子供用ハーネスはリュックタイプが人気!使ってみた感想とおすすめ10選

子供も歩き始めるとお母さんも目が離せませんよね。そんな時にお助け道具としてハーネスが流行っています。しかしこのハーネスが一時社会問題になりましたが今は子供用のハーネスでもリュックタイプが人気です。そんなリュックタイプを使った感想と人気についてまとめました。

子供用ハーネスはリュックタイプが人気!使ってみた感想とおすすめ10選

目次

  1. 子供にそもそもハーネスはどうして必要なの?
  2. 子供用ハーネスについて日本では賛否両論
  3. てんとう虫型ハーネスリュックは背負うだけで可愛い!
  4. フードと鞄をおそろいにできる子供のハーネスリュックも!
  5. dadccoから発売された子供のハーネスリュックはシンプル型
  6. 春の御散歩に最適!子供も好きなみつばち型ハーネスリュック
  7. 楽天から出ている動物型ハーネスリュックもおすすめ
  8. 飛べそうなくらいかわいい!女の子向けハーネスリュック
  9. ディズニーファンにおすすめ!ディズニーの子供用ハーネスリュック
  10. エリック・カールからも出ている!子供の命を守るハーネスリュック
  11. なりきりが楽しい!子供も好きな恐竜型のハーネスリュック
  12. 手作り好きな方必見!子供の命を守る母の愛が籠ったハーネスリュック
  13. ハーネスリュックの存在は親の精神的負担が減少される
  14. 子供も大好き!家でもずっと背負っているハーネスリュック
  15. ハーネスリュックは子供の守る大切な命綱!

子供にそもそもハーネスはどうして必要なの?

一時社会問題となった子供用ハーネスを皆さん知っていますか?元々ペットのハーネスから来ているそうですが、実際これは社会問題になる以前の問題でもあります。正直言えば子供は人形ではありません。意志を持っている人間です。だからこそ歩き始めると親も想像しない行動に出ることが多いのです。その為にハーネスは必要です。

そんなハーネスですが社会問題で上げられたころからある形が出始めました。それはリュック型のハーネスです。現在SNSでも人気沸騰のリュック型ハーネス。いろいろな種類があるし、おすすめも知りたい、人気がどれなのかわからない。また作れるなら作り方を知りたい!というお母さんも多いと思います。そこでハーネスの事をもう少し知った上でおすすめ10選を紹介しましょう。

Thumbワンオペ育児の意味とは?ひとり育児の悩みが離婚の原因に!

子供用ハーネスについて日本では賛否両論

一時社会問題となったハーネスですが、そもそも批判的な人は自分の子供がどんな子だったのか見てきていない=ワンオペ育児を奥さんに押し付けてきた人もしく昔の生活や風景で比べる人です。しかし今の時代、誰が加害者、被害者になってもおかしくない時代なのです。子供が飛び出してくるその瞬間、誰もが被害者加害者になりかねないのです。

しかし悪い意見ばかりではありません。よその子でもしっかり見ている人はちゃんとわかってくれます。今は安全を求められる時代です。だからこそお母さん達も子供たちに安全に成長して欲しい、そしてそれを第3者にもわかって欲しい思いからリュック型ハーネスは人気を呼んでいます。次からおすすめなもの、人気のもの、そして手作りでできる作り方をまとめていきましょう。

てんとう虫型ハーネスリュックは背負うだけで可愛い!

①見た目もかわいい!てんとうむし型のリュックハーネス

さて、ここからおすすめのリュック型ハーネスを紹介していきたいと思います。リュック型ハーネスで調べるとおすすめ、人気という言葉と同時にたくさんの言葉が出ます。その中でもよく購入されているタイプの人気のリュック型ハーネスを紹介しましょう。最初はこのてんとうむし型のリュックハーネスです。見た目がてんとうむしなのでとても可愛らしいです。

ちょっと小さめなので、大柄の子には小さくみえるかもしれませんが、子供たちには人気のタイプです。またハーネスは鞄の黒い部分から伸びるので、まるで自然の森でてんとうむしを見つけた気分になります。なによりも紐の距離も程よく、お母さん達も散歩が楽になる物です。ゆっくり散歩するにはおすすめしたいものです。

フードと鞄をおそろいにできる子供のハーネスリュックも!

