あさりの塩抜き・砂抜きのやり方!違いや正しい手順、保存方法も紹介

あさりは色々な料理に使える食材ですが、塩抜きや砂抜きに失敗するとジャリジャリとして、せっかくのあさりが台無しになってしまいます。そこで、今回はあさりの塩抜き・砂抜きの違いや、正しい手順、保存方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

あさりの塩抜き・砂抜きのやり方!違いや正しい手順、保存方法も紹介

目次

  1. あさりの塩抜き・砂抜きのやり方!違いや正しい手順を知りたい!
  2. やらないとジャリジャリに!?あさりの砂抜きって何?
  3. 料理が塩辛くなる!あさりの塩抜きって何?
  4. 塩抜き・砂抜きって必要?潮干狩りやスーパーのあさりは?
  5. 正しい砂抜きの手順!あさりの砂抜きで失敗したくない!
  6. 絶対失敗したくない!あさりの砂抜きのポイントは?
  7. 意外と知らないあさりの塩抜き!正しい塩抜きの手順は?
  8. 絶対失敗したくない!あさりの塩抜きのポイントは?
  9. あさりを長持ちさせる!保存のポイント大公開!
  10. 冷凍したあさりを解凍するときのポイントは?意外と知らない解凍方法
  11. まとめ:正しい塩抜き・砂抜きや保存であさりをおいしく食べよう!

あさりの塩抜き・砂抜きのやり方!違いや正しい手順を知りたい!

うま味のたっぷり詰まったあさりは、味噌汁やパスタなど様々な料理に使うことができる食材です。しかし、あさりの塩抜きや砂抜きに失敗してしまうと、ジャリジャリとした食感になったり、塩辛くなったりと、せっかくのあさりが台無しになってしまいます。

そんな失敗をしないためにも、あさりの塩抜き・砂抜きの違いや正しいやり方、手順を知ることが大切です。失敗なくあさりを料理することができれば、きっと料理のレパートリーも増えるはずです。今回はそんなあさりの塩抜き・砂抜きのやり方、その違いや正しい手順、保存方法もご紹介したいと思います。あさりを使っておいしく食卓を彩りましょう。

やらないとジャリジャリに!?あさりの砂抜きって何?

あさりの塩抜きと砂抜きの違いはなんとなく分かるけど、はっきりと説明できないという方が多いのではないでしょうか。そこで、初めに、塩抜きと砂抜きの違いについて説明したいと思います。あさりを調理するときの基本となるので、ぜひ覚えておいて下さい。

まず、あさりの砂抜きですが、あさりが生息しているのは砂の中です。そのため、呼吸の際に海水とともに砂も吸い込んでしまいます。その砂を吐かせるのが砂抜きです。あさりの生息する海水の塩分濃度と同じ濃度の塩水を使って、砂を吐かせる事を言います。

砂抜きをしないと、あさりの身に砂が残ってしまうため、噛むとジャリジャリと砂の触感がして料理のおいしさも半減してしまいます。砂が大きい場合、思いっきり噛んで歯が欠けてしまうということもあるため、砂抜きはしっかりと行った方が良いと言えます。

料理が塩辛くなる!あさりの塩抜きって何?

次に、塩抜きですが、あさりは呼吸のため海水をたっぷり吸い込んでいます。そのため、あさりの中は塩辛くなっています。塩抜きをしなかった場合、料理がしょっぱくなってしまう可能性もあるため、塩抜きも重要となります。また、あさりの体内から塩水をだすことで、あさり本来のうま味だけが残り、料理の味も引き立つようになります。

塩抜き・砂抜きって必要?潮干狩りやスーパーのあさりは?

ますは砂抜きですが、潮干狩りで取ってきたあさりはもちろん砂抜きをする必要があります。また、スーパーで購入したもので砂抜き済みのものでも、砂抜きがしっかりと出来ていない可能性があるため、念のため砂抜きをしておくと安心です。

次に塩抜きですが、塩抜きは砂抜きをした後に行います。塩抜きは、潮干狩りで取ってきたあさりもスーパーのあさりも塩水に浸かっているため、どちらも同じように行う必要があります。

正しい砂抜きの手順!あさりの砂抜きで失敗したくない!

あさりの砂抜きは面倒なので適当にやってしまう、という方もいらっしゃるかと思います。しかし、砂抜きの正しい手順を知ることで、失敗のない砂抜きができるようになります。あさりの調理の基本ですのでぜひ参考にして砂抜きをしてみて下さい。

あさりの砂抜きに必要なもの

あさりの正しい砂抜きのために準備するものは、平らなバットなどあさりができるだけ重ならずに広げられる大きさの容器、あさりを取った際の海水もしくは、塩水(水300mlと食塩を小さじ1と1/2杯)です。可能であれば上げ底にして砂を再度吸わないようにすると良いです。海水の塩分濃度3〜3.5%が理想となるため、今回ご紹介した塩水の塩分濃度は3%になっています。

正しいあさりの砂抜きの手順

あさりの正しい砂抜きの手順です。あさりを容器に重ならないように広げ、塩水をあさりの頭が少し出るくらいまで入れます。明るいと砂抜きが上手くできないので、容器の上に新聞紙やアルミホイルなど暗くできるものを乗せてラップし、夏で気温が高いときは冷蔵庫、冬の寒い時期は室内の冷暗所に置いておきます。

この時、呼吸ができなくなってしまうので、容器は密封しないように注意してください。また、あさりが水を飛ばすので、水浸しにならないためにも新聞紙やアルミホイルで蓋をしておく方が良いです。

あさりの砂抜きにかかる時間は?

