付き合う前のLINEはOK?頻度や内容で気になる男心をくすぐろう!

付き合う前にLINEをするってどんな内容がいいのか不安になることがたくさんありますよね。そもそもLINEの頻度はどのくらいがいいのか、迷惑じゃないかなど悩んでいる方に是非読んでいただきたいです。付き合う前だからこそドキドキをLINEで楽しみましょう。

付き合う前のLINEはOK?頻度や内容で気になる男心をくすぐろう!

目次

  1. ドキドキの片思いLINEは悩みが多い
  2. 片思いの段階でLINEは控えるべき?
  3. 連絡がマメな彼ならLINEは頻繁に送っても大丈夫?
  4. いつLINEを送るのがベストなのか
  5. なかなか返事をくれない彼は脈なし?
  6. 未読スルーや既読スルーの場合はどうすればいい?
  7. ちゃんと返事をもらえるように繋げるLINE法
  8. 自己アピールもLINEでして行くのが大事!
  9. 彼のことをLINEでもっとよく知っていこう
  10. お互いの趣味についてLINEで語りかそう
  11. 愚痴こぼしのLINEはタイミングが重要
  12. LINEで相手の愚痴を聞き出せたらベスト!
  13. LINEスタンプでもどかしい気持ちをちょいアピール
  14. 今何してるのか聞くより伝えるのが大事
  15. LINEで告白しちゃうのはあり?
  16. まとめ:付き合う前から相手を思いやるLINE

ドキドキの片思いLINEは悩みが多い

付き合う前にしか味わえないLINEのドキドキ

まだ彼氏彼女の関係では無いけれど、付き合う前のこのドキドキする感情で、LINEのやり取りをするというのはこの時期だからこそできる体験ですよね。なかなか返事をもらえなかったり、返事が来てもなんて返せばいいのか戸惑ったり、LINEの頻度や内容で悩まれる方も多いでしょう。しかし、せっかくの楽しいドキドキLINEなのですから楽しく会話したいですよね!

今回は、そんな付き合う前のLINEを付き合う前の視点からお話ししていきます。付き合う前と付き合う後のLINEのやり取りに変化があるかと言われると、付き合う前から仲のいい友達からなのかどうかにも左右されますが、今回はあくまで付き合う前のLINEの頻度や内容にスポットを当てて、一緒に考えていきたいので付き合う前のLINEで悩んでる方はぜひ参考にしてみてください。

片思いの段階でLINEは控えるべき?

付き合う前からたくさんLINEはしていいのか

一番最初に付き合う前のLINEで気にしてしまいがちのが、LINEの頻度です。まだ付き合う前なのに高頻度に毎日LINEをしたりしてもいいのでしょうか?発揮し行って、彼女ヅラ彼氏ヅラな感覚でLINEさえしなければ、付き合う前でも片思いな気持ちを持ってそんなに頻度に気を使う必要は無いでしょう。もちろん相手に迷惑と思わせるほどするのはいけませんが。

人によって付き合う前のLINEの頻度の許容量も異なると思います、最初は自分がしたいだけLINEをしてみて、付き合う前だからこそ相手のLINEスタイルややり取りの区間を知っていけばいいのです。最初から怯えてLINEを送れないよりも、付き合う前だからこそ相手をしって行くために、色々と聞いてみちゃうのがいいかもしれませんね。少なくとも返事が来てるなら送りましょう。

連絡がマメな彼ならLINEは頻繁に送っても大丈夫?

付き合う前だからマメな彼であっても頻度は気にしておこう!

案外毎日LINEをしてしまったり頻度で失敗しがちなのが、マメに返事を返してくれる相手だったりします。返事を返してくれるLINEに返信をすること自体は何も間違いでは無いのですが、返事が少し遅くなってしまったりした時に催促するようなLINEを送るのはよくありません。マメな人にこそ頻度を気にしてLINEの返事を少し我慢することも必要だったりします。

マメである人は仕事や学業に、人間関係と真面目に取り組む方も多いでしょうし、LINEで毎日時間を埋めてしまっても詰め込みすぎで付き合う前から彼にしんどい思いをさせてしまうかもしれません。マメな相手ならば、少しくらい頻度を緩くしても毎日一通程度であっても必ず読んでくれるのですから、焦らず一通一通を大切にLINEしてみてもいいのではないでしょうか。

