紫チークで透明感のある肌に!使い方とおすすめのアイテムを紹介

透き通るような透明感を出すことができる紫チークが今話題になっています。そこで肌を綺麗に見せる紫チークの使い方とプチプラやブランドの中から特におすすめの紫チークアイテムを紹介していきます。使ったことがない方も使い方を覚えて是非紫チークを使ってみくださいね。

紫チークで透明感のある肌に!使い方とおすすめのアイテムを紹介

目次

  1. 肌を綺麗に見せる紫チークが今話題!
  2. 透明感を出す!紫チークの使い方
  3. アレンジした紫チークの使い方で透明感を出す
  4. 使いやすい!人気の紫チークを紹介
  5. ガーベラデザインが可愛い「クリニーク・チークポップ」
  6. ピンクベースの紫チーク「セザンヌ・ナチュラルチークN」
  7. 2WAY「エチュードハウス・ドリーミングスワンアイ&チーク」
  8. 質感が魅力「RMK・クリーミィシアーパウダーチークス」
  9. キャンディカラー「ジルスチュアート・ルースブラッシュ」
  10. 高発色の紫チーク「CHACOTT・ウィンキングシリーズ」
  11. さらさら紫チーク「CANMAKE・パウダーチークス」
  12. 透かしカラーが魅力「シュウウエムラ・グローオン」
  13. しっとり肌に密着「MAC・パウダーブラッシュ」
  14. ほんのり発色する「NOEVIR・アクトリース」
  15. 美容成分配合「アディクション・ブラッシュトリニティ」
  16. カラー展開が豊富「NARSブラッシュ」
  17. 紫チークカラーで透明感のあるメイクに

肌を綺麗に見せる紫チークが今話題!

青み系ピンクが混ざっている紫チークが今話題になっています。肌のくすみを飛ばしてナチュラルな透明感に与えることができるので普段のメイクにも取り入れやすいところが特におすすめです。普段使っているピンクやレッド系のカラーとは違う珍しいカラーになっていますが使い方を覚えると垢抜けメイクに使うことができる人気のアイテムです。是非チェックしてみてください。

透明感を出す!紫チークの使い方

では実際に紫チークのおすすめの使い方について紹介していきます。まず使用する紫チークですが、ブルーベースの方は青みピンクが多めのチーク、イエローベースの方は赤みが少し強めの紫チークをチョイスするとより肌に透明感を出すことができます。準備として紫チークを塗る前にまずはベースメイクを一通り終わらせておきましょう。

パウダータイプの紫チークの使い方

まずパウダータイプの紫チークの使い方を紹介します。大きめの筆でパウダーを薄めに乗せたら紫チークを乗せたい部分にふわっと乗せていきます。薄めに入れるので普段のチークの入れている範囲よりもより大きめに入れていきましょう。紫チークの入れる場所は好みでOKですが、笑った時に高くなる頬骨あたりに入れるのが主流だそうです。

クリームタイプの紫チークの使い方

じゅわっと発色させられるクリームタイプの紫チークの使い方は、まず手の甲に紫チークを出して色を調節します。パウダーの紫チークと同様薄めに肌に乗せていきます。一番濃くしたい真ん中にクリームタイプの紫チークを乗せてから外側にぼかしていくとナチュラルに肌に透明感を出すことができます。伸ばす時にポンポンと叩くように伸ばしていくとベースメイクがヨレにくいです。

アレンジした紫チークの使い方で透明感を出す

紫チークは単体で使うのもおすすめですが、メイクのアレンジができるところもおすすめになります。応用としてアイシャドウとして使えるタイプの紫チークもあるのでほんのりと目尻にぼかすように入れるのもおすすめです。チークと統一感を出すことで綺麗な透明感メイクを仕上げることができます。くすみの気になるところもほんのりと紫チークをぼかしていきましょう。