②鮮やかで鳥のように見えるリュックハーネス

次におすすめする人気のハーネスはリュックに鳥の顔が描かれたタイプのリュックです。このタイプのは顔が書いてあるので、子供たちも大喜びするものです。またハーネスの部分は金具で取り外しができ、リュックにもなるという一つで二つの機能を持っている便利なリュック型では珍しいタイプです。公園ぐらいは自由にしてあげたいというお母さん達におすすめです。

ちなみにおすすめなリュック型ハーネスの作り方というか工夫の仕方ですが、動物型のフードのついた服を着せてみるというのも一つのやり方です。少しファッション性を含んだ見た目の作り方をするだけでも、全然違います。やはり現実、親が「○○してはだめ!」といってもまだ幼い子供にはその危険性が分かりません。ならば見た目を少しでも楽しくするのもひとつの手です。

dadccoから発売された子供のハーネスリュックはシンプル型

③シンプルが好気な人向けシンプルリュックハーネス

次は、ベビー用品を扱っている会社から販売されているシンプルなタイプのリュック型ハーネスです。画像の様に本当に単色ですが、シンプルなのを好みのお母さんはこちらがおすすめです。また紐もリュックに合うようなタイプの紐にされています。なので色的にはシンプルでまとめられていて見た目もすっきりしているのも人気の理由の一つです。

またダディッコはいろんなサイズのハーネスリュックを売っています。お母さんもお父さんも見るだけでとても楽しいでしょうし、ハーネスリュックとはいえ、見た目に合わせてファッションを作っていってあげるといいでしょう。お母さんもお父さんも楽しめるのもダディッコのハーネスリュックの魅力でしょう。

またここのベビー用品を扱う会社は通販も対応しています。楽天市場などを利用すれば店に行かなくても買う事も出来るので忙しいお母さん達もわざわざ店まで行く必要もなく買えます。どんなお母さん達にも対応をしてくれるのでぜひ買うのを悩んでいる方は一度みてください。

春の御散歩に最適!子供も好きなみつばち型ハーネスリュック

④なりきり型のみつばちリュックハーネス

次はちょっと可愛らしいリュックハーネスのご紹介をします。みつばちのリュックハーネスです。これから春の季節には特に遠出するにも可愛らしい鞄ではないでしょうか?子供たちもミツバチのまねをしながら花畑を走る姿はとても可愛いと思います。紐は、もちろん黄色なので、違和感はありません。実際菜の花とはベストショットもとれます。おすすめです。

リュックハーネスがあると全然ありがたみが違います。ないと何かの拍子で手を離したり、目を離した瞬間に大事故になります。だけどハーネスであればある程度行動を制限できます。また歩き始めた1歳から2歳というのは一番目を離してはいけない時期です。そんなハーネスは安全、生命の危険、お母さんの精神的負担。すべてを和らげてくるおすすめアイテムです。

楽天から出ている動物型ハーネスリュックもおすすめ

⑤動物好きなお子さんにおすすめ、動物リュックハーネス

次に紹介するのは、リュック付きハーネスでも動物型です。鳥の顔を描いたパターン、シンプルなパターン、など色々ありますが、やはり殆どの子供たちはこのような見慣れた動物の顔があるリュックのほうが好きです。また6種類ですが、殆ど絵本に出てくる動物なので、子供たちも選び外あって楽しいと思います。また動物の顔のリュックなので逸れてももすぐ見つけられます。

ハーネスの長さや紐の色はどうなっているの?と思われますが、色は動物のリュック色に合わせてあり、違和感ないようにできています。また紐はリュックの持ち手の所にひっかけて引っ張ることが出来ます。だけど、そのためにちょっと上の方に紐を持ち上げる形にはなりますが、対面で自転車が来てもすぐにお母さんは子供側によれるので動きやすいでしょう。ありがたい作り方です。

正直いえばまだまだ社会的認知としては問題があると思われがちなハーネスですが今は家族旅行に外国行く家庭が多いです。外国は日本よりも安全保障がありません。そう考えると本当にありがたいアイテムではないでしょうか?この機会にしっかり現実を見て欲しいとも思います。リュック型もそんなお母さん達の切実な願いで生まれてきた育児アイテムです。

飛べそうなくらいかわいい!女の子向けハーネスリュック

⑥女の子向き!天使の羽付きリュックハーネス

羽がついていていかにも飛べそうなこれもりっぱなハーネスリュックです。見た目がとても可愛く、ハーネスリュックとは見えないです。一体どうやって作られているのか作り方を知りたいぐらいですね。女の子ならばこういうタイプのリュック喜びますね。正直大人で同じのがないのかと思うぐらい可愛いです。

またこのハーネスリュックはベルトが外れる作り方になっています。つまり散歩や外出の時はリュック型ハーネスになりますが、家の庭など、狭いエリアではベルトだけでも十分ハーネスの機能を果たしてくれます。はやり子供はどういう行動を起こすかわかりません。常に安全が第一ではないでしょうか。またリュックだけになれば大きなっても使えます。

ディズニーファンにおすすめ!ディズニーの子供用ハーネスリュック

⑦ディズニーも出している!ディズニーキャラクターリュックハーネス

さて、次にご了解するのは皆大好きなディズニーから発売されているハーネスリュックです。殆どはキャラクターの後ろ姿で作られている事もあり、ハロウィンなど仮装するときにはまさしく仮装の道具になるものです。またこのハーネスリュックは見た目を気にするお母さん達の為にも優しい作り方になっています。ディズニー好きな方はおすすめですよ。