意外と、連絡がマメな人であっても付き合う前はマメだったのに、付き合ってから連絡がマメじゃないなんて場合もあったりします。この付き合う前のLINEを長く楽しむためにも、相手をちゃんと思いやって、お互いに楽しいラインになるように、付き合う前だからこそできるLINEのやり取りをしていきましょう。

いつLINEを送るのがベストなのか

付き合う前だからこそ探りを入れよう

毎日のようにLINEをしたり頻度が高まると付き合う前であってもLINEをする相手のライフスタイルがある程度見えてくると思います。この時間帯におやすみLINEが来ていたり、この時間に行って来ますLINEがあったりなど、生活スタイルがある程度しれてくるでしょうから、忙しそうな時期にお返事を催促しないようにだけ気をつけましょう。LINEでお疲れ様と労うのもいいですね。

時間だけじゃなくて時期も測ろう

毎日毎日同じライフスタイルでない人もいますし、案外忙しい時間であってもみないだけで返事が後回しになるだけです、送ってはいけないというよりもLINEを催促しなければいいだけの話、ただ送ること自体の頻度を本当にきにするべきなのは時間帯というよりも、忙しい時期かどうかという点が重要だったりします。付き合う前でも相手の環境や状況に合わせてあげましょう。

なかなか返事をくれない彼は脈なし?

LINEの返事はたまにしかくれない彼の心中

全くLINEが返ってこないのではなくて、たまにだけ返ってくるというこケースもあるでしょう。付き合う前ですから確かに必ず返さなきゃいけないって気の張りもないでしょうから、それでも返事をくれているということはすぐに脈ありなし判断する素材にはなりません。もともと相手がLINEにマメじゃないタイプかもしれませんし。そういうスタイルなだけの場合もあります。

急かさないことが大事!

今忙しいのかどうか聞いてあげるのもいいですが、そうやってLINEを催促する話をするよりも、返事は無理をさせ渦に注意しつつ、返すのに困るようなLINEばかりを送るのではなく、時には返事をゆっくり待ってあげて忘れないうちにちょっと声をかけてあげるというのも、付き合う前のLINEの使い方でしょう。焦らずゆっくり付き合う前のLINEを楽しみましょう。

マメなタイプの人でないのかなと思っていても、付き合う前と後ではマメさが違う人もいます。ひょっとすると付き合ってみたら、付き合う前の今よりもずっと連絡を取り合う中になるかもしれません。そういった人だった場合は、根気強く付き合う前から、ちょこまかと声をかけてみたり、LINEだけで解決させようとせずデートの約束などに取り付け見るのもいいですよ!

未読スルーや既読スルーの場合はどうすればいい?

付き合う前からスルーされ続けてる場合

付き合う前から、既読スルーや未読スルーが続いている場合は、さすがに脈ありなしを判断したくなりますよね。未読スルーの場合も既読スルーの場合も忙しいから返していないという場合が十分にあり得ます。なのでそんなに気を落とす必要はありません。twitterなどをしているにもかかわらず人に返事をしない人も沢山いますから、LINEが得意じゃない場合もあります。

がっつきたくなるのは付き合う前だから当然

スマホをいじってるのにLINEに返事がこないからと、怒ったりしてはいけませんよ!付き合う前ですし、諦めるべきかなと脈ありなしを判断するとしたら、正直脈なしの可能性の方が強いです。なので焦る気持ちもわかりますが、だからと言って付き合う前の連絡が少ないから仲良くなれないとは限りません。忘れた頃にでもLINEでちょっかいかけてみてもいいでしょう。

ちゃんと返事をもらえるように繋げるLINE法

付き合う前だからこそ会話を繋げたいなら「?」で終えよう

LINEの内容で困るのが、返事に困るLINEだったりします。twitterにつぶやくような報告LINEなども苦手とする方がいるみたいで、リアクションするのが疲れるという方もいるみたいですが、その辺は付き合う前なのでお互いを知るためにも、どういういうLINEが相手にとって苦痛じゃないか少しずつ知っていけばいいでしょう。それよりも返事をしやすい疑問で終えるのがいいです。

顔を向き合わせて、会話をしているぶんには自然と会話が続いたり、言葉じゃないリアクションがあったりするので簡単な内容の会話でも問題ないですが、LINEのやりとりは内容自体濃くしていても、相手の返事がこなければ意味がありません。LINEが返って来やすいように、どう思う?とかこれよくない?というような疑問形で投げかけると相手もLINEを返しやすかったりしますよ。

自己アピールもLINEでして行くのが大事!

