飲み会に行きたくない理由は?上手な断り方・メールの例文を紹介

飲み会に行きたくない!でも上手く相手に嫌な思いをさせない断り方が分からない!そんな飲み会に誘われた時の上手な断り方をマスターしよう。シチュエーションや相手に合わせた行きたくない飲み会の断り方をメールの例文も含んで紹介していきます。

飲み会に行きたくない理由は?上手な断り方・メールの例文を紹介

目次

  1. 行きたくない飲み会!良い断り方は?
  2. 目上の人から嫌われないような行きたくない飲み会の断り方は?
  3. 友達から行きたくない飲み会の誘い!上手な断り方は?
  4. 年下から行きたくない飲み会の誘い!スムーズな断り方は?
  5. 断り方ひとつで行きたくない飲み会だと知られる!
  6. メールで伝える行きたくない飲み会の断り方は?
  7. 最初はお誘いのお礼!行きたくない飲み会メールおすすめ断り方
  8. 最後に次は参加する意思表示を!行きたくない飲み会メール断り方
  9. 例文を参考にしよう!行きたくない飲み会の効果的な断り方
  10. 学生編:行きたくない飲み会の効果的な断り方例文
  11. 会社編:行きたくない飲み会の効果的な断り方例文
  12. 断りづらい誘い方の時は?行きたくない飲み会の断り方教えて
  13. 限定別:行きたくない飲み会の断り方
  14. 子供がいる人限定:行きたくない飲み会おすすめの断り方
  15. 女性限定:行きたくない飲み会おすすめの断り方
  16. 社会人限定:行きたくない飲み会おすすめ断り方
  17. 飲み会に行きたくない断り方は相手の気持ちを考えよう‼

行きたくない飲み会!良い断り方は?

学校の先輩、後輩、友達や会社の上司、部下、同僚など社会の中で行きていくために欠かせない人間関係ですが、よりこの人間関係をスムーズにするための方法の一つが飲み会です。お酒が好きな方や社交性が高い方は、飲み会に誘われても行きたくないと感じることは少ないですよね。

しかし、お酒が苦手な方や特に今以上に人間関係を強める必要がないと感じている方には、飲み会は行きたくないものです。飲み会に誘われても上手い断り方をしないと後々、気まずい関係性になる可能性もありますよね。

そうなることは避けたいので、上手な飲み会の断り方を知っておきましょう。相手に合わせての行きたくない断り方をメールやメール例文も含めて詳しくご紹介していきます。行きたくない飲み会を相手に嫌な思いをさせない断り方をマスターしましょう。

目上の人から嫌われないような行きたくない飲み会の断り方は?

行きたくない飲み会で多いのが会社の上司からの飲み会の誘いではないでしょうか?昔の日本だと上司に飲み会に誘われたら行きたくないとは言えず必ず参加しなければなりませんでしたが今の時代は、お酒を飲めない人やパワハラと取られる場合があるので、飲み会の参加は本人次第です。

本人次第と言ってもやはり相手が会社の上司となると今後のことを考えて上手な断り方をしたいものです。上司に嫌われないように行きたくない飲み会の断り方を見ていきましょう。

習い事などをしている方は「すいません。とても参加したいんですが、、、今日は習い事の発表会前の準備でどうしてもそっちに行かないといけません。」など、お詫びと参加したいことを最初に伝えてから行けない理由を伝えると相手が不快な気持ちを持たないでしょう。

お酒が飲めない方は「すいません。お酒が飲めないので遠慮しても良いでしょうか?」など、逆に誘った相手に尋ねてみると良いでしょう。遠慮したい旨を伝えている人に強制的に参加するようには言うとパワハラに取られる恐れがあるので不参加を認めてもらえるでしょう。

それでも少しの時間で大丈夫なので参加するように言われたら「本当にお酒や飲み会の席が苦手なのですいません。」と言う風に最後に「行けません」と言うのではなく「すいません」にすることで会話を自動的に終了させます。

また、行きたくない飲み会を上手に断る時は、言葉と共に話す声や動作も注意しなければいけません。話す声や動作は、誘ってもらって申し訳ない気持ちを表しましょう。目上の人の場合は、相手の気持ちを傷つけないように申し訳ない気持ちをもってお断りましましょう。

友達から行きたくない飲み会の誘い!上手な断り方は?

友達からの飲み会の誘い。行きたくない時の上手な断り方をみていきましょう。先ず、飲み会に誘われて時点で行きたくない理由がでてきますよね?例えば、あまり好きじゃないメンバーだったり、場所だったり、ワイワイ飲みたい気分じゃなかったり、お金をセーブしたかったりなどです。

飲み会に行きたくない理由がはっきりしている場合は、友達にそのことを伝えて、必ず最後に「せっかく誘ってくれたのに本当にごめんね」と付け加えると良いでしょう。相手は飲み会に行きたくない理由を理解して、誘ってくれたことに対して悪いと感じていることが分かります。

それでもしつこく誘うようであれば、その理由を聞きましょう。実は、合コンでメンバーが足りないとか、自分の好きな子が来るので判断してほしいとか色々と理由があるはずです。飲み会の参加は、その理由を含めて判断しましょう。

それでも飲み会に行きたくない場合は、理由をはっきり伝えましょう。友達の場合は、飲み会に行きたくない理由を嘘をつかず、はっきり伝えることが行きたくない飲み会の上手な断り方です。友達としてきちんと伝えればきっと理解してくれるでしょう。

年下から行きたくない飲み会の誘い!スムーズな断り方は?

