赤玉ねぎの栄養・保存方法!玉ねぎとの違いや食べ方・おすすめレシピは?

赤玉ねぎの栄養や保存方法、おすすめの食べ方レシピをまとめました。栄養豊富な赤玉ねぎは正しい保存方法を取り入れて美味しい食べ方のレシピを活用するのがおすすめ。赤玉ねぎの栄養をしっかりとれるおすすめの食べ方ができるレシピを堪能しましょう!

赤玉ねぎの栄養・保存方法!玉ねぎとの違いや食べ方・おすすめレシピは?

目次

  1. 赤玉ねぎの栄養やおすすめの食べ方について知りたい!
  2. 普通の玉ねぎと赤玉ねぎの違いとは
  3. 体に良い影響を与える赤玉ねぎの栄養
  4. 正しい方法で赤玉ねぎを保存しよう
  5. おすすめしたい赤玉ねぎの食べ方とは
  6. 美味しく赤玉ねぎを食べるのに最適なピクルスのレシピ
  7. サラダやサンドイッチレシピに加えて彩りを添える食べ方
  8. 赤玉ねぎ氷のレシピも人気
  9. 作った赤玉ねぎ氷の活用方法は?
  10. 美味しい食べ方で赤玉ねぎの栄養を取り入れよう!

赤玉ねぎの栄養やおすすめの食べ方について知りたい!

きれいな色味で人気も高い赤玉ねぎ

鮮やかな綺麗な色味の赤玉ねぎは、スーパーの野菜コーナーなどでも目をひく野菜ですよね。いろいろな用途で使う事ができる赤玉ねぎですが、どういった栄養を含有し、どのような保存方法を取り入れておけば良いのか知っておけばさらに日常の食卓に活用できるようになるのではないでしょうか。赤玉ねぎにはさまざまな栄養が含まれているので、健康的な食事に最適です。

「赤玉ねぎを購入したのは良いけれども、どうやって食べるのがベストなのかな?」と迷ったことはありませんか?そんな時は、赤玉ねぎのおすすめの食べ方をチェックしておくと便利。赤玉ねぎ料理のバリエーションを増やしておくことによって、栄養満点の食事を満喫できるようになります。赤玉ねぎを最大限に活用できるように基本的な知識を備えておきましょう!

栄養や保存方法をチェックして赤玉ねぎを美味しく食べよう

「赤玉ねぎに含まれている栄養には何がある?」「赤玉ねぎの正しい保存方法や美味しい食べ方について知りたい!」という場合におすすめの赤玉ねぎの食べ方についてまとめました。赤玉ねぎの基本的な知識を備えておけば、いざ赤玉ねぎを調理しようと思ったときに役立つのではないでしょうか。美味しい方法で栄養豊富な赤玉ねぎを楽しんでみてくださいね。

Thumb玉ねぎの冷凍保存方法を解説!時短・便利なおすすめ活用レシピも紹介

普通の玉ねぎと赤玉ねぎの違いとは

赤玉ねぎの方が辛味が少ない

まずは普通の玉ねぎと赤玉ねぎの違いについて見ていきましょう。普通の玉ねぎの場合、生のまま食べると強い辛味を感じることがありますよね。一方で、赤玉ねぎは辛味が少ないのが特徴になります。生のままで食べやすく、水分が多いのでみずみずしい味わいを楽しめるのが赤玉ねぎの特徴です。辛味の少ない玉ねぎを使いたいときは赤玉ねぎがおすすめ。

普通の玉ねぎにない栄養を備えている

赤玉ねぎと玉ねぎは見た目にも大きな違いがありますよね。赤玉ねぎはその名前の通り、赤く色づいているのが特徴です。この赤い色素には普通の玉ねぎにはない栄養が含まれているのもポイント。普通の玉ねぎにも多くの栄養が含まれていますが、それにプラスして体に良い影響を与えてくれる栄養を含有しているので、健康的な食事を楽しみたいときに最適です。