付き合う前なのだから自分をアピールするチャンス

LINEを送る内容の中で、特に話題が思い浮かばないまだ付き合う前だし相手のこともよく知らないという場合、手探りに自己アピールをナチュラルにLINEで取り入れてみてはいかがでしょうか。たまには今日はお菓子を作ったよなど料理の写真を添えてみたりして、家庭的な一面を見せてみたり、女子力の高さをアピールしちゃっても素敵な付き合う前のLINEになることでしょう。

植物を育ててみたりして、芽が出たことや最近ハマってることを伝えるようなLINEを送ってみてもいいかもしれないですね。自分の部屋の一角に、置いた観葉植物を見せることによって部屋のイメージをアピールしたり、自分の好みを自然とLINEで教えることによって、相手にどんなタイプのひとか知ってもらうことができるので、付き合う前のLINEにはぴったりですよね。

彼のことをLINEでもっとよく知っていこう

付き合う前に知っておくべき彼の好き嫌い

話題を考えようとすると、自分の話ばかりになりがちでもありますが、相手のことを聞いてみるのも付き合う前のLINEとしてはとてもいい傾向でしょう。勿論質問ぜめをするのはよくないかもしれませんが、相手に興味を持つのはとってもいいことです、どんなものが好きなのかLINEで知っていくと自然と内容としても話が広がりやすくて話も続きますよ。

意外と知らない一面も

今までは、外側だけをみて来て好きになったりしたものの、意外とLINEだと文章だからこそ伝えられる部分が見えて来たりと知らなかった相手の一面んが観れたりします。付き合う前に知ってもっと好きになるポイントが見えて来たり、内容によっても付き合う前に知って置いてよかったと思えることがLINEで知れるかもしれませんよね。相手に興味を持ったLINEをぜひしてみましょう。

お互いの趣味についてLINEで語りかそう

共通点を探しておけば付き合う前でも楽しい会話

一番付き合う前でもLINEの頻度をあげたり自然と内容も濃くなっていくのが、共通の趣味などを見つけた時です。勿論これから共通点を作っていくというのもありじゃないでしょうか。もともと脈ありじゃなかった相手でも、自分の好きなことに興味を持ってくれる相手なら、付き合う前から脈ありサインを送りあえるチャンスかもしれません。どんな趣味を持ってるか聞いてみましょう。

スポーツや写真に音楽、映画やドラマなど色々なところで共通の趣味は見つかるものです。そんな楽しい内容であればLINEは毎日でも続いてしまいますし、場合によっては一緒にイベントを巻き起こせるチャンスです。付き合う前からLINEで盛り上がった内容でデートにたどり着けるケースもありますから、脈ありサインを遅れるチャンスですよ!共通点をLINEで見つけ出しましょう。

愚痴こぼしのLINEはタイミングが重要

愚痴が決して悪いわけじゃない

愚痴をこぼすようなLINEを付き合う前にするべきではやはりないと思いますが、しかしそれは知り合ったばっかりだたり、LINEをひらけばいつも愚痴という方達の場合。さすがに毎日LINEで付き合う前から愚痴ばかり聞かされていたら、友達でも嫌になります。しかし、愚痴をこぼすこと自体が付き合う前のLINEとしてタブーな内容という訳でもありません。

たまに息抜き感覚で、愚痴を履いてみたりして、あなたにしか見せない私の一面よと脈ありアピールをする方法もああります。あくまでネガティブを前面に押し付けるのではなく、ちょっとお疲れモードだけど愚痴っちゃってごめんねと相手をあくまで気遣うようなLINEが付き合う前の愚痴LINEとしては重要です。最後はちゃんと愚痴聞きありがとうと感謝LINEもしましょう。

LINEで相手の愚痴を聞き出せたらベスト!

