人参の栽培方法・育て方のコツを紹介!種まきや間引きのやり方&注意点は?

栄養が豊富で、1年中様々な料理として活用していく事の出来る人参。最近では家庭菜園で簡単に栽培する事の出来る人参も増えて来ています。初心者でも栽培出来る人参の育て方について見ていきましょう。しっかりと育て方のコツを抑えていれば、1年中収穫も楽しむ事が出来ます。

人参の栽培方法・育て方のコツを紹介!種まきや間引きのやり方&注意点は?

目次

  1. 人参の育て方を参考に栽培していこう
  2. 人参の基礎知識と栽培しやすい品種
  3. 人参の栽培時期を確認して育て方を確認
  4. 栽培するには人参に適した土作りから
  5. 育て方はまず人参の種まきをして苗を作っていこう
  6. 人参の種まきには注意!発芽させる育て方とは
  7. 栽培中の人参の手入れ:水やりの頻度と育て方
  8. 栽培中の人参の手入れ:実りを良くする育て方で重要な追肥
  9. 栽培中の人参の手入れ:育て方で重要な間引き
  10. 人参の収穫の目安とは?栽培した人参を収穫する方法
  11. 育て方によっては栽培中に越冬も!越冬させる人参の育て方とは
  12. 育て方によっては病気にも?栽培中に注意が必要な病気
  13. 害虫対策は大事な育て方!栽培中に注意が必要な害虫とは
  14. 人参の育て方のコツ
  15. まとめ:慣れてきたら栽培時期をずらして1年中収穫も可能

人参の育て方を参考に栽培していこう

最近、野菜の値上がりに伴って野菜不足を心配している人が増えているそうです。確かに、最近スーパーで見かける野菜はどれも値上がりし続けていて、食べ放題などでもサラダバーなどの野菜をメインとした場所に人が集まるようになってきています。家計をやり繰りするお母さんにとっては、野菜の値上がりと野菜不足は頭を悩ませる問題にもなっています。

しかし、それに比例して人気になって来ているのが家庭菜園での野菜の栽培です。特に人気なのが、プランターで栽培出来る小さい品種の野菜です。プランターで栽培すれば、環境を整えやすく初心者でも始めやすいのが人気の理由です。そこで今回は、人参の育て方についてご紹介していきましょう。もちろん、初心者でも栽培しやすいプランターでの方法です。

年中使う事の出来る人参は、栽培していれば買い忘れの心配もありません。使う頻度の高い野菜こそ、栽培していれば節約にも繋げる事が出来ます。今回は、人参の育て方と注意したい病害虫の被害なども詳しくご紹介していきます。育て方を参考に栽培していけば、きっと美味しい人参が収穫出来るでしょう。

人参の基礎知識と栽培しやすい品種

まずは栽培を始める前に、人参の植物としての基礎知識を見ていきましょう。人参は、せり科の植物です。比較的簡単な育て方なので、初心者でも栽培する事が出来る野菜でもあります。人参の栽培を成功させるコツは、温度管理にあります。その為にも、温度管理しやすいプランターでの栽培が一番手っ取り早くて簡単に済んでしまいます。

今回ご紹介するプランターでの栽培でおすすめの品種は、ピッコロと言うミニの品種です。人参は根を食べる野菜なので、根を育てていかなければなりません。通常の品種だと大型のプランターを準備するなどの方法をとらなければいけませんが、このピッコロサイズであればプランターもあまり大型の物を準備する必要もありません。

人参にはたくさん食べて欲しい栄養が豊富に含まれています。特に、人参がダントツの含有量を誇っているのがビタミンAです。ビタミンAは、免疫力向上やアンチエイジングと言った健康や美容には欠かせない栄養素です。また、カリウムやカルシウムも豊富に含まれているので、毎日適量を摂取する為にも栽培して量を気にせず食べたいものです。

人参の栽培時期を確認して育て方を確認

まずは人参の栽培時期を見ていきましょう。人参は基本的に1年中栽培して収穫をする事が出来ます。しかし、今回は初心者向けの育て方をご紹介していくので、害虫被害が少ない夏に種まきをする方法で育てていきましょう。種まきは7~8月に行い、その後基本の手入れを経て11月頃から収穫をします。土作りは、種まきの1ヶ月くらい前に済ませておきます。

この方法のメリットは、害虫の被害に遭いにくいだけでなく収穫可能になった人参をプランターに残しておく事が出来ます。また、1年中収穫したい場合には春蒔きと夏蒔きをバランス良く行います。春に種まきをする方法は、3~4月に種まきをして、6~7月に収穫をします。春蒔きはとう立ちしやすくなってしまうので、人参の品種を工夫するようにしましょう。

栽培するには人参に適した土作りから

まずは、種まきの1ヶ月ほど前に土作りをしておきましょう。人参の栽培は、種まきから収穫までを同じプランターで済ませるようにしなければなりません。その為、土作りは直にプランターにしましょう。人参の栽培に適したプランターは、深さのあるプランターです。サイズ自体は60㎝くらいの標準の物で構いませんが、深さがあるプランターを選びましょう。

