焼肉を家で楽しむ方法まとめ!美味しい焼き方や煙の匂い対策もご紹介!

家で美味しく焼肉を楽しむ方法やおすすめの材料、匂い対策についてまとめました。匂いを気にせず美味しく家の焼肉を楽しむには、焼肉をするときに工夫が必要です。美味しく食べられる焼肉の材料をチェックして、匂いの気にならない焼肉を家で満喫しましょう!

焼肉を家で楽しむ方法まとめ!美味しい焼き方や煙の匂い対策もご紹介!

目次

  1. 焼肉を家で美味しく楽しむ方法を知りたい!
  2. 溝付きの焼肉プレートを使って家で本格的な味に仕上げよう
  3. 市販の直火焼肉プレートを家で使うのも美味しく食べるのにおすすめ
  4. おすすめの直火焼肉プレートを家に取り入れてみよう
  5. 平面ホットプレートしか家にない場合の対処法は?
  6. 専門店の材料を焼肉に使って家で美味しく食べよう
  7. 材料の味付けにこだわって家で美味しい焼肉を作る
  8. 簡単に作れる自家製タレを焼肉に使う方法も最適
  9. 焼く前に常温に戻す方法が家で美味しく焼肉を食べるポイント
  10. おすすめしたい家で美味しく食べるための焼肉の焼き方
  11. 美味しく食べるために取り入れたい焼肉の材料といえばキノコ
  12. 野菜系の材料も家の焼肉に取り入れよう
  13. 最後に食べたい家焼肉のシメにおすすめの食材
  14. どうしても焼肉の匂いが家に残ってしまう時の対策方法は?
  15. 匂い対策をしながら家で美味しく焼肉を食べよう!

焼肉を家で美味しく楽しむ方法を知りたい!

家の焼肉や匂いなどが気になりがち

「焼肉を食べたいけれども、焼肉屋に行くと高く付くからなあ」という場合におすすめなのが家で焼肉をする方法。家で焼肉をすれば費用をおさえながら、美味しい焼肉をたっぷり楽しむことができます。一方で、家で焼肉を美味しく食べるためにはいろいろなハードルがあるのも事実。どうしたらお店のような焼肉になるのか、匂い対策はどうすれば良いのかなどの疑問がわきますよね。

家で焼肉をする場合は、「お店の味とどこか違う……」という風になってしまったり、焼肉を楽しんだ後に「家の中の焼肉の匂いが消えない!」という場合もありますよね。そんな時は、事前に家で焼肉をやる時に知っておきたいポイントを把握しておくことが大切。焼肉前にどういったことをすれば良いのか知っておけば、気軽に家で美味しい焼肉を満喫することができます。

方法や材料を工夫して家で焼肉を満喫しよう

「家で焼肉を美味しく食べるにはどういった工夫をすれば良い?」「焼肉を家でやった場合の匂い対策について知りたい!」といった場合に役立つ家焼肉のやり方についてまとめました。ちょっとした工夫で家でもお店で食べるような焼肉に仕上がり、匂い対策もばっちり行うことができます。満足のできる焼肉を家で楽しむために参考にしてみてくださいね。

Thumb焼肉はダイエット中もOK!メニューの選び方や食べ方のポイントとは?

溝付きの焼肉プレートを使って家で本格的な味に仕上げよう

通常のホットプレートについていることが多い溝付きのプレート

焼肉を家で美味しく食べるためにまずチェックしておきたいのが焼くのに使う道具。一般的に家で焼肉をする場合はホットプレートを使うことが多いですよね。そんな時は、ホットプレートに付属されている溝付きのプレートを使いましょう。最近のホットプレートの進化により、フラットプレートと溝付きプレートがセットになっている場合が多いので取り入れてみてくださいね。

余計な脂が落ちて焼き目もきれい

溝付きプレートの良いところは、焼肉をしたときに溝に余計な脂が落ちるということ。焼肉を食べる時に気になるのが脂ですよね。フラットなプレートの場合は上に焼肉の脂が残って、どうしてもベタベタとした味わいになってしまいます。溝付きのプレートであれば焼肉をたくさん焼いても溝に脂が落ち、ヘルシーにいただけるのが嬉しいポイント。

