寝る前に食べると太るは嘘?ダイエットと睡眠の関係・おすすめの食事を解説

寝る前に食べると太るのは嘘なのか、食事と睡眠の関係についてまとめました。寝る前に食べるのにおすすめの食事をチェックしておけば、太ることなく睡眠に入れます。寝る前に食べることが太るのは嘘なのか否か睡眠前の食事方法をチェックしていきましょう。

寝る前に食べると太るは嘘?ダイエットと睡眠の関係・おすすめの食事を解説

目次

  1. 寝る前に食べると太るのは嘘なのか知りたい!
  2. どうして寝る前に食べると太るのか?
  3. 食事方法を工夫すれば寝る前に食べるようにしても太らない
  4. おすすめしたい寝る前に食べるのに最適な食事
  5. 寝る前に食べる時に気をつけたいポイント
  6. 牛乳や豆乳は寝る前に食べるのにぴったり
  7. はちみつも寝る前に食べるのにおすすめしたい食材
  8. 栄養豊富なナッツ類は寝る前に食べると良い
  9. 代謝を促進する納豆も寝る前に食べると効果的
  10. 太る事がないように寝る前に食べるようにしよう

寝る前に食べると太るのは嘘なのか知りたい!

嘘か本当か真相が気になる睡眠と食事の関係

寝る前に食べると太るというのは定説にように言われていますが、最近では「寝る前に食べると太る説は嘘なのでは?」という意見も出てくるようになりました。いろいろな説が出てくる中で、しっかりと正しい知識を身につけて寝る前に食べるようにしたいですよね。寝る前に食べると太るのは嘘なのかどうかぜひチェックしておきましょう。

寝る前に食べると太ると言われるようになったのには理由があるので、それを知っておく事も大切になります。理由を把握してどういった食べ方をすれば良いのか知っておけばお腹が空いて寝る前に食べるのが我慢できなくなった場合も上手に食事をとることができそうですよね。寝る前に食べると太る説の真偽のほどを把握して、寝る前の食事に役立てていきましょう。

嘘か否かを知って睡眠前のおすすめの食事方法をチェックしよう

「寝る前に食べると太るのは嘘なの?」「寝る前に食べる場合に知っておきたい基礎知識をチェックしたい!」という場合に役立つ寝る前に食べる食事の情報についてまとめました。基本的な知識を身につけておけば、ダイエットにも役立てられる食事の仕方を取り入れられるのではないでしょうか。最適な方法で寝る前に食べるようにしてくださいね。

Thumb【寝る前のおすすめ飲み物】ダイエットや美容、疲労回復に効果のある飲み物まとめ!

どうして寝る前に食べると太るのか?

寝る前に食べることでエネルギーを消費しきれない

それでは、そもそもなぜ寝る前に食べると太ると言われるようになったのでしょうか。寝る前に食べることの最大のデメリットは、エネルギーとして消費しきれないという事です。寝る前は代謝が落ち、エネルギーとして消費することが十分にできない可能性が高いのが特徴。エネルギーとして消費されなかった分が脂肪として蓄積され、太る原因となります。

また、寝る前にたくさんの料理を食べる事で消化不良を起こす可能性もあります。消化が十分に行われていない段階で睡眠に入ることで消化不良を起こし、翌日の胃もたれなどにつながってしまうのではないでしょうか。ダイエットのためだけでなく、体に負担をかけないためにも寝る前に食べる時には十分に注意が必要です。

睡眠前の食事が太るのは嘘とは言い切れない

このように寝る前に食べるのにはデメリットもあるので、寝る前に食べると太る説が嘘とは言い切れません。それでは、どうして寝る前に食べると太るのは嘘、という話が出てきたのでしょうか?実は、寝る前に食べることによって代謝や脂肪燃焼率を上げる食事方法があるから「太るのは嘘」という説が出てきたのです。適切な方法で食事をすれば太ることなく寝る前に食べることは可能。

食事方法を工夫すれば寝る前に食べるようにしても太らない

摂取すると睡眠中にダイエットに役立つ食材がある

食べ物の中には寝る前に食べる事によって睡眠中に成長ホルモンの分泌を促進する働きがあるものがあります。成長ホルモンの分泌が促進される事で代謝もアップし、脂肪燃焼率を高められると言われているのが嬉しいポイント。そのため、食べる方法や食べるものを工夫する事でダイエットに役立てられるようになるのです。

おすすめの食事を取り入れて寝る前に食べる方法を活用しよう

ダイエット中でも寝る前に食べる事ができる食材や食事方法を知っていれば、寝る前に空腹になった時もストレスを溜めずに居られるので良いですよね。ストレスがたまると空腹で眠れなくなるなどの睡眠障害が出てきてしまう場合があります。そうならないように寝る前に食べる方法を工夫して、ダイエットに役立ててみてはいかがですか?

