セルフのヘアカラーおすすめやコツ!傷まない方法や綺麗に染めるコツは?

セルフのヘアカラーって難しいと思っていませんか。じつは、コツを掴めば傷まずに美しいヘアカラーを実現することが出来るようになります。ここでは、セルフヘアカラー初心者でも綺麗に染めることが出来るコツをご紹介してきます。髪色を変えて、イメチェンしてみましょう。

セルフのヘアカラーおすすめやコツ!傷まない方法や綺麗に染めるコツは?

目次

  1. セルフヘアカラーに挑戦してみよう!
  2. セルフヘアカラーをおすすめする3つのポイント
  3. ヘアカラーで失敗しないコツはセルフヘアカラー選びにあり!
  4. セルフへカラーはいつ行うかも大事なポイント
  5. セルフヘアカラー前はパッチテストすることがおすすめ!
  6. ブロッキングするとセルフヘアカラーも失敗しにくい!
  7. 毛先からセルフヘアカラーしていくことがコツ!
  8. ヘアカラーの説明書に従うことがセルフで行う場合の傷まないコツ!
  9. ヘアカラーを乳化させることがセルフで失敗しないおすすめポイント
  10. インバストリートメントを行えばセルフヘアカラーでも傷まない!
  11. セルフヘアカラー後はアウトバストリートメントもおすすめ
  12. セルフヘアカラー後48時間はシャンプーしないことが失敗しないコツ!
  13. ヘアアイロンはセルフヘアカラー後3日間は我慢
  14. おすすめの市販のセルフへカラー剤
  15. セルフヘアカラーのコツを掴んで美髪を目指そう!

セルフヘアカラーに挑戦してみよう!

あなたは、セルフヘアカラーって難しいと思っていませんか。セルフヘアカラーは、コツを掴めば失敗することすくないです。さらに、髪も傷まないで自分好みの髪色に変身することも可能です。まだセルフヘアカラーにチャレンジしたことが無いという人は、思い切ってオシャレさんがおすすめするセルフヘアカラーを試してみませんか。

ここでは、初めてセルフヘアカラーに挑戦する人や以前失敗してしまった人ためにおすすめのコツをまとめてみました。傷まないコツを手に入れれば、美容室でヘアカラーを行うよりももっと身近にヘアカラーを楽しむことが可能になります。さらに周囲の人からは、ヘアカラーがとても素敵なオシャレさんと思われること間違いなしです。しっかりおすすめのコツをマスターしましょう。

Thumbヘアカラー当日はシャンプーしない方が良い!色を長持ちさせるには?

セルフヘアカラーをおすすめする3つのポイント

ヘアカラーをおすすめするポイントは、なんといっても経済面にあります。美容室でへカラーを行う場合には、1回で5,000円程度かかるケースが多いです。ヘアカラーは、3か月に1度程度行うことがおすすめですが、お財布事情が厳しい人にはかなりの痛手ではないでしょうか。セルフで行う場合には、1,000円以下で行うことが出来るので、失敗しないコツを掴めば最強です。

美容院に行く時間が無いという人は、セルフヘアカラーは重宝することでしょう。自宅でセルフヘアカラーを行えば、時間を気にせずに美しい髪を手に入れることができます。さらに髪が傷まないようにセルフケアすることは、自分の髪の健康度合いをチェックすることにもつながります。セルフヘアカラーは、失敗しなければ後片付けもそれほど苦痛ではありません。

美容院でヘアカラーをお願いした際に、想定していない髪色にされてしまって失敗したなと感じた経験ありませんか。ただし美容師さんに文句をいうことは、なかなか難しいですよね。セルフで行う場合には、全てがあなたの思う通りに行うことが出来ます。コツを掴めば、狙い通りの髪になれます。まずは、セルフヘアカラー選びから傷まない、失敗しない髪を目指してみましょう。

Thumbヘアカラーは紫・パープル系に注目!アッシュが飽きたらモーブカラーに!

