子供が習い事をするメリット5選!おすすめの習い事や嫌がるときの対処法は?

みなさんは子供の習い事は週にどれくらい、どんな種類の習い事をしていますか?習い事の数などに個人差はありますが、今回は子供の習い事について徹底調査します。また、おすすめの習い事から子供が習う上でのメリットもご紹介!習い事をする際の参考にしてみてください。

子供が習い事をするメリット5選!おすすめの習い事や嫌がるときの対処法は?

目次

  1. 子供の習い事
  2. いつから習い事をはじめればいいの?
  3. 子供の習い事は週にどのくらい?習い事の数は?
  4. 習い事をすると子供にどんなメリットがある?
  5. 第1選:目上の人や社会に対する「礼儀」が身につく
  6. 第2選:問題になっている子供の「運動不足」の解消につながる
  7. 第3選子供が習い事をする事で色々な世界を知ることができる
  8. 第4選:続ける力や達成感などを習い事で得られる
  9. 第5選:子供の習い事でその子の能力が分かる
  10. どうすればいい?子供の習い事を始める方法
  11. メリットもあるけれど子供の習い事にはデメリットも!
  12. 子供が習い事を嫌ががるときの対処法
  13. 知っておきたい!習い事の種類
  14. おすすめの子供の習い事!【男の子編】
  15. おすすめの子供の習い事【女の子の編】
  16. 子供の意思を尊重してその子に合った習い事を!

子供の習い事

子供の習い事については悩むママも多いです。いつから習い事をはじめればいいのか?どんな種類の習い事をすればいいのか?など悩みは尽きませんそんな子供の習い事について徹底調査します。習い事をする上での子供のメリットなどもご紹介。子供の習い事について悩んでいるママはぜひ参考にしてみてください。

習い事は必ずしもやらなければいいけない物ではありません。1つも習っていない子供もいます。しかし習う事で見えてくる世界も大きく広がるかもしれません。そんな手助けを親がしてあげるのもいいですよね。習い事が将来のきっかけになる場合もあります。

いつから習い事をはじめればいいの?

子供が産まれて、子供の将来を考える際にこんな習い事やらせてあげたいなと旦那さんと話したりする人もいますよね。では習い事はいつからやればいいのでしょうか。。いつから始めればいいの分からずかなり早い段階からやるママも最近では増えてきています。いつからかは個人差がありますが、多くの子供がだいたい習い事は保育園に入ってからが多いです。

保育園に入ると、友達もでき、親同士の情報交換も始まります。いつからか悩む親が本当に多いですが、習い事の内容を見てみるとほとんどの所が3歳からや保育園入園してからなどの記述があります。これは子供の成長を考えた上での年齢です。子供は3歳になると自分でできる事も増えてきます。

さらに保育園に行くと親からも離れる時間ができさらに自立心も高まります。1歳や2歳だとまだママから離れられない子も多く、ママを一緒に行う習い事などに限定されてしまいます。その為、習い事は人それぞれですが、だいたい3歳ごろから始める方が多いです。いつからか悩んでいる方は子供の様子を見ながら子供のペースに合わせて始める時期を判断してください。

子供の習い事は週にどのくらい?習い事の数は?

子供の習い事は平均どれくらいなのでしょうか。だいたい、保育園から小学校低学年ぐらいまでの子供は2つぐらいが平均的になっており、もちろんこれ以上少ない子も多い子もいます。小学校高学年になってくると習っている習い事に加えて塾などの勉強の習い事が増えてきます。なので高学年になるとだいたい3つから4つになってきます。

習い事は、子供が成長する上で大事ですが、やりすぎにも注意が必要です。小さい頃から始めれば、学ぶ事に対しても吸収率も高いからたくさん習わせたい!という方もいますよね。しかし保育園や小学校低学年の子供が遊ぶ事も大事な時期なんです。

さらに土日を抜いた平日5日間すべて習い事をしている子供もいます。大人より忙しい子供も少なくはないです。少子化で兄弟や子供の数が減っており、昔に比べて1人の子供にお金をかけることができるのが背景にあります。しかし、あまりに習い事をいれてしまうと、友達とも遊ぶ時間がなくなったり、家族とのコミュニケーションもとれなくなったりします。

保育園や小学生はまだまだ私生活でも学ぶ事が多い年齢。習い事は平均的には2つがおすすめです。それに伴って週だと土日を抜いた2日ぐらいが平均的になっています。

習い事をすると子供にどんなメリットがある?

