ピーマンの賞味期限の目安を紹介!日持ちする保存方法は常温・冷蔵どっち?

冷蔵庫に残りがちなピーマンですが、ピーマンの賞味期限の目安はどのくらいでしょうか。ピーマンを日持ちさせ賞味期限を長くする保存方法は、常温と冷蔵とどちらでしょうか。そんな賞味期限の長いピーマンについて調べてみました。ピーマンを美味しく食べるためにお読み下さい。

ピーマンの賞味期限の目安を紹介!日持ちする保存方法は常温・冷蔵どっち?

目次

  1. 賞味期限の長いピーマンについて知ろう
  2. 新鮮な賞味期限の長いピーマンの選び方
  3. 消費期限と賞味期限の違いは?
  4. ピーマンは意外と賞味期限が長い!
  5. パプリカの賞味期限は?
  6. ピーマンのおすすめ保存方法で賞味期限を長くしよう
  7. 賞味期限が切れたピーマンの特徴
  8. 切ったピーマンの賞味期限は短い?
  9. 冷凍保存すると賞味期限を長くできる
  10. まとめ:ピーマンは冷蔵保存がおすすめ!さらに賞味期限を長くしたい時は冷凍保存してみよう!

賞味期限の長いピーマンについて知ろう

ピーマンは子供が嫌いとのイメージが強い野菜ですが、ピーマンにはたくさんの栄養や種類があり、賞味期限の長い日持ちのする野菜です。まずは賞味期限の長いピーマンについて知ってください。

賞味期限の長いピーマンの栄養「レモンの2倍のビタミンC」

ではまず、賞味期限の長いピーマンにはどのような栄養があるのでしょうか。賞味期限の長いピーマンには、レモンの2倍のビタミンCが含まれています。またビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEなどが含まれています。また、鉄やカルシウムなども豊富に含まれています。

賞味期限の長いピーマンはビタミン系の栄養が豊富なので、美肌効果や、アンチエイジング効果を期待することができます。また、ビタミンCが豊富なことから、疲労回復効果、風邪予防の効果を期待することができます。このように、ピーマンは賞味期限が長く、たくさんの栄養があることがわかります。

賞味期限の長いピーマンの旬「収穫時期は6月~9月」

スーパーに行くと、ピーマンは年中問わず売られていますよね。では賞味期限の長いピーマンには旬の時期があるのでしょうか。賞味期限の長いピーマンの収穫時期は6月~9月ということで、夏の時期に最もピーマンを美味しく食べることができます。また流通量も多くなるので、比較的安く、賞味期限の長いピーマンを購入することができます。

日本では、茨城県、宮崎県で多く賞味期限の長いピーマンが栽培されて出荷されています。賞味期限の長いピーマンは基本的にハウス栽培をされているので、年中美味しく食べることが可能となっています。

種類が豊富な賞味期限の長いピーマン「たくさんの種類がある」

賞味期限の長いピーマンはナス科トウガラシ属の野菜ですが、ピーマンにはたくさんの種類があります。よく食べられる一般的な賞味期限の長いピーマンの他には、赤ピーマン、ジャンボピーマン、パプリカ、ホワイトピーマンなど、とても様々な種類のピーマンがあります。

一般的な賞味期限の長いピーマンは緑ですが、ピーマンは赤ピーマン、白ピーマン、紫、黒と色々なカラーがあります。また、一般的な賞味期限の長いピーマンは肉厚ではありませんが、パプリカは肉厚で苦みもあまりないので、生のままサラダにしても美味しく、彩りを華やかにしてくれて人気があります。

新鮮な賞味期限の長いピーマンの選び方

スーパーではたくさんの賞味期限の長いピーマンが販売されており、中にはひとつひとつ自分でピーマンを選ぶことができるスーパーもあります。そんな時はどのようなピーマンを選ぶと、美味しく賞味期限を長く日持ちして食べられるのでしょうか。賞味期限の長いピーマンの選び方を調べてみました。

まずは、賞味期限が長く日持ちするピーマンの選び方ですが、ピーマンを目視してつやつやで濃い緑色をしているものを選んでください。また、ピーマンのお尻の部分を軽く押したときに柔らかいもの賞味期限が長いおすすめのピーマンです。

賞味期限に長いピーマンの重さですが、同じサイズのピーマンを持って比べてみて重いほうのピーマンを選ぶようにしましょう。重たいピーマンのほうが水分量が多く、賞味期限が長く日持ちしやすいです。

消費期限と賞味期限の違いは?

日持ちするピーマンの賞味期限について気になるところですが、まずは消費期限と賞味期限の違いについて知っていきましょう。紛らわしい言葉ですが、消費期限と賞味期限にはそれぞれ違いがあります。

ピーマンの「消費」期限とは?

消費期限とは、ピーマンを開封していない状態で食べても安全な期限のことです。消費期限は過ぎてしまうと、安全でないので食べないほうがいいです。パッケージに消費期限が記載されている時は、その日にちを過ぎてピーマン食べないように気をつけましょう。

ピーマンの「賞味」期限とは?

賞味期限とは、ピーマンを開封していない状態で美味しく食べれる期限のことです。賞味期限は美味しく食べられる期間を記載しているので、これを過ぎてもすぐに安全に関わるわけではありません。よくパッケージに記載されているのは、この賞味期限が記載されていることが多いです。

ピーマンは意外と賞味期限が長い!

日持ちするピーマンの賞味期限はどのくらいなのでしょうか。一般的なピーマンの賞味期限は、だいたい1週間ほどです。これはピーマンを美味しく食べられる期限であり、賞味期限ではなく消費期限で考えると、3週間ほど食べることができます。できれば賞味期限内に美味しく食べましょう。また保存方法でも、ピーマンの賞味期限は変わってきます。

パプリカの賞味期限は?

