく洗って水気を拭き取ります。その後、薄くスライスしていきます。種やわたは取らないようにしましょう。厚さは1㎜程度と乾燥しやすいように、極薄切りにします。その後、乾燥ネットやざるなどに重ならないように並べ、風通しの良い日影で干して行きます。2日程度で乾燥しない場合にはレンジで乾燥させます。

乾燥したのを確認してから、フライパンで乾煎りして香ばしさを出していきます。薄茶色になれば完成です。強火で乾煎りしてしまうと焦げてしまったり、ミネラルなどが消失してしまう原因になってしまいます。弱火で様子を見ながら乾煎りするようにしましょう。作り方は以上です。後は、通常のお茶のようにお湯で煮だして飲む事が出来ます。

飲みやすいゴーヤ茶の飲み方

ゴーヤ茶は、薄くスライスした作り方によって苦味は抑えられています。しかし、それでも苦味が気になる場合には飲み方を変えて飲む事で苦味を感じにくくなります。苦味を抑える飲み方は2つあり、まずは砂糖や牛乳を加えてほうじ茶ラテのようにして飲む飲み方です。また、鰹節を少量加える飲み方では、ゴーヤの苦味成分と反応して苦味を抑える事が出来ます。

また、ゴーヤ茶の飲み方でダイエットに効果的なのは1日5~6杯が目安です。しかし、妊婦さんやカリウムの摂取に注意が必要な疾患をお持ちの人は、摂取に注意が必要です。医師に飲み方を相談してから飲むようにしましょう。産後ダイエットに使いたいと言う場合でも、授乳中の人は注意が必要です。

飲み方に工夫して美味しく健康に

健康や美容、ダイエットに効果的なゴーヤ茶。作り方も簡単なので、ぜひ手作りして毎日の生活に取り入れて行きたいものです。夏にゴーヤを栽培した時や、買い過ぎて消費に悩んだ時にもそのまま食べるよりも日持ちさせる事が出来るので便利です。苦味を抑えたゴーヤ茶で、家族みんなで健康や美容、ダイエットの為にゴーヤ茶を取り入れていきましょう。

一緒に読みたいおすすめの記事

Thumbハトムギ茶の効能や美容効果が凄い!顔に塗るだけで美肌になるって本当?
Thumbほうじ茶の効果・効能まとめ!番茶とほうじ茶が何が違うのか調査しました
Thumb緑茶の飲みすぎに要注意?効果を高める1日の正しい摂取量とは?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-12-11 時点

新着一覧