わさびの効能・栄養まとめ!健康や美容への効果やおすすめの食べ方を紹介

料理の味に物足りなさを感じた時、ちょっとわさびを入れると味がぴりりと引き締まって食欲も進む!味付けに刺激を加えたり、奥深さを出すのに便利なわさびは、栄養価が高く健康や美容への効能も実はすごい。そんなわさびの効能や、おすすめの食べ方を紹介!

わさびの効能・栄養まとめ!健康や美容への効果やおすすめの食べ方を紹介

目次

  1. わさびってどんな食材?
  2. 本わさびと生わさびの違いって?
  3. 女性に嬉しい美容の効能が高いわさび
  4. わさびの効能で効率よくダイエット
  5. わさびでむくみ改善の効能が期待できる
  6. 抗菌の効能を利用して安全な食事を
  7. 病気の予防も期待できるわさびの効能
  8. 栄養豊富なわさびはすりおろして取り入れる
  9. アボカドとわさびで効能2倍レシピ
  10. パスタとわさびは相性抜群!
  11. お肉にこそわさびが最適なパートナー
  12. 調味料もわさびを加えて風味アップ
  13. 意外な組み合わせ?わさびスイーツ
  14. 茎も葉も美味しい!葉わさびのレシピでもっとわさびを
  15. わさびの食べすぎには要注意
  16. まとめ:わさびの栄養と効能を自分のものに

わさびってどんな食材?

そもそもわさびってどんな植物でしょうか?わさびというと、なんとなく川の中から顔を出しているイメージがあるかもしれませんが、渓流で育てる沢わさびと、湿気が多く涼しい土地で育てられる畑わさびの2種類があります。どちらにしても、澄んだ綺麗な水が大量に必要なため、全国どこでもできるわけではない、貴重な植物です。

収穫したわさびは、根本部分の茎や根をすりおろして使いますが、茎の上部や蕾も食べる事ができ、葉わさびのしょうゆ漬けなどに加工されます。ご飯のお供に最適な、食の進む漬物になるのでおすすめです。わさびは根っこから花まで、すべて使える便利な食べ物です。

わさびは栄養と健康の効能がすごい食べ物

わさびの食べ方は、主に刺身や肉料理に添えられて出てくるので、単なる調味料という扱いが多いかもしれませんが、実はとても栄養価が高い植物です。美容に効果がある抗酸化作用が強かったり、デトックスやダイエット効果もあります。女性にとって嬉しい効能がたくさんあるので、日々の生活に少しずつ取り入れてみましょう。

本わさびと生わさびの違いって?

チューブ入りのわさびを買う時に、「本わさび」と書いているパッケージと、「生わさび」と書かれているパッケージがあることを、不思議に思ったことがあるかもしれません。簡単に言うと、「本わさび」は日本産のわさびを使用していて、「生わさび」と書かれているのは、外国産の西洋わさびを使用しているのです。

加工品の効能はどれくらい期待できる?

正直言って、生のわさびをすりおろすのに対して、どうしても加工品は栄養や効能が落ちます。美容効果があるわさびの成分は、国産わさびにしか含まれていないので、「本わさび」の表記があることを確認しましょう。さらにチューブ入りには添加物が入っている事が多いので、いずれにしても、本気でわさびの効能を取り入れたい時は、チューブではあまり効果が無いという事を、覚えておきましょう。

女性に嬉しい美容の効能が高いわさび

一時期、ワインに含まれているポリフェノールが若さを保つということで、女性の間で人気になりましたが、実は国産のわさびには、このポリフェノールよりも、抗酸化作用が強い成分が含まれていることがわかっています。その成分は「スルフィニル」というのですが、これが若さを保ってくれる効能を持っています。

スルフィニルの効能で美肌・美白を目指そう

抗酸化作用が高いということは、肌の老化を防いでくれる効果があります。シミやシワが増えるのを予防してくれます。また、ビタミンCの栄養分も含んでいるので、美白効果もあります。まさに美容のための食材と言えますね。

大事なポイントとして、スルフィニルは国産のわさびにしか含まれていません。わさびを買う時は、国産わさびの証明になる「本わさび」が書かれていることをよく確認してから買うことをおすすめします。

わさびの効能で効率よくダイエット

わさびの効能には、ダイエット効果もあります。わさびは消化を促してくれる働きがあるので、食べ物を消化する時に脂肪になりにくいのです。ダイエットといいながら、食べて体の中でエネルギーに変え、脂肪として蓄えずに痩せられる、とても効率の良いダイエット効果が期待できて、おすすめです。

女性の敵の便秘を解消する効能も

消化を促してくれるということは、女性にとって美容の大敵でもある便秘にも、解消の効果があるという事です。便秘解消は体の健康にもつながります。毎日ちょっとずつわさびを食べて、スッキリした毎日を過ごしましょう。

わさびでむくみ改善の効能が期待できる

わさびには、体内にたまった老廃物を輩出する効果があります。余分な水分も外に出してくれるので、むくみが気になる人にとっては、改善の効能が期待できます。老廃物や余分な水分を輩出することで、内臓の動きを良くし、冷え性も改善できる可能性があります。

デトックス効果で毒素を排出する効能も!