パプリカをよく食べる方も多いと思いますが、パプリカもピーマンと同じで日持ちし、賞味期限は1週間ほどです。また賞味期限が切れていると判断するときは、見た目で賞味期限を判断することができます。できれば賞味期限内に食べるほうが美味しく食べることができます。パプリカもピーマンと同じ保存方法で、賞味期限を長くすることが可能です。

ピーマンのおすすめ保存方法で賞味期限を長くしよう

賞味期限の長いピーマンは冷蔵保存でも、常温保存でもどちらの保存方法でも賞味期限をさらに長くすることが可能です。それぞれの保存方法で、ピーマンの賞味期限をさらに長くして美味しく食べましょう。

ピーマンを「冷蔵」保存する場合

まず冷蔵保存の場合のピーマンの賞味期限を見ていきましょう。ピーマンは冷蔵保存でも賞味期限は1週間ほどです。また賞味期限は1週間ほどですが、保存期間が3週間ほどでも食べることができることもあります。

賞味期限の長いピーマンを冷蔵保存で、さたに賞味期限を長くする方法があります。冷蔵保存で賞味期限を長くする方法は、まず湿気から守るためにキッチンペーパーや新聞紙で包み、ビニール袋などにいれて密閉します。この時、ジップ付きのビニール袋を使うと賞味期限を長くすることができます。

また、ピーマンを必ず野菜室に入れて保存することで、賞味期限を長くすることができるのでおすすめです。冷蔵保はピーマンの賞味期限を長くするには、おすすめの保存方法です。

ピーマンを「常温」保存する場合

続いて常温保存の場合のピーマンの賞味期限を見ていきましょう。ピーマンの常温保存時の賞味期限ですが、夏場は3日ほどです。冬場の常温保存時の賞味期限は最大で1週間ほどになります。

常温保存で賞味期限を長くする方法があります。賞味期限を長くするには、まず湿気から守るためにキッチンペーパーや新聞紙でピーマンを包んで保存します。また暗い場所で保存するほうが、賞味期限を長くすることができます。

賞味期限が切れたピーマンの特徴

賞味期限が切れたピーマンは味が落ちてしまいます。賞味期限が切れたピーマンの特徴を調べました。賞味期限が切れたピーマンは見た目で判断できることがほとんどです。

賞味期限が切れたピーマンの判断方法ですが、消費期限が切れるとピーマンの皮がシワシワになる、異臭がする、色が変色します。このようにピーマンの見た目で賞味期限の判断をすることが可能です。賞味期限を長くするための保存方法のポイントを守って、美味しくピーマンを食べましょう。

切ったピーマンの賞味期限は短い?

時短家事のために、賞味期限の長いピーマンを切った状態で保存する方も多いと思いますが、切ったピーマンの賞味期限は短くなってしまうのか調べてみました。。丸ごと保存したピーマンに比べれば、切ったピーマンの賞味期限は短くなってしまいます。ただピーマンは強い野菜なので、切ったピーマンでも賞味期限は3,4日と、賞味期限は葉物野菜に比べて長いです。

切ったピーマンの賞味期限を短くしない方法は、水気をふき取りジップ付きの袋に入れて保存することがおすすめです。また賞味期限を長くするためには、湿らせたキッチンペーパーを一緒に入れて保存してください。切ったピーマンは消費期限は短くなってしまいますが、夕飯やお弁当に簡単に使用できるのでおすすめです。

冷凍保存すると賞味期限を長くできる

ピーマンは冷蔵保存でも常温保存でも賞味期限は長い野菜ですが、冷凍保存することで、さらにピーマンの賞味期限を長くすることができます。冷凍保存時のピーマンの賞味期限は、1か月ほどと長期保存が可能です。

またピーマンは生のまま冷凍保存することが可能です。冷凍保存の方法ですが、種やヘタを取って、適当な大きさにカットします。その後水分をとく拭き取ることが、賞味期限を長くするポイントです。最後にジップ付きの袋に入れて冷凍保存します。冷凍保存することで賞味期限を長くすることができるので、ピーマンを大量に購入した際はお試しください。

まとめ:ピーマンは冷蔵保存がおすすめ!さらに賞味期限を長くしたい時は冷凍保存してみよう!

ピーマンは賞味期限が長く、日持ちする野菜です。また賞味期限の長いピーマンには、レモンの2倍のビタミンCが含まれるなどとても栄養価が高い野菜ということがわかりました。ピーマンはもともと賞味期限が長い野菜ですが、常温保存よりも冷蔵保存の方が賞味期限を長くすることができておすすめで。

そんな元々賞味期限が長いピーマンですが、冷凍保存するとさらに賞味期限を長くすることが可能です。冷凍保存するには水分をふき取り、好きな大きさに生のままカットし、ジップ付きの袋で保存するのが、賞味期限を長くするポイントになります。ピーマンには美肌効果もあり、賞味期限が長い野菜なので、安い時にたくさん買って冷凍保存しておきましょう。

合わせて読みたいピーマンの関連記事

Thumbピーマンの保存方法・期間を紹介!冷蔵と冷凍の違いや長持ちさせるコツは?
Thumbピーマンは生で美味しく食べられる!加熱との栄養の違いやおすすめレシピ集
Thumbピーマンは種まで食べられる!栄養成分・効果やおすすめのレシピを紹介
Thumbピーマンを使ったお弁当のおかずレシピ!簡単に作り置きできる人気料理特集

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-08-20 時点

新着一覧