オリーブ塩漬けおすすめの作り方や食べ方は?カロリーはどれくらい?

オリーブの塩漬けのおすすめの作り方&食べ方についてまとめました。カロリーがどのくらいかも把握しておけば、さまざまな食べ方でオリーブの塩漬けを楽しめるのではないでしょうか。おすすめの作り方と食べ方を取り入れて、オリーブの塩漬けをいただいてみましょう。

オリーブ塩漬けおすすめの作り方や食べ方は?カロリーはどれくらい?

目次

  1. オリーブの塩漬けの作り方や食べ方について知りたい!
  2. 塩漬けにするにはオリーブの渋抜きを行おう
  3. とても簡単なオリーブの塩漬けの作り方
  4. 美味しいオリーブの塩漬けの作り方のポイント
  5. ダイエット中に気になる!オリーブの塩漬けのカロリーは?
  6. おすすめの食べ方でオリーブの塩漬けの楽しみたい
  7. おすすめの食べ方といえばオリーブの塩漬けの炊き込みご飯
  8. サンドイッチにする食べ方もオリーブの塩漬けにぴったり
  9. 簡単に作れるオリーブパスタも取り入れてみよう
  10. いろいろ使えるタプナードをオリーブの塩漬けで作ろう
  11. おすすめの作り方や食べ方でオリーブの塩漬けを満喫しよう

オリーブの塩漬けの作り方や食べ方について知りたい!

おしゃれで美味しいオリーブの塩漬け

おしゃれで美味しい食材として人気を集めているオリーブの塩漬け。市販品も多くありますが、オリーブの塩漬けは手作りすることもできるのでオリーブの実をたくさん手に入れた場合は塩漬けにしてみてはいかがですか。塩漬けにすることによってオリーブの保存期間をのばすことができ、美味しくオリーブを食べきることができるようになります。

オリーブの塩漬けの作り方は意外と簡単。料理初心者でも気軽にチャレンジすることができるので、オリーブの美味しさを引き出すためにも塩漬けにしてみてはいかがですか。オリーブの塩漬けをたくさん作ったらカロリーも把握しておけば、カロリー計算をしながらヘルシーにいただくことができます。オリーブの塩漬けの基本情報についてチェックしておきましょう。

おすすめの食べ方でオリーブの塩漬けを楽しもう

「オリーブの塩漬けの作り方とは?」「美味しい食べ方でオリーブの塩漬けをいただきたい!」という場合におすすめのオリーブの塩漬けの作り方やおすすめの食べ方についてまとめました。オリーブの塩漬けのカロリーについてもご紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね。おしゃれなオリーブの塩漬け料理を普段の食卓に生かしていきましょう!

Thumbオリーブオイルの効能効果まとめ!使い方や摂取方法・副作用や注意点は?

塩漬けにするにはオリーブの渋抜きを行おう

オリーブは渋抜きをしないと苦い

オリーブの塩漬けを作る場合にやっておきたいのが渋抜き。オリーブの実はそのまま食べると渋みが強く、苦くて食べることができません。そのため、事前に渋抜きをやっておかないと美味しいオリーブの塩漬けにはならないの気をつけてくださいね。渋抜きは時間がかかりますが、やり方は簡単なのでオリーブの塩漬けを作るためにやっておきましょう。

重曹に10日ほど漬けて渋抜きをする

オリーブの渋抜きの方法はいろいろありますが、一般的な方法として知られているのは重曹を使った方法です。短で手に入れることができる重曹は渋抜き以外にもさまざまな活用ができるので、ぜひ取り入れてみてはいかがですか。重曹を使えば安全に渋抜きできるのも魅力です。重曹を使えば、とれたてのフレッシュなオリーブの食感を残せるのも嬉しいポイント。

保存容器に水を入れたら3%の濃度になるように重曹を混ぜましょう。そこへオリーブの実を入れます。蓋をして、1日1回重曹水を取り替えます。種を抜いてある場合は10日ほどで渋抜きの完了。種付きの場合は半月ほど渋抜きの時間がかかります。種付きだとオリーブの旨味をしっかり感じられるので、時間はかかりますが美味しいオリーブの塩漬けにするには種付きがおすすめ。

