ケーキの冷凍保存・解凍の方法まとめ!賞味期限はどれくらい?

いつでも食べたくなるケーキ。食べたい種類がたくさんあって色々買ったものの食べきれなかったことありませんか?今日はケーキの冷凍方法や解凍方法を紹介します。余ったケーキは冷凍して長く楽しみましょう!ぜひ参考にしてみてくださいね。

ケーキの冷凍保存・解凍の方法まとめ!賞味期限はどれくらい?

目次

  1. たくさん余ってしまったケーキ…冷凍できる?
  2. 余ったケーキは冷凍しよう!
  3. ケーキを冷凍するメリットとは?
  4. 冷凍できるケーキと出来ないケーキがある
  5. ケーキの冷凍方法とは
  6. チーズケーキやロールケーキなどはラップでくるんで冷凍しよう
  7. デコレーションケーキは保存容器で冷凍するのがベスト
  8. 長く冷凍ケーキを楽しむ方法とは
  9. 空気を完全にシャットダウンする!
  10. クリームの中にサンドされているフルーツは取り除く
  11. 冷凍ケーキは早めに食べきるのが美味しいポイント!
  12. ケーキを解凍する方法とは?電子レンジでは解凍できる?
  13. 冷蔵庫でゆっくり解凍するのがベスト
  14. 電子レンジでの解凍はリスクが高いので注意!
  15. 半解凍で美味しく食べられるものは半解凍もおすすめ
  16. 美味しいケーキは冷凍して長く楽しもう!

たくさん余ってしまったケーキ…冷凍できる?

急に甘いケーキを食べたくなることってありますよね。今はコンビニでもたくさん美味しそうなケーキが販売されていますので、ついつい食べたくなってたくさん購入してしまったという経験もあるかと思います。甘くて食べるだけで幸せな気持ちになるケーキは、日ごろのご褒美にも買うことがありますよね。

また、誕生日や記念日などの時に大きなデコレーションケーキを購入し、食べたものの大きなデコレーションケーキが余ってしまうこともありますよね。そんなときに冷蔵庫に入れて保存していても、どうしても食べることが出来ずに捨ててしまった経験はありませんか?ケーキは生ものですので、賞味期限が非常に短く多くのケーキは買った当日が賞味期限として設定されていることが多いです。

余ったケーキをどのように保存するとベストなのか迷いますよね。そんな時に気になるのが、ケーキは冷凍できるのかということ。デコレーションケーキやたくさん買ったケーキを冷凍しておけたら、保存期間も長くなりますし、食べたいときに食べられますので助かりますよね。

Thumbコンビニで買えるケーキのおすすめ&新作を紹介!値段はどれくらい?

余ったケーキは冷凍しよう!

実はたくさん余ったケーキは冷凍することが可能です。ケーキはスポンジやムースケーキなど種類がありますが、きちんとポイントを押さえておくと、美味しいままの状態で保存しておくことができます。一人暮らしをしている方は、ケーキを大人買いして食べられなかった場合などはぜひケーキを冷凍しておきましょう!

Thumbアイスケーキの人気レシピまとめ!お家でできる簡単&本格的な作り方を紹介

ケーキを冷凍するメリットとは?

食べられなくて余ってしまったケーキ。泣く泣く捨ててしまった経験ありますよね。生もののケーキは賞味期限が短くなりますので、冷凍保存しておくことで多くのメリットがあります。ケーキを冷凍しておいて、メリットを得ておきましょう!

①いつもよりも長くケーキを楽しむことができる

ケーキを冷凍しておく最大のメリットは、賞味期限が短いケーキを長く楽しむことができるということです。ケーキは生クリームやフレッシュなフルーツを使っていたりしますので、基本的に当日中に食べきってしまわなければなりません。たくさんケーキを買ってしまうと、食べきれないのに当日中に食べなければならないのでせっかく買っても残ってしまうと、長く保存できずに捨てなければならなくなってしまうことも。

しかし、賞味期限が短いケーキを冷凍しておくことで、長く保存することができますし、冷凍してあるケーキを解凍すればいつでも食べたいときにケーキを食べることができます。2日程度で食べられなくなってしまうケーキを、長期間保存しておくことができることは、最大のメリットです。

②冷凍するとケーキの別の味わいを楽しめる

冷凍したケーキは、もちろん解凍して食べることが基本です。しかし、ガトーショコラやロールケーキといったケーキであれば、半解凍や冷凍した状態のままで食べることもできます。新鮮な生クリームで食べるケーキももちろん美味しいですが、半解凍状態のアイスクリームのような状態で食べるとまた違った味わいを楽しむことができます。

生クリームも冷凍することで、食感が変わりいつものケーキと違った食べ方をしたいときにはおすすめです。特に夏場などは冷たい状態のケーキを食べると、さっぱりとしますし、熱い体をクールダウンすることができます。長期間保存することも大きなメリットですが、いろいろな味わいを楽しめるのもメリットになりますね。