ヘアカラーで失敗しないコツはセルフヘアカラー選びにあり!

傷まない、失敗しないセルフへカラーは、カラー剤選びが重要なポイントになってきます。ヘアカラー剤を選ぶ際のおすすめポイントとしては、まず自分の髪の状態をチェックすることが大切です。白髪が目立ってきたという人は、白髪染めを選びましょう。白髪が目立つ人は、おしゃれ染めを使っても綺麗な色が出にくいです。

ヘアカラーをセルフで行う場合には、色をしっかり見極めて購入することが大事です。市販のヘアカラーによっては、色を数値化していません。購入する際には、販売してある場所の見本や口コミなどを参考にしてゲットすると失敗することが少ないです。ヘアカラーは傷まないものだけでなく、色の分かりやすさはどうかという点を基準にして選ぶと良いでしょう。

セルフヘアカラー初心者には、ヘアカラーの種類選びも大事なポイントです。クリームタイプやジュレタイプは、手先が器用ではない初心者にはおすすめできません。泡タイプのへカラーは、セルフでも行いやすいので注目です。手袋で簡単にヘアカラーを楽しめます。手間がかかるクリームタイプは綺麗に染まり傷まないと評判なので、セルフに慣れた時にチャレンジしましょう。

Thumbヘアカラー剤のおすすめ10選!髪の痛みを抑え簡単キレイに染まるのは?

セルフへカラーはいつ行うかも大事なポイント

セルフヘアカラーを行いたいと思っても、すぐに実行に移すことはおすすめできません。綺麗に染まった傷まない髪をセルフヘアカラーで目指すのであれば、シャンプーした後12時間程度は置くようにします。シャンプーをしてからすぐにセルフヘアカラーにチャレンジすると、頭皮も傷んでしまう可能性があります。

傷まない髪を作るには、スタイリング剤などを付けていない状態でセルフヘアカラーすることがおすすめです。理想としては、セルフヘアカラーにチャレンジする前日の夜にシャンプーをして、朝起きてすぐにヘアカラーをすることです。セルフヘアカラーをするか悩んでいる人は、次の日の休日の朝などに一度チャレンジしてみませんか。

Thumbヘアカラートリートメントランキング!効果の比較・口コミなど徹底調査!

セルフヘアカラー前はパッチテストすることがおすすめ!

セルフヘアカラーを行う際は、絶対にパッチテストを行うようにしましょう。パッチテストは、髪の毛や頭皮を守るだけでなくあなたをアレルギーや炎症反応から守ってくれます。ついつい面倒で飛ばしてしまう人も多いですが、万が一の場合があるので忘れずに行うようにしましょう。いつもと同じヘアカラーを使う場合でも突然炎症を起こす可能性もあるので、毎回行います。

パッチテストは、セルフヘアカラーを行う48時間前から実施します。腕の目立たないところにパッチテストを施し、30分後と48時間後に異常が無いか確認しましょう。特にかぶれなどが無い場合には、そのまますぐにヘアカラーを行います。市販のヘアカラー剤の中に一緒に入ってることが多いです。髪をセルフで染める場合には、ヘアカラー剤を早めに購入しておきましょう。

Thumb色黒な方に似合う髪色・ヘアカラーを男女別でまとめてみました!

ブロッキングするとセルフヘアカラーも失敗しにくい!

セルフヘアカラーで絶対に失敗したくないという人は、丁寧にブロッキングをしていきましょう。100均などでもブロッキングに必要なアイテムなどは販売されているので、事前に購入しておくと良いでしょう。セルフカラーを始めるとブロッキングすることも出来ないので、事前準備としてしっかり行うようにしましょう。

泡タイプのヘアカラー剤は、特にブロッキングしなくても綺麗に染めることが可能です。ブロッキングの行い方が分からないという人も先ほどご紹介した泡タイプのへアカラー剤を購入しておくと良いでしょう。ブロッキングは、セルフカットにも役に立ちます。コツを掴めば、簡単に行うことが可能なのでこれを機会にマスターしておくと良いでしょう。

毛先からセルフヘアカラーしていくことがコツ!

