そうめんの具材でおすすめは?定番からアレンジまで人気レシピまとめ!

夏といえばそうめんが大活躍する季節です。毎日食べると飽きてしまうそうめんですが具材をアレンジするだけで、旨味たっぷりのそうめんに変身します。今回は、定番の具材や人気の具材を使ったそうめんアレンジレシピをご紹介します!暑い夏は美味しいそうめんを食べましょう!

そうめんの具材でおすすめは?定番からアレンジまで人気レシピまとめ!

目次

  1. 夏といえばそうめん!
  2. そうめんは夏バテ中も大活躍!
  3. 定番具材が人気!定番そうめんレシピを紹介
  4. 夏野菜がたっぷり「トマト&ツナそうめん」
  5. すっぱ美味しい「山芋梅そうめん」
  6. 冷やしてあっさり「冷やしぶっかけそうめん」
  7. 夏でもがっつり!人気のそうめんアレンジレシピを紹介
  8. ボリュームたっぷり「肉味噌そうめん」
  9. 野菜と肉が合わさった「なす&鶏ひき肉そうめん」
  10. 男性人気が高い「豚バラそうめん」
  11. 多国籍具材が人気のそうめんアレンジレシピを紹介
  12. 洋風アレンジには「ツナ&アボカドそうめん」
  13. ナンプラー香る「フォー風そうめん」
  14. 簡単時短で手間いらず「坦々麺風そうめん」
  15. 夏の定番そうめんをアレンジレシピで美味しく食べよう

夏といえばそうめん!

夏は食欲がなくなりやすく、あっさりとした味の喉越しのいいそうめんが定番となります。そうめんは体の内側から冷やしてくれる効果もありますが、薬味や具材をアレンジすることで栄養バランスの整ったそうめんレシピとなります。今回は、いつものそうめんに飽きてしまったときのアレンジレシピをご紹介します。

そうめんの定番具材は?

そうめんの定番具材といえばネギや生姜、ミョウガや大葉といった薬味が挙げられます。しかし、定番の具材の他にもそうめんは合わせ方がたくさんあります。きゅうりや錦糸卵のように鮮やかな色合いの具材から、ボリュームアップにもなるひき肉やオクラやツナ缶などアレンジ次第で様々な人気そうめんレシピを作ることができます。

そうめんは夏バテ中も大活躍!

そうめんは炭水化物が多く、主食の代わりとして食べられることが多いものです。食欲がなくなりご飯を食べることができなくなったときにも、そうめんであれば気軽に炭水化物を摂取することができるのでエネルギーを蓄えることができます。食欲がなくなりやすい夏は、そうめんがとても役立ちます。

そうめんにはタンパク質も含まれている

そうめんには炭水化物しか含まれていないと考える方も多いようですが、実は炭水化物の他にもタンパク質が含まれています。タンパク質が体の中から不足してしまうとめまいを引き起こしたり体全体の倦怠感を引き起こしてしまいます。炭水化物とタンパク質の摂取によって丈夫な体を作ることができます。

そうめんの食物繊維でお腹の中からスッキリ

あまり知られていませんが、そうめんには食物繊維も含まれています。食物繊維は腸内環境を整えてくれる作用があるので体の中からスッキリとすることができますね。また、糖や脂質の吸収を遅らせる働きもあるので生活習慣病の予防や改善にも効果があると言われています。

定番具材が人気!定番そうめんレシピを紹介

そうめんのアレンジは簡単に行うことができるので、余っている食材を入れることですぐにアレンジそうめんを作ることができます。その中でも人気の高いアレンジそうめんは、簡単な材料だけで作ることができるそうめんレシピです。手間がかからないそうめんレシピは嬉しいですね。

毎日使っている食材をそうめんに用いて、定番のそうめんレシピを作ってみましょう。切って混ぜるだけで出来上がるそうめんレシピは人気も高く、忙しいときにこそおすすめです。不足しがちな野菜などを具材としてトッピングすることで、栄養バランスのいいそうめんレシピを作ることができますよ。