③スポンジ台で冷凍しておくと簡単にデコレーションケーキが作れる

冷凍したケーキのメリットとして、あらかじめ作っておいたスポンジ台を冷凍しておくと解凍すればすぐにデコレーションケーキを作ることが出来ます。誕生日や記念日となると、部屋を飾ったり、プレゼントを用意したりと色々と準備しなければならないですよね。忙しいと誕生日ケーキを手作りしたくても中々出来ないですよね。

しかし、子供や大切な人にデコレーションケーキを作ってあげたいと思うこともあるかと思います。そんな時には時間のある時にスポンジケーキだけでも作って冷凍しておくと、誕生日の前日に解凍して生クリームやフルーツをデコレーションするだけで、さっと作ることが出来ますよね。事前に準備しておくと、大変なケーキ作りも時短ですますことができます。

せっかくの大切な日に、手作りケーキをプレゼントしたいけれど、時間がないかもしれない、という時には是非スポンジケーキだけを作っておいて冷凍しておきましょう!スポンジ台を冷凍しておけることも、大きなメリットですよね。

冷凍できるケーキと出来ないケーキがある

ケーキは冷凍出来るのがわかりましたが、ケーキにはたくさんの種類がありますよね。では、たくさんの種類あるケーキは全て冷凍することができるのでしょうか?全てのケーキの種類を冷凍することができたら良いですが実は、冷凍できるケーキと冷凍出来ないケーキがあります。一体冷凍できるケーキとできないケーキの違いとはなんでしょうか?

フレッシュフルーツのケーキは冷凍できない!

実は冷凍できないケーキとして代表的なケーキが、フレッシュフルーツが乗ったケーキは冷凍することができません。フルーツのタルトや苺のショートケーキなど、生のフルーツが乗ったケーキがありますよね。フレッシュフルーツが乗ったり入っているケーキは、冷凍することができません。

実はフレッシュフルーツは冷凍することは出来るのですが、解凍した時に水分が多く出てしまいスポンジに水分が移ってしまいベチャベチャになってしまいます。せっかく美味しく食べられるフルーツですが、冷凍し解凍してしまうとケーキそのものもだめになってしまいますので、フルーツのケーキは冷凍しないようにしましょう。

フルーツが乗っているケーキを冷凍する場合には、フルーツは取り除いてケーキや生クリームの状態にしてから冷凍するようにしましょう。また、同じフルーツであってもジャムであったりコンポートになっているフルーツのケーキは冷凍しても大丈夫です。

また、フレッシュフルーツ以外のケーキであれば、ロールケーキやガトーショコラ、生クリームやチョコクリームのケーキなどほとんどのケーキを冷凍することができます。ケーキを冷凍する場合には、フレッシュフルーツを取って冷凍するようにしましょうね。

ケーキの冷凍方法とは

では、ケーキの冷凍方法を紹介します。ケーキを冷凍するにあたって、それぞれのケーキに合わせて冷凍方法を変えておくことが大切です。冷凍方法を正しく行うことで解凍した時も美味しくケーキを食べることができます。しっかりと冷凍方法を知っておきましょう!

チーズケーキやロールケーキなどはラップでくるんで冷凍しよう

デコレーションが比較的少ないチーズケーキやロールケーキといったカットされているケーキを冷凍したい場合には、ラップでしっかりと包み保存袋にいれて空気を出来るだけ抜いて冷凍するようにしましょう。その際に、金属バットなどがあれば、急速冷凍することができますのでさらに鮮度を保ったまま冷凍することができます。

今は、保存袋も生鮮食品に特化したものもありますので、そういったアイテムを使用するのもおすすめです。しっかりとラップでケーキを包んでおくのがポイントです。空気に触れる場所があると、冷凍庫の冷気でケーキが劣化してしまいますので、注意しましょう。

デコレーションケーキは保存容器で冷凍するのがベスト

砂糖菓子などの飾りが付いているデコレーションケーキやショートケーキや生クリームなどが立体的に飾られているケーキは、ラップで綺麗に密着させて保存することは出来ませんよね。そんな場合には、密閉できる保存容器にいれて冷凍するようにしましょう。

この際、ラップで冷凍できるケーキに比べて劣化する速度は早くなります。ですので、早めに食べきるようにしましょう。また、保存容器にケーキをいれる場合には、隙間を少しあけていれるようにしましょう。密着させてぎゅうぎゅうに入れてしまうと、冷凍するのに時間がかかってしまいますし、逆に解凍する場合にも時間がかかり美味しくなくなってしまいます。

長く冷凍ケーキを楽しむ方法とは

冷凍したケーキは、普通のケーキに比べて長く楽しむことができますが、やはり冷凍していると劣化していってしまいます。少しでも長く冷凍したケーキを楽しむ為には、冷凍保存する場合にしっかりとポイントを押さえておくことが大切です。では、冷凍ケーキを長く楽しむためにはどのようにすればよいのでしょうか?

空気を完全にシャットダウンする!

