ぜんざいとおしるこの違いって何?関東・関西など地域で変わるの?

おしることぜんざいの違いってご存知でしょうか。同じように見えて実は違いがあります。関東と関西などによって違い、汁の有無や餡子の種類、作り方で呼び方も変わってきます。今回は、おしることぜんざいの違いや、作り方の違いなどをご紹介します。

ぜんざいとおしるこの違いって何?関東・関西など地域で変わるの?

目次

  1. 関東と関西のぜんざいとおしるこの違い
  2. ぜんざいの歴史
  3. 地方で呼び方に違いのあるぜんざい
  4. ぜんざいの名前の由来は他にもあった!?
  5. 関東のおしるこの歴史
  6. ぜんざいにもおしるこにもなる小豆煮の作り方
  7. ぜんざいとおしるこの作り方の違い
  8. ぜんざいの作り方を動画で紹介
  9. 簡単に出来るおしるこの作り方
  10. おしることぜんざいの違いは小豆の皮の有無だった

関東と関西のぜんざいとおしるこの違い

おしることぜんざいの違いは関東と関西で違います。その違いは、江戸時代からすでに始まっていたそうです。江戸時代後期の「守貞饅稿(もりさだまんこう)」という書物に記されています。

関東では小豆の皮を取り白砂糖もしくは黒砂糖で煮て切り餅を加えて食べるものをおしることいいます。小豆の皮を取った餡子のことをこしあんと言います。関西では、小豆を皮のまま黒砂糖と煮て丸餅を入れて食べるものをぜんざいといいます。小豆の皮のまま餡子にしたものはつぶあんと言われています。

汁気の違い?小豆の皮の有無で違いがある!?

関東のおしるこの中には小豆を皮のまま煮たものも含まれていて、小豆の皮を取ると「おしるこ」「御膳汁粉」といわれ、小豆の皮のまま煮たものを「田舎汁粉」「小倉汁粉」というようです。

関西でおしるこが広まったのが明治時代の後半に関東のおしるこを百貨店の食堂で扱われたことで広まったといわれます。関東から進出したので関東で呼ばれているおしるこがそのまま関東でも呼ばれています。

ぜんざいの歴史

古くからお菓子のようなものはありましたが特に京都では和菓子が作られていました。寺社や茶道、皇居がある都などが多かったそうです。儀式や節目の行事が多いことから和菓子を納める職業や楽しむ風習があり、小豆を煮て餡子にして栄えるようになりました。

小豆、砂糖、汁とお餅の組み合わせを「善哉餅」と名づけられていていました。名づけの理由が、昔京都にいた一休宗純という人が食べた時の美味しさを「善哉々々」「善哉此汁(ぜんざいこのしる)」と言ったのでではないかと言われているそうです。

仏教用語で善哉は、「よきかな」という意味で、このよきかなを使うとき、仏が弟子に賞賛したときに使うとても素晴らしいといった誉め言葉です。庶民の間でも親しまれるほどよく使う言葉が「善哉」という言葉です。一休宗純が室町時代まで生きていたので、室町時代には善財と呼ばれるようになっていたのです。

地方で呼び方に違いのあるぜんざい

関西にも小豆の皮を取るおしるこはありました。戦国時代、安土桃山時代の奈良・興福寺の連歌詩の里村紹巴が歌にしているので関西にもおしるこはあったとされています。

小豆と砂糖、お餅の入ったものを善哉餅といい、小豆、砂糖とお餅に加えお汁が入ったものを善哉此汁と言われていて、どちらもぜんざいのことを言います。もともと善哉餅はお餅の上に餡子が載ったものを指しています。

地域によっての名前の違い

関西では「善哉餅」伊勢は「神代餅」、島根の出雲では「神在餅」江戸は「自在餅」北関東・東北は「ずんだ餅」と呼ばれています。

高知県の土佐では、小豆とお餅を醤油で煮て砂糖をかけて食べるのが「神在煮・善在煮」だといわれています。お餅の上に餡子が乗ったものは各地方で名前が違い作り方も変わっています。お餅の上に小豆餡が乗ったものにお湯をかけて食べたことからぜんざいと言われるようになったのです。

ぜんざいの名前の由来は他にもあった!?

ぜんざいは、神在餅が始まりだといわれています。出雲では旧暦の10月が神在祭と呼ばれていて、出雲には全国の神様が集まってきます。こういった行事に小豆とお餅が使われることが多いのです。各家庭で、白餅を小豆で煮たものを食べることを神在餅と言います。

神在餅の食べ方は、ぜんざいとなって広がり「じんざい」という言葉がなまって「ぜんざい」になったといわれています。

関東のおしるこの歴史

ぜんざいやおしるこがよく食べられるようになったのは江戸時代以降です。江戸時代になり輸入や輸出が盛んになり、江戸の人口も多くなって様々な食べ物や情報が入るようになりました。

江戸時代の料理の本にも、小豆の粉を汁で溶いたものに団子を入れて煮込んだ塩味の汁ものですすり団子というものがあります。宴会の後などに出されることがあったようです。デザートというよりは、お酒のつまみやお酒の後に食べるものでした。

江戸時代の町には物を売り歩く職業の人が多くその中にもしるこ売りというのがあり、主に京都・大阪・江戸で売られていました。女性や子供にも人気があり、男性だけではなかったようです。しばらくして、汁小売りは屋台になります。

小豆の粉から作られたしるこは餡の汁の中に実を入れる餡汁粉餅と言われるようになり、これを略しおしることなりました。すすり団子ではなくおしること呼ばれることが多くなりました。

関西とは違い関東ではおしるこになったのはなぜ?