夏野菜がたっぷり「トマト&ツナそうめん」

夏に食べることの多いそうめんは、やはり夏の野菜と相性抜群です。みずみずしいトマトとそうめんを混ぜ合わせたそうめんレシピは、食欲がないときでも気軽の食べることができます。ツルツルとした喉越しを残し、トマトの栄養をたっぷりと摂取できるおすすめのそうめんレシピです。

1.おすすめ定番具材レシピ「トマト&ツナそうめん」の作り方

トマト1個は皮をむいて食べやすい大きさまたは一口大に切ります。ボウルにトマトを入れてツナ缶とごま油小さじ1を加えて混ぜ合わせましょう。ツナ缶は、油を切らずにそのままボウルに加えてください。ツナ缶の油が気になるのであれば、切ってしまっても構いません。

たっぷりの水でそうめんを茹でてザルに取り上げ冷水でしっかりと締めたらボウルに加えましょう。全体が混ざるようにそこからざっくりと混ぜ、めんつゆ適量を加えて味が馴染むように混ぜます。全体に味が馴染んだら、器に盛り付けましょう。千切りにした大葉を上から散らせば出来上がりです。

すっぱ美味しい「山芋梅そうめん」

食欲がないときや夏バテをしているときは、梅干しのように酸味のある食材がおすすめです。栄養満点の山芋と梅の組み合わせは、夏バテで弱っている体に染み渡ります。栄養が足りていないときには、野菜などで栄養をプラスしながら美味しく健康的にそうめんを食べたいですね。

2.おすすめ定番具材レシピ「山芋梅そうめん」の作り方

そうめんはたっぷりのお湯で茹でてザルにあげ、冷水で締めてから水に浸しておきます。山芋10センチ程度をよく洗って皮を剥き、食べやすい長さに切りましょう。細めに切ることで食べやすくなり、厚めに切ることでシャキシャキとした山芋の食感を味わうことができます。

水気を切ったそうめんを器に盛り付け、めんつゆ2カップほどを注ぎます。切った山芋と梅干し2個をバランスよく乗せて、山葵と刻み海苔を乗せれば出来上がりです。山芋は、切った厚みによって食感が大きく変わります。太めに切ることで山芋の食感をたっぷりと味わうことができますよ。

冷やしてあっさり「冷やしぶっかけそうめん」

暑い夏の日は、冷えた食事でゆっくりと熱を下げたいものです。しっかりと冷やした汁をそうめんにかけて食べる冷やしそうめんぶっかけは、簡単に作ることができるおすすめのレシピです。鶏ガラスープの出汁がふわっと香る冷やしぶっかけそうめんは、塩味でさっぱりといただきましょう!

3.おすすめ定番具材レシピ「冷やしぶっかけそうめん」の作り方

ボウルに鶏ガラスープの素大さじ1/2・ゴマ油大さじ1・塩小さじ1/2・にんにくチューブ少々・熱湯200ccから250ccを混ぜ合わせて冷蔵庫に入れて冷やしておきます。このときしっかりと冷やしておくことで、キンキンに冷えた冷たいそうめんに仕上がりますよ。

たっぷりのお湯でそうめんを茹でたら、冷水にあげて締めておきましょう。水気を切って深めの器に盛り付けたら、上から冷えた汁をたっぷりとまわしかけて出来上がりです。あっさりとした塩味になっているのでいろいろな具材を組み合わせてぶっかけそうめんを味わうことができます。

夏でもがっつり!人気のそうめんアレンジレシピを紹介

夏でもがっつりと食べたいときには、お肉を用いたアレンジレシピがおすすめです。そうめんはひき肉と相性が良く、麺とも絡みやすいので食欲がないときでも食べることができますよ。しっかりと味が染み込んだそうめんは、夏バテ解消にも活躍してくれることでしょう。

そうめんだけだとお腹いっぱいにならない男性にも人気があるお肉を用いたそうめんレシピは、いつものそうめんに飽きたときにおすすめです。お肉とそうめんをがっつりと食べることができるので、しっかり食べたときにもおすすめのレシピです。簡単に作れてスタミナのあるそうめんレシピは人気があります。