体に良い影響を与える赤玉ねぎの栄養

硫化アリルは血液サラサラ効果を期待できる栄養

赤玉ねぎに含まれている栄養を具体的に見ていきましょう。赤玉ねぎと普通の玉ねぎに共通して含まれているのが硫化アリルと呼ばれる栄養です。硫化アリルには血栓を防ぐ効果があるとされているのが特徴。血栓が血管に溜まると血液の流れが滞り、動脈硬化などが起きやすくなります。硫化アリルで血栓を抑えることで血液をサラサラにし、病気を予防できるのが魅力。

硫化アリルは血液サラサラ効果以外にも良い影響を体に及ぼしてくれます。疲労回復効果や免疫力を上げる効果があるので、疲れて風邪をひきやすいときにおすすめ。また、消化を促進する働きと期待できるので食欲がない場合にも最適です。代謝を上げる働きのあるビタミンB1の効果を促進するとされているのも嬉しいポイント。

アントシアニンなどの栄養がアンチエイジング効果を発揮

赤玉ねぎにはポリフェノールも豊富に含まれています。ポリフェノールはアンチエイジング効果の高い栄養なので、体の若い状態をキープしたいときに良いですね。普通の玉ねぎにも含まれている赤玉ねぎのポリフェノールはケセルチン。ケセルチンには脂肪分解酵素を促進する働きがあるとされているため、ダイエットにおすすめです。

玉ねぎにはなく、赤玉ねぎには含まれているポリフェノールがアントシアニン。赤玉ねぎの色味の元になっている栄養です。アントシアニンは眼精疲労を回復する効果があるため、疲れ目がつらいときに良いのではないでしょうか。また、アンチエイジング効果も強いので健康的な体を保ちたい場合に役立ちます。

Thumb玉ねぎの栄養成分を徹底調査!血液サラサラで健康な体を目指そう!

正しい方法で赤玉ねぎを保存しよう

保存袋に入れて野菜室で保存する方法がおすすめ

栄養がたっぷり含まれた赤玉ねぎを手に入れたら、正しい保存方法でストックしておきたいですよね。赤玉ねぎの保存方法はとても簡単。ラップに包むか保存袋に入れて野菜室で保存しましょう。赤玉ねぎは常温保存には向きません、普通の玉ねぎよりも水分が多いので、常温保存すると傷みやすくなってしまいます。野菜室に入れて保存しておいてくださいね。

1週間ほど保存が可能

赤玉ねぎを野菜室に入れた場合、1週間ほど保存することができます。玉ねぎは長期保存が可能なイメージがありますが、赤玉ねぎは水分が多いので普通の玉ねぎよりも保存期間が短くなるのが特徴。赤玉ねぎを購入したら1週間以内に食べるようにしてみてくださいね。カットした後の赤玉ねぎはさらに保存期間が短くなるので1〜2日を目安に食べきるのがおすすめです。

おすすめしたい赤玉ねぎの食べ方とは

赤玉ねぎの色味を活かすなら生の状態で食べるのがおすすめ

赤玉ねぎの食べ方はいろいろありますが、おすすめは生のまま食べる方法。生のままスライスしたり、みじん切りにしてサラダなどに使うことによって赤玉ねぎのきれいな色味を活かすことができるようになります。赤玉ねぎは辛味が少なく水分も多いので生食にぴったり。サラダに彩りを加えたいときに赤玉ねぎを活用してみてはいかがですか。

炒め物にしても甘くて美味しい

赤玉ねぎは炒め物にするのもおすすめです。生で食べるのとは違った甘みを感じられ、美味しくいただけるのではないでしょうか。赤玉ねぎは加熱するとアントシアニンが水分に溶け出してしまう可能性が高くなるため、サッと炒める程度にするのが適しています。オリーブオイルでキノコなどと一緒に赤玉ねぎを軽く炒め、パスタの具材にするのも良さそうですね。

