コーヒー粉の保存方法!おすすめの容器や保存場所・賞味期限は?

手軽に本格的なコーヒーを楽しむ事が出来る、粉に挽いたコーヒー。淹れ方や種類によっても美味しさは変わりますが、保存方法によっても美味しさは変わります。いつまでも新鮮な香りを楽しむ為にも、コーヒー粉の保存について正しい知識を付けておきましょう。

コーヒー粉の保存方法!おすすめの容器や保存場所・賞味期限は?

目次

  1. 挽いたコーヒー粉は正しい保存で美味しく
  2. 保存を徹底する理由とは?コーヒー粉だけでなく全て保存に注意
  3. 香りを逃さない!コーヒー粉の正しい保存容器
  4. ひと手間で変わらない鮮度に!コーヒー粉の正しい保存方法
  5. 鮮度を保つ!コーヒー粉の正しい保存場所
  6. 保存したコーヒー粉の期限の目安
  7. コーヒー粉にまれに見られる白い糸状の物とは?
  8. インスタントコーヒーの粉の場合の保存方法
  9. おすすめのコーヒー粉の保存容器
  10. 鮮度を保って美味しいコーヒーを楽しもう!

挽いたコーヒー粉は正しい保存で美味しく

毎日のちょっとした贅沢の、コーヒータイム。ほっと一息つくと、コーヒーのいい香りに癒されて疲れも忘れてしまう人も多いのではないでしょうか。インスタントコーヒーも最近は美味しい物がたくさんありますが、やっぱりしっかりと香りを味わって優雅な気分にさせてくれるのは、コーヒー豆から挽いたドリップコーヒーです。挽きたての香りだけでリラックス出来ます。

コーヒー好きと言う人なら、炒る所から始める人、挽く所から始める人、挽かれた粉から始める人と様々なこだわりがあります。豆にこだわってみたり、ドリップの仕方や道具にこだわってみたりとコーヒーは飲むまでに様々なこだわりを見せる事も出来ます。しかし、そのコーヒーの保存についてはこだわっていますか?コーヒーは、保存の方法が一番重要なのです。

特に、コーヒー粉になった挽かれた状態のコーヒーの保存は工夫しなければ大事な香りが逃げて行ってしまいます。そこで今回は、コーヒー粉の保存方法について詳しくご紹介していきます。美味しいコーヒーを飲むための保存方法、保存に適した容器や美味しさの期限の目安など詳しく見ていきましょう。しっかりと保存すれば、次の日の香りも楽しむ事が出来ます。

保存を徹底する理由とは?コーヒー粉だけでなく全て保存に注意

なぜコーヒーの保存方法についてこだわらなければならないのか、コーヒーの保存方法は、もしかしたら袋をクリップなどで閉じているだけの人にとっては面倒と感じるかも知れません。しかし、コーヒーは生鮮食品と同じ扱いなのです。コーヒーの醍醐味とも言える香りはとてもデリケートで、雑な保存方法ではすぐにその香りを損なってしまうのです。

また、コーヒーの持っている複雑な味わいも保存方法によって変わってしまいます。これは、保存方法によってコーヒー自体が劣化をしてしまうからです。劣化しやすいコーヒーは、コーヒー粉だけでなくインスタントや挽いていない状態の豆でも変わりません。美味しいコーヒーを飲むのなら、挽き方や淹れ方だけでなく保存方法にもこだわる必要があるのです。

コーヒーの劣化の主な原因は、高温や温度変化が激しい場合や、酸素や日光、そして湿度です。コーヒー粉が元々入っている袋も、最近では工夫が施されて酸化しにくいようになどなっていますが、開封した事で劣化は始まって行ってしまいます。そこで、コーヒー粉の保存に適した容器に移し替える必要があります。まずは、保存に適した容器を見ていきましょう。

香りを逃さない!コーヒー粉の正しい保存容器

コーヒー粉の保存に適した容器は、密封容器です。特に、中を真空状態に出来る物が最適です。コーヒー粉の元々入っていた容器が、チャック付きの袋であれば空気をなるべく抜いて封を閉じ密封容器に入れると良いでしょう。そうでない場合には、なるべく空気に触れないように密封容器に移し替えましょう。また、瓶や缶入りの物はしっかりと蓋を閉めましょう。

しかし、ここで注意してほしいのが1週間以内を目安に使いきれるかと言う所です。開封してからどんどん劣化が始まってしまうので、なるべく早く使い切る事が前提となってしまいます。使い切る予定がない場合や、ファミリーパックなどの大容量の物のコーヒー粉の場合には、全て密封容器に移し替える必要があります。移し替えにはひと手間加えます。

ひと手間で変わらない鮮度に!コーヒー粉の正しい保存方法

そのひと手間が、小分けです。どんなにコーヒー粉の保存に適した容器や場所を選んでいても、ちょっとした事で結露が付いてしまったりしてしまう事があります。例えば、コーヒーを淹れる為に開封を繰り返すうちに、残りのコーヒー粉は空気に触れる事にもなってしまいます。その為にも、密封容器に移す前にジップロックなどに小分けしてから入れるようにしましょう。

