クリップの種類まとめ!名前や特徴・用途別の選び方を詳しく紹介

クリップその種類によって使用方法や、特徴など大きく変化することをご存知でしょうか?実はあなたの使っているクリップは、使い方が間違っている可能性があります。クリップの種類別の使い方や用途についてご紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

クリップの種類まとめ!名前や特徴・用途別の選び方を詳しく紹介

目次

  1. クリップは種類によって使い方が重要
  2. クリップの種類は何をどのくらい挟むのかを考え選ぶ
  3. クリップの種類は使う場所によって素材を変える
  4. デザインや手軽さが優秀なゼムクリップ
  5. 数枚の書類を挟むのに最適なダブルクリップ
  6. かなりの枚数や付属機能が便利な目玉クリップ
  7. ゼムクリップより強力なスーパークリップ
  8. 大量の書類や再利用ができるパワークリップ
  9. 少ない枚数を固定するのに便利な山型クリップ
  10. 付箋とまとめ機能を持つ紙クリップ
  11. ホッチキスより優秀?ガチャック
  12. 紙の挟み方が特殊なスライドクリップ
  13. 押し込むだけで挟めるグイグリップ
  14. クリップを信用しすぎには注意
  15. クリップの種類別の使い方をマスターしよう

クリップは種類によって使い方が重要

クリップには様々種類が存在していますが、その種類などによって正しい使い方や枚数が存在していることを、わかって使っている方は少ないのではないでしょうか?クリップは主に大切な書類をまとめて管理したり、軽いメモを止めておく時に使用するにはとても便利なアイテムです。クリップのより正しい使い方を理解しておくことで、仕事の業務を効率化することも可能です。

なかなかクリップの種類別に使用できる、紙の枚数まで確認することはないと思います。今購入しているクリップの種類別にある正しい使い方を確認して、保管場所などによっても素材を変えるなどの工夫をすることでより、クリップを使いこなすことができます。そんなクリップの種類や正しい用途についてご紹介します。

Thumb最新の文房具ランキング!おしゃれなのに多機能なおすすめ人気文具は?

クリップの種類は何をどのくらい挟むのかを考え選ぶ

クリップの種類や名前は用途によって選ぶことが重要

クリップの種類を選ぶ前に行う事は、いったいどのくらいの量の書類を挟むことを目的としているかです。一度に数百枚を挟むクリップの種類はなかなかありませんが、自分自身が挟みたいと思っている紙の量に合わせてクリップを選ぶことができれば、クリップが外れてせっかくまとめた書類がバラバラになることも無くなります。

オフィスなどでも、大量に注文することが多いクリップですが、オフィスで使用される書類はいったい平均すると、1クリップあたりどのくらいの枚数なのか?そう行った部分を把握しておくことで余分にクリップを買うことも、経費として余分に申請の手間をかけることなく注文することができます。

Thumbクリップの使い方アイデアまとめ!文房具以外の便利な活用法とは?

クリップの種類は使う場所によって素材を変える

クリップの選び方として使う場所で金属やプラスチック素材を変更する

クリップの種類に関してもそうですが、クリップを使用して保管しておく場所によってもクリップの素材の種類を、変更するとより長い期間一つのクリップで書類をまとめておくことができます。最近では、プラスチックの素材のクリップなども出てきており、その素材の持っている特性を生かして保管場所を選ぶといいでしょう。使う書類に対してクリップの大きさなども選択肢に入れると、余計な時間を使わなくて済みます。

例えば金属の場合、パソコンなどの熱を持ちやすい機械の近くに置いておいたり、ディスプレイに貼り付けておいても変形などの心配はありません。しかし水気などがついてしまうと、錆びてしまい書類を汚してしまいます。プラスチックに関しては、水には強いですが耐久性や熱という部分では金属に劣る部分もあります。そう行った部分を理解して、保管場所を選びましょう。

Thumb高級文房具のおすすめまとめ!プレゼントにも最適なアイテムを紹介

デザインや手軽さが優秀なゼムクリップ

名前や特徴・用途に合った選び方とは?クリップの種類1選目

ゼムクリップに関しては、どこでも入手できることから最近では、学生の中でもかなり使われているクリップの種類になります。購入できる価格も安く、百円ショップなどにも売っています。

クリップと言われると、このゼムクリップを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?そのくらい知名度が高いくデザイン性も高いクリップになります。コンパクトなサイズ感なので、筆箱など小さいスペースにも入れていざという時に、すぐに使用できる手軽さが人気を誇っています。

特徴としては、簡単に2〜4枚程度のA4用紙などであれば安定して挟んでおくことができます。しかしその反面、書類が斜めの力に弱く簡単にずれてしまいます。曲がりやすい素材を使用しているので、変形なども簡単にしてしまうので、長期で使うクリップの種類ではありません。一時的に数枚の書類をまとめて、ファイリングしておくことには向いています。