習い事は月謝といって毎月お金がかかります。なので別にやらなくても?と思うママもいますよね?そこで子供が習い事をするとどんなメリットがあるのか5つご紹介します。子供にとって習い事が自分自身を大きく成長させてくれる場でもあります。習い事をすると様々なメリットがあるのでぜひ迷っている方は参考にしてみてください。

第1選:目上の人や社会に対する「礼儀」が身につく

子供が習い事をすることで、学校では習わない「礼儀」を習う事ができます。もちろん学校でも先生に対する礼儀や友達と遊ぶ時の集団行動などを身につけることはできます。

習い事で使う道具の整理や講師の先生へ対する礼儀など、習い事ならではの礼儀や社会性を身につけることができます。子供が成長していくにつれて礼儀や社会性は必要になってくるもの。習い事を通して学べることができます。

第2選:問題になっている子供の「運動不足」の解消につながる

近年、問題になっている子供の運動不足の問題。近場に公園や遊ぶ場所がなかったり、ゲーム機の発達などでなかなか子供が思いっきり運動する機会が減っています。運動不足は将来的にも病気などになりやすかったり、肥満に繋がったりします。

何歳になっても適度な運動が求められる今、子供の頃から習い事でしっかりと運動不足を解消しておきましょう。運動不足解消におすすめの習い事は、文科系よりもスポーツ系をおすすめします。

第3選子供が習い事をする事で色々な世界を知ることができる

子供が習い事をすることで、その子自身の世界観が大きく変化します。今は学校などで限られた知り合いの中で生活をしています。将来的にはもっと世界が広がっていきますが、子供のうちに習い事をすると、年の離れたお兄ちゃんのような存在の子に出会えたり、その習い事について知る事でまた世界が広がっていきます。

子供が習い事をする事で人との付き合いが上手になり、しっかりとコミュニケーションをとれる子へと成長していきます。子供の精神面でも大きく成長できる習い事はおすすめです。

第4選:続ける力や達成感などを習い事で得られる

子供はとにかく飽きやすいです。それはどの子にもある現象なのですが、習い事をすることで続ける力やあきらめない心を身につけることができます。続けることで得られる達成感は頑張った子にしか見えない景色を見せてくれます。さらに、習っている事をほめるとその子の自信にもつながります。

人は新しい事をすると脳が活性化してドーパミンという成分が分泌されます。新しい事を身に着ける事はその子にとっても大きな成長に。習い事をする事で得られるのは技術だけではありません。成長への大きな一歩にもなります。

第5選:子供の習い事でその子の能力が分かる

小さい頃は色々な習い事をする子もいます。その中でも思いがけない才能を発掘する場合もあります。子供が習い事をする事で、その子の苦手分野や得意分野を見つけることができます。得意分野を伸ばしてあげることで子供の将来につながることもあります。習い事をすると子供の得意、不得意が分かるので、習い事がおすすめです。

どうすればいい?子供の習い事を始める方法

子供の習い事についてのメリットをご紹介しましたが、習い事をどうやって始めたらいいのでしょうか。習い事は毎月お金がかかる物なのでそう簡単に始めることはできません。そんな時はまず、体験教室に参加する事をおすすめします。特に夏や冬などに多く行われており、気軽に参加することができます。体験教室に参加することで子供のやる気や興味の度合いが分かります。

さらにおすすめなのが、春などの入学キャンペーン行っている時期に習い事を始めることです。このキャンペーンを行っている時期に入ると入会金などが安くなる場合があるのでおすすめです。

体験入学にまずは行ってみるのもいいですが、もし身近にその習い事に行ってる子がいれば色々聞いてみるのも1つの方法です。どんな方法でもいいですが、飽きやすい子供の習い事は慎重に選びたいですよね。まずはお試しをしてから入るのをおすすめします。

メリットもあるけれど子供の習い事にはデメリットも!

先程、子供の習い事についてのメリットをご紹介しました。子供が習い事をすると色々な面で成長することができますが、メリットがある反面でデメリットもあります。それはやりすぎには注意をすることです。やはりたくさん習い事をすればたくさん成長できるというわけではありません。その分子供にも負担がかかっています。

また、親の意思で習い事に入れないことです。そこはしっかりと子供の意思を尊重してください。一番いけないのは、子供が嫌がっているのに習い事に強制的にいれることです。そのような場合はやはり長続きしません。子供がやりたい習い事をまずは検討することをおすすめします。

子供が習い事を嫌ががるときの対処法

子供が習い事をしている時に、毎週決まった日の決まった時間に行きますよね?そんな時突然行きたくない、休みたいと言われたらどうしますか?子供は飽きやすいです。すぐに違う事をしようとします。それはどの子も同じです。しかし、それにいちいち付き合っていたら親も大変です。子供が嫌がる理由なんて大したことないと思ってはいけません。

嫌がる時はまず、どうして行きたくないのか?しっかりと子供から理由を聞きましょう。嫌がる理由えを聞いた上で一度落ち着いて冷静になって親と子で話し合います。その時に子供に習い事へ行くとこんなことがあるとメリットを伝えてみて下さい。嫌がる理由にもよりますが、習い事に行きたいと思ってくれる場合もあります。