ボリュームたっぷり「肉味噌そうめん」

そうめんはボリュームに欠けてしまうので毎日は作れない、そんなときにはお肉をプラスしてボリュームたっぷりのそうめんレシピにアレンジしませんか?食欲をそそる肉味噌を、さっぱりとしたそうめんにかけることでひき肉がよく絡み味の染み込んだお腹を満たしてくれるそうめんレシピに仕上がります。

1.人気のアレンジ具材レシピ「肉味噌そうめん」の作り方

にんにく1片はみじん切りにし、長ネギ1/2本もみじん切りにしておきます。フライパンに油を引いて熱し、みじん切りにしたにんにくを加えて炒めます。にんにくの香りが出たら、合挽き肉60グラムを加えて炒めましょう。肉の色が変わり始めたら、みじん切りにした長ネギを加えます。

中火で長ネギを炒め、しんなりとしたら味噌大さじ1・豆板醤小さじ1/2・酒大さじ2・みりん大さじ1を加えて水気がなくなるまで弱火でじっくりと煮詰めます。そうめんを茹でて器に盛り付けたら、千切りにしたきゅうりを乗せて上から肉味噌を乗せましょう。ボリューム満点のそうめんレシピです。

野菜と肉が合わさった「なす&鶏ひき肉そうめん」

ヘルシーに仕上げるのであれば、鶏ひき肉を使ったそうめんレシピがおすすめです。麻婆茄子のように、ひき肉と茄子を炒め合わせてそうめんの上にたっぷりとかければ美味しいそうめんレシピに仕上がります。しっかり濃い味がそうめんに絡んで、何度も作りたくなる定番レシピになりますよ。

2.人気のアレンジ具材レシピ「なす&鶏ひき肉そうめん」の作り方

そうめんをたっぷりのお湯で茹でてザルにあげ、冷水に取り上げましょう。なす1本はいちょう切りにして水に浸してアク抜きを行います。インゲンとにんじんは斜め切りにしましょう。フライパンにごま油をひいて熱し、香りがたったら鶏ひき肉100グラムを加えて色が変わるまで炒めます。

鶏ひき肉の色が変わったらなす・インゲン・にんじんを加えて炒めます。全体がしんなりと炒まったら砂糖小さじ2・醤油大さじ2・酒大さじ2・みりん 大さじ2を加えて軽く混ぜ合わせます。器に水気を切ったそうめんを盛り付けて、味を絡めたひき肉を加えめんつゆをまわしかけたら出来上がりです。

男性人気が高い「豚バラそうめん」

ひき肉だけではボリュームが足りないときには豚バラのトッピングはいかがですか?じっくりと焼き上げた豚バラは、脂がのって食欲をそそる具材になります。こってり味で食べても美味しい豚バラですが、暑い夏の日のそうめんレシピであればピリッと辛い味付けにすることで食欲を増進させることができます。

3.人気のアレンジ具材レシピ「豚バラそうめん」の作り方

そうめんをたっぷりのお湯で茹でてザルにあげたら、冷水にとって水切りして小分けにします。調理が終わるまで、冷蔵庫に入れて冷やしておきましょう。鍋に豚バラ150グラムを加えて油をひかずに炒めます。豚バラの色が変わって炒まったら、めんつゆ150cc・水150ccを加えて一煮立ちさせます。

出来上がったつゆを器に注いで卵やすりごま、小口切りにしたネギやラー油などをトッピングして出来上がりまです。濃いめに作ることでそうめんにしっかりと豚バラの旨味が染み込みます。温かいつゆを作ることで、冷たいそうめんをもっと美味しく食べることができるおすすめのレシピです。

多国籍具材が人気のそうめんアレンジレシピを紹介

そうめんは和風アレンジが多いので、洋風の食材とはあまり合わせられることがありません。しかし、そうめん自体は淡白な味となっているので味付け次第では様々なレシピに取り入れることができます。和洋中にアレンジできる人気のそうめんレシピをご紹介します。

そうめんは、クリーミーな味付けを行うことでまるでパスタのような食感を味わうことができます。ピリ辛の梅雨に浸すと中華料理のジャージャー麺や坦々麺、フォーのように仕上がります。味付けや具材をアレンジすることで、いつものそうめんをたっぷりと味わうことができますよ。

