ピアノのおもちゃの人気特集!赤ちゃん用おすすめ商品の選び方は?

赤ちゃんにピアノのおもちゃをプレゼントしたいけど、ありすぎてどれを選んで良いか迷ってしまいますね。赤ちゃんに合うピアノのおもちゃ、人気のおもちゃピアノ、また、赤ちゃん用のおすすめ商品と選び方など赤ちゃんにピッタリのおもちゃをまとめてご紹介します。

ピアノのおもちゃの人気特集!赤ちゃん用おすすめ商品の選び方は?

目次

  1. 赤ちゃんにピアノのおもちゃがおすすめの理由は?
  2. 人気のおもちゃのピアノの選び方は?
  3. 言葉も覚えれるおもちゃのピアノ「ピアノあいうえお」
  4. 確かな音程のピアノのおもちゃ「KAWAI ミニピアノ P-25 」
  5. アンパンマン達と一緒に弾くピアノおもちゃ「おそらでコンサート」
  6. 成長に合わせて遊べるおもちゃ「4WAYピアノジム」
  7. 見て触って楽しいおもちゃのピアノ「ロディ ミニグランドピアノ」
  8. 持ち運びに便利なおもちゃ「ピアノポカポカフレンズ音楽絵本」
  9. 指先が発達するおもちゃ「KAWAI グランドピアノ ナチュラル」
  10. 知能教育するなら「モッキン&ピアノおもちゃ」
  11. バンバン叩けるおもちゃのピアノ「うたってドレミでミュージック」
  12. 興味から知育に導くピアノおもちゃ「NextX ドラム おもちゃ」
  13. 幼児期にピアノを習った子は記憶力が高くなる!
  14. 番外編:ピアノ以外の赤ちゃんのおすすめおもちゃの選び方は?
  15. 生後~2か月までのピアノ以外のおもちゃの選び方は?
  16. 生後3~5か月までのピアノ以外のおもちゃの選び方は?
  17. 生後6~9か月までのピアノ以外のおもちゃの選び方は?
  18. ピッタリのおもちゃのピアノを探して赤ちゃんと遊ぼう‼

赤ちゃんにピアノのおもちゃがおすすめの理由は?

赤ちゃんにピアノのおもちゃがおすすめな理由は能動的に音楽に接することで赤ちゃんの脳へ多くの刺激が与えられて良い影響を与えるからです。ピアノと脳の関係や影響、受動的に音楽に接する場合の影響などを一緒に詳しく見ていきましょう。

赤ちゃんに音楽を聞かせると良いと聞きますが、これは受動的に音楽に接する状態です。受動的に音楽に接した赤ちゃんがどのような影響を受けるかを調べてみました。赤ちゃんの耳は3か月頃から音を聞けるようになるそうです。

そして、3歳頃までは、音を避けることができないので全ての音を聞くようになります。3歳以降は聞きたくない音を意識的に聞かないようにコントルールすることができるため、3歳頃までは、きれいな音をたくさん聞かせると赤ちゃんの脳に良い刺激を与えます。

音楽は気持ちをリラックスする効果があり、いつも音楽が流れている家庭で育った子供は、音感も良くなるそうなので、色々な音を聞かせたいですね。ただし、音量が大きいと赤ちゃんの耳の聴覚神経を傷つける恐れがあるので、話声で音がかき消される程度の音量で聞くようにしましょう。

受動的に音楽を聴かせるだけでも赤ちゃんの脳に良い影響を与えますが、受動的に聞くよりも能動的に音楽を楽しむ方が脳の働きかけが強くなり笑顔や笑い声が絶えない情緒的に安定した心と、出来ない事があっても我慢できたり社会性の高い能力を早くから身に着けることができるそうです。

ですので、赤ちゃんにおもちゃのピアノを与えて一緒に遊ぶ能動的な行動は、音楽をただ聞く受動的な行動よりも何倍も脳に良い影響を与えてくれます。赤ちゃんの脳に良い影響を与えるために、赤ちゃんとピアノのおもちゃで積極的に遊ぶことをおすすめします。

人気のおもちゃのピアノの選び方は?