あさりの砂抜きをする時間ですが、スーパーで購入したものであれば2〜3時間、潮干狩りで取ったあさりであれば一晩ほど浸けておくとしっかりと砂抜きができます。砂抜きは面倒だと思いがちですが、しっかりと砂抜きすることであさりをおいしく食べることができるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

絶対失敗したくない!あさりの砂抜きのポイントは?

砂抜き中のあさりは冷暗所で保管するのが良いのですが、冷たすぎる場合上手く砂抜きができません。冷蔵庫での砂抜きができていない場合は冷たすぎる可能性があるので、調理をする1~2時間くらい前に冷蔵庫から出して常温に戻しておくと砂抜きをしっかりしてくれます。

水道水を使用する場合、カルキを抜いたほうがあさりが長生きします。一度、沸騰させた湯を冷まして湯冷ましにするか、器にとって1日置いておくと取り除くことができます。また、あさりを塩水に浸けて1日以上置いておく場合、あさりの塩水を取り替えましょう。あさりは生きているので、段々と塩水も汚れてしまい、あさりが死んでしまう可能性があります。

意外と知らないあさりの塩抜き!正しい塩抜きの手順は?

砂抜きと比べると、塩抜きという言葉はあまり聞きなれ無い言葉ですが、あさりをおいしく食べるために大切な手順です。また、砂抜きのやり方と比べて塩抜きは手順も少なく簡単にできます。正しい塩抜きのやり方や手順をお伝えしますのでぜひ実行してみて下さい。

正しいあさりの塩抜きの手順

すぐに料理する場合は、砂抜きをした後のあさりを、1時間ほど水から出して常温で置いておきます。あさりの砂抜きは塩水を使用するので、あさりが塩水を吸い込んでしょっぱくなっています。置いておくことで、あさりが体内の塩水を吐き出すので、その後は普通に調理します。すぐに調理しない場合は、塩抜きした後に冷蔵庫で保存します。

絶対失敗したくない!あさりの塩抜きのポイントは?

塩抜きをする前に、あさりを真水で洗う必要はありません。むしろ真水で洗うのは避けたほうが良いと言えます。なぜなら、あさりは海水で生息しているので真水で洗うと口が硬く閉じてしまい、塩水を吐かなくなってしまいます。そのため、洗うのは塩抜きが終わってからにしましょう。

塩抜きをする時に失敗しないポイントですが、あさりを冷蔵庫に入れない事です。冷蔵庫の中は低温のため、あさりの活動が低下してしまいます。活動が低下すると塩水を吐いてくれなくなるので、冷蔵庫に入れず常温(20℃前後がベストです)で塩抜きをしてください。

あさりを長持ちさせる!保存のポイント大公開!

保存方法を知ることで、あさりを長持ちさせることができます。正しい保存方法を知っておくとあさりを使う際にも便利です。保存する際は、砂抜き・塩抜きを終わらせておきましょう。

常温での保存方法や期間は?どれくらい置いておける?

常温で保存する場合、夏の暑い時期だと砂抜きの時間を含めて数時間が限界です。冬など寒い時期なら、常温でも数日程度もちます。しかし、長い間置いておくと、あさりが痩せてしまうので、早め調理した方が良いです。基本的には常温保存ではなく、砂抜き・塩抜きが終わったあさりは冷蔵庫で保存しましょう。

冷蔵での保存方法や期間は?どれくらい置いておける?

冷蔵庫で保存する場合、3日程度もちます。ただし、あくまで目安となっていますので、変な臭いが出ていないかなどチェックしながら保存してください。冷蔵庫で保存する際の方法は、器にあさりと塩分濃度3~3.5%の塩水(100mlの水で食塩3~3.5g程度)を入れ、新聞紙やアルミホイルを上にかぶせます。保存場所は野菜室が最適です。

冷凍での保存方法や期間は?どれくらい置いておける?

冷凍庫で保存する場合、1か月半程度はもちます。方法はあさりを砂抜き・塩抜きした後、真水で殻をこすり合わせてしっかり洗い、汚れを取り除きます。キッチンペーパーであさりの水気をしっかりとふき取り、あさりがなるべく重ならないような器に入れて冷凍庫へ入れます。数時間後、あさりが凍ったらチャック付きの袋に入れて空気をしっかりと抜き、冷凍庫に入れて保存します。

簡単に保存したい場合は、あさりの水気をふき取ってから、チャック付きの袋に入れて空気を抜いて冷凍庫に入れても大丈夫です。1か月半程度もちますが、冷凍でも徐々に風味や味が落ちていくので、早く食べたほうが美味しいです。

冷凍したあさりを解凍するときのポイントは?意外と知らない解凍方法

冷凍したあさりの解凍方法ですが、じつは解凍せず冷凍のまま調理するのがベストです。理由は、あさりを解凍してから加熱してしまうと口を開かない場合があるためです。なので、調理する際は注意して下さい。調理する際は、なるべく沸騰させてからあさりを入れることで、あさりの口が開きやすくなります。

まとめ:正しい塩抜き・砂抜きや保存であさりをおいしく食べよう!

あさりの正しい塩抜きや砂抜きの方法や手順は、意外と知らなかったという方もいらっしゃるかと思います。冷凍保存することで長期の保存が可能となるので、うま味を存分に味わえるあさりを使って料理のレパートリーを増やしてみて下さい。

あさりについてもっと知りたい方はこちら

Thumbあさり栄養成分・効能まとめ!疲労回復や肝機能の強化にも効果的
Thumbあさりの冷凍保存方法を紹介!解凍の仕方やおすすめの調理法は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-06-02 時点

新着一覧