洋風アレンジには「ツナ&アボカドそうめん」

あっさりと食べることが多いそうめんですが、アボカドを混ぜ合わせてクリーミーに仕上げることでパスタのような食感のそうめんレシピに仕上がります。ツルツルとした喉越しを残したまま洋風アレンジを行なったそうめんは、今までにない食感を味わうことができますよ。見た目もおしゃれなそうめんレシピです。

1.多国籍具材アレンジレシピ「ツナ&アボカドそうめん」の作り方

たっぷりのお湯でそうめんを茹でて冷水で締めておきます。クリームチーズ1個は冷蔵庫から取り出して常温にしておきましょう。ツナ缶は、油を切ってほぐしておきます。アボカドは皮と種を取りのぞいて、小さくみじん切りにしておきましょう。

ボウルにアボカド・ほぐしたツナ・豆乳大さじ2・レモン汁大さじ1/2・塩こしょう少々を加えて混ぜ合わせます。アボカドが潰れるようにしっかりと混ぜましょう。水を切ったそうめんを加えて、しっかりとソースに絡めればクリームパスタのようなツナ&アボカドそうめんの出来上がりです。

ナンプラー香る「フォー風そうめん」

そうめんとよく似た世界の食べ物としてあげられるのがフォーです。そうめんもフォーのようにあっさりとした味わいと喉越しになっているので食欲がないときでも食べることができますね。暑い場所で生まれたフォーのように、ナンプラーをプラスすることで異国を感じるそうめんレシピに仕上がります。

2.多国籍具材アレンジレシピ「フォー風そうめん」の作り方

鍋に水2リットル・手羽先6個・にんにく1片・生姜1片・ネギの青い部分1個を加えて強火で加熱します。沸騰する直前になったら弱火にして、アクが出て来るのでアクをきちんと少ないながら30分ほど時間をかけてじっくりと煮込みましょう。

煮込んだら、鍋の中の具材を取り出してナンプラー 大さじ2・塩小さじ2・砂糖小さじ1・こしょう適量・酒少々で味をととのえます。ナンプラーは多すぎると香りが強くなりすぎるので注意しましょう。器にそうめん・手羽先を盛り付けスープを注いでレモンを添えれば出来上がりです。パクチーを入れても美味しいですよ。

簡単時短で手間いらず「坦々麺風そうめん」

人気の坦々麺もそうめんを使って簡単に作ることができます。アレンジがしやすいそうめんは、具材やトッピング次第で様々なレシピを作ることができますね。忙しいときのランチとして、すぐに済ませたいときの食事にもおすすめのそうめんレシピです。スタミナをつけることもできる嬉しいレシピですね。

3.多国籍具材アレンジレシピの「坦々麺風そうめん」作り方

オクラは塩もみして軽く茹で、5ミリ程度の輪切りにします。レタスは一口大にちぎり、きゅうり・ハムを千切りにします。カイワレは4センチに切って水に浸けておきましょう。ボウルに鶏ガラスープの素大さじ1/2・コチュジャン大さじ2・豆板醤小さじ1/3・砂糖小さじ1・黒すりごま大さじ3を加えて混ぜます。

全体が混ざったら水200ミリリットル・レモン汁大さじ1を加えて冷蔵庫で冷やしましょう。そうめんを茹でたら冷水にとり、ボウルに加えてしっかりと混ぜ合わせます。味が馴染んだら器に取り出し、レタスやきゅうり、ハムやカイワレをトッピングして出来上がりです。

夏の定番そうめんをアレンジレシピで美味しく食べよう

そうめんは冷水でしっかりと冷やした後、めんつゆなどにつける食べ方が一般的ですが具材をアレンジすることで夏バテを解消するそうめんレシピを作ることができます。いつものそうめんに定番の具材やアレンジ具材をトッピングして夏バテを解消するそうめんレシピを作りましょう!

あわせて読みたいそうめんについての記事はこちら

Thumbそうめんとなすでつくる郷土料理!なすそうめんが美味しすぎる 
Thumbそうめん流しと流しそうめんの違いは?麺が噴水のように出て来るって本当?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-09-22 時点

新着一覧