水切りかごは使わなくて大丈夫?シンプルでおしゃれなキッチンにする方法

キッチンの必須アイテム「水切りかご」は使わなくても大丈夫なのでしょうか?確かに水切りかごを使わない方法があるなら、キッチンはスッキリしておしゃれになりますよね。水切りかごを使わない、シンプルでおしゃれなキッチンにする方法をご紹介します。

水切りかごは使わなくて大丈夫?シンプルでおしゃれなキッチンにする方法

目次

  1. 水切りかごは必須?使わなくても大丈夫?
  2. 便利な水切りかごにもデメリットがあった?
  3. ふきんで代用できる?水切りかごを使わなくても大丈夫かも?
  4. 食器を拭く習慣をつけると水切りかごを使わない生活に慣れる
  5. 吸水マットが大活躍!水切りかごを使わないテクニック
  6. ふきんや吸水マットの上に食器を重ねるテクニック
  7. 食器を重ねるのが苦手な方も大丈夫!おすすめの吸水マット
  8. ふきんや吸水マットはどのように保管する?
  9. 水切りかごを使わない生活の手助け商品をご紹介
  10. 水切りかごを使わない方法でキッチンをスッキリおしゃれに

水切りかごは必須?使わなくても大丈夫?

水切りかごがなければキッチンはおしゃれに

水切りかごといえば、キッチンに必ずあるものだと思っている方も多いのではないでしょうか?ですが、最近では水切りかごを撤去して、スッキリとしたキッチンで過ごす方が増えているようです。確かに水切りかごがキッチンにないだけで、キッチンはシンプルになりおしゃれにも見えます。

水切りかごがなくて大丈夫?

水切りかごがキッチンにあれば、確かに便利なことは多いです。使用済みのお皿は毎日出ますし、その都度洗って、水切りかごで乾かします。そのままある程度放置していれば、自然にお皿が乾いてくれるので、気付いたときにお皿を片づけるという使い方の流れが多いと思います。食器が少ない一人暮らしの方は、水切りかごにしか食器がないという方も中にはいらっしゃるようです。

便利な水切りかごにもデメリットがあった?

水切りかごは場所をとる

水切りかごはスペースをとってしまうものが多く、キッチンの限られたスペースを占領してしまいます。流し台に水が流れるタイプの水切りかごなら、流し台の横のスペースが使えなくなります。流し台上にかけるタイプの水切りかごなら、流し台が狭くなり、食器を洗ったりするスペースが狭くなります。特に賃貸の狭いキッチンだと、調理するスペースの確保が難しくなります。

いつのまにか不衛生に

水切りかごには汚れにくいタイプの商品もあります。ですがプラスチック製の水切りかごだと、傷がつくことによって、カビが生えやすくなってしまいます。また、水切りかごを毎日洗う訳ではないので、いつのまにか汚れが溜まっていたということにもなりかねません。水切りかごを使用している方は、定期的に衛生面に気を配る必要があります。

キッチンに生活感が出る

キッチンにはかかせない水切りかごですが、その存在が生活感を醸しだしているかもしれません。水切りかごがあることによって、お皿をついつい出しっぱなしにしていませんか?生活感を感じないおしゃれなモデルルームのようなキッチンに憧れますよね。水切りかごを処分することで、シンプルでおしゃれなキッチンを目指してみましょう。

Thumbミニマリスト家族の持たない暮らしとは?キッチン収納のコツや物の減らし方

ふきんで代用できる?水切りかごを使わなくても大丈夫かも?

水切りかごを処分して良かったという声も

洗い終わった食器を水切りかごに置く代わりに、こちらのキッチンでは、ふきんやフェイスタオルを代用しています。洗う食器の量に合わせて、ふきんの大きさや種類を変えて工夫されているようです。水切りかごがあると、基本的には自然乾燥なので、気付いたら食器が溜まっていて見栄えが悪くなってしまいます。更に水切りかごがヌルヌルしたりと衛生面での不安もあったようです。

水切りかごを使わなくても案外大丈夫

こちらのご家庭でも、キッチンでスペースをとっていた水切りかごを撤去したようです。水切りかごの代わりに、麻のクロスを活用されています。麻のクロスは、吸水性に優れていて、通気性も良いのですぐに乾き、カビや雑菌の繁殖も抑えてくれます。洗った食器をすぐに拭くのは面倒だと感じる方は、こちらのご家庭のように、しばらく放置して片づけてもいいかもしれません。

食器を拭く習慣をつけると水切りかごを使わない生活に慣れる

水切りかごを使わないなら食器を拭く習慣をつける

水切りかごを使わない生活を送っているご家庭では、食器を洗い終わった後、ふきんなどの上に一時的に並べます。そのまま放置して水分をとばしてもいいですが、スッキリとしたおしゃれなキッチンを目指すのであれば、洗った食器をすぐに拭いて片づける習慣をつけるといいでしょう。このような食器拭き専用のふきんを使用すれば、拭くときのストレスが軽減されるのでおすすめです。

吸水マット・ふきんを揃えると更におしゃれなキッチンに

こちらのモノトーンデザインがおしゃれなふきんと吸水マットは、なんと100均セリアの商品です。ふきんと吸水マットを同じデザインで揃えれば、更におしゃれなキッチンを目指せます。シンプルなデザインなので、キッチンの調理スペースの見えるところに置いていても、生活感があまり出ません。100均の商品なので、汚れたり傷んできたら、買い換えてもいいですね。

Thumbセリアのおすすめキッチン用品やアイデア!100均でおしゃれなカフェ風に!