やはり続ける事が成長へつながり、頑張ったその先に達成感はあります。子供が行き詰った時に背中を押すのは親の役目ですね。しっかりと嫌がる理由を聞いて対処してみましょう。一番やってはいけないのは、嫌がる理由を聞かずに無理やり習い事に連れて行くことです。

嫌がる理由を聞かないまま連れて行くことはその子のトラウマにもつながり、将来的に影響を及ぼす可能性があるので注意しましょう。嫌がる理由をしっかりと聞いて適切に対処しましょう。嫌がる理由が深刻だった場合はその日は休ませることも一つの方法です。

知っておきたい!習い事の種類

習い事といっても本当に色々な種類があります。一般的に習い事の種類は大きく分けて、文化系とスポーツ系の2種類に分けられます。習い事としてそれぞれの種類から1種類づつで習っている人が多いです。

どれを習うかは人それぞれですが、何を習おうか迷っているならそれぞれの種類を習うのがおすすめです。1種類づつ習っているとその子合う種種類の習い事が見つかるかもしれません。

おすすめの子供の習い事!【男の子編】

ここで男の子におすすめの習い事を調査します!今回はどんな習い事を習えばいいかな?と悩んでいる方にぜひおすすめしたい習い事をご紹介します。男の子は体を動かす種類の習い事をやっている人が多く、習い事人気ランキングでもスポーツ系の種類の習い事がランクインしました。またこの習い事以外にも最近ではピアノ教室やダンス教室などもおすすめの習い事です。

①体操教室

昔から根強い人気のある体操教室。小さい頃から気軽に始められて、体幹なども鍛えられて、運動不足の解消にもなるのでおすすめの習い事です。学校の授業でも体操はあるので習っておくと得意分野になる可能性も。体を動かす事が好きな子はぜひおすすめです。

②スイミングスクール

こちらも昔から根強い人気のある習い事です。水に慣れる事や意外と運動量の多い水泳も気軽に始められると人気です。水泳教室も親と一緒ならベビースイミングと言ってかなり小さい頃から習える教室もあります。

③習字教室

習字教室もおすすめの習い事です。落ち着いた雰囲気の中、集中力を高める事ができます。日本の文化に触れ合う事ができるのでおすすめです。さらに将来、字がきれいな子になります。字はその人自身を表す事もあるので非常に重要です。きれいな字を書きたいので習うという子供もいるのでぜひおすすめです。

おすすめの子供の習い事【女の子の編】

おすすめの習い事女の子編をご紹介!女の子は文化系の習い事が多いイメージです。女の子の習い事は昔と変わらずピアノなどが人気の習い事になっています。

①ピアノ教室

ピアノは昔から女の子に人気の習い事です。最近では男の子の習っている子がいるほど、人気の習い事です。ピアノは文化系の習い事でリズム感を身に着けられると人気です。さらに、個人宅でもやっているが多いので気軽に始められる習い事としておすすめです。

ピアノはいつからという意味ではあまり年齢に決まりはなく、小さい頃から始める子供もいます。また発表会などもあるので人前で何かをするという自信にもつながります。

②ダンス・バレエ教室

バレエも体作りの面から習う子多いです。また、女の子の習い事というイメージが強く、文化系の習い事の中でも人気です。ダンスは最近では学校で必須科目になりました。その影響かダンススクールに通う子供が増えてきています。楽しく体を動かして学べ、みんなで発表会や大会などに向かって頑張る力などを身につける事ができます。

③英語教室

英語に関する教室は最近習う子供が増えてきました。英語は特にいつから?と疑問に思う人もいると思いますが、小さい頃からやればやるほど英語は吸収していくと言われています。将来的に英語が話せると就職に有利だったり、世界が広がったりなど昔と比べて英語を習う子供が増えています。少しでも将来の視野や選択が広がればいいと習わせる親もいるほど。

子供の意思を尊重してその子に合った習い事を!

子供の習い事については悩みは尽きません。ですが、一番は子供の意思をしっかりと受け止めて尊重することです。子供が自分からやりたい!と言えばなるべく叶えてあげたいですよね。習い事をする事で将来に大きな影響を及ぼす子もいれば、自分自身を大きく変えることができる子供もいます。

習い事をする上で成長する部分は個人差がありますが、少なからずその子自身に影響があります。また、嫌がる子供にはどうして?としっかりと習い事を嫌がる理由を聞いてください。無理やり連れていくのはその子にとってプラスにはなりません。

また、いつから習わせればいいのか?早めにやらせた方がいいのではないかと不安になる方も最近は多いです。いつからかは習い事によっても差がありますが、基本的には自分の意思がでてきてからがおすすめです。そのころになると学ぶ意欲が出てきます。いつからか悩んでいる方は焦らず子供のペースに合わせて下さい。

習い事についてのその他の関連記事はこちらから

Thumb小学校一年生で始める習い事!タイムスケジュールで親が注意することは
Thumb3歳の習い事ランキング!男の子・女の子におすすめのものを紹介!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-22 時点

新着一覧