髪の毛が抜ける時の対処法!もしかしたら普段やっている行動が原因かも?

「最近髪の毛が抜ける本数が増えた気がする」と悩んでいませんか?抜け毛が多いと「このままハゲてしまうのでは」と不安になりますよね。髪の毛が抜ける原因は、生活習慣や普段の行動が大きく関係します。抜け毛を防ぐために、原因に合った対策をしましょう。

髪の毛が抜ける時の対処法!もしかしたら普段やっている行動が原因かも?

目次

  1. 昔に比べて薄毛に悩む人は増えている
  2. 髪の毛が抜けるのは自然なこと
  3. 1日に抜ける髪の毛の本数は?
  4. 危険信号!抜ける髪の毛の特徴をチェック
  5. 女性より男性の方が髪の毛が抜けやすいのはなぜ?
  6. 髪の毛が抜ける遺伝子がある?
  7. こんなにある!髪の毛が抜ける症状いろいろ
  8. こんな髪型していませんか?髪の毛が抜ける原因を作る髪型
  9. あなたは大丈夫?間違ったヘアケア法で髪の毛が抜ける!
  10. ダイエットのやり過ぎは髪の毛が抜ける原因となる
  11. ストレスで髪の毛が抜ける理由とは
  12. 食生活の乱れで髪の毛が抜けけるメカニズム
  13. 夜型の人は要注意!夜更かしは髪の毛が抜ける原因になる
  14. 春と秋は髪の毛が抜けやすくなる?
  15. 原因別!髪の毛が抜けるときの対処法
  16. 正しいシャンプーの仕方で抜け毛予防
  17. 髪が抜ける原因に合った対処法をみつけよう

昔に比べて薄毛に悩む人は増えている

「髪の毛が抜ける」「最近髪の毛が薄くなってきた」など、薄毛に女性は5人に1人いるといわれています。髪の毛が抜けるのは、生活環境や普段何気なくしている行動が原因となることが多いといわれています。現代人に薄毛で悩む人が増えているのは、生活環境が変化してきたせいともいえるでしょう。そこで今回は、髪の毛が抜ける原因と、その対処法についてご紹介します。

髪の毛が抜けるのは自然なこと

髪の毛の寿命は3~6年で、寿命を迎えた髪の毛は抜け落ちます。そして抜け落ちたところからまた新たな髪の毛が生えてくるんですね。つまり、髪の毛が抜けるのは異常でもなんでもなく、自然なことなのです。ただし、その抜け方が異常になると、薄毛やハゲなどになってしまう可能性があります。

1日に抜ける髪の毛の本数は?

1日に髪の毛が抜ける正常範囲は、50~100本ほどといわれています。抜けた髪の毛を観察してみると、白く膨らんだ毛根が付いていることがわかります。また、抜けた髪の毛であってもハリやコシがあるのが普通です。

危険信号!抜ける髪の毛の特徴をチェック

1日に抜ける髪の毛が50~100本を大幅に上回る場合は、髪の毛が抜ける原因が何かある可能性が高いです。また抜けた髪の毛が細い、短い、毛根の色が黒い、形がいびつなどの特徴がある場合は要注意。何らかの原因によって髪の毛がきちんと成長しないまま抜けている、あるいは髪の毛に十分な栄養がいきわたっていない可能性があります。

女性より男性の方が髪の毛が抜けやすいのはなぜ?

AGAと呼ばれる男性型脱毛症は、名前の通り男性に多い脱毛症です。AGAで髪の毛が抜けるメカニズムは、男性ホルモンがジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変化することで発症します。

女性にも男性ホルモンは存在するのですが、女性はエストロゲンという女性ホルモンを多く持っています。エストロゲンは髪の成長を促し、髪を健康に保つ働きがあるので、女性は男性よりAGAを発症しにくいといわれています。

髪の毛が抜ける遺伝子がある?

両親や祖父・祖母に脱毛症の人がいる場合、髪の毛が抜けやすい体質が遺伝する可能性があります。ただし遺伝子以外の要素や生活習慣が関係してくるので、どのくらいの確率で遺伝するのかというのは定かではありません。

まだ年齢が若いのに薄毛が気になるという人は、自分の家系に脱毛症の人がいる可能性があります。髪が抜けやすい遺伝子を持っている人は、できるだけ早いうちから対処法を考えておいた方がいいでしょう。

こんなにある!髪の毛が抜ける症状いろいろ

「髪が抜ける」といっても、抜け方には様々な症状があります。髪の毛が抜ける症状で、女性に多いのはどのような症状なのか見ていきましょう。

全体的に髪の毛が抜けるびまん性脱毛症

女性の髪が抜ける症状で多いのが、びまん性脱毛症です。20歳以上で薄毛に悩む女性の約4割が、びまん性脱毛症だといいます。女性男性型脱毛症、FAGAともいいます。とくに40代以降の女性多くみられる症状で、老化、ストレス、過度のダイエットなど原因はさまざまです。