おもちゃのピアノが赤ちゃんの脳に良い影響があることが分かりました。たくさんのおもちゃのピアノの中から人気の高いおもちゃのピアノを厳選してみました。おもちゃのピアノの場合は、触れると音がでるため、赤ちゃんによっては本格的な音がでるピアノに興味を持つことも多いです。

赤ちゃんには、少し早いかなと感じるおもちゃのピアノでもママさんが一人で遊んでいる姿をみると自然とマネをします。ママさんがおもちゃのピアノを通して赤ちゃんに何を感じさせたいか、学びさせたいかを中心に赤ちゃんに合うおもちゃのピアノを選ぶようにすると良いでしょう。

言葉も覚えれるおもちゃのピアノ「ピアノあいうえお」

ピアノに「あいうえお」のボードがくっついているおもちゃのピアノです。ピアノを楽しく弾いたり「あいうえお」ボードを触って言葉の学習もできる人気のおもちゃのピアノです。親子で一緒に遊びながら赤ちゃんとたくさんコミュニケーションを取りましょう。

付属のシートを交換すれば、ゲームやカラオケなども楽しめますので長く使うことができます。赤ちゃんが飽きないこのおもちゃのピアノは、お座りができるようになったらすぐに与えたいおもちゃのピアノです。

確かな音程のピアノのおもちゃ「KAWAI ミニピアノ P-25 」

赤ちゃんの耳はすべての音を吸収するので、出来るだけ本格的なピアノの音程が正確なものがおすすめです。楽器メーカーからは、本格的なおもちゃのピアノが揃っていますが、このおもちゃのピアノは、大変人気が高いです。理由は、ピアニスト辻井伸行さんが使っていたからです。

このおもちゃのピアノは、子供の成長に合わせて高さの調節ができるので長く使うことができます。お座りがまだできない赤ちゃんでもママさんが弾いて聞かせてあげても良いでしょう。赤ちゃんは耳でしっかり音を聞いています。ぜひお試ししてほしいピアノです。

少し成長したらすぐにママさんの真似をしてピアノを弾くようになります。本物の音を知っておくと音感が良くなります。小さい時から本物に触れさせたいママさんやピアノを弾けるママさんには大変人気のおもちゃのピアノです。

アンパンマン達と一緒に弾くピアノおもちゃ「おそらでコンサート」

脳科学に基づいて考えられたバンダイのおすすめおもちゃのピアノです。鍵盤を弾くと本格的な音が聞こえてくると同時にアンパンマン達が飛び出してくるので、赤ちゃんは釘付けになります。そしてクラシック調な音楽などを聴くことができます。

クラシック音楽は、右脳が鍛えられます。右脳が鍛えられることことで、直観的な考え、瞬時に情報を処理、空間の認識力が高い、芸術的センスを身に着けることができます。このおもちゃはピアノで脳を活性化しながら右脳を鍛えてくれるクラシック音楽が付いているのでおすすめです。

成長に合わせて遊べるおもちゃ「4WAYピアノジム」

赤ちゃんが寝たまま遊べるおもちゃです。赤ちゃんの足の部分にピアノがセットされているので、赤ちゃんが足がピアノに当たれば音がなるので、まだ寝がえりができない赤ちゃんも大満足のおもちゃです。ピアノ以外に赤ちゃんが寝た上に鏡やぶら下がっているおもちゃもついています。

ピアノは取り外しができるので、赤ちゃんがお座りができたら座って手でピアノの鍵盤を弾くことができますし、ピアノだけを持って外に出かけることも可能です。赤ちゃんの成長に合わせて長く使えるように考えられた世界中で高い人気の米国のフィッシャープライス社のおもちゃです。

見て触って楽しいおもちゃのピアノ「ロディ ミニグランドピアノ」

赤ちゃんが好きそうな見た目がカラフルで自動演奏が18種類、ピアノ以外の楽器音が4種類、録音、再生機能の付いた人気のピアノおもちゃです。自動演奏を聴きながらママさんが踊ってみたり手をたたいたり、再生、録音機能を使って声を吹き込んでみたりして楽しく遊びましょう。

赤ちゃんがその姿をみて喜ぶことまちがいなしです。赤ちゃんと一緒にピアノを楽しみたいママさんや赤ちゃんの脳に良い刺激を少しでも多く与えたい方は、赤ちゃんが興味を示して集中して長い時間遊べるこのピアノのおもちゃがおすすめです。