セルフヘアカラー初心者は、まずどこから髪を染めて良いのかも分からない人もいるでしょう。コツとしては、頭皮から一番遠くにある毛先から塗り始めるとムラが出にくいのでおすすめです。頭皮からセルフヘアカラーを始めてしまうと綺麗に染まりにくいです。今までセルフでヘアカラーを行ってきた人は、やり方を再度見直してみましょう。

ヘアカラー剤は、髪全体に均一になるように塗っていくことがムラになりにくいコツです。毛先に大量のヘアカラー剤を付けてしまうと、毛先だけ違う色になってしまう場合もあります。スタートダッシュせず、少し薄いかなという程度から塗り始めた方が修正しやすいです。頭皮もヘアカラー剤が染まりやすいので、分量には注意が必要です。

Thumbミルクティーヘアカラー特集!髪色をかわいくして、おしゃれ女子に!

ヘアカラーの説明書に従うことがセルフで行う場合の傷まないコツ!

セルフヘアカラーを行う場合で、最も大事なことは製品の取り扱い説明をしっかり読むということです。中身だけを出して外側の箱や説明書は捨ててしまいがちですが、最初に書かれていることをしっかり確認してヘアカラーするようにします。特にカラーリングの時間は必ず守りましょう。自己判断で行うことは、失敗に繋がります。

カラー剤の浸透を良くしたいのなら、ラップを巻いてカラー剤を行きわたらせてから時間を測定することもおすすめです。日本のメーカーのヘアカラー剤なら注意点などが分かりやすいですが、海外のヘアカラー剤でカラーリングする際には注意が必要です。出来れば、翻訳機能などを使って書かれている内容を理解してからヘアカラーに取りかかるようにしましょう。

ヘアカラーを乳化させることがセルフで失敗しないおすすめポイント

ヘアカラーを失敗させないコツとしては、洗い流す際に美容院でも行われている乳化という作業を行うと良いでしょう。頭皮に付着したヘアカラー剤を取り除いてくれるだけでなく、髪全体にヘアカラー剤を馴染ませる効果が期待出来ます。ひと手間加えるだけでヘアカラーの仕上がりが変わってくるので、時間がある場合には行うようにしましょう。

ヘアカラーの乳化の方法は、38度程度のお湯を手に取りヘアカラー剤と馴染ませていきます。ヘアカラー剤が、水っぽくなったら、洗い流します。その後シャンプーで綺麗にヘアカラー剤をすすぎます。ここでのポイントは、38度程度というお湯の温度をしっかり守ることです。熱過ぎるお湯は、髪を傷めてしまうだけでなく色むらの原因にもつながります。

インバストリートメントを行えばセルフヘアカラーでも傷まない!

セルフヘアカラーで傷んでしまった経験がある人は、洗い流しの後のヘアケアが不十分だった可能性が高いです。ヘアカラーによっては、トリートメントが付いているタイプもあります、しかし。出来ればトリートメント専用のアイテムを使った方が良いでしょう。髪を絶対傷めたくない人は、お風呂の中で行うインバストリートメントがおすすめです。

インバストリートメントは、ヘアカラー剤を落とした後すぐに行うことが理想的です。インバストリートメントは、髪の内側をケアしてくれる効果が期待出来ます。セルフでヘアカラーを行った場合には、匂いが気になるので良い香りのするインバストリートメント剤を探すと良いでしょう。普段使い出来る物を1つ用意しておけば、髪のスペシャルケアを行うことが出来ます。

