りんごの保存方法・賞味期限を紹介!長持ちするのは冷蔵・冷凍どっち?

甘くておいしくて、1日1個食べると医者いらずなんていわれているりんごの正しい保存方法を知っていますか?せっかく買ったりんごも、ダメにしてしまうのはもったいないですよね。りんごの正しい保存方法を知って少しでも長持ちさせて食べられるようにしましょう!

りんごの保存方法・賞味期限を紹介!長持ちするのは冷蔵・冷凍どっち?

目次

  1. りんごの賞味期限は何日?
  2. 賞味期限はりんごをどう保存するかで変わる
  3. 常温?冷蔵?冷凍?りんごの正しい保存方法
  4. りんごを長持ちさせるにはどうすれば良い?
  5. こんなりんごは保存しないで早めに食べて!
  6. 長持ち保存させるにはりんごの選び方や新聞紙の使い方も重要!
  7. 長期間冷凍保存したりんごはすりつぶして使おう
  8. 腐ったりんごは保存しないで!
  9. 保存したりんごを美味しく食べるには?
  10. 余ったりんごは正しい保存で長持ちさせよう!

りんごの賞味期限は何日?

おいしいりんごを普段から食べている人もいるでしょう。そんなときに、ふとりんごって賞味期限とかあるのかな?と疑問に思ったことはありませんか?りんごは常温でも保存できる果物ですが、やはり賞味期限内のうちに食べた方が美味しいものです。

一般的にりんごは適切な場所や温度で保存した場合、賞味期限はだいたい2週間~1ヶ月といわれています。常温でもきちんと保存すれば約1ヶ月は長持ちするんですね。しかしりんごの保存方法は常温だけではなく、冷凍や冷蔵でも保存することができます。

冷蔵・冷凍どちらも適した温度で保存すれば、冷蔵は約2ヶ月、冷凍は約1ヶ月保存することができます。ただし劣悪な環境での保存になると、りんごの賞味期限が長いとはいえ腐ってしまい食べられなくなるので、保存するときは適した環境を用意する必要があります。

Thumbりんごを大量消費したい!簡単・人気の美味しいレシピ15選!

賞味期限はりんごをどう保存するかで変わる

りんごは保存方法によって賞味期限が変わります。冷凍は一見一番長持ちしそうな保存方法ですが、冷凍することによって風味が落ち、せっかくの酵素も死んでしまうので賞味期限は常温と同じく1ヶ月程度です。冷凍する場合には早めに使い切るようにしましょう。

また切ったりんごは賞味期限が早いので注意が必要です。切ったりんごは時間が経つと茶色く変色していきます。冷蔵庫保存しても長持ちはしないので、切ったりんごは早めに食べきってしまいましょう。長くても2日程度の賞味期限になりますが、変色している部分はカットしてから食べましょう。

りんごをたくさんもらった、などで保存が難しい場合には冷蔵保存がおすすめです。鮮度によりますが、大体2ヶ月~3ヶ月は持つといわれています。しかし劣化が始まったものは早めに食べないと周りまで腐らせてしまうので、腐り始める前に食べきるようにしましょう。

常温?冷蔵?冷凍?りんごの正しい保存方法

りんごってどう保存するのが正しいのだろうと気になっている人もいるでしょう。りんごは常温でも冷蔵でも冷凍でも保存することができます。それぞれの正しい保存方法を紹介するので、自宅に合う方法を使ってりんごを長持ちさせるべく保存してみましょう。

常温の場合

常温で保管する場合、適しているのは秋~冬にかけてです。春夏は部屋の気温が高くなりすぎるので常温での保存はあまりおすすめできません。適した温度は0~5℃です。風通しの良い薄暗い場所での保存がおすすめで、新聞紙をかけて保存しておきましょう。

冷蔵の場合

暖かい春や夏は冷蔵保存がおすすめです。冷蔵する場合にはりんごを袋に入れて空気を抜き、紐やゴムで縛ってから野菜室で保存します。りんごはお尻を下に向けておきましょう。2週間以上冷蔵保存する場合には新聞紙で包んでから袋に入れておきましょう。

りんごはエチレンガスを放出するので新聞紙に包むことをおすすめします。特に他の野菜といっしょに野菜室で保存するときは、他の野菜にエチレンガスがかからないようにしておかなければいけません。少し手間ですが、新聞紙に包んで袋に入れ保存しましょう。

冷凍の場合

カットしたりんごやすりおろしたものは冷凍保存しておきましょう。そのままの状態でない場合には密閉容器にいれて冷凍します。そのままの状態で保存する場合、よく洗って水分を拭き取り、冷蔵と同じく袋に入れて空気を抜き、ゴムで縛って冷凍です。

Thumbりんごの変色の原因・防止方法まとめ!塩水以外にも防ぐやり方がある?

りんごを長持ちさせるにはどうすれば良い?