持ち運びに便利なおもちゃ「ピアノポカポカフレンズ音楽絵本」

絵本ですが、音楽を聴いたりピアノを弾いたりできる持ち運びできると人気があるおもちゃのピアノの絵本です。絵本ですが、音楽に合わせて鍵盤が光り赤ちゃんが夢中になること間違いなしです。価格もお手頃なので、おもちゃのピアノを購入する前に試してみるのもおすすめです。

指先が発達するおもちゃ「KAWAI グランドピアノ ナチュラル」

木でできたおもちゃのピアノですが、鍵盤が32鍵ある本格的な音感を学ぶおもちゃのピアノです。鍵盤が小さい子でも弾きやすいようになっているので、指の力が弱くても楽しめます。指を動かすことで多くの発達神経が刺激される人気のインテリアにも最適なおもちゃのピアノです。

知能教育するなら「モッキン&ピアノおもちゃ」

赤ちゃんが早い段階からする行動のひとつの何でも叩くことを利用して赤ちゃんの脳を活性化するように考えられた知能教育のモッキンとピアノが付いたおもちゃんです。モッキンは、赤ちゃんが自然とモッキンの棒を持って叩いて遊びだします。

ピアノは、赤ちゃんの手が乗せやすく弾きやすいデザインになっていますので、鍵盤から音がでることを認識したら、集中して遊ぶこと間違いありません。棒を握って叩くことやピアノの鍵盤を弾く行為は右脳と左脳の両方を使うので知育おもちゃを探している方にはピッタリです。

赤ちゃんの目を引くカラフルで可愛らしいデザインと広域の音が赤ちゃんの好奇心をさらに強くしてくれる音楽好きな子供に育ててくれる人気の知育おもちゃです。

バンバン叩けるおもちゃのピアノ「うたってドレミでミュージック」

赤ちゃんの頃は力の加減が分からずにとにかくバンバンと叩く行動が目立ちます。このおもちゃのピアノは、そんなバンバン叩いても丈夫な人気のピアノです。ピアノ以外の楽器のギターとトランペット、そしてマイクが付いています。

ママと一緒に演奏をすれば、赤ちゃんと楽しい時間を過ごて指先の運動をさらに発達させることができるます。丈夫なおもちゃのピアノが欲しいと願っているママさん達に大人気のおすすめのおもちゃです。

興味から知育に導くピアノおもちゃ「NextX ドラム おもちゃ」

米国のNextX社が赤ちゃんに興味を持たせて知育できるようにピアノとドラムが一緒になったおもちゃです。ピアノの鍵盤を弾くとドラムが光るなど音と光が赤ちゃんの興味を引き付けます。叩いて弾いてと学習能力と運動能力の発達を促してくれる人気のおもちゃです。

幼児期にピアノを習った子は記憶力が高くなる!

ピアノの演奏は脳の発達を促すことが研究で分かっています。それについてもう少し詳しく見ていきましょう。ピアノを演奏する時は、①楽譜をみます。②楽譜を脳が理解して体に情報を伝えます。③伝わった脳の情報により指先が動きます。④耳で音が正しいかどうかを確認します。

この4つの行動を一瞬にして脳で処理して行うので、脳の発達が促され学習機能が高くなります。赤ちゃんは楽譜を見ることはできませんが、ピアノで触れることでピアノの楽しさを理解するので、楽譜が読めるようになる4歳児ぐらいからスムーズにピアノを学ぶようにできます。

また、赤ちゃんは楽譜は読めませんがピアノの鍵盤をたたく、音がでる、違う鍵盤をたたくと違う音がでることなどの行動を脳が処理しているため、ピアノで遊ばない赤ちゃんよりも脳の発達が良いようです。赤ちゃんのおもちゃには積極的にピアノのおもちゃを選びたいですね。

番外編:ピアノ以外の赤ちゃんのおすすめおもちゃの選び方は?

