糖質制限ダイエットで痩せない体質って?女性に向いてない理由や原因とは?

話題の糖質制限ダイエットは、どんな人でも確実に痩せることができると言われています、それなのに、なぜか痩せない人はどうしてなのでしょう?糖質制限では女性の方が痩せないと言われています。その理由と原因を調査しました。女性ならではの特徴と解消方法を探ってみましょう!

糖質制限ダイエットで痩せない体質って?女性に向いてない理由や原因とは?

目次

  1. 糖質制限で痩せる!?なんで私は痩せないの?
  2. 糖質制限ダイエットとは
  3. ゆるい糖質制限がおすすめ
  4. 痩せない女性が増加中!?
  5. 筋肉の量が少ないとダメ!痩せない理由は筋肉にあり
  6. 女性は内臓脂肪より皮下脂肪がつきやすい
  7. 女性ホルモンに影響されて痩せない
  8. じつは糖質制限できていない?
  9. 痩せない理由はカロリーオーバー
  10. もともと標準の人は痩せない?
  11. 糖質制限で低血糖になる?
  12. 痩せない?生活習慣が問題かも
  13. 糖質制限に不向きな人は?
  14. 糖質制限では痩せない体質
  15. 自分に合った糖質制限で健康的にダイエット!

糖質制限で痩せる!?なんで私は痩せないの?

大好きなごはんやパンを我慢して、ダイエットのために頑張って糖質制限している女性はたくさんいます。多くの人に支持される糖質制限ダイエットですが、どんなに頑張っても痩せない人もいるようです。なぜ痩せないのか?その原因を徹底調査しました。やり方が間違っているのか、体質に合わないのか、糖質制限で痩せない理由を探ってみましょう。

糖質制限ダイエットとは

糖質制限とは、もとは糖尿病の患者さんの食事療法として取り入れられたものです。減量や体質改善の効果が期待できるため、糖質制限はダイエットとしても行うことができます。今では糖質制限のほかにも、炭水化物ダイエットやローカーボ・ダイエットなど似たようなダイエット方法がたくさんあります。どれも血糖値の激しい動きを抑えるための食事方法だと考えられます。

糖質制限の仕組み

糖質を摂ると、血液中のブドウ糖の値が上がります(血糖値)。するとインスリンが分泌され、筋肉や肝臓にグリコーゲンとして蓄えられます。またブドウ糖はエネルギーとなり、運動によって消費されます。しかし消費されずに余ったブドウ糖は、体内に蓄積されて中性脂肪となるのです。それが積み重なるのが太る理由です。

糖質制限をすることでインスリンの分泌を抑え、中性脂肪を溜まりにくくするのが糖質制限ダイエットの仕組みです。また、糖質制限で糖質のエネルギーがない代わりに中性脂肪を燃やしてエネルギーをつくりだすため、中性脂肪を分解し、太りにくい体に変えることもできるのです。糖質制限ダイエットは健康的に痩せることのできる、理想的なダイエットだと言えます。

Thumb糖質制限のメリットとデメリットは?きちんと知って正しいダイエット!

ゆるい糖質制限がおすすめ

ハードな糖質制限はリスクがある

糖質制限は、糖尿病の食事療法ですのでダイエットに特化したものではありません。しかしCMなどでもおなじみのライザップでは、かなり厳しい糖質制限の食事の指導を行っており、糖質の徹底した制限によりダイエットの成功率はかなり高いと言われています。

アメリカのロバート・アトキンス博士が考案したアトキンスダイエットでは、通常200gから300g炭水化物を摂取するところを20gから40gと極端に少なくし、糖の代わりに脂肪がエネルギーとして使われるようにするダイエット方法で、一時大きなブームを巻き起こしました。しかし、肝機能の低下や脳へのエネルギー不足が懸念され長期の継続はあまりに危険な方法とも言われています。

ゆるい糖質制限を続けることで効果を得る

厳しい糖質制限は確かに痩せることができるでしょう。しかし、痩せることで美しさを損なったり健康を害しては意味がありません。糖質制限にはいくつかのやり方があります。ゆるい糖質制限でも正しく行えば十分効果があります。

アメリカのリチャード・バーンスタイン医師は一日の糖質摂取量を130g以下にするようにと提唱しています。日本人の主食である白米一膳の中には約55gの糖質が含まれています。一日3食だとしても、ご飯の量を半分に減らすだけでもクリアできる数値だといえます。これなら、安全に糖質制限を続けることができます。さらに効果はカロリー制限をするダイエットと同じくらいあると言われています。

Thumb糖質の1日の必要量とは?間違った糖質制限ダイエットをしないために!

