ストライダーは何歳から何歳まで乗れる?注意点やおすすめの自転車を紹介

みなさんはストライダーというキッズバイクは知っていますか?ペダルが漕げない小さい子供が遊べる自転車です。ストライダーはバランス感覚が養えるバイクとしても人気。ストライダーは何歳から乗れるの?機能はどんな感じ?自転車は何歳から?など気になる疑問にお答えします。

ストライダーは何歳から何歳まで乗れる?注意点やおすすめの自転車を紹介

目次

  1. 今、流行りのキッズバイク「ストライダー」
  2. 自転車の前にまずはストライダーを乗ろう
  3. ストライダーって何歳から乗れるの?機能は?などの疑問を解説
  4. ストライダーは何歳から何歳まで?
  5. ストライダーは何歳から乗るのが理想?
  6. ストライダーの注意する点
  7. 問題視されているストライダーが「ブレーキ」なしの理由
  8. 何歳からブレーキ機能を使えるの?
  9. 機能面では優れていないストライダーのキッズバイクはどうして人気?
  10. 何歳から自転車に乗るの?
  11. ストライダーおすすめモデル「ストライダースポーツモデル」
  12. 36㎏まで対応!「イージグライダー」
  13. 人気ストライダーのブランド「ディーパーランニングバイク」
  14. イギリス国旗がかっこいい!「ラングスジャパンバランスバイクUK」
  15. 大注目のキッズバイク!「スパーキー」
  16. ストライダーのキッズバイクで公園で遊ぼう!

今、流行りのキッズバイク「ストライダー」

ストライダーとは、キッズバイクの総称と勘違いされやすいですが、ストライダーとは人気のキッズバイクのブランドです。その為、ストライダーのブランド以外からもたくさんのキッズバイクが発売されています。そもそもなぜストライダーという名前がキッズバイクより有名なのか、それはストライダーがキッズバイクブームの火付け役だからなんです。

ストライダーがキッズバイクを販売してから似たようなキッズバイクが数多く販売されています。今回はストライダーについて徹底調査します。ストライダーに備わっている機能から、気を付けなければいけない注意点まで。ストライダーて何だろう?と思っている方の疑問にお答えします。

自転車の前にまずはストライダーを乗ろう

そもそもキッズバイクのストライダーって何?と疑問に思っている方もいますよね?ストライダーから販売されているキッズバイクはペダルがないのが最大の特徴です。ペダルの代わりに足でこぐバイクになっています。

これは小さい子がまだペダルをうまく漕ぐことができないという理由もありますが、そもそもストライダーは小さい頃からバランス能力を養うために開発したキッズバイクになります。バランス能力を小さい頃から養うことで体幹とレーニングにも繋がり、健康にも関係してきます。小さい頃からバランス能力を養う事は決して無駄な事でなく大事な事なんです。

さらにストライダーはペダルがないものの、大きくなった時に自転車への移行がスムーズだと言われています。初めて自転車を乗る子よりも一度ストライダーなどのキッズバイクを乗っていた子の方が感覚が掴みやすくすんなりと乗れるといった声も多くあります。2歳から5歳は人間として心も体も大きく成長していく時期です。

1歳ごろに歩きはじめて2歳ごろには走れるようにまでなっておりストライダーのキッズバイクといった新しい刺激を与える事でバランス感覚や手先の感覚など子供が大きく成長する事ができます。自転車に乗る前にまずはストライダーのキッズバイクに乗ってみましょう。

ストライダーって何歳から乗れるの?機能は?などの疑問を解説

親として気になるのが、ストライダーのキッズバイクの機能性や何歳から何歳まで乗れるかなどですよね。そんなストライダーのキッズバイクについての疑問を解説します。ストライダーのキッズバイクには様々な機能がついています。

ストライダーは何歳から何歳まで?

