野菜おつまみの簡単でおしゃれな作り方!ヘルシーなレシピが人気!

たくさん食べても太らない、野菜おつまみが女性に人気です。お酒が大好き!毎日飲みたいから、おつまみはヘルシーなものがいい。簡単レシピならもっとうれしい。おまけに作り置きレシピもあるといいな。そんな女性の願いがつまった、人気の簡単野菜おつまみレシピを大公開!。

野菜おつまみの簡単でおしゃれな作り方!ヘルシーなレシピが人気!

目次

  1. たくさん食べても太らない!野菜おつまみ
  2. ノンカロリー野菜でヘルシーおつまみ・きのこのマリネレシピ
  3. 5分でできる!簡単もやしポン酢レシピ
  4. オーブンいらずなじゃがいものプライパンピザレシピ
  5. 混ぜるだけ簡単!ブロッコリーのカレーマヨ和えレシピ
  6. 焼くだけ簡単トマトのチーズ焼きレシピ
  7. 野菜がうまい!キャベツのみそだれレシピ
  8. 簡単なのにインスタ映えするにんじんサラダレシピ
  9. 混ぜるだけ簡単!ピリ辛きゅうりレシピ
  10. 野菜なのに「まるでお肉!」な油あげロールレシピ
  11. 食物繊維たっぷりきのこのグラタンレシピ
  12. 豆腐のレアチーズケーキレシピ
  13. 野菜で作るヘルシーな豆乳カルーアレシピ
  14. 盛りつけをおしゃれにしたらもっと楽しい!
  15. 野菜おつまみで飲み会をもっと楽しく!

たくさん食べても太らない!野菜おつまみ

たくさん食べても太らない、野菜おつまみ。これなら罪悪感なく、楽しく飲めますね。野菜おつまみは彩りもきれいで、インスタ映えするおしゃれなビジュアル。おまけにヘルシーなので女子会はもちろん、家飲みなどでも人気です。

ヘルシーな野菜おつまみなら、夜中でもカロリーを気にせずお酒を楽しめます。「それ、どうやって作るの?」なんて、思わず話もはずみそうですね。おうち女子会を盛りあげる、人気の野菜おつまみレシピをご紹介します。

ヘルシーだから女子会で人気の野菜おつまみ

ヘルシーで、作ってよろこばれると大人女子に人気の野菜おつまみ。彩りもきれいで見るからに美味しそう、気分も上がりますね。目で見て楽しい、食べて美味しい、そんな人気の野菜おつまみレシピをご紹介します。どれも10分でできる簡単レシピです。「なんかおつまみない?」そんな時も、飲みながらササッとおつまみが作れます。

人気の作り置きおかずで野菜おつまみ

野菜おつまみはカロリー控えめでヘルシー。おまけに冷めてもおいしいから、作り置きできるものもたくさんあります。お弁当にも使えていいことづくめです。おつまみはもちろん、毎日の食卓をバラエティーにしてくれます。作り置きできる野菜おつまみがあれば、疲れて帰った日の晩ご飯もラクラク作れちゃいますね。

おつまみだけじゃない!スイーツも野菜で作ればとことんヘルシー

野菜で作る、飲んだ後の締めにぴったりなヘルシースイーツレシピもあります。ノンオイル、ローカロリーな野菜スイーツです。これなら、飲み会翌日のダイエット中でも、甘いものチャージができますね。野菜おつまみ+野菜スイーツで、お酒とおしゃべりの楽しい時間をお楽しみください。

Thumb野菜ダイエットまとめ!効果を上げる方法や痩せるためのレシピって?

ノンカロリー野菜でヘルシーおつまみ・きのこのマリネレシピ

たまねぎ1/4個は薄切りにします。フライパンにオリーブオイル小さじ1/2を中火で熱し、たまねぎ、塩一つまみ、酢小さじ1/2を入れ1分炒め、皿に取り出します。

きのこ何でも100gは石づきを取ってほぐします。フライパンにオリーブオイル小さじ1、しめじ、にんにくすりおろし小さじ1/4を入れ、中火で3~4分、しめじにツヤが出るまで炒めます。しょう油小さじ1、黒コショウ少々を入れ、よく混ぜます。火を止め、皿に取り出したたまねぎを入れ、ざっと混ぜます。

作り置きも美味しいきのこのマリネ

きのこのマリネは、時間がたつにつれて味がなじんで美味しくなります。おつまみだけでなく作り置きにピッタリです。忙しい朝も作り置ききのこマリネがあれば、野菜たっぷりバランス朝ごはんが作れます。飲んだ翌日こそ、野菜たっぷりのバランス朝ごはんで身体リセットさせたいですね。

朝は簡単でいいから、晩ご飯は肉も野菜もバランスよく食べたい、そんな時にも、作り置きおかずは便利です。マリネに含まれる酢は腐敗防止効果があり、日持ちするのもうれしいですね。冷蔵庫で5日間保存可能です。朝ごはんからおつまみまで、作り置ききのこマリネがあれば、野菜たっぷり生活が楽しめます。

Thumbお弁当に野菜のおかず!簡単・短時間で出来る彩りが良い人気のレシピは?