おもちゃのピアノ以外に赤ちゃんにおすすめのおもちゃを探す時に大切な1つ目は、赤ちゃんの成長に合わせたおもちゃを選部と言うことです。2つ目は、脳の活性化につながるおもちゃを選ぶことです。赤ちゃんから幼児期までの脳の発達のスピードはとても速いです。

その時期にある程度の脳が出来上がりますので、出来るだけ脳を活性化するおもちゃを選びましょう。見た目だけで判断せずに、そのおもちゃの目的や効果を参考に良く考えて選ぶとより良い赤ちゃんのおもちゃを探すことができるでしょう。

Thumb0歳向けおもちゃ・知育玩具をプレゼント!赤ちゃんにおすすめなのは?

生後~2か月までのピアノ以外のおもちゃの選び方は?

生後2か月頃までの赤ちゃんは、よく泣いて、寝て、ミルクを飲んでという状態の期間です。新米のママさんの場合は、赤ちゃんのタイプにもよりますが、この期間は、赤ちゃん慣れずに悪戦苦闘している新米ママさんも少なくありません。

生後2か月頃までの赤ちゃんのおもちゃの選び方のポイントは、赤ちゃんがキャッキャッと笑うようなぶら下がりおもちゃがおすすめです。たくさん笑う赤ちゃんは、脳のシナプスがたくさん出来上がります。

この脳のシナプスが多く複雑にできればできるほど、創造力が豊かで賢い子供に成長するそうです。この時期のおもちゃは音がでるもの、赤ちゃんが口に入れても安心なものなどを選んでママさんがその選んだおもちゃを使ってたくさん赤ちゃんを笑わせましょう。

生後3~5か月までのピアノ以外のおもちゃの選び方は?

生後3~5か月頃までの赤ちゃんは、視力や聴覚が日々発達している状態で色々なものを見て感じて吸収し始めています。この期間になるとママさんも慣れてきて上手にお世話ができている方が多いようですが、意識して親子のスキンシップを常にするようにしましょう。

赤ちゃんは、スキンシップから感じるママさん達の匂い、感触などを知り吸収すると同時にスキンシップの刺激が脳の発達に大変役に立ちます。生後3~5か月頃までの赤ちゃんのおもちゃの選び方のポイントは、親と一緒に遊べて脳を刺激する積み木のおもちゃなどがおすすめです。

生後6~9か月までのピアノ以外のおもちゃの選び方は?

生後6~9か月頃までの赤ちゃんは一人で遊んだりお座りしたりできるようになってきます。そして周りの話している内容を少しづつ理解し始めています。この時期はおしゃべりを始めるように促すにはピッタリの時期です。

生後6~9か月頃までの赤ちゃんのおもちゃの選び方のポイントは、言葉の発達や言葉を聞いたらマネしたくなるような仕掛け絵本などがおすすめです。赤ちゃんが何度も読みたがるような簡単な単語の絵本なども人気です。

Thumb手作りおもちゃは保育に使える?赤ちゃんから小学生まで喜ぶネタを紹介!

ピッタリのおもちゃのピアノを探して赤ちゃんと遊ぼう‼

赤ちゃんに人気のピアノのおもちゃやピアノ以外の月齢別のおもちゃの選び方、おすすめおもちゃ、ピアノが脳に与える影響などをご紹介しました。赤ちゃんの時にできるだけ多くの愛情を与えて赤ちゃんに良い影響を与えることを出来るだけ沢山してあげたいですよね。

赤ちゃんの時期は未熟だからこそ、多くのことを体験しながら吸収していくのでママさん達の頑張り次第で我が子の今後が決まってくることは否定できません。手先の運動を通して脳に刺激を与えるピアノのおもちゃを使って親子でたくさん楽しく遊びましょう。

ピアノのおもちゃは赤ちゃんに良い影響を与えますが、最も大切なことはママさん達からあふれる愛情を受けることです。赤ちゃんがいつも笑顔で楽しく過ごせるようにママさん達の心がいつの幸せで入れるように努力しましょう。ママさん達からの愛情が赤ちゃんの成長に一番大切です。

それだけで心の豊かな賢い脳を育てることができます。目的のないおもちゃの選び方はやめて、どのような子供に育てたいかを常に考えて我が子に必要なおもちゃ選びをしていきましょう。是非ぴったりのピアノのおもちゃを見つけてみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-19 時点

新着一覧