年下から飲み会に誘われた場合は、飲み会、行きたくないと思っても先ずは、どういう飲み会なのかを尋ねるようにしましょう。年下からの飲み会の誘いの場合は、一緒に飲みたい場合や相談したい事など何か大切な理由があることも少なくありません。

どういう飲み会で、なんで自分を誘うのかを聞いたうえで判断しましょう。そのうえで行きたくない場合は「申し訳ないけど」や「誘ってもらって嬉しいけど」から始まて続けて理由を伝えましょう。もし、次回は行けそうな飲み会なら最後に「また誘ってね」と伝えると良いでしょう。

飲み会の上手な断り方で一番重要なことは、相手に嫌な思いをさせないということです。行きたくないのは仕方ありません。でも、誘ってくれた相手の気持ちを思って申し訳ない気持ちを言葉に乗せて伝えるようにしましょう。

断り方ひとつで行きたくない飲み会だと知られる!

飲み会の誘いに対しての断り方で行きたくないんだなっと悟られる場合もありますので、人間関係を大切にしたい方は、断り方に注意が必要です。たくさんの理由を伝えても、伝える言葉から誘ってもらって嬉しいけど行けないという気持ちを相手が感じれないといけません。

相手は、あなたが飲み会に行きたくないと感じたら不愉快な思いをしますし今後の関係性にも影響がでます。もし、自分が同じ立場だった場合は、きっと相手と同じ気持ちになるはずです。相手の気持ちを考えて上手な断り方をするようにしましょう。

メールで伝える行きたくない飲み会の断り方は?

メールで行きたくない飲み方を断るときは、言葉と違って相手がメール分だけで判断してしまうので、相手に失礼がないように注意することが大切です。メールでの行きたくない飲み会の断り方をご紹介していきますので、自分のシチュエーションに合わせて使いましょう。

最初はお誘いのお礼!行きたくない飲み会メールおすすめ断り方

メールで行きたくない飲み会を断る場合は、「誘ってくれてありがとうございます。でも、その日は前から約束があり行けません。」や「誘って頂いて大変うれしいのですが、その日は先約があり参加できません。」などです。

最初にお誘いのお礼やお誘いが嬉しいことを書いて次に理由を書きますが、用事、予定、約束などを使って理由を詳しく説明する必要はありません。メールでは、断る側の態度が分かりませんので、詳しく書く事で逆に相手に悪い印象を持たせてしまう場合もあります。

また、詳しく断る理由を書く事で、それが本当の事なら問題ありませんが、少し大げさに書いた場合、後でボロがでてしまうことも少なくありませんので気をつけましょう。

Thumb誘いの上手な断り方!友達・ビジネス・デートなどパターン毎に紹介

最後に次は参加する意思表示を!行きたくない飲み会メール断り方

メールで行きたくない飲み会を断る場合は、最後に「次の飲み会はぜひ参加したいと思っています。」や「飲み会の日程が早めに分かると時間を作れますので、分かり次第、教えていただけると嬉しいです。」など次の飲み会は参加したい旨を伝えることです。

そうすることにより誘った相手に嫌で飲み会を断ってないことが伝わりますので、相手に不愉快な思いをさせずにすみ悪い印象を与えません。

Thumb合コン・飲み会で盛り上がるアプリまとめ!【iPhone・Android】

例文を参考にしよう!行きたくない飲み会の効果的な断り方

行きたくない飲み会の断り方の例文をいくつかご紹介します。飲み会は色々な方から誘われますので、断る方も何と言って断ればよいか悩んでしまいますよね。行きたくない飲み会の効果的な断り方の例文をご紹介しますので、ぜひ覚えておきましょう。

学生編:行きたくない飲み会の効果的な断り方例文

大学の飲み会と言えばサークルですよね。そんな大学サークルの飲み会を断るときに最も効果を発揮する例文は「実は、その日はバイトが入っているので難しいんだ。ごめんね。」です。例えば「風邪をひいてるから行けない」と言えば「飲めば治るよ」と言われる場合もあります。

「今月はお金がピンチだ」と言えば「お金は貸してあげるよ」や「今回は奢ってあげるよ」などと言われる場合もあります困りますが、バイトと言えば、それ以上しつこく誘うことはできないですよね。

会社編:行きたくない飲み会の効果的な断り方例文

会社関係で行きたくない飲み会に誘われた時の最も効果的な断り方は「すいません。最近、体調が悪いのでお酒をやめています。」です。体調が悪いと言えば、さらに誘うということはできません。ただ、相手に余計な心配をかけてしまう場合もありますので頻繁には使えません。