とても簡単なオリーブの塩漬けの作り方

オリーブを塩漬けにする

渋抜きが終わったら、オリーブの塩漬けを作るための保存液を作っていきましょう。最初は塩分濃度が1%になるように水に塩を入れ、そこに渋抜きをしたオリーブを加えます。1日1回、塩水を取り替える時に塩分濃度を1%ずつ上げてください。お好みでローリエやローズマリーといったハーブを一緒に入れると風味がついて本格的なオリーブの塩漬けになります。

好みの塩分濃度になったら完成

塩分濃度はお好みで良いですが、4%の塩分濃度にするのがおすすめです。塩分濃度が低いとオリーブがすぐに傷んでしまうので気をつけてくださいね。できあがったオリーブの塩漬けは冷蔵庫に入れて2ヶ月ほど保存することができます。美味しいオリーブの塩漬けを作って、いろいろな料理で活用してみてくださいね。

美味しいオリーブの塩漬けの作り方のポイント

なるべく空気に触れさせない

オリーブの塩漬けの作り方のポイントについても見ていきましょう。美味しいオリーブの塩漬けにするためには、なるべく空気に触れさせないのがコツ。空気に触れることによってオリーブが変色して見た目が悪くなってしまいます。緑色から茶色に変色してしまうので、重曹水で渋抜きをする時や塩漬けにする時は空気に触れないように気をつけてくださいね。

保存容器は煮沸消毒する

保存容器は必ず煮沸消毒をします。煮沸消毒をしていないと最近がオリーブの塩漬けの中で繁殖して劣化の原因になってしまうため注意が必要。大きめの鍋にお湯を沸かしたら保存容器を入れてしばらく煮沸消毒しましょう。あとは自然乾燥させたら煮沸消毒の完了です。このひと手間で清潔で美味しいオリーブの塩漬けを作れるので取り入れてみてくださいね。

ダイエット中に気になる!オリーブの塩漬けのカロリーは?

100gあたり145kcal

ダイエット中に気になるのがオリーブの塩漬けのカロリー。オリーブの塩漬けは美味しいのでついつい食べ過ぎてしまいがちですが、食べすぎによってカロリーオーバーになってしまう場合もあるのであらかじめカロリーを把握しておくと良いのではないでしょうか。オリーブの塩漬けのカロリーは100gあたり145kcalになります。オリーブの塩漬けを食べる時の目安にしてくださいね。

カロリーに注意すれば体に良い効果を発揮してくれる

オリーブの塩漬けには体に嬉しい効果がたくさん。オリーブ自体に栄養がたくさん含まれているため、カロリーに注意すれば健康的な体作りに役立てることができます。オリーブには不飽和脂肪酸が含まれているのが特徴。不飽和脂肪酸は脂肪の燃焼を促進するダイエット効果を期待できます。かた、悪玉コレステロールを減らしてくれるのも嬉しいポイント。

オリーブにはビタミンAが豊富に含まれているのもポイント。ビタミンAや乾燥肌予防やコラーゲンの生成をサポートする働きがあるとされています。若々しい肌質を保ちたい時に役立ちそうですね。また、アンチエイジング効果の高いビタミンEが豊富に含まれているのも特徴です。美肌のためにもオリーブの塩漬けを活用してみてはいかがですか。

Thumbオリーブオイルで便秘を改善!朝と夜の飲む時間帯や効かない原因は?

おすすめの食べ方でオリーブの塩漬けの楽しみたい

そのままだけでなく食べ方のアレンジもできる

オリーブの塩漬けはそのまま食べても十分に美味しくいただくことができます。オリーブの塩漬けと生ハム、チーズがあればワインと相性ぴったりなおつまみの盛り合わせになりますよね。一方で、簡単なアレンジを加えることでオリーブの塩漬けの食べ方の幅を広げるのもおすすめ。ちょっとしたアレンジでオリーブの塩漬けの新たな美味しさを発見できます。