痩せない女性が増加中!?

今やダイエットの定番ともいえる糖質制限ダイエットですが、女性には効果がでない、または出にくいという声をよく聞きます。男性は糖質制限で簡単に体重が落ちていくのに、むしろ糖質制限で太ってしまう女性もいるほどです。きちんと数字として効果が見えないと、ダイエットを続けるのは困難です。イヤになって糖質制限ダイエットをやめてしまうことも考えられます。

ここからは、なぜ糖質制限ダイエットで痩せないのか、原因を探っていきます。女性ならではの理由もあるので、きちんと糖質制限を理解すればきっと、ダイエットの成功につながるでしょう。

筋肉の量が少ないとダメ!痩せない理由は筋肉にあり

糖質制限ダイエットでは、食事の制限のほかに運動は必須です。無理にきつい運動をする必要はありませんが、週に1、2回は筋トレを取り入れるといいでしょう。糖質制限だけで痩せられるという認識は間違っています。糖質制限と一緒に行う運動が大切なのです。

基礎代謝とは、生命を維持するために生理的に体が活動(内臓の機能や体温維持など)をしている時に、必要なエネルギーのことを言います。基礎代謝の中でも一番エネルギーを消費するのが筋肉です。筋肉の量が多ければ、基礎代謝量が増えて、太りにくい体になります。逆に筋肉が少ないと、基礎代謝量が少ないため、痩せにくい体になるのです。

糖質制限中でもたんぱく質は必須

女性は男性と比べて圧倒的に筋肉量が少ないと言えます。そのため消費するエネルギーが少なく、糖質制限ダイエットの効果がでにくいと考えられます。女性が痩せないと悩むのはそのためです。糖質制限を成功させるために、まずは筋肉量を増やして基礎代謝を上げることを意識しましょう。

また糖質制限ダイエット中の食事制限により糖質以外のたんぱく質まで減っている可能性があります。たんぱく質は筋肉をつくる大切な栄養素です。糖質制限ダイエットをするなら意識して摂取するようにしましょう。そのうえで運動や筋トレを加えれば、痩せやすい体質になり、糖質制限ダイエットは成功するでしょう。

女性は内臓脂肪より皮下脂肪がつきやすい

皮下脂肪が多いと糖質制限では痩せない?

同じように太っていても、女性の場合は内臓脂肪よりも皮下脂肪が多くつきやすいと言われています。洋ナシのような体型は糖質制限の効果がでにくいとも言われています。消費されるエネルギーよりもカロリーを多く摂ることで皮下脂肪がつきやすくなります。糖質制限でも痩せないのはこの皮下脂肪のためです。

また皮下脂肪は一度ついてしまうとなかなか落ちない脂肪といえます。普段から食べすぎには注意する必要があります。また、女性の方が皮下脂肪がつきやすい理由として、皮下脂肪は体を守るクッションの役割をしているからです。出産に備えて子宮や下半身につきやすくなっているのは女性にとって大切な部分だという理由からでしょう。

糖質制限をしても、最初に内臓脂肪がエネルギーとして使われるため、皮下脂肪は後回しになりなかなか落ちません。糖質制限の効果が見えにくいのでダイエットに挫折しがちですが、糖質制限を継続していけば必ず落ちていきます。基礎代謝を上げることで皮下脂肪も落ちやすくなり、痩せ体質になることができます。

女性ホルモンに影響されて痩せない

糖質制限で痩せないと悩む女性が多い理由の一つに、ホルモンバランスが関係しています。女性ホルモンのエストロゲンは、排卵を促し女性らしさを保つホルモンとしてとても大切なものです。しかし、皮下脂肪をため込むというちょっと厄介な作用があります。生理前などに急に食欲が増したりするのはこのためです。糖質制限中にはツライ症状といえるでしょう。

体が糖質を欲しがるため、食欲がでて甘いものなどを食べたくなるのですが、糖質制限中は我慢しなければなりません。それがストレスを感じさせ、さらに甘いものを食べたくなるなどの悪循環になります。女性の糖質制限ダイエットがうまくいかない原因は、ホルモンバランスの乱れによるものが大きいと言えます。

じつは糖質制限できていない?