おすすめしたい寝る前に食べるのに最適な食事

消化に負担がなく成長ホルモンを促進する食事がおすすめ

寝る前に食べる事がダイエットに効果を発揮してくれるからといって、何でも食べて良いわけではありません。基本的に夕飯は寝る直前に食べるのはおすすめできません。ここでご紹介するのは、寝る前に小腹を満たしたい時に最適な食べ物です。夕飯に関してはエネルギーとして消費し切れるくらいの量を栄養バランスを考えながら別で取り入れてくださいね。

寝る前に食べるのにおすすめしたいのが、消化に良いもの。消化に良い食べ物であれば寝る前に摂取したとしても胃腸に負担をかける事なく栄養として取り入れる事ができます。また、代謝アップや脂肪燃焼につなげることができる成長ホルモンの分泌を促進する事も大切なポイント。こういった食材を選ぶように心がけていきましょう。

タンパク質やミネラル・ビタミンを中心に

タンパク質は筋肉を生成するために欠かせない栄養として知られています。寝る前にタンパク質を摂取することで睡眠中に効率的に吸収され、筋肉の生成に役立つと言われているのが特徴。筋肉を適度につけることで基礎代謝が上がり、痩せやすい体作りが期待できます。

また、亜鉛やカルシウム、マグネシウムといったミネラル類も成長ホルモンを促進して代謝アップに役立つと言われています。ビタミン類はお肌の調子を整えるという意味でも取り入れておきたいですね。逆に炭水化物系は脂肪に変わりやすいので避けるようにしましょう。

寝る前に食べる時に気をつけたいポイント

大量に食べない

寝る前に食べる時に気をつけておきたいのが大量に食べないということです。いくらダイエットに役立つ食材だからといって大量に食べればカロリーオーバーになってしまいますし、消化に負担をかけてしまうため気をつけましょう。本格的な食事は寝る2〜3時間前には済ませておくのが理想。寝る前に食べるものは少量ずつ、小腹を満たす目的で摂取しましょう。

ゆっくりとよく噛む

消化を促進するためによく噛んでゆっくり食べることも重要なポイント。よく噛むことで消化しやすくなるので、内臓への負担を減らせます。液体系の食べ物であれば、ゆっくり飲むようにしましょう。時間をかけてゆっくり飲むことで満足感も得られやすくなります。このように食べ方を工夫しながら寝る前に食べるようにしてくださいね。

牛乳や豆乳は寝る前に食べるのにぴったり

代謝を促進し良質な睡眠へと導いてくれる牛乳

寝る前におすすめしたいのが牛乳。牛乳にはトリプトファンと呼ばれる良質なタンパク質が含まれており、これがセロトニンというホルモンの分泌を促進します。セロトニンの分泌が促進されることによって安眠効果を期待できるので、寝る前にぜひ取り入れておきたいですね。また、セロトニンの分泌により代謝アップの効果も期待できます。

ミネラル分やタンパク質豊富な豆乳

豆乳も脂肪燃焼効果を期待することができる便利な食材。寝る前に取り入れることによって、良質なタンパク質やビタミン類を摂取することができるため睡眠中に効率的に栄養を吸収できると言われています。豆乳を飲む時も牛乳を飲む時も温めるのがおすすめ。温めることで腸内の動きを促進し、栄養を吸収しやすくなります。

Thumb寝る前の牛乳・ホットミルクにダイエット&バストアップ効果は?太る?痩せる?

はちみつも寝る前に食べるのにおすすめしたい食材

成長ホルモンを促進し代謝アップにつながる

はちみつも寝る前に食べるのに最適な食材です。はちみつには成長ホルモンを促進する働きがあるとされているので、寝る前に食べるのにぴったり。代謝アップの効果を期待することができるので、効率的なダイエットに役立ててみてはいかがですか。

ホットはちみつレモンにしてみよう

はちみつを食べる時はホットはちみつレモンにしてみましょう。レモンには脂肪燃焼効果もあるので、ダイエットにおすすめです。はちみつとレモン果汁、お湯を混ぜ合わせたら完成。寝る前に飲んで体を温めてみてくださいね。

Thumbはちみつでダイエット!大さじ1のカロリーは?寝る前に食べると効果あり!

栄養豊富なナッツ類は寝る前に食べると良い

ビタミンやミネラル、タンパク質を含んだナッツ類

アーモンドやクルミなどのナッツ類は、良質なタンパク質を含み、食物繊維やビタミン、ミネラルといった栄養も豊富。総合的な栄養バランスが良く、ダイエットに役立つ成分も豊富なので寝る前に食べるのにおすすめです。ゆっくりとよく噛んで消化吸収しやすくしてくださいね。

食べ過ぎには気をつけて

ナッツ類は気軽に食べられるのでついつい食べ過ぎてまうので注意が必要。食べ過ぎるとカロリーオーバーになるので、10粒以内にしておきましょう。寝る前に小腹が空いた時などに取り入れてみてはいかがですか。

代謝を促進する納豆も寝る前に食べると効果的

血流を促進する納豆キナーゼ

続いておすすめしたいのが納豆です。納豆に含まれる納豆キナーゼという善玉菌は血流を促進する働きがあり、結果的に代謝を上げる効果を期待できるのが嬉しいポイント。納豆は血栓を溶かして動脈硬化を防ぐ働きもあるため、生活習慣病が気になる方にも最適です。血栓は睡眠中にできやすいと言われているので、納豆で防いでいきたいですね。

キムチを加えるのがおすすめ

納豆を寝る前に食べる時はキムチを混ぜるのがおすすめです。キムチに含まれるカプサイシンには脂肪燃焼効果があるため、ダイエットの働きを高められるのではないでしょうか。キムチには乳酸菌も含まれているので、腸内環境を整えたい場合にも役立つと言われています。

Thumbキムチ納豆はダイエットに良い!効果的な食べ方やレシピを徹底調査!

太る事がないように寝る前に食べるようにしよう

寝る前に食べると太るのは、エネルギーとして消費しきれずに脂肪として蓄積されてしまうからです。消化しやすく、脂肪燃焼に役立つ食材であれば寝る前に食べても支障はないので小腹が空いた時などに役立てていきたいですね。今回ご紹介した食べ方や食材を取り入れてみてはいかがですか。健康に良い方法で寝る前に食べるようにしてみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-17 時点

新着一覧