今回は初心者向けの方法なので、土作りは市販の野菜用の培養土を使用していきます。そこに、化学肥料を培養土10Lに対して20g程度混ぜ込んでおきます。プランターだけでなく、この市販の野菜用の培養土が入っていた袋でそのまま栽培していく袋栽培と言う方法を使う事も出来ます。その場合でも、化学肥料を混ぜ込んでおくようにしましょう。

育て方はまず人参の種まきをして苗を作っていこう

人参の育て方に移ります。人参の育て方で一番難しいのが、種まきです。発芽率が悪く、しっかりと管理していないと発芽しない場合もあります。しっかりとコツを抑えて発芽させましょう。まずは、種まきの前に作っておいた土にたっぷりめに水をあげます。その後、割り箸などの細い棒などを使って蒔き溝を作っていきます。深さは1㎝と、浅目で結構です。

その後、1㎝間隔で人参の種を蒔いていきましょう。2列などにする場合には、条間は20㎝程度空けるようにします。蒔き終わったら、軽く土をかぶせて手で優しく押さえます。あまり土をかぶせすぎると、光を遮断してしまい発芽しなくなってしまうので注意してください。また、手でかぶせた土を押さえておかないと水やりで種が流れてしまうので注意しましょう。

人参の種まきには注意!発芽させる育て方とは

人参の種まきを成功させるコツは、まずは発芽率を高くする方法をとる事です。人参は集まって種まきをする事で、発芽率が高くなります。なるべく条蒔きにするようにして、発芽した後で間引きして量を調整しましょう。また、人参は芽が出るまでの間土を乾かないようにしておく事も大事なコツです。1日2回、朝と夜にたっぷりと水をあげるようにしましょう。

土の表面を乾燥させない為にも、水やりをしたら濡れた新聞紙や不織布をかぶせておくのも有効です。あまり光を遮断しないような紙を選ぶのがコツです。発芽するまで、水やりの後にはかぶせて育てていくと良いでしょう。発芽したらすぐに外します。もしも10日くらい経っても発芽いなかった場合には、再度種まきをやり直してみるようにしましょう。

栽培中の人参の手入れ:水やりの頻度と育て方

人参の育て方の中の基本的な手入れについて見ていきましょう。まずは水やりについてです。発芽までは乾燥させないように、しっかりと1日2回たっぷりめに与えるようにします。しかし、芽がある程度出揃ってきたら土の表面が乾燥してから与えるようにします。人参は成長がゆっくりなので、必要以上に水やりについて神経質にならなくても成長します。

また、人参の育て方で重要な温度についてです。人参がうまく発芽したり成長するには、生育温度をしっかりと管理してあげる事がコツです。発芽に適した温度は20度前後です。25度を超えた高温の日が続くようであれば、発芽まで直射日光が当たらない程度の場所に移すか、日当たりの空調の整った室内で管理してあげると良いでしょう。

また、生育温度は18~22度です。12度を下回ると成長が止まってしまうので、寒い地域で人参を栽培する場合には早めに種まきを行い、収穫時期が12度を下回らないうちに迎えれるように工夫してあげましょう。人参の育て方を簡単に、かつ成功させる為にもプランターでの栽培方法は最適です。最初のうちはプランターでの栽培方法で試してみましょう。

栽培中の人参の手入れ:実りを良くする育て方で重要な追肥

大きくずっしりとした人参を育てるためには、追肥をしっかりと行いましょう。人参の追肥は、適した時期に行うのがコツです。種まきから2ヶ月程度経つと、人参は肥料の吸収が良くなってくるのでその頃から追肥を行って行きます。肥料は化学肥料を使って行きます。液肥でも構いませんが、実が割れてしまうなどの可能性があるので今回は化学肥料の方法をご紹介します。

1回目の追肥は、間引きと一緒に行います。2回目の間引きをしたら、1株当たり3~5g程度の化学肥料を根本に混ぜ込んであげます。その際に、株の根本に少し土寄せをしてあげます。2回目の追肥は、3回目の間引きの際に同様に与えます。化学肥料での追肥だと、土寄せなどの作業も一緒に行えるので液肥よりおすすめです。

栽培中の人参の手入れ:育て方で重要な間引き

間引きについて見ていきましょう。発芽率を高くする為にも多く種を蒔いているので、人参の栽培では必ず間引きを行いましょう。間引きは全部で3回です。1回目の間引きでは追肥は一緒に行わず、必ず2回目以降から間引きと一緒に行うようにしましょう。1回目は、本葉が1~2枚程度出揃ってきたら2㎝間隔に間引きをしていきます。

2回目は本葉が3~4枚程度になったら3~4㎝に、3回目は本葉が5~6枚程度になったら10㎝間隔に間引きしていきます。1回目の間引きにはコツがあり、この頃の人参はまだ成長がゆっくりです。なので、本葉同士がぶつかるようになってから間引きした方が効率的です。また、2回目と3回目は追肥をしながら土寄せをして、雑草が生えていたら除草もしてあげましょう。