パウダータイプとクリームタイプの紫チークをW使いする

最初にクリームタイプの紫のチークを中心のみにポンポンと乗せたあとに上から大きめのブラシでつけたパウダータイプを被せてW使いすることで内側からナチュラルに色づいたような透明感メイクに仕上げることができます。クリームチークの油分が多いものは一度パフやスポンジで軽く抑えてからパウダータイプの紫チークを乗せるようにしましょう。

他のチークカラーと合わせた使い方

紫チークの上から他のチークカラーを組み合わせる使い方です。カラーとしてはピンク系のカラーをチョイスすると肌をより自然に見せることができます。チークの質感は特にこだわりませんがクリームチーク同士はヨレやすいので合わせないように注意しましょう。またピンクを主体にしたメイクをする時は端っこに重ねづけチークとしても使えるアイテムなのでおすすめです。

ハイライトとして紫チークを使う

紫チークには肌のくすみを飛ばしてくれる効果もあるので大きめのブラシでふんわりとハイライトとして使う使い方もおすすめです。鼻のTゾーン付近や、顎、目のクマなどくすみが強い部分や高く見せたいところに入れていきます。濃く入れすぎると不自然な仕上がりになるのでチークとして使うよりもかなり薄めに紫チークを入れていきましょう。

使いやすい!人気の紫チークを紹介

紫チークの使い方について紹介したところで、使いやすくて人気のある紫チークアイテムを紹介していきます。プチプラブランド、デパコスブランドから紹介しているので紫チークが欲しい!という方は是非参考にしてみてくださいね。またブランドによってほんのり紫チークのカラーが変わるのでお好みの紫チークカラーを選んでみてくださいね。

ガーベラデザインが可愛い「クリニーク・チークポップ」

ガーベラの花型がチークの表面に書かれている人気のチークアイテムになります。紫チークのカラーは「15パンジーポップ」がおすすめ紫チークカラーです。肌に透明感を出せる青み系のピンクが入っているので肌なじみもよいです。ベリー系のカラーの「03ベリーポップ」はピンク系の強い紫チークを肌に使いたい方に特におすすめです。

3色カラーで紫チークを綺麗に見せる「トゥーリングパレット」

ハイライト、ブラッシュ、コントゥールのカラーが配色されているパレットで、グラデーションのように肌に乗せることで自然な小顔と透明感を得ることが出来るおすすめのアイテムになります。紫チークが入っているカラーは「05ディファイニングシュガー」「06ディファイニングピンク」の2種類がおすすめです06番の紫チークの方がピンク感が強めです。

ピンクベースの紫チーク「セザンヌ・ナチュラルチークN」

プチプラコスメアイテムを多く発売する「セザンヌ」から出ている紫チークです。ふんわり肌に乗せられるブラシ付きなのでメイク直しにも使いやすいアイテムになっています。使いやすいピンクベースの紫チークになっている「ラベンダーピンク」が中でもおすすめです。ミネラル成分が90%配合されているのでしっとりと肌に馴染む紫チークです。

2WAY「エチュードハウス・ドリーミングスワンアイ&チーク」

アイシャドウとしてもチークとしても使うことができる2WAYタイプのアイテムです。パールが細かく入っているので毛穴を綺麗にカバーしてふんわりした肌に仕上げることができます。紫チークの中でもパステル感が強いチークで重ねづけすることによって濃さを調節できます。パフがついているのでメイク直しにもおすすめの紫チークです。

見た目も可愛い「カラフルドローイングウォーターカラー」

絵の具のような可愛い見た目のチークで、ウォータータイプなのでみずみずしく頬にしっとりと馴染んでくれます。カラー展開は全部で5色。深みのあるピンクカラーを多く含んだ「ライラックラベンダー」が紫チークとして人気が高いアイテムです。ポンポンと乗せたい場所にカラーを置いたら筆でしっとり伸ばしていくのがおすすめの使い方になります。