溝付きのプレートは焼肉にきれいな焼き目をつけられるのも魅力です。溝がついていることによって、こんがりとした焼き目がまんべんなくついて見た目も美味しそうな焼肉に仕上げられるのが嬉しいポイント。お店で食べるようなこうばしい風味の焼肉を気軽に家で堪能することができます。溝付きプレートがある場合は、ぜひ活用してみてくださいね。

市販の直火焼肉プレートを家で使うのも美味しく食べるのにおすすめ

さらに美味しく食べたい時にぴったりな直火焼肉プレート

「さらに美味しく焼肉を家で食べたい!」という場合には、直火焼肉プレートを導入してみてはいかがですか。家で焼肉を食べたいというニーズの高まりにより、家電量販店などで直火の焼肉プレートを展開している場合が多くなっているのでぜひチェックしてみましょう。直火であれば焼肉の美味しさを引き出しながら家でお店のような味わいを楽しめるのが魅力です。

匂いが出にくいタイプが多い

直火の焼肉プレートは、家で焼肉を作るための利便性を備えているので匂いが出にくいタイプが多いのも特徴。匂いや煙が出にくいタイプの焼肉プレートであれば、気兼ねなく家で焼肉をすることができますよね。また、焼肉の余計な脂を落としてくれるタイプが多いのも魅力です。焼肉こだわりたい場合は、直火の焼肉プレートを導入して本格的な味に仕上げてみましょう。

おすすめの直火焼肉プレートを家に取り入れてみよう

家に匂いがつきにくい「やきまる」

それでは、人気を集めている直火焼肉プレートについてチェックしていきましょう。まずおすすめしたいのが「やきまる」。バーナーに脂をかけないような構造になっているので煙が出にくく、結果的に焼肉の匂いが家につくのを予防することができます。直火の焼肉は煙が多く出てしまいがちですが、これなら安心ですね。ほど良い温度で美味しい焼肉に仕上げられるのも特徴です。

遠赤外線で美味しく焼肉を食べられる「炉ばた大将」

続いておすすめしたいのが「炉ばた大将」です。この直火焼肉プレートの魅力は、遠赤外線効果を発揮してくれるところ。遠赤外線が出ることで焼肉の旨味を引き出し、家でも本格的な味わいに仕上げることができます。焼肉だけでなく焼き鳥を作れる仕様になっているのも嬉しいポイント。アウトドアでも使いやすく、家以外のいろいろなシーンで使えるのも魅力です。

Thumbダイエット中でも焼肉が食べたい人へ!太らない食べ方やメニューで糖質制限

平面ホットプレートしか家にない場合の対処法は?

平明プレートにくしゃくしゃにしたアルミホイルを広げる

「家に直火焼肉プレートはないし、溝付きのプレートもない!」という場合もありますよね。そんな時は、平面ホットプレートでも美味しい焼肉を作れるポイントをチェックしていきましょう。平面のプレートしか家にない場合は、アルミホイルを活用するのがおすすめです。アルミホイルをくしゃくしゃの状態にしてからホットプレートに広げましょう。

ホットプレートを温めてアルミホイルの上で焼肉を作っていきます。こうすることでアルミホイルの溝に余計な脂が落ち、溝付きプレートのような効果を期待することが可能です。アルミホイルは熱伝導率が良いので、美味しく焼肉を調理することができます。アルミホイルを使う場合は、必ず加熱OKのタイプを選んでくださいね。

この方法なら焼肉の匂いも抑えられる

この方法であれば焼肉による匂いをおさえられるのも魅力。アルミホイルに脂が溜まってきたら取り替えることで煙が出るのを抑え、匂いを軽減することができるようになります。利便性も高いので、平面プレートのみの場合は焼肉にアルミホイルを使ってみてはいかがですか。このように工夫をしながら焼肉の調理に取り入れてみてくださいね。

専門店の材料を焼肉に使って家で美味しく食べよう

美味しく食べるには専門店の材料にこだわって

家で焼肉を美味しく食べるには焼く道具も大切ですが、やはり材料にこだわることも重要なポイントになります。本格的な味わいを家で楽しみたい時に取り入れておきたいのが専門店の材料。焼肉に使う肉は肉専門店で購入することで、スーパーで購入するよりもワンランク上に仕上げることができます。家で焼肉をするからこそ専門店で材料を買うことにこだわってみてくださいね。

スーパーより高くても焼肉店よりは安い

「専門店で購入すると高いのでは?」と心配になってしまうかもしれませんが、お店で焼肉を食べる場合と比較してみると費用をリーズナブルに抑えられることがわかります。お店で食べるとかなり高価になる焼肉の材料でも、自分で購入すればぐっと費用を抑えられるのが家で焼肉をする魅力。ちょっと材料の種類を奮発しても家で焼肉をするなら経済的です。

Thumbホルモンはどこの部位?焼肉でうまいおすすめの部位ランキングTOP5!