糖質制限で、大好きなご飯やパンを我慢しているのに思うように痩せない原因は、知らないうちに糖質を摂取してしまっている可能性が考えられます。例えば、糖質制限中に欠かせない野菜。野菜に含まれる、ビタミンや食物繊維はダイエット中でも必須の栄養素です。とくにレタスやホウレンソウなどの葉野菜はおすすめで糖質制限中でも積極的に食べたいものです。

しかし、トマトやゴボウ、レンコン、ニンジンは糖質が多めで糖質制限中は控えたい野菜です。またイモ類やカボチャ、リンゴやバナナは糖質が多く、糖質制限で主食を抜いても意味がありません。このように知らないうちに糖質の多い食べ物を口にしている場合があります。まずは、どの食べ物なら糖質制限できるのか正確に知る必要があるようです。

Thumb糖質制限のレシピまとめ!ダイエット中でも満腹になる簡単人気レシピ!

痩せない理由はカロリーオーバー

痩せないのは食べすぎが原因

糖質制限だけに関わらず、ダイエットをしても痩せない理由は結局のところ、カロリーオーバーであるという事です。摂取カロリーが消費カロリーを上回れば太るのは当然だと言えます。糖質制限をしているからと、ほかのものを好きなだけ食べていれば、カロリーオーバーとなり、痩せないのも当たり前なのです。糖質制限は糖質以外の物を好きなだけ食べていいという訳ではありません。

糖質制限中はたんぱく質を多めにとる必要があります。しかし、だからといってお肉ばかり食べていたのでは、カロリーオーバーになってしまいます。また乳製品などもカロリーが高いため糖質制限中は気をつけなければなりません。食事では糖質を抜いていても、間食の量が多かったり、甘い物が習慣となったりしていれば糖質制限でも痩せない原因になります。

もともと標準の人は痩せない?

糖質制限で憧れのモデル体型を手に入れるには

もともと標準体重の人は、糖質制限をしても痩せない傾向があります。一般的にBMIが女性は(18~23)と言われていますが、その標準範囲内なら糖質制限で体重は減りにくいと言えます。それでも、スレンダーなモデルのような体型にあこがれる女性は多いものです。糖質制限で体重は減らなくても、体型は変えることができます。

太っている人ほどダイエットの効果は実感しやすいものです。標準の人は見た目には分かりずらいですが、糖質制限を続けることで、体に余分な脂肪がなくなり引き締まってきます。糖質制限で美しく痩せるためには、適度な運動を取り入れて筋肉をつけましょう。そうすれば基礎代謝も上がり、太りにくい引き締まったボディが手に入るでしょう。

Thumb糖質制限ダイエットの方法や効果・期間、食べていいものまとめ!

糖質制限で低血糖になる?

糖質制限を行うと低血糖になるとよく言われますが、正しい糖質制限を行っていればそんな心配もありません。低血糖になると空腹感やあくび、眠気や集中力の低下、だるさなどの症状がでます。食後にこのような症状があらわれる理由は、急激な血糖値の変化によるものです。糖質制限はこの血糖値の急激な変化を抑えるのに効果的です。

健康体の人が極端な糖質制限をしてダイエットを繰り返すと、インスリンをうまくコントロールできなくなる可能性があります。糖質制限でダイエットの目標を達成して通常の食事に戻した時に、急激にインスリンが分泌されて、リバウンドする可能性もあります。インスリンは別名「太らせホルモン」とも呼ばれています。きちんとコントロールすることが糖質制限ダイエットには必要になります。