質感が魅力「RMK・クリーミィシアーパウダーチークス」

パウダーなのにクリーミーに肌に乗ってくれるチークになっています。薄めのラベンダーカラーと濃い目のぶどうカラーの紫を2色を混ぜることで自然な透明感を出すことができます。ラベンダーが入ったローズカラーと薄めのパープルカラーが入った01番がおすすめです。柔らかめなブラシが入っているのでメイク直しにも使いやすい紫チークです。

使いやすい紫ベースチーク「インジーニアスパウダーチークスN」

パールが入っていて自然に肌を上品に見せてくれる効果があるチークです。季節によって限定色が販売されるところも人気が高いです。ほんのりローズカラーが入った「ラズベリーローズ」が紫チークとして使いやすいカラーになっています。自然な素肌感が出せる色付きなのでナチュラルメイクにもおすすめの紫チークです。2色入れられるケースも合わせてチェックしてみてくださいね。

キャンディカラー「ジルスチュアート・ルースブラッシュ」

オイルコートパウダーが入っているタイプのチークなので、頬にしっとりと密着して長時間落ちないカラーが続く優秀なチークになります。また皮脂吸着パウダーが入っているので皮脂によるメイクの崩れや肌のくすみを取り除く効果もあります。ツヤ肌をお共としても人気の高いチークです。キャンディのような見た目のデザインも人気があるチークになります。

ベリーカラーの紫チークが人気

紫チークとして人気なのが「ベリーバターフライ」のカラー。使いやすいベリーベースのカラーになっていてほんのり乗せることで肌のくすみを全体的に飛ばしてナチュラルな発色に仕上げることができます。付属のパフスティックは見た目も可愛く、ふわっと肌にのせることができるので是非使ってみて欲しいです。保湿成分も入っているので乾燥肌にもおすすめの紫チークです。

9色ミックス「ミックスブラッシュコンパクトモアカラーズ」

1つのコンパクトの中に9色のカラーが配色されているチークになっていて、使いやすいハイライトカラーとチークが入っています。単色で使ってもよいですし混ぜてカラーを乗せても可愛いです。「26 girlsnightout」のコンパクトの中には紫チークのカラーも含まれているので、ピンク系と合わせて使ってもいいですし1色使いをしてもとてもキュートなのでおすすめです。

高発色の紫チーク「CHACOTT・ウィンキングシリーズ」

絵の具の紫をそのまま出したかのような濃い目の紫カラーが楽しめる紫チークになります。チークだけでなくアイシャドウとしても使うことができるのでメイクに統一感出すことができます。見たままのカラーが発色するので他のカラーと混ぜて使っても綺麗に見せることができます。紫カラーの強いのは「ディープパープル」「ヒューシャ」の2色になっています。

さらさら紫チーク「CANMAKE・パウダーチークス」

マット、パールの2タイプの種類が発売されている紫チークです。パウダータイプなのにクリームのようにしっとりと肌に馴染んでくれるアイテムなので長時間綺麗がカラーが続いてくれます。また8種類の美容保湿成分が配合されているので乾燥を防ぎながらチークが乗せられます。紫チークカラーは濃い目の「PW38」と紫カラーが強めの「PW39」の2種類がおすすめです。

ピンクと紫チークのW使いができる「グロウフルールチークス」

単色でもふわっとカラーを混ぜても使うことができる人気のチークアイテムです。限定色の「フューシャベリーフルール」は、左上の紫チークカラーを中心に青み系ピンクのカラーが5色配色されています。キュートな紫チークを乗せることができるのでおすすめです。毛穴を目立ちにくくするパウダーが配合されているのでふんわり肌に仕上げられます。

透かしカラーが魅力「シュウウエムラ・グローオン」

ピンク系のカラーだけでもかなり種類が多いチークになります。元の肌の色を活かしながら綺麗に紫カラーを乗せられるのでナチュラルメイクにもおすすめのアイテムです。ピンク寄りの紫チークは「M225」少しプラムカラーが入った「M330」の2種類が人気です。大きめのブラシやしっとりめのスポンジでつけると綺麗に紫チークが乗るのでおすすめです。