冷凍する場合に大切なことは、空気をしっかりとシャットダウンすることです。少しでも空気に触れる場所があると、劣化が進んでしまいますので、ケーキ自体が冷凍焼けを起こしてしまったり、水分がなくなってしまい解凍した時にスカスカのケーキになってしまいます。ラップをする時には、隙間がないようにしっかりとラップをくるむようにしましょう。

また、保存袋にいれる時にも、しっかりと空気を抜いておくことで劣化を抑えることができますので、ストローなどの方法で空気を最小限のする工夫をすることも大切です。空気からシャットダウンすることが、冷凍したケーキを長く楽しむことができるポイントになります。

クリームの中にサンドされているフルーツは取り除く

先程紹介したように、フレッシュのフルーツは冷凍し解凍した際に、水分が出てしまいスポンジに水分が移ってしまい美味しくなくなってしまいます。ですので、フレッシュのフルーツは取り除いて冷凍するのが鉄則です。しかし、意外と見落としがちなのが、ケーキのクリームの中にはいっているフルーツです。

デコレーションとして飾られているフルーツは気が付きますが、ケーキの中に入っているフルーツに気が付かずに冷凍してしまうことがありますので、注意しましょう。冷凍する時にはケーキ全体にフルーツがないかを確認してから冷凍するようにしましょうね。

冷凍ケーキは早めに食べきるのが美味しいポイント!

冷凍したケーキは賞味期限が長くなり、楽しむことができ、一人暮らしの方などは特に助かりますよね。しかし。冷凍したケーキは賞味期限が長くなるからといって長期間保存しておくと、どんどん美味しくなくなってしまいます。やはりケーキは生ものになりますので、極力早めに食べきってしまうのがおすすめ。

冷凍焼けをしてしまったり、ケーキ自体の水分も失われてしまいますので、冷凍したケーキも出来るだけ早く食べるようにしましょう。やはり美味しいケーキは、美味しいまま食べたいですよね。解凍しても美味しい状態で食べられる間に、食べ切るようにするのがおすすめです。

冷凍したケーキの賞味期限としては、ラップでくるむ事ができるケーキだと約2週間程度、保存容器に入れておくケーキの場合の賞味期限は約1週間程度で食べるのが、最も劣化が少ないまま冷凍することができます。冷凍していても賞味期限はしっかりと守るようにしましょうね。

ケーキを解凍する方法とは?電子レンジでは解凍できる?

では、冷凍したケーキはどのような方法で解凍するのがよいのでしょうか。今は電子レンジなど色々便利なアイテムがありますよね。しかし、冷凍してあったケーキを解凍するのはどうすればよいのかを解説します。

冷蔵庫でゆっくり解凍するのがベスト

基本的に冷凍したケーキは冷蔵庫でゆっくりと解凍するのが最も美味しく食べられる解凍方法です。冷凍してあるお肉などでも同じですが、冷凍してある物と外気温の差が無いほうが、より美味しい状態で食べることができます。ですので、冷凍したケーキも冷蔵庫で温度の差がない状態にして解凍するのがおすすめ。

ケーキを食べたい約8時間程度前から冷蔵庫に入れておくと、美味しい状態で食べることができますよ。また翌日に食べる予定であれば、前日の夜に冷蔵庫に入れておくと確実に翌日には溶けていますので、前もってわかっている場合には前日に入れておくようにしましょう。

電子レンジでの解凍はリスクが高いので注意!

解凍に調理に便利で時短に大活躍する電子レンジですが、冷凍したケーキの解凍には使用することができるのでしょうか?電子レンジでの解凍ですが、生クリームを使用しているケーキの場合には、解凍ムラが出来てしまったり生クリームが溶けてしまう危険がありますので、使用するのはNGです。

温度を低くしても、どうしても外側と内側では温度が変わってしまい生クリームのケーキをレンジで解凍すると、美味しくなくなってしまったり、生クリームがドロドロになってしまいます。電子レンジで解凍するのは避けるようにしましょう。

パウンドケーキやスポンジ台であればOK

しかし、比較的電子レンジを使用しても大丈夫なケーキとしては、スポンジやパウンドケーキであれば大丈夫です。水分も少ないものが多いですし、少し温まっても生クリームが溶けてしまうことがないので、リスクは低いことが多いです。しかし、こちらも冷蔵庫で解凍する方が美味しく解凍できますので、電子レンジを使用するのは緊急の場合のみにしましょうね。

Thumb簡単スポンジケーキの作り方!材料3つのふわふわレシピなど20選!

半解凍で美味しく食べられるものは半解凍もおすすめ

ロールケーキやムースケーキなどはわざと解凍しきらずに半解凍状態で食べるのもおすすめです。生クリームの食感が変わりますので、アイスケーキを食べているような食感になりまた違った楽しみ方ができます。ですので、アイスケーキとして楽しめるケーキは、冷凍した時にしか食べられない方法での楽しみ方もおすすめですよ。

美味しいケーキは冷凍して長く楽しもう!

誕生日や記念日、手土産や自分へのご褒美に美味しいケーキ。冷凍しておくことで、賞味期限が長くなり長い間楽しむことができます。ですので、もしもケーキが余った場合には、冷凍するようにしましょう!簡単に冷凍することができますので、是非参考にしてみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-08-03 時点

新着一覧