材料の味付けにこだわって家で美味しい焼肉を作る

材料に市販のタレをしっかり揉み込む方法で本格的な味わいに

美味しい焼肉の材料を手に入れることができたら、次は味付けにこだわっていきましょう。手っ取り早く美味しい焼肉を作りたい時は市販の焼肉のタレを使ってみてはいかがですか。

市販品といっても、人気焼肉店が監修している焼肉のタレも多くあるので簡単にお店の味に仕上げることができます。焼肉のタレをしっかり揉み込み、30分以上置いておくと旨味がアップするので活用してみてくださいね。

タンやハツなどは上質な岩塩を使った方法で味付け

タンやハツといった肉の旨味を味わえる脂身の少ない部位はシンプルに岩塩で食べるのもおすすめです。焼きあがった焼肉に岩塩をつけ、お好みでレモン果汁を絞ったらそれだけで美味しくいただくことができるのではないでしょうか。上質な岩塩は焼肉の旨味をアップしてくれるので、岩塩の種類にもこだわってみるのが家で焼肉を美味しく食べるポイントです。

簡単に作れる自家製タレを焼肉に使う方法も最適

ごま油・ニンニク・塩を混ぜた塩ダレでさっぱり風味

「美味しい肉を購入したからタレも自家製にしてこだわりたい!」という場合におすすめのタレもご紹介します。さっぱり系のタレに仕上げたい場合におすすめなのがごま油とニンニク、塩、レモン果汁の組み合わせ。レモン果汁を加えることでさっぱりと風味にしながらもごま油とニンニクのコクで肉の旨味を引き出します。混ぜるだけなのでとても簡単なのも嬉しいポイント。

自家製のりんごタレもおすすめ

すりおろしたりんごにニンニク、生姜、みりん、酒、醤油を混ぜ合わせたりんごタレもおすすめです。りんごの酵素の働きによって焼肉が柔らかくジューシーに仕上がるのが魅力。ごまを加えてこうばしさをプラスするのも良いですね。できあがったタレに肉をしばらく漬けておくとしっかりと味が絡んで美味しい焼肉に仕上げることができます。

Thumb焼肉のたれ人気レシピや簡単な作り方紹介!自家製焼肉たれを作ろう

焼く前に常温に戻す方法が家で美味しく焼肉を食べるポイント

材料が冷たいままだと温度差ができて美味しくならない

焼肉の材料の準備ができたら焼く段階に入っていきますが、ここで最も気をつけておきたいのが冷たいままの肉を焼かないこと。冷蔵庫から取り出したばかりの肉は冷たい状態のため、そのまま焼くと表面と内部で温度差ができてしまいます。分厚い肉であれば表面は焦げているのに中は生焼けの状態になってしまいますし、薄い肉でも旨味が逃げやすくなるので気をつけましょう。

常温に戻す方法で旨味を逃さず焼ける

美味しく焼肉を食べるためには材料をあらかじめ常温に戻しておくのが鉄則。冷蔵庫から取り出して30分くらいは置いておきましょう。常温に戻すことで表面と内部の温度差がなくなり、旨味を逃さずに美味しく焼肉を作ることができるようになります。このひと手間だけで焼肉の美味しさが変わってくるので、家で焼肉を堪能したい場合は取り入れてみてくださいね。

おすすめしたい家で美味しく食べるための焼肉の焼き方

焼肉プレートは温めておく

肉を常温に戻したら、いよいよ焼肉を作っていきます。ここで気をつけておきたいのがプレートを温めるのを忘れないこと。150〜200℃くらいにプレートを温めておくことによって素早く肉を焼き上げるのがポイントです。冷たいままプレートに肉をのせると、温まるまでに肉汁が出ていってしまう可能性があるので注意しましょう。温度調整をして温めてくださいね。