吸水マットが大活躍!水切りかごを使わないテクニック

吸水マットならシンク周辺がベチャベチャにならない

水切りかごを使わないために、ふきんの上に食器を並べているご家庭では、洗い物が多いときは、どうしてもシンク周りがベチャベチャになってしまうという声も聞かれます。いくら吸水性の良いふきんでも、限界を感じることもあります。そんなときにおすすめなのが吸水マットです。メッシュ素材のやや厚みのあるマットになっていて、水分をすぐに吸収してくれます。

100均でも吸水マットが揃えられる

最近では100均でも吸水マットが販売されています。左側のジグザグ柄の吸水マットはダイソーの商品。右側のモノトーンの吸水マットはセリアの商品です。こちらでご紹介している吸水マット以外にも、種類がありますので店頭で探してみてください。吸水マット自体を洗うこともあるので、いくつかストックしておくと便利に使えます。100均で揃えられるのでリーズナブルです。

ふきんや吸水マットの上に食器を重ねるテクニック

水切りかごを使わない場合食器を重ねるテクニックが必要

水切りかごを使わないで、ふきんや吸水マットで代用するには、洗った食器を重ねるテクニックが必要になってきます。水切りかごには、お皿に合わせて仕切りがついているものも多いですが、ふきんや吸水マットには、一切そういうものがありません。実際にふきんや吸水マットを活用している方の、食器を重ねるテクニックをご紹介します。

食器を重ねるコツを掴めば水切りかごを使わない生活も簡単

コップ類はふきんや吸水マットの上に、逆さまにして並べます。コップの内側が乾きにくいと感じた場合は、コップの下にお箸などを並べて、ふきんとの間に隙間を作ってあげるといいでしょう。お皿は平たいものが下になるように、ずらしながら重ねて並べていきます。お皿とお皿の間に少し隙間を作るイメージです。

スプーンなどの水が溜まるものは裏返して並べます。洗った食器はなるべく水を振り払ってから、並べると乾きやすさが大きく違ってきます。

Thumbミニマリストのキッチンの見せない収納の仕方!台所をすっきりさせるコツ

食器を重ねるのが苦手な方も大丈夫!おすすめの吸水マット

PLYS base(プリスベイス)水切り吸水マット ワッフル

PLYS base(プリスベイス)の水切り吸水マットワッフルは、吸水マットの一部が立ちあがっている作りになっています。立ちあがった部分に、コップや深皿を並べれば、食器の内側も乾きやすくなります。吸水マットやふきんに、食器を並べるのが苦手だと感じる方には、自然に並べるだけで乾きやすくなるこちらの吸水マットがおすすめです。

こちらは洗濯ネットを利用すれば洗濯機でも洗えます。吸水マットは手洗いのみの指定が多い中、洗濯機で簡単に洗えるのはかなり便利です。

umbra(アンブラ)ドライングマット

こちらのumbra(アンブラ)のドライングマットには、吸水マットには珍しいディッシュラックがついています。並べるのが難しい大きなお皿も、これなら簡単に立てることができます。使わないときは、コンパクトに折りたたんで収納することもできます。カラーはリネンとチャコールの2種類で、どちらもキッチンに馴染みやすいおしゃれなデザインです。

水切りかごは使わない!キッチンがスッキリ

こちらのドライングマットを水切りかごの代わりに使っているご家庭では、使用後にはこのように空いたスペースに立てかけて乾かしているようです。キッチンが広々と使えるので大変おすすめの商品です。

ふきんや吸水マットはどのように保管する?

使用後はキッチン周辺にかけて乾かす

水切りかごを使わない生活に挑戦しようとしている方には、ふきんや吸水マットはどのように保管したらいいのか疑問に感じる方もいらっしゃると思います。水切りかごを使わない生活をしているほとんどのご家庭で、このようにキッチン周辺に、ふきんや吸水マットをかけて乾かしているようです。1回使ったら洗う方、数回使ってから洗う方など、洗う頻度はそれぞれです。

付近や吸水マットは見えてもおしゃれなものを

ふきんや吸水マットは、このようにキッチン周辺にかけて乾かすことが多いため、見えても違和感のないおしゃれなデザインを選ぶようにしましょう。お気に入りのデザインのふきんや吸水マットなら、キッチンで存在感を放っていても問題なく過ごせます。

Thumb100均アイテムでキッチンをDIY!おしゃれで収納抜群に!

水切りかごを使わない生活の手助け商品をご紹介

珪藻土マット

バスマットとして話題の珪藻土マットですが、洗った食器を並べる吸水マット代わりに使用することもできます。吸水性が良くすぐに乾くので、使い心地も抜群なのだとか。大きめのサイズが多いので、キッチンに適したサイズを選ぶようにしましょう。

tower(タワー)折りたたみ水切りラック

こちらのtower(タワー)折りたたみ水切りラックは、シンクの端にかけるように使用します。水切りかごを置くよりは省スペースに収まります。使わないときは丸めて折りたたむことができるので、狭いキッチンでも便利に使えます。

水切りかごを使わない方法でキッチンをスッキリおしゃれに

水切りかごを使わない生活は不便なようにも感じますが、慣れてしまえばキッチンを広々と使用することができ、見た目もシンプルでおしゃれになります。もちろん使用感には個人差がありますので、自分に合った方法を選んでみましょう。水切りかごを使わなくても案外大丈夫なので、一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-11-30 時点

新着一覧