男性型脱毛症は、生え際から髪の毛が薄くなったり頭頂部が薄くなったりするパターンが多いですが、びまん性脱毛症の髪の毛の抜け方は、髪の毛の量がが全体的に少なくなる抜け方です。脱毛部分の境界がはっきりしないため、異変に気が付くのが遅くなることもあります。

ホルモンバランスが崩れる産後に起こりやすい分娩後脱毛症

女性は妊娠・出産によってホルモンバランスが大きく崩れます。妊娠中はエストロゲンなどの女性ホルモンが多くなるのですが、出産すると一気にホルモン量が減り、女性ホルモンによって維持されていた髪の毛も抜けやすくなってしまいます。

分娩後脱毛症は、出産してから1年近く続くこともあります。また、育児のストレスも髪の毛が抜ける原因となり、分娩後脱毛症に拍車をかけてしまうことがあります。

髪の毛が円形に抜け落ちる円形脱毛症

円形脱毛症の名前を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。「10円ハゲ」という名前の方が馴染み深いでしょうか。大きさはさまざまですが、円形に髪の毛が抜け落ちるのが特徴です。1か所だけでなく2か所以上で脱毛が起きることもあります。

円形脱毛症の原因は、自分自身の細胞を攻撃してしまう自己免疫疾患と考えられています。発症のきっかけはストレスやアレルギーなどさまざまです。髪が長い女性は円形脱毛症ができても気が付かないことが多く、美容室で指摘されて初めて気が付くということもあるようです。

間違ったヘアケアが原因で起きやすい粃糠(ひこう)性脱毛症

乾燥したフケが出るのが特徴の粃糠性脱毛症は、フケが毛穴をふさいでしまい髪の毛が成長できなくなってしまう症状です。フケの原因は、シャンプーが合わないということだけでなく、頭をゴシゴシ洗いすぎることも原因となります。

Thumb髪の毛にフケが発生する原因!乾燥や間違ったヘアケア方法のせい?

こんな髪型していませんか?髪の毛が抜ける原因を作る髪型

髪の毛が長い女性は、髪の毛をまとめる人が多いかもしれませんね。しかし、ポニーテールやアップヘアなどは髪を引っ張りながらスタイリングするので、髪の毛に引っ張る力が加わります。このようなヘアスタイルをいつもしていると負担がかかった場所から髪の毛が薄くなっていくことがあります。

これを牽引(けんいん)性脱毛症といいます。ポニーテールやアップヘアを頻繁にするという人は、たまに違うヘアスタイルにしたり、髪の毛をまとめる必要がない時はそのまま髪の毛を下して過ごすといいでしょう。またエクステを長期間付け続けることも、髪の毛が抜ける原因となります。エクステはできるだけ短期間で外すようにしたほうがいいでしょう。

あなたは大丈夫?間違ったヘアケア法で髪の毛が抜ける!

髪の毛の量が少ないことで悩んでいる人は、普段何気なくしているヘアケアの方法が間違っているかもしれません。頭皮の状態具合が悪いと髪の毛が抜ける原因になりますから、普段行っているヘアケア方法を一度見直してみましょう。

自分に合わないシャンプーは髪の毛が抜ける原因になる

頭皮タイプは大きく2つにわけることができます。そのタイプとは、「脂性肌」と「乾燥肌」です。頭皮の環境をいい状態に保つためには、頭皮に合ったシャンプーを使うことが大切です。脂性肌の人は頭皮や髪の毛がベタ付いたり、ベタついたフケがでる、頭皮のニオイが気になる人に多いです。

頭皮が乾燥肌の人は、パラパラと乾燥したフケが出やすいです。とくに冬などの乾燥しやすい時期はフケが出やすくなります。また、フケが多く出ると「汚れを落とさなければ」と思い、何回もシャンプーしたりゴシゴシ洗ったりしてしまう人がいます。これではますます乾燥肌が進行してしまう可能性があり、余計に頭皮環境を悪くすることになってしまいます。

間違ったシャンプーの仕方では頭皮環境が悪化する

正しいシャンプーの仕方を一から教わった人は、そう多くはないのではないでしょうか。結構自己流のやり方でシャンプーしている人も多いと思います。しかし、シャンプーの仕方で頭皮の状態は大きく変わります。汚れがきちんと落ちていなかったり、逆に洗いすぎて乾燥肌になってしまうこともあります。自分の頭皮タイプに合ったシャンプーの仕方をすることが大切です。