脂が多い肉から焼いて脂をなじませる

まずは脂が多めの肉から焼いていくのがおすすめ。脂が多めの肉を焼くことでプレート全体に脂をなじませていきます。余計な脂を落とすようにしておけば、脂が多めの焼肉でも安心。脂は旨味にも変わるので、適度にプレートについていることで美味しい焼肉に仕上げることができます。焼肉の順番にもこだわって家で美味しく食べてみてくださいね。

美味しく食べるために取り入れたい焼肉の材料といえばキノコ

焼肉のお供にぴったりなキノコ

それでは、家で焼肉をする時に一緒に取り入れておきたい材料も見ていきましょう。まずおすすめしたいのがキノコ。あっさりとした味わいのキノコはジューシーな焼肉のお供にするのにぴったりです。ホイルに包んでプレートの上に置いておけばキノコの水分で蒸されて旨味たっぷりのホイル焼きに。お好みでバターなどを入れて食べても美味しいです。

低カロリーでヘルシーなのも魅力

キノコは低カロリーな上に栄養も豊富なのが魅力。脂肪を燃焼させる効果や、食べすぎを予防する効果もあるので「焼肉を楽しみたいけれども、体型も気になる……」という方にもキノコを取り入れるのがおすすめです。椎茸やまいたけ、しめじなどお好みのきのこを取り入れて、ヘルシーな焼肉にしてみてくださいね。

野菜系の材料も家の焼肉に取り入れよう

焼肉だけだと栄養に偏りが出る

家の焼肉では野菜系の材料も必要不可欠。肉ばかりだと栄養バランスが崩れてしまい、健康的な食事とは言えなくなってしまいますよね。家で焼肉をやるからこそ、野菜類もリーズナブルに取り入れることができるので積極的に野菜も入れていきましょう。ナスや玉ねぎ、かぼちゃ、ピーマンなどお好みの食材を活用してみてくださいね。

熱が通りにくい野菜は電子レンジで加熱しておくと効率的

玉ねぎや人参、かぼちゃなど熱が通るのに時間がかかる材料はあらかじめ電子レンジで加熱しておくのがおすすめ。こうしておけば生焼けの心配がありませんし、焼き目をつけるだけで美味しくいただくことができます。こうした工夫もしながら焼肉で野菜も満喫してみましょう。

最後に食べたい家焼肉のシメにおすすめの食材

こうばしい焼きおにぎり

焼肉のシメにおすすめなのが焼きおにぎり。焼肉をし終えたプレートでおにぎりを焼くことで、こうばしく旨味も含まれて焼きおにぎりに仕上げることができます。醤油や味噌など味付けはお好みで選んでみてくださいね。余った焼肉のタレを使うのもおすすめです。

肉の旨味をたっぷり味わえる焼きそば

焼きそばを作るのも焼肉のシメに人気。焼肉プレートに肉の旨味が残っているので、それを焼きそばに吸わせながら調理することで旨味たっぷりに仕上がります。残った野菜類も一緒に入れて美味しい焼きそばを作っていきましょう。

どうしても焼肉の匂いが家に残ってしまう時の対策方法は?

濡れタオルを家の中で回して匂いを吸着

匂いが出にくいプレートを使っていても、どうしても匂いが気になってしまうことがありますよね。そんな時は水で濡らしたタオルを部屋の中で回すのがおすすめ。匂いは水に溶けて吸収されやすい傾向があるので、これだけでかなり匂いを軽減できると言われています。

消臭効果のあるお茶を煎って匂いをとる

消臭効果のある茶葉を乾煎りするのも効果的。フライパンなどで茶葉を乾煎りし、香りと煙が出てきたら火を止めます。茶葉の入ったフライパンを持ちながら匂いのついた部屋を何周かし、最後に乾煎りした茶葉を部屋に置いておきましょう。

匂い対策をしながら家で美味しく焼肉を食べよう!

お店ではなく家だったとしてもちょっとした工夫で美味しい焼肉をいただくことができます。焼肉プレートにこだわったり、味付けを工夫することでワンランク上の焼肉に仕上げられるのではないでしょうか。また、匂いが気になる場合も事前に対策方法を知っておけば安心です。コスパが良くて美味しい家での焼肉をぜひ堪能してみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-06-21 時点

新着一覧