オリーブの塩漬けの食べ方を工夫してみよう

オリーブの塩漬けの食べ方はバラエティ豊か。お好みに合わせてさまざまな食べ方を取り入れてみてはいかがですか。オリーブの塩漬けをたくさん作った場合は食べ方を工夫することで飽きることなくいただくことができそうですよね。普段の食卓に使うのにはもちろんのこと、ホームパーティーなどのおしゃれなシーンでも使えるオリーブの塩漬けの食べ方をチェックしましょう。

おすすめの食べ方といえばオリーブの塩漬けの炊き込みご飯

オリーブの塩漬けとオリーブオイルで炊き込むだけ

まずおすすめしたいのがオリーブの塩漬けの炊き込みご飯。オリーブの塩漬けはご飯と相性ぴったりなので美味しい炊き込みご飯になります。米を炊飯釜に入れたら水を注ぎ、オリーブの塩漬けをお好みの分量だけ入れてください。オリーブオイルをまわしかけたら全体を混ぜ合わせ、お好みでローリエなどのハーブをプラス。通常通り炊いたらお好みで黒胡椒をふりかけて完成です。

オリーブの風味をたっぷり感じられる

オリーブの塩漬けの旨味をたっぷり含んだご飯はワンランク上の味わい。いつもとは違った炊き込みご飯に仕上がります。コンソメで味をつけたり、チーズを加えるなどの洋風のアレンジもおすすめ。オリーブの塩漬けと一緒にトマトを一緒に炊き込んでも美味しいです。ぜひ美味しい炊き込みご飯にしてみてくださいね。

Thumbオリーブオイルは健康に良いの?効果や効能・選び方やカロリーもチェック!

サンドイッチにする食べ方もオリーブの塩漬けにぴったり

サンドイッチと相性ばっちり

オリーブの塩漬けのおすすめの食べ方といえばサンドイッチ。サンドイッチにはさむだけで一気に風味豊かな味わいに仕上げることができます。オリーブの塩漬けはいろいろな食材と相性が良いので、はさむものを選ばないのも嬉しいポイント。卵やツナマヨ、キャロットラペ、レタスと一緒に具沢山のオリーブの塩漬けサンドイッチにしてみてはいかがですか。

具材はお好みで

具材は他のものでもOK。スライスしたトマトにハム、レタス、マヨネーズ、オリーブの塩漬けの組み合わせでも美味しいです。いろいろな具材を組み合わせながらオリジナルのサンドイッチ作りを満喫してみてはいかがですか。朝食からランチまでいろいろなシチュエーションで食べるのにぴったりです。

簡単に作れるオリーブパスタも取り入れてみよう

オリーブの塩漬けの旨味を楽しめるパスタがおすすめ

オリーブの塩漬け入りのパスタもおすすめ。オリーブの塩漬けをいつものパスタに加えるだけで、旨味を感じられる美味しさになります。

いろいろな味付けと合う

オリーブの塩漬けはいろいろなパスタソースと相性ぴったり。オイル系のソースやトマトソースなどお好みのソースを使ってみましょう。

オリーブの塩漬けを細かく刻むのもおすすめ。細かく刻むことでパスタに馴染みやすくなります。オリーブの塩漬けの塩気で美味しいパスタのできあがり。

いろいろ使えるタプナードをオリーブの塩漬けで作ろう

簡単に使えて便利なタプナード

オリーブの塩漬けはタプナードを作るのにもぴったり。オリーブの塩漬け、ケッパー、アンチョビ、白ワインビネガー、オリーブオイル、塩胡椒をフードプロセッサーで攪拌したらできあがりです。

サラダやカルパッチョなどいろいろ使ってみよう

クラッカーやバゲットにのせる他に、カルパッチョやサラダの味付けに使うなど活用方法はたくさん。ぜひ美味しいタプナードを使ってみてくださいね。

Thumbオリーブオイルのカロリーや糖質は?高カロリーなのにダイエット最適?

おすすめの作り方や食べ方でオリーブの塩漬けを満喫しよう

渋抜きをきちんと行っておけば、オリーブの塩漬けは簡単に作ることができます。味わい豊かなオリーブの塩漬けをお好みの食べ方でいただいてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-06-21 時点

新着一覧