人参の収穫の目安とは?栽培した人参を収穫する方法

人参の収穫の目安は、ご紹介した小さめの品種であれば3ヶ月程度で収穫が出来ます。収穫の目安は、土から出ている根の表面が親指程度の大きさになっていれば収穫出来ます。また、この頃には葉も茂って来ています。土を掘って収穫をしてしまうと、人参を傷つけてしまう可能性もあるので茎の根本を持って真っ直ぐに引っこ抜くようにしましょう。

また、掘ってしまうと人参が緑に緑化してしまう事もあるので注意しましょう。収穫の時期を過ぎて、まだ生育温度の範囲で人参を放置してしまうと大きくなりすぎるばかりではなく、破裂してしまいます。その場合、残しておいた人参は収穫出来なくなってしまうので、生育温度がしばらく続きそうな場合には、収穫を迎えた人参は早めに収穫するようにしましょう。

育て方によっては栽培中に越冬も!越冬させる人参の育て方とは

人参は、夏蒔きで栽培していくと収穫時期中に冬を迎えます。収穫時期が冬になりますが、寒い地域の場合には収穫時期に生育温度より下回ってしまいます。しかし、人参は越冬して収穫する事も可能です。越冬人参は甘みが増して、さらに美味しく食べる事が出来るので越冬を計画に入れて収穫をするのもおすすめです。越冬収穫についても見ていきましょう。

人参は12度を下回ると、生育が鈍くなります。特に、霜が降りるほど寒くなってくると成長はストップしてしまいます。葉を観察していると、霜が降りる頃には枯れた状態になります。しかし、根のある土の中は温度が保たれているのでそのままにしておいても収穫が出来るのです。収穫時期になって霜が降りるようであれば、特に何か対処しないで越冬収穫をしましょう。

育て方によっては病気にも?栽培中に注意が必要な病気

ここからは、栽培中に注意が必要な人参の病気についてご紹介していきます。まずは、破裂です。収穫時期を過ぎて生育温度が保たれた場合の成長のし過ぎだけでなく、水のあげすぎでも起こります。幼苗期を過ぎたら水は乾燥気味にあげましょう。また、水のあげすぎによって軟腐病や根腐れ病になる事もあります。十分に注意して水やりを行いましょう。

この他の病気では、主にウイルスやカビの媒介によって起きる病気があります。うどんこ病や黄化病、白絹病やモザイク病が主な病気です。害虫駆除をしっかりとして、発見したらすぐに感染している部分を取るか抜き取ってしまうようにしましょう。

人参は、又根や岐根と言った先端が2個以上に分裂する奇形になる事があります。セクシー人参としてネットで話題になっている物で、家庭菜園で食用にする分には問題は特に無く味も通常の人参と変わりません。また、稀に白い人参が育つ場合がありますが、これは病気ではなく先祖返りです。白い人参の場合は、美味しくないので食用には向きません。

害虫対策は大事な育て方!栽培中に注意が必要な害虫とは

人参を好む害虫には、キアゲハやヨウトウ虫などの幼虫類がいます。他にも、キクキンウワバやネグサレセンチュウもいます。また、カメムシのようなブチヒゲカメムシも人参についている場合もあります。見つけたら、手で取るなどして駆除しましょう。また、土作りや土寄せの際にも、土の中に紛れていないか確認する事も後々の発生を防ぐコツです。

一番厄介な害虫が、ニンジンアブラムシです。ニンジンアブラムシは、人参がかかる病気を感染させるウイルスを媒介しています。見つけたら手でつぶしても構いませんが、たくさん付いている場合には薬剤で駆除するようにしましょう。シルバーマルチなどをかぶせておくと、反射を嫌うニンジンアブラムシを予防する事も出来ます。

人参の育て方のコツ

人参を上手に育てるには、温度管理をしっかりとしておく事です。人参の生育温度の範囲は狭く、高温が続いてもとう立ちしてしまう可能性もあります。特に発芽から幼苗期には温度管理をしっかりとして、プランターを移動してあげるようにしましょう。発芽までの土の保湿も重要です。発芽までは、なるべく乾燥状態が続かないように確認するようにしましょう。

また、しっかりとした人参を栽培するには意外にも間引きも重要なポイントです。特に1回目の間引きは、まだ生育期に入っていない状態で行わなければなりません。早すぎると、根が育っていない状態なので急にスペースが空いてしまう状態になってしまいます。ちょっと遅れたかなと思うくらいで、根を太らせながら行うようにしましょう。

まとめ:慣れてきたら栽培時期をずらして1年中収穫も可能

人参の育て方は簡単なので、1年栽培してみれば翌年からは1年中収穫出来るように栽培したくなるかも知れません。人参の栽培は、連作障害もないので翌年からも行えます。温度管理に注意して、1年中楽しんでみましょう。

一緒に読みたい育て方おすすめの記事

Thumbじゃがいもの栽培方法まとめ!時期や育て方のコツを初心者向けに解説
Thumbそら豆の栽培方法・育て方まとめ!手入れのポイントや収穫の時期は?
Thumbアスパラガスの栽培方法・育て方のコツ!種まきの時期や手入れの仕方は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-10-30 時点

新着一覧