子供は成長していくのですぐ乗れなくなってしまう物は買うのを迷ったりしますよね。ストライダーのキッズバイクは何歳から何歳まで乗れるのでしょうか。実際ストライダーのキッズバイクは2歳から5歳まで乗れると記載があります。

これはだいたいの子が小学校入学前後で自転車に乗り換える為この年齢になっています。何歳から何歳まではキッズバイクのメーカーによって大きく異なるのでしっかり確認してから購入するようにしましょう。

ストライダーは何歳から乗るのが理想?

子供が早く走れるようになったからストライダーのキッズバイクを買おう!と子供の成長に合わせて購入する人もいますが、ストライダーのキッズバイクには何歳から何歳までといった年齢制限があります。

この年齢の身長や・体重に適応したキッズバイクを作っているので年齢制限より下の子が乗るのはかえって危険なので注意してください。また、2歳になっていても身長・体重が基準に達してなければ乗らないようにしましょう。周りの子が乗っているからなどと慌てる必要はまったくありません。成長は子供によってそれぞれです。

子供の好奇心ややる気を大切に

ストライダーのキッズバイクの何歳から何歳まで乗れるという記載に自分の子が対応できているとしても買う前に子供の反応をみることです。子供には乗らなければ行けないという感情などはまったくありません。乗りたくないものははっきり嫌だと言います。子供は好奇心で動きます。

まずは子供が興味を持つか購入前によく観察するのをおすすめします。ストライダーのキッズバイクは決して安い買い物ではありません。買って乗らない時に親が無理やり乗せるとかえって子供にトラウマが生まれてしまう可能性も。とにかくポイントは子供が興味を持ったら購入することです。子供の意思を尊重しましょう。

ストライダーの注意する点

ストライダーのキッズバイクでは注意点がいくつかあります。親としてもしっかりと理解しておきたい部分ですよね。ストライダーのキッズバイクの注意点をご紹介します。購入の際の参考にしてみてください。

最大の特徴:ブレーキがついていない

ストライダーのキッズバイク注意点の最大のポイントはブレーキがついていないことです。この事に関しては危険ではないのかと問題視されていました。確かにブレーキないのが危険ですよね。その後ストライダーのキッズバイクはオプションとしてブレーキが発売されました。もしブレーキがないのが気になる方は一緒に購入する事をおすすめします。

公道は走れないので注意

そもそもキッズバイクは公道を走る事は禁止されています。これは自転車との大きな違いですので注意してください。キッズバイクはあくまでも私道や公園内を走るものです。公園内で走らせる場合は広い所を選んで周りに注意して遊ぶようにしてください。

ヘルメットなどの着用を心がけて

ストライダーのキッズバイクは足で蹴って走らせるものだからスピードもでないし親が見ていれば大丈夫と思っている方もいますよね?子供は大人の考えつかないようなつまづき方をしたり、転倒する恐れがあります。

注意点として怪我につながらない為にもヘルメットやひじとひざのプロテクターをつける事をおすすめします。子供にとってストライダーのキッズバイクは立派な大きい乗り物です、ちょっとした事で転倒する可能性もあります。子供の安全面や注意点はしっかり確認しておきましょう。

何歳から?身長は?体重は?しっかり確認しよう

キッズバイクの注意点は、メーカーによって年齢・身長・体重制限は異なることです。見た感じ乗れるから大丈夫ではなくしっかりと注意点を理解してから乗るようにしてください。

問題視されているストライダーが「ブレーキ」なしの理由

ストライダーのキッズバイクはそもそもなぜブレーキをつけないのか気になりますよね?ブレーキが無いという問題を受けて他のメーカーはブレーキがついているキッズバイクを販売しているメーカーもあります。問題視されてもなおブレーキをつけない理由をご紹介します。ストライダーのキッズバイクを乗れる年齢は何歳から何歳までと表記されているか知っていますか?