Thumbコストコの文房具おすすめは?値段も調査!【シール・ノート】

数枚の書類を挟むのに最適なダブルクリップ

名前や特徴・用途に合った選び方とは?クリップの種類2選目

ゼムクリップの次によく目にするクリップだと思います。このダブルクリップは挟む力が強いので、小さいタイプであってもゼムクリップの2倍ほど紙を挟むことができます。持ち手の部分も挟んだ後に、折りたたむことができるので、収納の面にもとても優れているクリップの種類になります。

このダブルクリップは挟む力が強いことが特徴で、小さいものであっても多い書類を無理やり挟むことも、出来ないことはありません。しかし、小さいダブルクリップに無理に挟んでしまうと大切な書類にクリップの跡が残ってしまう可能性が高いです。しっかりとまとめておきたい場合はいいですが、大切な書類に関してはおすすめしません。

Thumb文房具がおしゃれに進化!ハイセンスなデザインのおすすめ文房具

かなりの枚数や付属機能が便利な目玉クリップ

名前や特徴・用途に合った選び方とは?クリップの種類3選目

こちらの目玉クリップも、ダブルクリップと同じように挟む力が強いクリップになります。小さい割にかなりの枚数を挟むことができ、安定して保管することができます。しかしこの目玉クリップに関しては、金属で作られていることが多く、錆びてしまうと書類を汚してしまう可能性があるので水気や湿気がある部分では注意が必要です。

ダブルクリップと違い、挟む持ち手の部分を折りたたむことができないので、持ち運びなどをする書類には向いていません。持ち手の部分にマグネットがついてるものもあり、挟んだ状態でホワイトボードなどに貼り付けることもできるので、持ち運びよりも一定の場所に掲示したりする際に、使うことをおすすめします。挟む力が強いので、書類に跡がつかないよう注意しましょう。

ゼムクリップより強力なスーパークリップ

名前や特徴・用途に合った選び方とは?クリップの種類4選目

ゼムグリップと同じように簡単に取り外し簡単なクリップになります。スーパークリップという名前なので巣がそこまで、特別なことはありません。ゼムグリップに比べて同じ構造なのですが、挟む枚数を増やすことのできるクリップであるという特徴を持っています。

ゼムクリップ同様に、金属を使って作っていることが多いので水気などによって、錆びる原因になりますので保管場所や使用する場所に注意しましょう。錆びの汚れを書類につけてしまいます。

ゼムクリップ同様に、挟みすぎてしまうと変形してしまうので、挟みすぎは良くありません。ゼムクリップが数枚のところ、このスーパークリップに関しては8枚〜10枚程度と覚えておきましょう。大きさもいくつかの種類があり、それによっても挟める量も変わってきますので、用途にあった使い方を心がけるようにしましょう。

大量の書類や再利用ができるパワークリップ

名前や特徴・用途に合った選び方とは?クリップの種類5選目

パワークリップは小さいにも関わらず、かなりの枚数を挟むことが出来るのでおすすめです。まとめて大量の書類などを管理しておく場合などに、おすすめなクリップになります。Mサイズで40枚程度を挟んで保管することが出来るので、過去の履歴などを保管するのに向いているクリップになります。

取り外しも簡単に可能で、再利用などができます。しかし取り付けたりする際に、専用のクリッパーが必要なのでクリップ単体で使用することはできません。しかし一つあるだけで、余分なクリップを使わず再利用もできるので、かなりコスパもいいクリップになります。クリッパーの使い方には少し慣れが必要ですが、説明書を読めば誰でも使用できます。

少ない枚数を固定するのに便利な山型クリップ

名前や特徴・用途に合った選び方とは?クリップの種類6選目

少ない枚数を固定して少ない力で、しっかりと挟んでくれるクリップになります。目玉クリップと似ているのですが、目玉クリップに比べて挟む口が浅く、つまみの部分が山形になっているので簡単に取り外しが出来るようになっています。挟む口が浅いので、書類を選んで使用する必要がありますでの注意しましょう。

山形クリップは目玉クリップに比べて、挟む部分の横幅が広いので安定して書類を固定しておくことができます。素材としては基本的に、金属のものが多く湿気や水分によっては錆びてしまう可能性がありますので、保管場所や使用する場所には注意が必要です。挟む力も目玉クリップ同様強いので、クリップ跡を気にされる書類に関しては使用は控えましょう。

付箋とまとめ機能を持つ紙クリップ

名前や特徴・用途に合った選び方とは?クリップの種類7選目

最近女子高生などに人気になっているクリップに、紙クリップというものがあります。クリップの紙バージョンで、クリップ自体に文字を書くことが出来るので、なにをまとめているかを一目で確認することができます。デザイン性の高さや書類の確認作業が短縮出来るので、タイムマネジメントにも優れています。