5分でできる!簡単もやしポン酢レシピ

もやし1/2袋とピーマン2個は熱湯で1分ゆでます。ザルにあげ、シーチキン1缶、ポン酢大さじ1と1/2をあえます。

時間がたつほどおいしくなる作り置き野菜おつまみ

もやしポン酢は5分でできる、簡単作り置き野菜おつまみです。時間がたつと味がなじんで、より美味しくなります。和食にも中華にも合わせられるので、晩ごはんにもう一品プラスしたい、なんて時重宝します。汁気が出やすいので、盛りつけるときはよく水気を切ってお使いください。

おつまみだけじゃもったいない・活用法いろいろ

作り置きしておけば、おつまみに、肉料理のつけあわせに、ラーメンのトッピングといろいろ使えます。もやしのシャキシャキした食感も楽しい一品です。コスパよし、栄養価よし、おまけにヘルシー。どんどん利用しちゃいましょう。

Thumb美味しい野菜炒めの人気の味付けは?作り方のコツとおすすめレシピ紹介!

オーブンいらずなじゃがいものプライパンピザレシピ

フライパンにオーブンシートを敷き、じゃがいも2個をすりおろして入れます。ハム4枚、とろけるチーズ100g、パン粉1/2カップを敷きつめるようにのせ、弱火でふたをして10分焼きます。

いったん生地を皿に取り出し、フライパンにオーブンシートを敷きます。その上に生地をひっくり返してのせます。ふたをしないで中火で3分焼きます。皿に盛り、好みでケチャップやトマトソースを添えます。

トッピングでアレンジ自由自在

じゃがいもで作るシンプルなピザです。おつまみはもちろん、子供のおやつや、夜食にも使えます。トッピングを追加すれば、アレンジは自由自在です。きのこ、アスパラガス、コーンなど、野菜たっぷりにすればさらにヘルシーに。野菜室にある野菜をドンドン追加して、アイデアたっぷりのオリジナルピザにカスタマイズしちゃいましょう。

ひと口大のピザにするのも、おしゃれでかわいいですね。女子会など、大勢で飲むときはこんな形でおつまみをサーブするのも、取り分けやすくて喜ばれます。アイデアたっぷりのアレンジで、楽しい時間をおすごしください。

混ぜるだけ簡単!ブロッコリーのカレーマヨ和えレシピ

ブロッコリー1/2房は、塩ひとつまみを入れた熱湯で3分ゆで、水切りします。ボウルにマヨネーズ大さじ1と1/2、ツナ缶1缶、しょう油小さじ1/2、カレー粉小さじ1/4を混ぜます。ゆでたブロッコリーを入れてあえます。

アレンジいろいろ野菜おつまみ

余ったらキッシュにするのもおすすめです。おしゃれなビジュアルでインスタ映えもバッチリです。「昨日のおつまみブロッコリーが、おめかしキッシュに変身!」なんてひと言を添えて、インスタにアップするのも楽しいですね。冷凍パイシートを使えば簡単です。

Thumbお弁当の副菜に緑の野菜を!人気で簡単な栄養たっぷりの万能レシピは?

焼くだけ簡単トマトのチーズ焼きレシピ

トマト1個は厚さ2㎝くらいに横にスライスします。かにかま2本を手で割いてのせます。とろけるチーズ適量をのせ、魚焼きグリルで強火で5分焼きます。

Thumb野菜にディップするソースの作り方!簡単で美味しい人気のレシピは?

野菜がうまい!キャベツのみそだれレシピ

みそ大さじ1、ごま油小さじ1/2、おろしショウガ小さじ1/4を混ぜてみそだれを作ります。ちぎったキャベツに添えます。

作り置きしておけばみそ炒めもラクラク

みそだれは多めに作り置きしておくと便利です。お弁当にちょっと野菜を入れたい、なんて時もみそだれがあればササッとみそ炒めが作れます。もちろん、晩ご飯のおかずにも使えます。

Thumb春が旬の野菜を調査!パスタやサラダなど美味しい人気レシピも紹介

簡単なのにインスタ映えするにんじんサラダレシピ

にんじん1/2本はスライサーで千切りにします。砂糖小さじ1、塩小さじ1/6、レモン汁小さじ1/2、レーズン適量を入れ、よく混ぜます。5分ぐらいしたら食べごろです。