わさびのデトックス効果を利用して、日々の食事などで体内にたまりがちな毒素を、体の外に追い出す効能も期待できます。わさびを食べて、体の中から健康になっていきましょう。

抗菌の効能を利用して安全な食事を

お寿司屋お刺身を食べる時に、ちょこんと一緒についてくるわさび。食べ方としては、味のアクセントとして食べるというイメージが強いかもしれませんが、わさびには食中毒から体を守る、抗菌の効能があるんです。

特に食中毒の増える夏場に生魚を食べる時には、一緒にわさびも付けることをおすすめします。冷蔵庫の無い江戸時代から、人々はお寿司やお刺身にわさびを添えてきました。これも先人の食べ方の知恵と言えるでしょう。

病気の予防も期待できるわさびの効能

わさびは、ダイエットやデトックスなどの他にも、なんと大きな病気も予防できる効能があります。わさびの栄養を正しく体に取り込んで、年を重ねるほどにリスクが高まる病気の数々を予防して、健康的な生活を送りましょう。

がん予防の効能が期待できる

わさびには、グルコシノレートという物質が含まれており、これには解毒作用の効果があります。発がん性物質を体外に追い出すことができます。また、ピロリ菌の増殖も抑えるので、胃がんの予防にも最適です。がんは、日本人の死亡原因の大きな要因になっているので、わさびを食べて長生きしましょう。

血流を良くする効能で脳梗塞・心筋梗塞予防

わさびには血流を良くして、血栓ができるのを防ぐ効能があるので、脳梗塞や心筋梗塞の予防にもおすすめです。血液を綺麗にすることは、いろんな病気の原因を予防できます。

まだまだある!わさびの効能がすごい

上に挙げた他にも、いろんな病気やアレルギーの予防に役立ちます。例えば、骨量を増やして骨を丈夫にしたり、糖尿病の予防にも一役買っています。また、日本人の多くが苦しんでいる花粉症も予防できるので、これからの研究に期待できるかもしれませんね。

その他、病気ではありませんが、わさびの辛味成分には覚醒作用があるので、眠気覚ましにもぴったり。試験勉強に疲れた時に、わさびの入った夜食を食べることをおすすめします。脳細胞を活性化させる働きもあるので、一石二鳥と言えます。本当にわさびには、さまざまな効能がありますね。

栄養豊富なわさびはすりおろして取り入れる

体に良い効能がたくさん含まれるわさびの栄養は、細胞内に含まれているため、わさびは細かくすりおろして細胞を壊してやる必要があります。そのため、おろし器はとても重要な調理器具になるので、良い物を選ぶことをおすすめします。

わさびのおろし器は、できるだけ目の細かい物がおすすめです。おろす時は、丸く円を描くように滑らせると上手くすりおろせます。わさびの栄養分は、すりおろすとすぐに揮発していきますので、できるだけ早く食べるようにしましょう。

アボカドとわさびで効能2倍レシピ

女性に大人気のアボカドは、とても栄養価の高い果物です。特にアンチエイジングや美肌効果があり、同じような効能があるわさびと一緒に食べるのがおすすめ。特に決まった食べ方はありませんが、シンプルに、アボカドを半分に割ってわさび醤油で食べると美味です。

アボカドはチーズやお肉とも相性が良いので、立派なおかずの一品になります。ドレッシングはわさび醤油でピリ辛にすると、食欲も進みますね。

パスタとわさびは相性抜群!

和風から洋風まで、どんな味付けの食べ方でも美味しく食べられるパスタは、もちろんわさびを和えても美味しくなります。塩昆布とバターに、パスタのゆで汁を加えて、わさびを適量混ぜましょう。ぴりっと引き締まった和風パスタの出来上がりです。お好みで具を足しても。

お寿司や刺身にかかせないわさびだから、当然海鮮パスタとの相性もバツグンです。サーモンといくらを和えたパスタに、わさびの隠し味が効いています。わさびとパスタなんて意外!と思うかもしれませんが、ぜひ試してみてください。くせになってしまうかも?

わさびとパスタの組み合わせは、和風以外の食べ方でもOKです。濃厚なクリームソースだけだと、ちょっと味が単調に感じる時は、わさび入りでぴりっと引き締めてみましょう。食欲も増進してくれて、ペロッと食べられることでしょう。

お肉にこそわさびが最適なパートナー

普通わさびと聞くと、刺身やお寿司など魚系の料理に添えるのが一般的なイメージですが、実は、お肉にこそわさびは必要不可欠なんです。わさびには消化促進の作用があるので、消化しにくいお肉にわさびを乗せて食べることで、体の負担を軽減してくれます。また、わさびは抗菌効果もあるので、生に近いお肉を食べる時などに安心です。

あまり食べすぎるると脂っこいカツには、口の中をさっぱりとしてくれるわさびが助かります。たっぷりと乗せて食べましょう。消化吸収も助けてくれるので、油の衣も怖くないですね。

お手軽な鶏肉とわさびの組み合わせ

鶏肉と一緒に、わさびと相性の良いアボカドを炒めて、上からわさび醤油をかけたレシピ。すべてが相性の良い組み合わせばっかりなので、食も進み過ぎて困っちゃうかも?