今までのハーネスと違うところをいうならば、持ち手があることです。さすがディズニーは目のつけ所が違いますね。作り方一つにもこだわっています。他のハーネスはやはり安全を優先していますが、持つ所まではなかなか目がいきません。だけどディズニーはお母さんの手に負担かからない様に持ち手を作り、親子で散歩を楽しめるようにしてくれています。

どうしても見た目や批判の目を気にする人は多いと思います。だけど、子供の命を守れるのはお母さんだけです。もし死んでしまった時、周りは助ける事も出来ません。ただ同情するだけです。所詮他人には理解できないことなんですよ。だけどディズニーならばちょっと見た目を気にするお母さんも気にせずに使えるものです。

エリック・カールからも出ている!子供の命を守るハーネスリュック

⑧はらぺこあおむしで有名なあの絵柄のハーネスリュック

続いて紹介するのは子供たちに大人気の「エリックカール」からでているハーネスリュックです。あまり日本では知られていないようですが、ファンの方は皆持っているものです。またハーネスリュックとしては非常の大きく、カラフルなので目立ちます。あちこち行く子にはまさしくもってこい!のハーネスリュックです。ぜひ探してみてください。

なりきりが楽しい!子供も好きな恐竜型のハーネスリュック

⑨なりきり型恐竜型リュックハーネス

次に紹介するのはなりきりが出来るハーネスリュックです。フードもついているので上着を着るのを嫌がる子がいても無理に着せる必要はありません。急な小降りの雨が降ってもフードがあるので対応できます。また見た目が恐竜のようになっているので一目で見てもハーネスがあるだなんてわかりません。作り方が知りたくなるリュックです。

実際SNSde挙げられているのをみれば、やはり評判はなかなかです。多くの人は「これがハーネスリュック!?」と思うぐらいの出来合いです。やはり探してみると色々あります。恐竜カラーに合わせて衣装を合わせてみるのも面白いです。ちなみにこれの大人バージョンもあったら親子で恐竜の真似ができて楽しいではないだろうかと感じています。

手作り好きな方必見!子供の命を守る母の愛が籠ったハーネスリュック

⑩手作りもある!作り方もある手作りハーネスリュック

続いて紹介するのは、手作りハーネスの作り方です。やはり店で買うと高いし、できれば自分で作ってあげたい、やはり自分の好みのハーネスリュックがないとが言うお母さん達向けです。作り方も載せてありますが、裁縫が得意なお母さん、作るのが好きな人にはお勧めです。予算も2000円以内に収まることもあります。作り方を見て作ってみてください。

ただお母さんの好みの鞄があったとしても子供が好みだとも限りません。もし手作りするならば、鞄は親子で見に行ったうえで、子供が自ら背負いたくなるのを選んであげてください。また紐や細かい部品は100均でも売っていますし、作り方さえわかればなんとでも自由に作ることが出来ます。ただあくまでハーネスとして使うならばあまり大きいのはお勧めしません。

ハーネスリュックの存在は親の精神的負担が減少される

再びハーネスについての話に戻りますが、ハーネスは使ってみて初めてその便利さが分かります。実際デパートや遊園地などの店舗で子供と逸れて困る親も多くいます。だけど、ハーネスリュックであればある程度親は子供の行動を規制できますし、また子供自身も親から勝手に離れることが出来ません。また展示されている商品で遊んでも止めることもできるのです。

子供も大好き!家でもずっと背負っているハーネスリュック

所で、ハーネスに関して批判しているの実は大人だけなのに気づいている方いますか?報道でも大人の意見ばかりです。実際使っている子供たちの映像って流れてきてないです。だけどSNSではそんな子供たちの姿が一杯流れています。見れば見るほど嫌がっている子っていないです。皆楽しそうに背負っています。確か紐だけは嫌だったかもしれないですがリュックならば別なのです。

中には自分の好きな色のハーネスリュックだからと赤ちゃんのお人形の様に持ち歩いている子もいます。家にいる時でも背負いたくて自分から持ってくる子だっています。そういう意味でリュック型のハーネスはお母さん達にとって大きいと思います。また子供たちもリュックとして背負う事でものを背負うという事を自然に覚えます。何もデメリットはありません。

ハーネスリュックは子供の守る大切な命綱!

最初は子供の安全を思いつ紐だけだったハーネスも社会問題となり、リュック型が出来てからお母さん達も人目を気にせずに使っていけるようになりました。しかし社会的認知はまだまだ低い中、多くのお母さん達はSNSで体験談を色々伝えています。ペットのようだ!という人は子供がいないから分からないのです。そんな人達の意見よりは、子供の命を大切にしてほしいです。

また実際子供が迷子になったり、行方不明なった人ならばそんなことは言いません。なぜなら自分の子がそうなった時「欲しかった」と思うからです。悪口しか言わない人の声よりはこうやって本当に今大変な育児中の人に労わる声をかけていける人が増えていければと思います。その為に企業も努力をしています。ハーネスの理解が社会に広がっていくのがいいです。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-09-21 時点

新着一覧