セルフヘアカラー後はアウトバストリートメントもおすすめ

ヘアカラー剤からのダメージを最小限に食い止めたい人は、インバストリートメントに加えてお風呂から出た後に行うアウトバストリートメントも行っておきましょう。アウトバストリートメントは、保湿性に優れた物を選ぶと良いでしょう。ヘアカラー後のパサつきを補修してくれる効果が期待出来ます。オイル型のアウトバストリートメントが、理想的です。

自分のお気に入りのアウトバストリートメントを持っておけば、寝癖直しなどにも重宝します。ヘアカラーを機に自分の髪のケアについても考えてみてはいかがでしょうか。シャンプーやリンスなどとシリーズになっているものも数多く販売されています。女子力アップのためにも、一度お店を覗いてみましょう。お気に入りの香りのアイテムは、リラックス効果も期待出来ます。

セルフヘアカラー後48時間はシャンプーしないことが失敗しないコツ!

ヘアカラーを行った当日と翌日は、ヘアカラー剤を落とすシャンプー以外は我慢した方が良いです。ヘアカラー剤の色落ちの原因になるだけでなく、髪を傷めてしまう可能性があります。夏場などは、どうしても髪を洗いたい気分になりますがオシャレのために我慢しましょう。どうしても洗いたい人は、せめて1日は我慢すると良いですね。

ヘアカラーを行った後の髪は、敏感になっています。使用するシャンプーも出来れば低刺激のものを選ぶと良いでしょう。合成界面活性剤は多くのシャンプーで採用されている成分ですが、泡立ちが良いので髪への刺激も強いです。ヘアカラーをきっかけに髪に良いシャンプーもチェックしてみましょう。ノンシリコンのシャンプーを選ぶこともおすすめです。

ヘアアイロンはセルフヘアカラー後3日間は我慢

ヘアカラーした髪を大切にしたいなら、ヘアアイロンも我慢しましょう。ヘアアイロンは、髪に直接熱を伝えて使うアイテムなのでダメージが強いです。ヘアアイロンは、髪の色むらを作る原因にもなってしまいます。髪を染めた直後は、巻き髪などはぐっと我慢が必要です。どうしても同時に行いたいなら、ヘアサロンに行って行った方が良いでしょう。

自宅でヘアカラーを行うという場合には、4日以降からヘアアイロンなどを利用することが理想的です。市販のヘアカラー剤は、時間をかけて色を髪に定着させます。3日間我慢することで、自分の思い描く髪色が手に入る可能性が高まります。オシャレのためにもヘアカラーを行った後は、ヘアアイロンを使わない髪のアレンジを楽しみましょう。

おすすめの市販のセルフへカラー剤

資生堂ベネフィークヘアカラー

数多くのへアカラー市販剤が販売されていますが、おすすめをご紹介してきます。まずは、資生堂が発売しているベネフィークヘアカラーです、ベネフィークヘアカラーは、サロンでのカラーリングのように3ステップで行うことが特徴的です。お値段はやや高価ですが、髪を絶対に傷めたくない人や失敗したくない人におすすめのアイテムと言えるでしょう。

ホーユービューティラボホイップヘアカラー

ホーユービューティラボホイップヘアカラーは、シェイカーで泡タイプにする初心者向けのヘアカラー剤です。ヒアルロン酸やツバキ油が入っているので、髪のダメージが気になるという人にも最適です。カラーのバリエーションも豊富なので、なりたい髪色がきっと見つかるはずです。ドラックストアなどでも数多く販売されているので、手に取りやすいです。

セルフヘアカラーのコツを掴んで美髪を目指そう!

今すぐ実践出来るセルフヘアカラーのポイントをご紹介してきました。今までサロンでしかヘアカラーを行ったことが無いという人は、案外簡単に出来るのでチャレンジしてみませんか。その内美容院で行うよりも、自分の理想に近い髪色を手に入れることが出来るようになるかもしれません。気軽に髪のオシャレを楽しみましょう。新しい自分に出会えます。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-06 時点

新着一覧