りんごを少しでも長持ちさせるためには適した環境を用意してあげるのが一番です。りんごの適した環境は温度が0~5℃、湿度が85~90%といわれています。この環境を作ることができればりんごを長持ちさせることができます。しかし一年中この環境を作り続けるのは難しいですよね。

秋冬は温度と湿度ともに常温でも適した状態を作りやすいですが、温度が高くなる春や夏は常温での保存ではすぐにダメになってしまいます。少しでも長く保存したいなら、やはり冷蔵保存が良いでしょう。新聞紙に包んでおけば美味しさも逃げません。

冷凍に至っては長期保存すると味の劣化や酵素消滅など良いことがないので注意しましょう。離乳食などですりおろしりんごを保存する場合も、早めに使いきってあげる方が赤ちゃんのためです。長期冷凍は冷凍焼けにも繋がるので早めに消費するようにしましょう。

こんなりんごは保存しないで早めに食べて!

見た目がきれいなりんごでも、中には腐り始めてしまっているりんごも紛れていることがあります。そんなときはりんごが腐り始めていないかを確認してから保存するようにしましょう。複数個同じ袋や容器で保存するときに、1つでも腐っていると周りまで腐らせてしまいます。

腐り始めているか見極めるポイントは、①切っていない状態で変色していないか②皮にしわができているか③りんごを押すと柔らかいか④変な臭いはしないかなどです。1つでも当てはまる場合には保存するにしても早めに食べきった方が良いでしょう。

どうしても消費しきれずに保存する場合には、コンポートやジャムにするなど他の形にしておいた方が安全でしょう。どうみても変色している、異臭がするりんごは保存せずに捨てるようにしましょう。捨てるハメにならないためにも、りんごは早めに保存するようにしましょう。

長持ち保存させるにはりんごの選び方や新聞紙の使い方も重要!

りんごを長持ちさせたいときは選び方も重要です。まず鮮度が良いものを選びましょう。鮮度が悪いものや腐り始めているものはいくら環境を整えてあげてもダメになるのが早いので注意が必要です。皮にハリがあり、触って硬いもの、色が鮮やかなものがおすすめです。

またりんごの保存には新聞紙を活用しましょう。りんごはエチレンガスを大量に放出します。これによって他の食材を腐らせてしまう恐れもあるため、袋に入れる場合でも段ボールで保存する場合でもりんごや他の食材を守るために新聞紙を使いましょう。

長期保存する場合には新聞紙をこまめに交換してあげるとなお良いですね。りんごのエチレンガスは他の食材を熟すときにも活用できますが、特に熟させたいものがないときは新聞紙と袋を使って他に影響が出ないようにしましょう。

Thumbりんごの栄養と効能まとめ!隠された健康・美容効果を倍増する食べ方

長期間冷凍保存したりんごはすりつぶして使おう

長期冷凍保存して鮮度や味が落ちてしまったりんごって処理に困りますよね。そのまま食べるにはおいしくないし、捨てるのはもったいない……そんなときはすりつぶして使うことをおすすめします。すりつぶしてヨーグルトなどに入れて食べれば捨てずに済みます。

酵素や味は冷凍前と比べるとだいぶ劣ってしまいますが、それでも捨てずに食べることができます。他にも小さく切って砂糖を加えてジャムにするなどの工夫をすれば捨てずに済むので試してみましょう。うっかり長期冷凍したりんごはこの方法で食べきってみましょう。

ですが冷凍焼けしているものについては無理に食べる必要はありません。冷凍焼けしていると味も匂いもかなり劣化し、おいしくありません。冷凍焼けさせないためにも、やはり冷凍する場合には1ヶ月を目安にして早めに使い切ってくださいね。

腐ったりんごは保存しないで!

腐ったりんごでももったいないから……といって保存するのは絶対にやめましょう。ものを大事にするのは良いのですが、腐ったりんごを放っておくと他のものまで腐らせてしまうので、絶対に保存しないようにしましょう。

りんごはやはり鮮度が良い状態の方が食べておいしいですし、賞味期限が切れているりんごは体にもよくありません。りんごなど賞味期限の長いものでも、腐るときは必ずきます。腐らせる前に冷凍したり、冷蔵庫に入れて保存するなどしておきましょう。

保存したりんごを美味しく食べるには?

常温保存していたりんごは少し冷やしてから食べるとおいしく感じるようになるので、一度冷蔵庫にいれてから食べることをおすすめします。また保存しきって消費しなければいけないりんごはスムージーなどにして消費しきりましょう。

正しく保存したといっても、数か月もりんごが長持ちするわけではありません。消費しきるまではりんごを保存していることを忘れないようにしましょう。長期間保存するほどりんごも鮮度が落ち、味や風味も劣化していくので、気がついた時に食べるようにしましょう。

余ったりんごは正しい保存で長持ちさせよう!

りんごって手軽に手に入るので、ついついストックしてしまう果物の一つですよね。しかし余ったときの保存に困るのも事実です。そんなときは正しい保存方法で長持ちさせておきましょう。正しく保存すれば1か月後にもおいしいりんごが食べられますよ。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-06-29 時点

新着一覧