付き合う前から愚痴が聞ければ好きを見つけたチャンス

逆に、自分が愚痴をLINEするのではなく、相手の愚痴をLINEで聞けたらならば、それこそ相手にこういう一面を見せてくれるなんて付き合う前から心を開いてくれていると喜ぶべきかもしれません。その時は、同調してあげつつ元気付けるように優しくしてあげましょう。無理やり明るくさせる相手かどうかも付き合う前なので少し気を使ってあげるといいでしょう。

LINEスタンプでもどかしい気持ちをちょいアピール

言いにくい感情を付き合う前でもぶつけられる!

LINEが何よりも魅力的なのはやっぱりスタンプというツールがあることでしょう。自分の言葉としてはなかなか言いにくい脈ありサインも、スタンプならさりげなく伝えることがあります。向こうも付き合う前にこう言ったスタンプがふと飛んでくると脈ありかもと気がついてくれたり、LINEスタンプ一つでちょっときになる相手になってくれたりするかもしれませんよ。

それでも使いすぎは注意!

毎日スタンプばかりを送り合うのも、仲のいい証拠ですが、あくまで付き合う前ですし相手の迷惑になっていないかはLINEスタンプを多く使うとき気をつけましょう。LINEでの会話の終わりに使うという方もいますし、なんども連投すると迷惑になったりします。使いやすいLINEスタンプですが程よく脈ありサインに使ったり、毎日のLINEの着色として使ってあげましょうね。

今何してるのか聞くより伝えるのが大事

会話を投げかけるなら話題は自分から

何してるの?と質問するのもいいですが、相手に話題を丸投げよりも、まずは自分が今こんなことしてるよ!と教えてあげつつそっちは何してる?と聞いた方が自然ですし、付き合う前のLINEですからどうせなら会話が続く方がいいですし。毎日のLINEを目指すのに投げっぱなしの会話テーマ放棄は相手を疲れさせてしまいます。付き合う前だからこそ内容はしっかりとしましょう。

付き合う前の時間ってとても貴重だという話はしたと思いますが、付き合う前の時間だからこそできるLINEというものがあります。それは相手との駆け引きをするようなLINEです。相手が脈ありかどうかしるきっかけになったり私はあなたに興味を持ってるよというようなアピールLINEだったり、お互いにLINEの返事が出て成り立つ貴重な時間ですから、自分から発していきましょう!

LINEで告白しちゃうのはあり?

これまで、付き合う前のLINEの話をしてきましたが、付き合う前だからこそできるLINEといえば告白LINEというのもありますよね!もちろん付き合う前特権のLINEですから、してみてもいいと思います!ただやはり手軽さをよしとするLINEですから、本気度というのを表すのにLINEはあまり向かないかもしれません。告白に使うというよりも脈ありアピールをする方がおすすめです。

相手に告白してもらうにしても、やっぱり面と向かってとかの方が嬉しいですよね。もちろん付き合う前のドキドキ感を楽しむのでなんちゃって告白なんてのをしてみてもいいかもしれませんが、付き合う前の楽しみとして告白LINEはとっても大事にしたいLINEです。付き合う前のデートをいっぱい計画したり、告白に持っていくLINEのやり取りを楽しむのも大切ですよ。

まとめ:付き合う前から相手を思いやるLINE

付き合う前の時間ってどうしてもドキドキしてしまって、相手のことを慎重に考えようとする気持ちが前へ前へと出てしまいがちですが、案外その付き合う前ならではのドキドキを楽しんでれば、自然といい感じのLINEのやり取りができくるのはないかなと感じます。相手を気遣う思いを忘れずに、自分が自分がならなければきっと付き合う前から好印象なLINEができますよ!

LINEのやり取りについてもっと知りたいあなたへ

Thumb返信が遅いけど返ってくる男性の心理は?LINEの脈あり・脈なし判断基準
Thumb既読スルーをする男性心理・本音!LINEに振り回されないための対処法
ThumbLINEのトラブルを防ぐには?原因や対策から実際のエピソードまで!
Thumbうざい男の特徴とは?LINEの効果的なかわし方・撃退方法を大公開

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-15 時点

新着一覧