江戸にもぜんざいは伝わってきたのですが、もともと関東にはおしるこがあり江戸は江戸独自のものを好む趣向があり、ぜんざいよりもおしるこのほうが好む人が多かったことから関西のぜんざいよりもおしるこのほうが広まりました。

ぜんざいにもおしるこにもなる小豆煮の作り方

小豆煮を作っておけばぜんざいにもおしるこにも活用できます。冷凍保存することも出来るので多く作って食べたいときに食べたいだけ取り出すことも可能です。小豆にも栄養はたっぷり入っていますし、自分で作ると甘さの加減も出来るのでおすすめです。

材料は4人から5人分で小豆500g、砂糖100gから自分の好みの甘さで調整してみてください。小豆は水洗いをし、小豆の4倍から5倍の水で中火で沸騰させましょう。沸騰したらアクが出るのでお湯を捨てます。これを2回ほど繰り返します。

再度小豆の4倍から5倍の水を加えます。次は弱火にして煮汁が少しに立つ程度の弱火にし、柔らかくなるまで煮ましょう。煮ている間は時々アクを取ります。煮汁が少なくなってきたら差し水をします。ここでポイントなのが煮汁から小豆が出ていると煮えムラが出来るので要注意です。

好みの柔らかさになったら砂糖を入れて自分の好みの甘さにしてください。あとから甘さを足すことも出来ます。砂糖を加えたら、弱火で煮て出来上がりです。ここで、もっと煮詰めて小豆をつぶし濾すことでこしあんになるのでおしるこにもできます。ぜんざいはそのまま使います。

保存方法

粗熱を取って冷ましたら、ジップロックなどの保存袋に入れ冷凍できます。使うときは、使用する量だけ折って取り出しラップか耐熱容器に入れ電子レンジで温めればいつでも食べられます。甘さが足りないときは砂糖をたしても問題なく食べられます。

この時点で餡子にすることも可能です。電子レンジで加熱後、水分を飛ばすように再加熱します。電子レンジから取り出し潰して混ぜまた加熱というように繰り返すと餡子になります。つぶあんだと小豆の皮をのこしたまま、こしあんは皮が残らないように越してください。

ぜんざいとおしるこの作り方の違い

ぜんざいとおしるこのなまえの由来や歴史などの違いは前述でご紹介しました。作り方もそれほど変わりはありません。どちらも作り方は簡単なので挑戦してみてはいかがでしょうか。

ぜんざいの作り方

前述の小豆煮を使えば簡単に出来ます。市販のお餅を焼いて小豆煮に入れて食べるのもいいでしょう。小豆の皮を残したものがぜんざいになります。鏡開きで残ったお餅など冷凍していたら消費できます。

おしるこの作り方

おしるこも簡単で前述の小豆煮をさらに煮て小豆をつぶして濾すとこしあんになるのでそれに煮汁を足し白玉などを入れたら出来上がります。作り方というほどではありませんが、試してみてはいかがでしょうか。

ぜんざいの作り方を動画で紹介

小豆を煮るところから丁寧に解説してあるぜんざいの作り方のどうがになっています。ぜんざいに最適な小豆は、丹波大納言小豆だそうです。ポイントは、常に弱火でじっくり煮ることです。

簡単に出来るおしるこの作り方

白玉の作り方からおしるこの出来上がりまでを紹介した動画になっています。こちらは出来ているこしあんを使って作っています。市販のこしあんで簡単に作ることが出来ます。鍋以外でも電子レンジでの作り方も説明してあります。参考にしてみてください。

おしることぜんざいの違いは小豆の皮の有無だった

関東と関西でのぜんざいとおしるこの違いは小豆の皮の有無が大きかったです。つぶあんで作るのがぜんざい、こしあんで作るのがおしるこでした。そのほかにも、ぜんざいは切り餅を焼いていれたり、おしるこには白玉を入れたりなどがあります。簡単に作れる小豆煮もご紹介したのでぜひ挑戦してみてください。

ぜんざいの呼び方も地域で違い様々な呼び方がありとても面白いです。紹介はしていませんが沖縄ではぜんざいはかき氷なのです。本当に場所によって全然違っていたりと不思議ですね。関東と関西での違いを知っておけば外出先でおしるこを頼んだのにぜんざいが来たなどがっかりすることはなさそうです。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-10-21 時点

新着一覧