しっとり肌に密着「MAC・パウダーブラッシュ」

ふわっとブラシにパウダーをつけて肌に乗せるだけでナチュラルな発色が楽しめる紫チークです。優しい成分で作られているので敏感肌の方でも安心して使うことができるところもおすすめです。カラーバリエーションが豊富ですが中でも紫チークとしては「プラムフーラリィ」が人気です。重ねづけでチークの濃さを調節することができます。

クリームタイプ「エクストラディメンションブラッシュ」

クリームのようにしっとり乗せられて肌に馴染んでくれる優秀な紫チークになっています。中でも青みピンクベースでぶどう系の紫カラーが入っている「ラップドキャンディ」がおすすめです。指でもスポンジでもさっと乗せられるので使いやすい紫チークです。パウダータイプの「パウダーブラッシュ」と合わせるとより綺麗に見せることができるのでおすすめです。

ほんのり発色する「NOEVIR・アクトリース」

薄めのカラーから濃い目までほんのり4色のグラデーションカラーが入っている紫チークです。単色で使ってもよいですし混ぜてふわっと乗せてもとても可愛いです。またチークの下地としても使うことが出来るので普段のメイクにも使いやすいチークです。紫チークの中でも赤みはなくナチュラルな透明感を出すことができる「ラベンダー」がおすすめです。

美容成分配合「アディクション・ブラッシュトリニティ」

細かいカラー展開が豊富のチークで、美容成分が配合されているので肌をケアしながらしっとりと発色させることができるところが人気です。紫チークとしては「ウィンターブラッシュ」やローズベースの「ローズバー」が使いやすいカラーになっています。またチークは季節に合わせて限定色も出るので合わせてチェックしてみてください。

リキッドタイプでしっとり発色「チークポリッシュ」

見た目がマニキュアのような可愛いデザインで、リキッドタイプのチークなのでしっとりと肌に発色します。ナチュラルな発色感が出せるので使いやすいです。紫チークとしては薄めのピンクベースの「センシュアリー」とくすみ系のピンクカラーが綺麗な「ウィンターブラッシュ」の2色が使いやすいです。また濃い目の紫カラーとして「サスピシャス」のカラーもおすすめです。

カラー展開が豊富「NARSブラッシュ」

幅広いカラー展開で理想のカラーに出会うことができる人気の「NARS」のチークになります。元の肌を活かしながらシルクのようなカラー発色が特徴的でふわっと肌に馴染んでくれるところがおすすめです。紫チークとしておすすめなのは淡い紫カラーの「4000N」少しくすみがかった「4014N」「4067」あたりがおすすめになります。

ハイライトとしても使える「ハイライティングブラッシュパウダー」

クリームのようなしっとりとしたなめらかなパウダーアイテムなので、カラー落ちもしにくく使いやすいです。重ねづけのしやすい透明感の出るカラー発色が人気で、ハイライトとしても使える綺麗なカラーになっています。中でも「5132」のカラーがピンクベースの綺麗な紫カラーになっているのでチーク&ハイライトとしてメイクに取り入れやすいのでおすすめです。

紫チークカラーで透明感のあるメイクに

紫チークといえば使ってみたいけれど難しそうというイメージが強いですが、くすみを飛ばして透明感を出すことができる効果や普段よく使っているチークカラーとの相性もよいので使ったことがない方は是非挑戦してみて欲しいです。おすすめのアイテムばかりを紹介しているので普段のメイクに紫チークアイテムを使って透明感のある肌に仕上げてみてくださいね。

紫チークに関連する記事はこちら

Thumbクリームチークの使い方・塗り方まとめ!上手に塗るコツや効果は?
Thumbチークの位置を工夫して顔の印象を変える!いろんなパターンを紹介!
Thumbパウダーチーク人気ランキング!1000円以下のおすすめプチプラ商品

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-16 時点

新着一覧