スタイリング剤のつけすぎは頭皮トラブルを招きやすい

スタイリング剤は、髪の毛だけに付けているつもりでも頭皮についてしまっていることが多いです。スタイリング剤が頭皮に付くことで、毛穴が詰まり頭皮環境が悪くなる原因となります。髪の毛が抜けるのを防ぐためには、スタイリング剤は適量を付ける、またスタイリング剤を使用した日はその日のうちに洗い流すようにしましょう。

パーマやカラーは頭皮に対する刺激が強すぎる

パーマやカラーをするときに、頭皮がひりひりしたり赤くなったりしたことがある人はいませんか?これはパーマやカラーに含まれる薬剤が頭皮に対する刺激が強すぎるからです。パーマやカラーは頭皮に大きな負担をかけてしまうので、頭皮環境を守るには出来ればしないほうがいいでのす。

どうしてもパーマやカラーをしたいという人は、頻度を減らす、頭皮に優しいタイプの薬剤を選ぶ、頭皮に薬剤をできるだけ付けないようにするなどの対処法で対応するといいでしょう。

タバコやアルコールの摂り過ぎは髪にも悪影響を及ぼす

タバコに含まれているニコチンは、血管を収縮させる働きがあるので、頭皮の血行不良を招く恐れがあります。また、アルコールが体内に入ると優先的に分解しようと体が働きます。その過程で、髪の毛を作るのに必要な成分も大量に消費してしまうので、髪の健康が損なわれるという結果になってしまいます。

Thumb髪の毛の痛みの原因や改善・ケアの仕方は?自分でチェックする方法も紹介

ダイエットのやり過ぎは髪の毛が抜ける原因となる

過度食事制限をするダイエットを繰り返していると、頭皮に栄養が行かなくなり髪の毛が抜ける原因の一つとなります。髪の毛や爪などの末端にある部位は、体が栄養不足を感じた時真っ先に栄養が行き渡らなくなるとわれています。とくに「〇〇だけダイエット」といった極端なダイエットは髪の毛の量が減る危険性があります。

ストレスで髪の毛が抜ける理由とは

「ストレスで髪の毛が抜ける」というのは、聞いたことがある人は多いでしょう。しかし、ストレスを感じると一体どうして髪の毛が抜けやすくなってしまうのでしょうか。人はストレスを感じると自律神経のバランスが悪くなってしまいます。血管座収縮し、血の巡りが悪くなるので、頭皮に必要な栄養素が十分量行かなくなってしまいます。

また、髪の毛を健やかに保つには「亜鉛」が必用なのですが、ストレスを感じるとこの亜鉛が大量に消費されるそうです。そのため、髪に十分な量の亜鉛が行き渡らず結果的に髪の毛が抜ける、髪の毛が上手く育たないということにつながると考えられています。ストレスで髪が抜ける原因は一つとは限らず、さまざまな要素が複雑に絡み合っているといえるでしょう。

食生活の乱れで髪の毛が抜けけるメカニズム

偏った食生活を続けていると、髪に十分な量の栄養素を供給することができなくなってしまいます。とくに脂っこいものや塩分の多いものを好んで食べるという人は要注意。脂や塩分ばかりを摂り過ぎると、血液がドロドロになり血液が細い末端部分に血液が十分届かなくなってしまいます。

髪の毛が抜ける対処法として育毛剤を使う人も多いかもしれませんが、いくら外から栄養を補充してあげても血流が悪くなることで栄養が行き渡らない状態であるなら、薄毛が改善される望みは薄いといえるでしょう。

夜型の人は要注意!夜更かしは髪の毛が抜ける原因になる

女性であれば、お肌にゴールデン・タイムがあるということを知っている人は多いのではないでしょうか。睡眠中に分泌される成長ホルモンが、肌の再生や修復をするということは、頭皮にとっても同様です。成長ホルモンが最も多い時間は、22時~2時の間と言われていますから、夜更かしをすることは髪の毛の成長を妨げることになってしまいます。

春と秋は髪の毛が抜けやすくなる?

「春や秋などの季節の変わり目に抜ける髪の毛の量が多くなる」という人もいるのではないでしょうか。これはなぜかというと、季節の変わり目の時期はストレスを感じやすくなるからといわれています。春は環境の変化など精神的にストレスを受けやすく、秋は夏の間に強い紫外線にさらされて体に蓄積したストレスが一気に出てしまうと考えられています。

そのため、春と秋は普段より髪の毛が抜けやすくなりやすいのです。ストレスはさまざまな形で髪の髪の毛の成長を妨げます。ストレス社会ともいわれる現代では、薄毛に悩む人が増えるのも当然の流れと言えますから、自分なりのストレス対処法を持っておくことも大切ですね。