手軽なお値段で買える鶏肉は、お弁当のおかずにすることも多いと思います。そんな時も、わさび醤油で味付けすれば、いつもとちょっと違うお弁当に早変わり。また、わさびには抗菌効果があるので、具材が傷みやすい夏場のお弁当に入れると安心です。

調味料もわさびを加えて風味アップ

わさびは、すりおろしてそのままお肉や刺身に乗せて食べると美味しいですが、隠し味としての食べ方でも、良い働きをしてくれます。野菜に付けて食べるディップやタレにわさびを混ぜるだけで、いつもとは違う味を楽しめます。味に変化を付けることで、毎日の食事に飽きのこない楽しみを与えてくれます。

濃厚なわさびマヨネーズで味に深みを

マヨネーズは、その濃厚な味にしては、意外に何でも合う便利な調味料です。ポテトサラダや茹でた野菜などに付けて食べるのがポピュラーですが、わさびを入れるといつもの味に変化が出せます。子どもに人気のイメージがあるマヨネーズですが、わさび入りで大人の味付けにしてみましょう。

ぴりっとわさびドレッシングでサラダに一工夫

サラダにかけるドレッシング。でも、いつも同じようなドレッシングばかりになってしまって、味が単調だと感じた時は、わさびを入れると味が変わっておすすめです。一から作る、自家製のドレッシングも良いですが、市販の胡麻ドレッシングや和風ドレッシングに、わさびを混ぜるだけでもOKです。

わさびポン酢でさっぱりと

日本人が大好きなポン酢。鍋の他にも、蒸し料理や炒め料理などなど、なんにでもポン酢を合わせる人も多いですよね。そんなポン酢にも、わさびを溶かして刺激的なわさびポン酢に。蒸した豚肉にかけると、さらに美味しくなります。

意外な組み合わせ?わさびスイーツ

最近よく目にする、わさび入りのスイーツ達。甘いものと辛いものという、まったく逆の味を組み合わせた意外な食べ方ですが、これがクセになる人が続出になっています。わさびで有名な観光地に行くと、わさびをソフトクリームに練り込んだわさびソフトクリームなども売られています。話のネタにぜひ食べてみましょう。

スナック菓子でもわさび味をよく目にするようになってきました。特に、外国人の観光客にもウケているそうで、わさびが特産の各地方でも、わさびを使ったお菓子のお土産品がたくさん販売されています。あなたももし、外国に行く事があったら、お土産にいかがでしょうか。

茎も葉も美味しい!葉わさびのレシピでもっとわさびを

みなさんは葉わさびって聞いたことがありますか?わさびは、根っこの部分をすりおろしますが、じつは茎や葉の部分も食べることができます。茎や葉にも、わさびの辛味や風味がちゃんとあるので、野菜としてわさびを楽しむ事ができます。

ポピュラーな食べ方としては、葉わさびを醤油漬けにして、ご飯のお供にしたり、さっと湯がいたあと塩でもんで、おひたしにするのもおすすめです。スーパーでも売っていることはありますが、あまり見かけないかもしれないので、もし売っていたらぜひ試してみて下さい。

わさび菜もわさびなの?

葉わさびの他に、わさび菜という名前も聞いたことがあるかもしれません。名前は似ていますが、実は別物です。わさび菜はわさびではなく、アブラナ科の植物で、葉っぱが葉わさびに比べてギザギザしているのが特徴です。

わさびの食べすぎには要注意

いくらわさびが栄養たっぷりで効能が多いと言っても、食べすぎは逆効果です。特にわさびは刺激物なので、食べすぎると味覚障害を起こす危険性があります。また、体調の悪い時や刺激物に弱い体質の人も、腹痛や下痢などの症状が現れる事があるので、食べ方には注意してください。適量は、一日に3~5g(ティースプーン1杯)くらいがおすすめです。

まとめ:わさびの栄養と効能を自分のものに

単なる添え物という扱いのわさびには、とっても多くの栄養分や効能があるのがわかりました。生のわさびをワザワザすりおろすのは、ちょっと手間がかかるかもしれませんが、やっぱり最も効率よくわさびの効能を取り入れるためには、まめにすりおろすのが一番。慣れてきたら、自然な作業になるでしょう。

辛いのが苦手な人も、料理の隠し味に使うことで、少しずつわさびを取り入れてみましょう。ダイエットからデトックス、がん予防まで幅広い効能を持つわさびは、食べないともったいない。美味しく賢くわさびを食べて、健康的な毎日を送ってください。

わさびを活用したレシピをもっと知りたい人はこちら

Thumbわさびの活用レシピまとめ!生・チューブの簡単美味しい作り方を紹介

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-04-01 時点

新着一覧