先ほどご紹介した通り2歳から5歳までになっています。そもそも2歳の子は握力の関係でうまくブレーキを握る事ができません。さらに漕ぎながらブレーキを手で操作するといったことがまだ難しい年齢でもあります。もし目の前に障害物があって止まろうとすると気、大人はもちろんブレーキをかけますが、子供はとっさに足でブレーキをかける傾向にあるんです。

この事からストライダーのキッズバイクにはブレーキは不要という結果になっていますうまく使いこなせないといのがストライダーのキッズバイクにブレーキがない理由です。しかしブレーキがないと、将来自転車に乗り換えた時にブレーキができない子が多いという話も聞きます。ブレーキは止まるという事をストライダーのキッズバイクではやってこなかった為に起きる現象です。

自転車はすんなりと乗れますがブレーキを使いこなせるようになるのには時間がかかる可能性も。今ではオプションでブレーキを付けることもできるのでもし必要と感じるのであればつけてみるのもおすすめです。ブレーキがいるかいらないかの考えは人それぞれです。しっかりと話し合う必要があります。

何歳からブレーキ機能を使えるの?

先程、子供はブレーキを使う事ができないとご紹介しましたが、では何歳からブレーキを使うことができるのでしょうか。個人差はありますが、だいたい3歳をすぎたころからブレーキを使える子がでてきます。

もちろん、ブレーキがある自転車やキッズバイクで最初は練習しますが、だんだんと理解をして使えるようになる子がでてきます。やはり幼稚園や保育園に通い始めたぐらいから理解力も大きく見につくのでだいたい3歳4歳ぐらいにはブレーキを使える子がでてきます。

機能面では優れていないストライダーのキッズバイクはどうして人気?

ストライダーのキッズバイクはものすごく機能面で優れているといった印象はありません。しかしネットのショッピングサイトなどを見てみると上位をキープしています。なぜこんなにもストライダーのキッズバイクは人気なのでしょうか。そもそもその人気の理由こそがストライダーのキッズバイクの魅力なんです。

文を見ただけではストライダーのキッズバイクのすべては分かりません。実際に購入してみて、乗ってみた結果がその人気に反映されています。ストライダーのキッズバイクはブレーキがなかったりスタンドがなかったりと機能面では欠けているところもあります。

それ以上に乗り心地がよかったり、子供が操作しやすかったりなど実際に乗ってみないと分からないストライダーのキッズバイクの魅力があります。ストライダーのキッズバイクに子供が乗った時からストライダーのキッズバイクを買ってよかったと思う親も多くいます。決して機能面だけでは判断せず実際に買った人の声も聞いてみて下さい。

何歳から自転車に乗るの?

自転車に乗るのは何歳から?思う方いますよね?これも人それぞれですが、だいたいキッズバイクが5歳までとなっているのでそれ以降の6歳、小学校1年生辺りから乗る子がおおいです。しかし自転車も12インチかあるので3歳ごろから乗る事も可能。ストライダーのするか自転車にするかはしっかりと親同士で話し合う必要があります。

ペダルをうまく漕げるようになるのは何歳から?

そもそもペダルをうまく漕げるようになるのは3歳以降と言われています。これは自転車の漕ぎだすときの力がまだ子供には無い為です。また、漕げていてもちょっとした坂は上れない可能性もあります。三輪車などでまずは練習してしっかりペダルを漕ぐと進むというのを理解してからじゃないとペダルを漕ぐのは難しいです。

ストライダーおすすめモデル「ストライダースポーツモデル」

ストライダーのキッズバイクでおすすめしたいのが、ストライダースポーツモデルです。従来のキッズバイクをよりかっこよく使いやすく改良されたモデルになります。レギュラーサイズに加えて、あらたにXLサイズのサドル部品が登場。これによって4歳から5歳まで乗れるようになりました。

また、軽量になり親が持ち運びしやすいデザインに。グリップがラバー素材になったのでしっかりと子供がグリップを握れるのもポイントです。ストライダーのスポーツモデルのおすすめはカラーが豊富なことです。カラーは何と全7色もあり選ぶのも楽しいです。ブレーキは従来通り通常はついていません。

スポーツモデルは何歳から?