原因別!髪の毛が抜けるときの対処法

「これ以上髪の毛が抜けるのを何とかしたい」と思ったら、まずは自分の生活習慣やヘアケアの方法を見直す必要があります。今まで髪の毛が抜ける原因となる要素をいくつか挙げてきましたが、当てはまるものがあれば改善することで抜け毛を減らすことができる可能性があります。そこで、髪の毛が抜けるときの対処法をいくつかご紹介します。

髪の毛に必要な栄養素を取り入れた食事を心がける

髪の毛の育成に必要な主な栄養素は、たんぱく質、ミネラル、ビタミンの3つです。髪の毛は90%以上がケラチンというたんぱく質でできていますから、たんぱく質の摂取量が減ると髪の毛が細くなったり抜けやすくなったりするのです。また髪の毛を生成するために必要なミネラル、ビタミンもバランスよくとる必要があります。

外食などが多く食生活が偏りがちな人や、ダイエットを繰り返している人はこれらの栄養素が十分に摂取できていない可能性があります。これらの栄養素を積極的に取り入れ、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

ストレスをため込まない

ストレスをため込んでいると、髪の毛の育成に悪影響を及ぼしてしまいます。ストレスを感じたら、こまめに発散することが大切です。対処法としては、ウォーキングやヨガなどの有酸素運動を習慣として取り入れるのがおすすめです。運動を習慣化することによって、血行が良くなり肌がきれいになる効果もあります。

良質な眠りを取る

睡眠不足は、髪の毛の成長を妨げる原因の一つになりますから、十分な睡眠をとる必要があります。また、ただ寝ればいいというわけではなく、「質のいい睡眠」を意識しましょう。成長ホルモンの働きが活発になる22時~2時に寝るようにすると、髪の毛の成長を促すことにつながります。

寝る前にスマホやパソコンのメールチェックをしてから寝むるという人も多いかもしれませんが、スマホやパソコンから出るブルーライトによって睡眠が妨げられる可能性があります。寝る前はできるだけスマホ、パソコンの画面を見ないようにした方がいいでしょう。

頭皮タイプに合ったシャンプー選びを

頭皮タイプに合ったシャンプーを選ぶことも、抜け毛に対して効果的な対処法の一つです。たとえば頭皮タイプが脂性肌の人は洗浄力が高いシャンプーを選ぶといいでしょう。ただし、男性用のシャンプーは女性には刺激が強すぎる場合があるので注意が必要です。

頭皮タイプが乾燥肌の人は、シャンプーで脂分を落とし過ぎない対処法が必要です。このタイプにおすすめなのはアミノ酸系のシャンプー。アミノ酸系のシャンプーは比較的洗浄力が低く、必要な皮脂を残しつつ頭皮を洗うことができます。保湿成分が含まれていればなおいいですね。

Thumb髪の毛の栄養不足で老けて見える?美髪を手に入れる食べ物10選!

正しいシャンプーの仕方で抜け毛予防

正しいシャンプーの仕方は、頭皮を傷つけないようにしっかり汚れを落とすことです。普段何気なくしているシャンプーの仕方が、実は頭皮を傷つけているかもしれないのでしっかり見直すことが大切です。いくつかポイントがあるのでご紹介しますね。

まずはお湯だけで汚れを洗い流す

まず、シャンプーを付けずにお湯でしっかり洗うこと。実はお湯だけでも汚れはほとんど落とすことができるのです。毛穴を開く効果もありますから、2分くらい頭をマッサージしながらしっかりお湯で流しましょう。

シャンプーは手で泡立ててから頭皮に乗せる

そして次にシャンプーを使っていくわけですが、ここで注意するのはシャンプーを液状のまま頭皮に付けないということです。必ず手で泡立ててから頭皮に乗せましょう。シャンプーをそのまま頭に付けると、シャンプーを洗い流すときに落としきれない可能性があります。

指の腹を使って優しく洗う

シャンプーを付けたら、地肌をマッサージするように優しく洗います。最初にお湯で流すことで汚れはほとんどとれているので。ゴシゴシこする必要はありません。地肌を傷つけないように優しく洗いましょう。

すすぎ残しがないようにしっかり洗い流す

シャンプーの成分が頭皮に残ってしまうと毛穴が詰まる原因になります。2~3分かけてしっかり洗い流しましょう。頭を揉みこむようにしてすすぐと、毛穴に入ったシャンプーもきちんと洗い流すことができます。

Thumb髪の毛の洗い方!正しいシャンプー方法で抜け毛予防や美髪に変わる?

髪が抜ける原因に合った対処法をみつけよう

髪の毛が抜ける原因は人それぞれですから、自分に合った対処法を見つけることが大切です。また、薄毛の原因は様々な要素が複雑に絡み合って起きることが多いので「これをやれば抜け毛ななくなる」という対処法を見つけるのが非常に困難です。まずは自分の生活習慣やヘアケア方法を見直して原因を探り、一つ一つ試していくといいでしょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-06-22 時点

新着一覧