小分けの仕方は、1日分、あるいは1杯分などで結構です。カップ1杯分のコーヒー粉の目安は、10~12gが適量とされています。人数分や、1日に使う量などを考えて100g程度ずつ小分けするなどしてから密封容器に移し替えるようにしましょう。もちろん、使いやすい量で構わないので決まりはありません。あくまで使いやすい量で小分けして大丈夫です。

鮮度を保つ!コーヒー粉の正しい保存場所

コーヒー粉の保存に適した場所は、高温多湿を避けた直射日光の当たらない冷暗所で、尚且つなるべく温度差がない場所が適しています。すぐに思いつくのが冷蔵庫ですが、必ずしも冷蔵庫が適している訳でもないのです。冷蔵庫の中は、開閉によって温度変化があります。また、他の食品の匂いが移る可能性も出てくるので、密封容器に移して早めに使い切りましょう。

また、コーヒー粉は冷凍も可能です。元々乾燥した状態になっているので、水分が少ない分冷凍によって変質する事もありません。冷凍する事によって、長期保存可能にもなりますが冷凍庫もまた匂い移りの可能性があります。なるべく平にジップロックなどに入れて、さらにジップロックなどで二重に密封してから冷凍焼けしないうちに使い切りましょう。

保存したコーヒー粉の期限の目安

コーヒー粉の保存期限の目安を見ていきましょう。豆の状態よりも、空気に触れる表面積が大きいコーヒー粉の場合は保存期限は短めです。冷暗所で密封して保存していても、夏場は3~5日程度が期限として飲み切るようにしましょう。また、冬は夏よりも気温も低く湿度も高くない事から、1週間から10日ほど持ちます。環境によってなるべく早く飲み切るようにしましょう。

冷蔵庫や冷凍庫に保存していれば、状態が良ければ長期保存する事が出来ます。期限の目安は、冷蔵庫なら2~3週間程度、冷凍庫であれば1ヶ月程度を目安に使い切りましょう。しかし、夏場に冷蔵庫をよく開閉している場合などにはコーヒー粉の品質が変わってしまう場合があります。冷蔵庫や冷凍庫内の温度変化が激しかった場合には期限も短くなります。

コーヒー粉にまれに見られる白い糸状の物とは?

コーヒー粉は、保存状態が悪かった場合に白い糸状の物が見られる場合があります。カビと勘違いして捨ててしまう人も多いようですが、ほとんどの場合がカビではなくカフェインの結晶です。もちろん、カビが稀に発生している場合もあるので十分に確認するようにしましょう。しかし、カフェインの結晶の場合には捨てなくても飲むことが出来ます。

カフェインの結晶が出ている場合には、コーヒー粉の保存状態や環境が悪かった証拠です。コーヒー粉を落とす際に溶けてなくなるので見た目には全く問題はありませんが、やはり風味は落ちています。少量のインスタントコーヒーを混ぜて淹れると、多少風味を改善して飲む事が出来ます。しかし、カフェインの結晶化を予防する為にもしっかりと保存するようにしましょう。

インスタントコーヒーの粉の場合の保存方法

ここでインスタントコーヒーの粉の場合の保存方法についてもご紹介しておきましょう。インスタントコーヒーの粉も、基本的には挽いたコーヒー粉の保存方法と変わりません。瓶に入っている物がほとんどですが、その場合には劣化しやすくなっているので期限内に飲み切るようにしましょう。インスタントコーヒーの場合、1ヶ月が目安です。

また、袋に入った詰め替えのインスタントコーヒーをそのまま使っているご家庭も多いです。その場合には、やはりしっかりと密封容器に移し替えてあげるようにしましょう。移し替えると、袋の底付近の無くなりかけの状態でも軽量スプーンですくいとる事が容易にもなります。最近では1回分ずつになったインスタントコーヒーもあるので活用するのも良いでしょう。

おすすめのコーヒー粉の保存容器

コーヒー粉の保存容器でおすすめの物があります。それが、澤井珈琲コーヒー専門店のコーヒー専用保存缶です。コーヒー用のキャニスター缶なのですが、コーヒー専門店から出ている安心の保存容器です。外観も日光を反射する黒いボトルになっているので、日が差し込みやすいキッチンでの保存でも安心です。また、500g入るので小分けして丁度いいサイズです。

コーヒー粉の保存容器は、この他にも様々な種類が販売されています。キッチン用品店や、雑貨屋さん、コーヒーショップなどでも見つける事が出来ます。また、ネットなどで検索してみるとお好みの物が見つかるかもしれません。保存容器は、どうせならお洒落な物がいいなど、自分のスタイルに合った保存容器でコーヒー粉を最適に保存していきましょう。

鮮度を保って美味しいコーヒーを楽しもう!

日常のちょっとした贅沢のコーヒー。淹れ方や種類などにこだわりがちですが、保存方法もとっても重要な美味しさのポイントです。容器にこだわったり、コーヒー粉の保存スペースを作ってみれば新たなこだわりが出来るかも知れません。正しいコーヒー粉の保存で、美味しいコーヒーを楽しんでいきましょう。

一緒に読みたいコーヒーに関したおすすめの記事

Thumbコーヒーで痩せることができる?ダイエットに効果的な飲み方って?
Thumb水出しコーヒーの作り方!分量・時間や必要器具など簡単美味しい方法を解説
Thumbハンドドリップのコーヒーが美味しい!基本の淹れ方・プロ直伝のコツを解説

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-19 時点

新着一覧