上司や取引先など自分よりも地位が上の方から行きたくない飲み会に誘われた時に使うと良いでしょう。体調が悪いなら仕方がないと理解してくれるはずです。

断りづらい誘い方の時は?行きたくない飲み会の断り方教えて

断りづらい飲み会の誘い方をしてくる人がいますよね。あなたに合わせる飲み会の誘い方です。例えば「いつが時間ある?」や「飲み会するからあなたの良い時間や都合を教えてくれる?」などです。こういう風に言われたらなかなか断るのに苦戦してしまいます。

それでは、こういう風に誘ってきた人に対しての断り方はあるのでしょうか?あなたを中心に飲み会を設定する場合は、断るのは難しので参加するしかありません。みんなに時間や都合を聞いている状態なら「まだ予定が分からないので分かり次第知らせるね」などと言いましょう。

すぐに返事をしないでおくと、あなた以外に聞いた人の時間や都合が集まってきてある程度の飲み会の日程が決まってきているはずです。2回目に「都合や時間は分かった?」などと聞かれる時は、飲み会の日程がほぼ確定しているので、予定があるなどと断ることが可能です。

限定別:行きたくない飲み会の断り方

誰もが使える行きたくない飲み会の断り方ではありませんが、使える人はこの限定別の断り方を参考にしてみてください。色々なシチュエーションで使える断り方なので覚えておくことをおすすめします。

子供がいる人限定:行きたくない飲み会おすすめの断り方

子供がいる人限定の行きたくない飲み会おすすめの断り方をご紹介します。子供がいる家庭は、出来るだけ仕事後の飲み会は参加したくない人が多いのではないでしょうか?両親のどちらか1人が飲み会に参加すると参加しない方の一人が子供の面倒を見るようになるので少し負担になります。

子供があまり手がかからない場合でも家族との時間を取ることが円満な家庭を作ることに繋がりますので、なるべく飲み会に参加せずに真っ直ぐ家に帰りたいものです。子供がいる方限定の行きたくない飲み会の断り方は「子供の習い事のお迎えがあるので参加できません。」などです。

お迎えなら仕方がないと理解してもらえますし「習い事」を保育園や両親のところに連れていくなどと子供の用事を絡めた理由を使うとスムーズに断ることができます。子供のいない方は、両親や親戚を絡めた理由を使うと良いでしょう。

女性限定:行きたくない飲み会おすすめの断り方

女性限定の行きたくない飲み会おすすめの断り方は「生理中で体調が悪いのでいけません。」や「ダイエット中で夜の食事やお酒は控えているので参加できません。」などです。生理を理由に断る時は、生理中の時にしか使えないのがネックですが飲み会を欠席できます。

幹事が男性の場合は、飲み会を断る理由が生理だと言いにくいですので、生理中と言わずに「女性の日なので」などと言葉を変えて伝える良いでしょう。ダイエット中が理由の場合は「今日だけ食べてもいいんじゃないの?」などと言われる場合もあります。

その時は「いつまでに何kg減量を目標にしてるので、目標達成後は必ず飲み会に参加します。」と言う風にしっかりと自分の意思を伝えると良いでしょう。痩せすぎの人がダイエットを理由に飲み会を断るのは避けましょう。

おそらく「ダイエットは必要ないよ。たくさん食べて太った方が良いよ。」と言われて強制的に参加する羽目になりやすいでしょう。

Thumb飲み会の服装・コーデを調査!30代大人女子のおしゃれにおすすめは?

社会人限定:行きたくない飲み会おすすめ断り方

社会人限定になりますが、行きたくない飲み会おすすめの断り方は「喪中なので欠席します。」です。喪中の間は社交の場に出ることは避けた方がよいとなっているので、飲み会は欠席しやすいです。ただ、喪中はうその断り方になるので、どうしても必要な時に使うようにしましょう。

飲み会に行きたくない断り方は相手の気持ちを考えよう‼

行きたくない飲み会に誘われたら本当に苦痛ですよね。断り方を考えるのも疲れるし、だからと言って行きたくない飲み会に参加もしたくないし困ってしまいます。そんな行きたくない飲み会の断り方の例文などをご紹介しましたが毎回飲み会を断るのは良くありません。

自分が行きたくない飲み会は決まってくるので、例文を参考に上手に取り入れてみてください。気づいたら誘われなくなったとならないように断る時は、相手の気持ちを不愉快にせず、誘ってくれたお礼や次回は必ず参加したい気持ちを伝えることを忘れないでくださいね。

行きたくない飲み会でも参加することで想像していたより楽しかった、意外に自分にプラスになる話が聞けたなどを感じる時もありますので、参加してもしなくてもいいかな?ぐらいの気持ちの時は思い切って飲み会に参加してみるのも良いかもしれません。

自分の状況や誘われる相手に合わせてよく考えて飲み会は断るようにすることをおすすめします。でも絶対に行きたくない時は例文で紹介した効果的な断り方を自分なりにアレンジして使ってみてください。必ず成功するでしょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-04-04 時点

新着一覧