美味しく赤玉ねぎを食べるのに最適なピクルスのレシピ

ピクルス液に赤玉ねぎを漬ける簡単レシピ

赤玉ねぎのレシピはいろいろありますが、まずおすすめしたいのが赤玉ねぎのピクルス。アントシアニンの色素の効果で色味が綺麗なピクルスに仕上げることができます。

酢や水、塩、砂糖を小鍋に入れたら火にかけて砂糖を溶かしましょう。煮沸消毒をした保存容器に冷ましたピクルス液と潰したニンニク、ローリエ、くし切りにした赤玉ねぎを入れます。1日漬けたら完成。ぜひ作ってみてくださいね。

他の野菜を加える食べ方もおすすめ

赤玉ねぎのピクルスを作るときは他の野菜も一緒に漬け込んでおくと、さまざまな味わいを楽しめるようになります。大根のような白色の野菜を漬ければ赤玉ねぎの色が移って色鮮やかになるのも魅力。ぜひいろいろな野菜でピクルスを作ってみてくださいね。

サラダやサンドイッチレシピに加えて彩りを添える食べ方

赤玉ねぎで美味しく仕上がるポテトサラダ

ポテトサラダに赤玉ねぎを入れるのも良いですね。加熱したジャガイモを潰して酢で下味をつけ、粗熱をとります。刻んだ赤玉ねぎや輪切りにして水気を絞ったきゅうり、マヨネーズ、黒胡椒を混ぜ合わせたらできあがり。おこのみで牛乳や豆乳を加えて滑らかにしても美味しいです。

サンドイッチにはさんでアクセントに

赤玉ねぎの風味をサンドイッチのアクセントにしても美味しいです。スライスした赤玉ねぎをマヨネーズで味付けしたフィリングと一緒にサンドイッチにすれば、食感ゆたかなサンドイッチのできあがり。いろいろな食材との組み合わせを堪能してみましょう。

Thumb玉ねぎの人気おかずレシピ!簡単で手軽な常備菜からメイン料理まで紹介

赤玉ねぎ氷のレシピも人気

600Wの電子レンジで20分加熱した赤玉ねぎをミキサーで撹拌

日常的に赤玉ねぎの栄養を取りたいときにぴったりなのが赤玉ねぎ氷。2ヶ月ほど冷凍保存ができるのでたくさん赤玉ねぎを手に入れた場合にもおすすめです。赤玉ねぎを600Wの電子レンジで20分ほど加熱して柔らかくしましょう。柔らかくした赤玉ねぎと水をフードプロセッサーに入れてなめらかになるまで撹拌します。

小分けにして冷凍保存したら完了

なめらかになるまで撹拌することができたら、製氷皿に流し入れます。そのまま冷凍庫に入れて冷やし固めてください。固まったら保存袋に入れ替えて密閉し、冷凍庫に入れたら完了です。あっという間に作れるので、赤玉ねぎを長期保存したいときや日常的に食べたいときに取り入れてみてくださいね。

作った赤玉ねぎ氷の活用方法は?

スープなどの汁物に加える

赤玉ねぎ氷はいろいろな方法で活用できます。簡単な活用方法としておすすめなのがスープなどの汁物に入れるアイディア。冷凍状態のままスープに入れれば自然解凍され、赤玉ねぎの甘みを感じられる仕上がりになります。カレーやシチューなどに入れても美味しいので試してみてくださいね。

ハンバーグに加えるのもおすすめ

赤玉ねぎ氷はハンバーグに入れても美味しいので試してみてはいかがですか。解凍した赤玉ねぎ氷をハンバーグのタネに加えることで旨味をプラスできます。玉ねぎのみじん切りを入れるのが普通ですが、赤玉ねぎ氷を使えばみじん切りを作る必要がないので時短にも繋がりそうですね。

Thumb玉ねぎを大量消費する方法!人気のアレンジレシピと保存のコツを紹介

美味しい食べ方で赤玉ねぎの栄養を取り入れよう!

豊富な栄養を含む赤玉ねぎは、健康的な生活を送りたいときにぴったりの食材。生で食べるのはもちろんのこと、炒め物にしたり、赤玉ねぎ氷にしたり食べ方のアイディアはさまざまです。美味しくて利用も満点な赤玉ねぎ料理を満喫してみてはいかがですか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-03-30 時点

新着一覧