時間がたつほどおいしくなるから作り置きにも

時間がたつほど味がしみておいしくなるので、作り置きもおすすめです。レモンに含まれるクエン酸は腐敗防止効果があるので、冷蔵庫で5日間保存可能です。人気の作り置きおかずも、野菜おつまみなら簡単です。

彩りのきれいなにんじんサラダを使えば、インスタ映えするおしゃれサンドも簡単に作れます。にんじんサラダは汁気が出にくいので、サンドイッチの具におすすめです。みんなからほめられそうなおしゃれサンドを持っていけば、ランチタイムが待ち遠しくなりそうですね。

Thumbホットサラダでほっこり!冬でも野菜をたっぷり食べられる美味しいレシピ

混ぜるだけ簡単!ピリ辛きゅうりレシピ

きゅうり1本はピーラーでところどころ筋を入れます。酢小さじ1/2、ごま油小さじ1/4、だしの素小さじ1/4、みそ小さじ1/4、ラー油3~4滴を入れ、よく混ぜます。

作り置きもアレンジも自由自在な野菜おつまみ

時間がたつほど味がしみておいしいので、作り置きもおすすめです。ピリ辛きゅうりにパクチーやセロリ、大葉などを入れてアレンジしても美味しいです。ごはんにももちろん合う味ですが、そうめんなどに副菜として添えるのもおすすめです。火を使わない簡単レシピなので、夏の暑いキッチンでもササッと作れます。

Thumb夏野菜の簡単レシピ特集!サラダや煮物・天ぷらなど美味しい作り方を紹介

野菜なのに「まるでお肉!」な油あげロールレシピ

油あげ1枚にのり2枚、スライスチーズをのせます。フライパンを中火にし、2~3分、焦げ目がつくまで焼きます。火を止めてウスターソース適量をからめ、切り分けます。

油あげはそのまんま使うから簡単!

油あげは袋の中を開かないでそのまんま使います。袋から出した状態の油あげに、のりとスライスチーズをのせ、あとはくるくる巻くだけ。これなら油あげが破ける心配もなく、ぶきっちょさんでも簡単に作れます。

冷めてもおいしいからお弁当にも

冷めてもおいしいので作り置きはもちろん、お弁当にも使えます。断面を見せるようにお弁当箱に詰めれば、インスタ映えするおしゃれなお弁当が簡単に作れます。冷凍もできるので作っておくと、いざという時重宝します。人気の作り置きおかず、おつまみからお弁当まで、どんどん活用しちゃいましょう。

Thumb生野菜の栄養・効果を紹介!温野菜との違いやおすすめの食べ方は?

食物繊維たっぷりきのこのグラタンレシピ

きのこ100gは石づきを取ってほぐし、ベーコン1枚は食べやすい大きさに切ります。フライパンにバター10g、きのこ、ベーコン、塩小さじ1/4を入れ、中火で2~3分、きのこにツヤが出るまで炒めます。牛乳120ml、上新粉大さじ1を入れ強火にかけます。沸騰したら中火で1分よく混ぜ、火を止めます。耐熱皿に入れ、粉チーズ適量をふり、魚焼きグリルの強火で5分焼きます。

Thumb一人暮らしの野菜不足を解消しよう!おすすめの簡単おいしい料理レシピ

豆腐のレアチーズケーキレシピ

豆腐(絹でも木綿でも)100g、メープルシロップ大さじ1、レモン汁小さじ2をミキサーにかけます。うつわにビスケット適量をくだいて入れます。ミキサーにかけた豆腐を器に入れ、好みでイチゴなどのフルーツを飾ります。

おつまみの後のデザートも野菜で作れば罪悪感なし

締めのデザートも野菜で作ればローカロリーで、とことんヘルシー。罪悪感なく、おいしいものとおしゃべりを楽しめます。ノンオイルの豆腐クリームなら胃に優しく、翌日もたれないのもうれしいですね。ビスケットと豆腐クリームの間にたっぷりのソースやジャムを入れれば、味にバリエーションが広がります。見た目もおしゃれでインスタ映えもバッチリです。

ノンオイルでローカロリー、トッピングのフルーツを変えるだけでも違う味わいになります。おつまみ後の締めのデザートはもちろん、ダイエット中の甘いもの補給にもピッタリです。

Thumb作り置きのサラダが人気!忙しいときでも簡単な生野菜を使ったレシピを紹介

野菜で作るヘルシーな豆乳カルーアレシピ

インスタントコーヒー小さじ1は、熱湯大さじでよく溶かします。焼酎大さじ1、調整豆乳100mlを入れて混ぜます。

おつまみだけじゃなくカクテルだって野菜で作れます

おすすめは調整豆乳。味つけに工夫がしてあり、無調整豆乳より飲みやすくなっています。豆乳が苦手なかたでも調整豆乳なら飲める、という声もよく聞きます。野菜の栄養が詰まった豆乳でカクテルが作れたらヘルシーですよね。

もちろんソイラテもおいしい

豆乳苦手なかたでも飲みやすい調整豆乳。カクテルだけでなく、ソイラテやソイティーで楽しむのもおすすめです。おしゃれでヘルシーなので、身体の中からキレイになれそうですね。

Thumb野菜スープのレシピでダイエット!脂肪を燃焼させる?効果や方法は

盛りつけをおしゃれにしたらもっと楽しい!