ではスポーツモデルは何歳から何歳まででしょうか。ストライダーの他のキッズバイクと同じで対象年齢は2歳から5歳までとなっています。今回サドルがXLが新登場したので小さくて乗れなかった人もおすすめです!

36㎏まで対応!「イージグライダー」

イージグライーダーというメーカーは体重が36㎏までの子供が乗る事ができます。他のメーカーに比べると長い期間乗ることができるのでおすすめです。イージグライーダーは後輪用のブレーキがついています。

さらに保管に便利なスタンドついており、親が押したりする際に役立つ足置きもついています。イージグライーダー自体が低重心に造られている為、子供がこけそうになってもしっかり足をつけれるように安全設計です。

イージグライダー何歳から?

気になるのが何歳から何歳までですよね?実はイージグライーダーは体重制限があるだけで年齢制限はありません。36㎏までなら乗る事ができます。しかし何歳からという制限はあって、イージグライーダーは1.5歳から乗る事ができます。他のメーカーに比べると少し早い年齢から乗る事ができるのでおすすめです。

人気ストライダーのブランド「ディーパーランニングバイク」

こちらはストライダーと一緒で人気のキッズバイクのメーカーの1つです。こちらはタイヤのフレームと車体のカラーが統一されており、よりシンプルにかっこいいデザインが人気です。スタンドはオプションになっておりブレーキはついていません。他のメーカーに比べると組み立てが簡単なので女性でも組み立てることができます。

人気ブランド「ディーパー」に乗れるのは何歳から?

ディーパーに乗れるのは何歳まででしょうか?こちらもストライダーと同じで2歳から5歳までとなっているのでしっかりと年齢制限に注意しましょう。

イギリス国旗がかっこいい!「ラングスジャパンバランスバイクUK」

イギリス国旗のデザインがかわいいキッズバイクのメーカーです。重さが3キロと軽いので子供でも運ぶ事ができるのが最大のポイント。軽量だと子供も操作がしやすいので嬉しいですよね。ブレーキはついていません。ストライダーより値段が安いのもポイント。

イギリス国旗デザインのキッズバイク!何歳から乗れるの?

こちらも年齢制限があります。2歳から乗る事が可能で、何歳までといった表記がありませんが、だいたい5歳ぐらいまでで自転車に乗り換える人がほとんどです。大きくなってからも乗り続けてると怪我にも繋がるので注意が必要です。

大注目のキッズバイク!「スパーキー」

大注目されているのがスパーキーというメーカーです。こちらはストライダーにはない便利な機能がついていると話題になっています。スパーキーにはブレーキ標準装備されており、スタンドもついています。さらには組み立てで苦労する人が多いことから、スパーキーは出荷前にプロが組み立てて送られてきます。ストライダーよりも値段が安いです。

気になるスパーキーは何歳から乗ることができる?

対象年齢はこちらも同じ2歳からです。しかししっかりと足がつくようになってから乗るようにしてください。何歳までといった制限はないので子供の様子を見て判断してください。

ストライダーのキッズバイクで公園で遊ぼう!

公園で遊具で遊ぶのも楽しいですが、広いスペースがあるならボール遊びやキッズバイクで遊ぶのもおすすめです。キッズバイクは子供のバランス感覚を養うことができるアイテムなので持っていても損はないです。

注意点さえしっかりと守れば楽しく遊べます。キッズバイクの注意点を理解してキッズバイクを使ってみましょう!ストライダーのキッズバイクは楽しみながら子供のやる気を引き出させてくれる素敵なキッズバイクです。

子供の自転車についてのその他の関連記事はこちらから

Thumb子供の自転車でおしゃれ・人気のブランドは?正しい選び方についても解説
Thumb赤ちゃんの自転車のせはいつから?注意点やおすすめ商品について紹介

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-09 時点

新着一覧