痩せない?生活習慣が問題かも

糖質制限でなかなか痩せない人の中には、生活習慣が関係している場合もあります。一見ダイエットには関係ないように感じますが、糖質制限の効果を最大限に引き出すためには、普段の生活を見直してみましょう。

睡眠不足は糖質制限でも痩せない原因のひとつです。睡眠中に成長ホルモンが分泌されて、疲れを回復させたり、筋肉を成長させてくれるのです。良質な睡眠をとることで筋肉がつき基礎代謝がアップします。太りにくい体を作るためには睡眠をしっかりとるように心がけましょう。また、ストレスがたまると、基礎代謝が下がってしまい糖質制限でも痩せない原因になります。

ストレスは交感神経を刺激し、血流の妨げになります。冷えやむくみなどを引き起こし、代謝の悪い体になれば太りやすくなってしまう恐れもあります。また糖質制限で、食べたいものを食べられないことでストレスがさらに増える可能性もあります。上手にストレスを解消する工夫をすることが糖質制限ダイエットには大事です。

糖質制限に不向きな人は?

痩せないどころか医師に確認をしましょう!

糖質制限中は、糖質の代わりに脂質やたんぱく質などを多く摂取することになります。これらを分解する肝臓に疾患を持っている場合は、注意が必要です。うまく分解できずに低血糖になる可能性もあります。

また、糖質制限中の高たんぱく高脂質の食事は膵臓に疾患を持つ人には向いていません。さらに腎臓にも大きな負担をかける恐れもあります。こういった場合は自己判断で糖質制限をしないようにしましょう。糖尿病の人や薬を服用中の人も糖質制限を控えたほうがいい場合があります。糖質制限を行う前に専門の医師に相談しましょう。

糖質制限では痩せないタイプ

仕事の関係などで、普段から外食や飲み会などの付き合いが多い人は、糖質制限は難しいでしょう。外食のメニューは糖質が多く含まれたものがほとんどですし、アルコールも糖質が含まれています。また、いつも甘いものを手離せない人には糖質制限は大きなストレスとなるでしょう。それによってもっと甘いものに依存する危険もあります。

糖質制限では痩せない体質

遺伝子レベルでダイエット

どんなに頑張って糖質制限しても、運動や筋トレに励んでも痩せない場合は、遺伝子レベルでの問題があるのかもしれません。人はみんなそれぞれ体質があります。糖質は分解しやすいが脂質は分解されにくい、筋肉がつきにくいなど体質によって違いがあります。糖質制限が優れたダイエット法だとしても、体質に合わなければ効果は出にくいのです。

どうしても糖質制限で痩せない時は遺伝子を調べてみるのもおすすめです。最近では手軽にダイエット遺伝子検査ができるキットがあります。人の体を作っている遺伝子の中から、体質や将来かかりやすい病気などが分かると言われています。自分の体質が分かれば、糖質制限ではなく、それに沿ったダイエット方法を取り入れれば痩せることができるという訳です。

肥満の原因は、もちろん遺伝子だけではありません。ほとんどは生活習慣や環境、食生活が大きく関わっています。しかし、遺伝子での体質が分かることにより、生活を改善できれば継続して健康状態や美しいスタイルを保つことも可能になります。また効果のでない糖質制限に悩む必要もなくなるといえます。

自分に合った糖質制限で健康的にダイエット!

流行りの糖質制限ダイエットは、正しく行うことで適正な体重や健康維持に効果があるようです。糖質を減らす代わりにしっかりとたんぱく質を摂り、運動することが大事です。また極端な糖質制限は、かえって痩せないばかりか不調を招く原因にもなります。自分に合ったやり方で健康的で美しい体を手に入れましょう。

糖質制限に関連する記事はこちら

Thumbコンビニは糖質制限におすすめ商品が豊富!ダイエット中のランチにぴったり!
Thumb糖質と炭水化物の違い知ってる?もしかしたらその糖質制限間違ってるかも?
Thumbケトン体とは体臭の原因?危険性を知り上手に活用!糖質制限ダイエットとは
Thumbチートデイの効果とは?気を付けたい食事や糖質制限、翌日の運動をまとめ!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-08 時点

新着一覧