野菜おつまみを作ったら、盛りつけも工夫してみましょう。彩り豊かな野菜おつまみ、器を重ねたり、ワックスペーパーやトレーを利用するだけでもグッと華やかになります。インスタで人気のテーブルコーディネートを参考にするのもいいですね。

肉も野菜もバランスよく、彩りよく盛りつけられたプレートはいかにも美味しそうですね。赤、青、黄色と色とりどりのおつまみプレートは栄養価のバンスも良く、断然ヘルシー。色とりどりプレートのコツは、一品料理を増やすこと。先ほどご紹介したにんじんサラダやピリ辛きゅうりなどの一品料理は、簡単に作れて色のメリハリが出るのでテクニックいらずです。

薬味だって彩りになる

薬味の緑や赤もきれいな彩りになります。サラダやピザもトッピングを増やすと彩りよく、ますます美味しそうな盛りつけになります。野菜室にある、使えそうな野菜はどんどん盛りつけちゃいましょう。栄養のバランスもアップすること間違いなしです。

盛りつけをおしゃれにするとっておきのポイント

盛りつけをおしゃれにする、とっておきのポイントをもう一つご紹介します。野菜で赤、青、黄色などの彩りを意識したら、次は高さを出しましょう。高さを出す盛つけは迫力が出てインパクト大。立体感もあるので画面が締まります。スイーツのカップを重ねたり、小さなキャンディーはあえて高さのある器に盛るのもステキです。インスタで人気の盛りつけ例をご紹介します。

ピラミッド型に盛りつけて高さと迫力を

ふつうのゆで卵も、ピラミッド型に盛りつけて高さを出すと迫力が出ます。盛りつけはのっぺりと平面的になりがちですが、ちょっと高さを意識するとインスタ映えするビジュアルになります。卵の断面を見せる彩りのよさもポイントです。サラダなどでも山高に盛ると、歓声があがる見栄えのある印象になります。簡単に、料理上手に見える盛りつけのコツ、ぜひ覚えておきましょう。

トッピングで高さを出す

トッピングで高さを出すこともできます。盛りつけで一番高いところにトッピングをすることで、目線を上に引き上げてくれます。彩りにメリハリも出ますので、テクニックいらずで見栄えのする盛りつけになります。ドンドン活用しちゃいましょう。

器を重ねて立体感を

ディップやソースなど、液状のものを高さのある器に入れると立体感が出ます。さらにトッピングすれば高さが出て言うことなし、食べやすくなるのもうれしいですね。平面的になりがちなワンプレートをおしゃれに見せるテクニック、ぜひ覚えておきましょう。

Thumb常備菜のレシピ、人気で簡単なのは?週末に一週間分の野菜のおかずを!

野菜おつまみで飲み会をもっと楽しく!

美味しくてヘルシーな野菜おつまみ。たくさん食べても太らないから罪悪感なし。カロリーを心配をせずに心ゆくまでお酒とおしゃべりを楽しめます。「いっぱい食べても大丈夫」このひと言で、お家飲み会がますます盛りあがりそうですね。

野菜は消化に良いので胃に優しく、たくさん飲んでも翌日もたれにくいのもうれしいですね。冷めてもおいしいので、のんびり食べながら、飲みながら楽しい時間がすごせます。

作り置きおかずにも便利なきのこのマリネ、にんじんサラダ、もやしポン酢などもご紹介しました。おつまみはもちろん、毎日の晩ごはん、お弁当に、ドンドン活用しちゃいましょう。

ちょこっとずつ残った野菜おつまみをワンプレートに盛りつけて、野菜たっぷりランチ、なんてのもおしゃれですね。栄養のバランスもいいので、飲んだ翌日の身体リセットにもピッタリです。盛りつけをおしゃれにするコツもご紹介しました。ぜひ活用して、美味しくて楽しい時間をおすごしください。

送迎会、歓迎会、人が集まるシーズンは飲む機会も多いですよね。なるべくお家飲みはヘルシーな野菜おつまみで、身体に優しい飲みを楽しんではいかがでしょうか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-10-02 時点

新着一覧