しかし素材が紙なので、耐久性は弱く挟める量に関しても1〜3枚程度が限界で、量を挟むことには向いていません。カバンの中などに入れていても、簡単に破れて外れてしまう可能性があるのでクリアファイルが必須になります。しかし、デザイン性が高いので普段からまとめて管理することが苦手な人でも、楽しくまとめることが出来るのでおすすめです。

ホッチキスより優秀?ガチャック

名前や特徴・用途に合った選び方とは?クリップの種類8選目

名前に「クリップ」と付いていないので、一瞬クリップの種類か疑う方も多いと思います。このガチャックとは上記でご紹介した、パワークリップの一般向け用だと認識して頂くとわかりやすいかもしれません。パワークリップよりも入手しやすく、挟むことのできる書類の量もMサイズで40枚程度と、パワークリップとほぼ同じになっています。

このガチャックもやはり専用のクリッパーが必要なのですが、パワークリップに比べて入手しやすいものになっています。ですので、もし市販にパワークリップがない場合ガチャックがある可能性がありますので、一度店員さんに聞いてみましょう。どちらを選んでもほとんど同じですので、入手しやすいタイプを選んで使用することをおすすめします。

紙の挟み方が特殊なスライドクリップ

名前や特徴・用途に合った選び方とは?クリップの種類9選目

スライドクリップはその名の通り、紙の角からクリップをスライドさせて挟むものになります。紙をクリップの間に挟んで、挟むことが出来るので安定感がありスライドさせた後に関しても、ロックをかけることが出来るのでおすすめです。金属製になっているので、安定して挟めますが保管する場所には注意しましょう。

書類に対してほぼ平行に、挟むことが出来るのでかさばることなくクリップで挟むことができます。しかしこのクリップ自体が、値段が高めになっているので渡す書類などに使用してしまうと、消費の速度が早くなってしまい金額的に勿体無い使い方をしてしまいます。ですのであまり人には渡さないけど、しっかりと自分で管理しておきたい書類に使用しましょう。

押し込むだけで挟めるグイグリップ

名前や特徴・用途に合った選び方とは?クリップの種類10選目

このグイクリップはその名の通り、押し込んで挟むことによって使用するクリップです。少ない量の書類をクリップでまとめる場合、クリップの重さに書類が負けてしまい折り目などが付いてしまう場合もあります。

そういったクリップによる重さを気にされる方に、おすすめのクリップがグイクリップです。指先で簡単につけることができます。少しつけるときにコツがいりますが、慣れてくると簡単に取り外しが行えるようになります。

グイクリップの使い方としては、本当に1枚〜3枚程度の書類を挟むことに長けています。しかし押し込んで挟むので、どうしても力を加え過ぎてしまいクリップの跡が書類に、ついてしまうことが短所になります。値段自体も安く数も多く入っているものがほとんどなので、少ない枚数を大人数などに配らなくてはいけない時に、とてもおすすめなクリップの種類になります。

クリップを信用しすぎには注意

クリップ自体は書類をまとめておくことに長けていますが、それを過信して保存することは危険です。何かの拍子に簡単に外れてしまうこともありますし、挟む力が強いということは力のかかる方向がズレることによって、書類かかっていた挟む力が外に向いてしまい、クリップが外れてしまうことも少なくありません。ですので、あくまでまとめる簡易的な手段として認識しておきましょう。

本当に大切に管理しておきたい書類に関しては、穴を開けて紐でくくったり専用のファイルに入れて保管する方にしましょう。

そうすることによって、他の書類が挟まったりすることもありませんし、ファイルにわかりやすいように名前や、大まかなファイルしてある資料の内容や名前を書いておけば、誰がみてもわかるようになり簡単に触らないようになります。クリップを過信しすぎると、いざという時に必要な書類がどこかへ行ってしまっては、まとめている意味がありません。

クリップの種類別の使い方をマスターしよう

家やオフィスの机の中などに、使っていないクリップなどが眠っている方も多いのではないでしょうか?そういった方は書類を無理に見つける必要はないですが、意外とまとめておくと便利なものは多いですよね。

最近では携帯の充電コードなどが散らばらないようにまとめるために、クリップなどを使う収納術なども流行っています。クリップは書類を挟む以外でも使用できますので、その使い方を調べて眠っているクリップをぜひ活用して、家やオフィスをスッキリさせてみてください。

クリップと一言に行っても、挟める量や挟む力などが大きく変わってきます。そう行ったクリップの種類別の特性を、しっかりと理解して書類などを管理することが重要になります。クリップの種類によって使用する書類を、分けたりすることもいいでしょう。

普段の業務を効率化するためにも、そう行った便利な道具は使い方を正しく理解しておくことが重要です。ぜひ、職場や子供の必要な書類などをまとめる時などに参考にしてみてください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-19 時点

新着一覧