アウトドア用ベッドのおすすめ紹介!快適な寝心地とコンパクトを追求

キャンプ等のアウトドア活動ではどうしても睡眠を快適にとることができません。そこでおすすめなのが「アウトドア用ベッド」です。最近のアウトドア用のベッドはコンパクトに収納でき、場所をとりません!そこで今回はおすすめのアウトドアベッドをご紹介していきます!

アウトドア用ベッドのおすすめ紹介!快適な寝心地とコンパクトを追求

目次

  1. アウトドアベッドをおすすめしたい!
  2. アウトドアベッドの特徴は?
  3. 人気のアウトドアベッドのブランドは?
  4. おすすめのアウトドアベッドをご紹介!
  5. 快適に過ごせるドッペルギャンガーのアウトドアベッド!
  6. コンパクトで軽量のドッペルギャンガーはこれ!
  7. スリムなコールマンのアウトドアベッド!
  8. 快適なコールマンのリクライニング式!
  9. プロも登山家も愛用するサーマレストから組み立て式を!
  10. 快適な寝心地を可能にするヘリノックスの組み立て式!
  11. 国産ブランドスノーピークが人気のアウトドアベッドを!
  12. コールマンからエアベッドをご紹介!
  13. リーズナブルなリクライニングベッドをご紹介!
  14. 各アウトドアベッドはこの様に選ぶべき!
  15. おすすめのアウトドアベッドで快適に!

アウトドアベッドをおすすめしたい!

今回、アウトドアベッドについて快適で寝心地が良く場所を取らないコンパクトなものをご紹介していきます。アウトドアベッドは様々な種類がありキャンプ等でのアウトドアど活動において大変便利なアイテムです。

ですが、アウトドア活動においていくらコンパクトとはいえ荷物は増やしたくないところですよね?ですが、アウトドアベッド一つあるだけで、宿泊時快適な睡眠をとる事ができます。又、マットの上にシュラフだけで宿泊すると冷気で寝られない等の事も起きてきます。

多少荷物が増えてしまっても、快適にアウトドア活動での宿泊を行うのであればアウトドアベッドは非常に優秀なアウトドアアイテムです。アウトドアベッドは「コット」と呼ばれており、足が短い「ローコット」と足が長い「ハイコット」に分かれます。

アウトドアベッドの種類には先ほど述べた「ローコット」と「ハイコット」の他にも種類があります。又、アウトドアベッドがキャンプ等のアウトドア活動において何故おすすめなのかを、特徴を解説しながら次にご説明していきます。

アウトドアベッドの特徴は?

アウトドアベッドは快適な寝心地が可能!

アウトドアベッドの一番の特徴といえば野外にいながら「快適な寝心地が可能」という点です。アウトドアベッドは直接地面と接していない事により快適な寝心地が可能という事が注目する点です。各アウトドアベッドのメーカーのベッドの作りが良いという点も勿論あります。

各アウトドアベッドの性能については後程品番毎にご説明していきます。アウトドアベッドは地面と直接接していない為地面からの「熱」や「冷気」を大きく遮断する事ができます。直接シュラフで寝ると冷気や熱で寝心地が悪く快適な睡眠をとる事はできません。

さらにアウトドアベッドの地面に直接接しないという点は地面の地形に影響しないという点も快適な寝心地を可能にします。アウトドア活動において荷物は減らしたい所ですが、最近はコンパクトで持ち運びもしやすいものが多いのでアウトドアのお供に是非おすすめです。

折りたたみ・組み立て・エア式等の種類がある!

アウトドアベッドには主に「折りたたみ式」「組み立て式」「エア式」の種類があります。さらに「折りたたみ式」には「リクライニング式」という、より快適な寝心地を可能にするアウトドアベッドが存在します。この中で最も主流なのが「折りたたみ式」です。

その折りたたみ式ですが、主流な形とあって簡単に立ち上がるものや、がっちりとしたものまで多くのアウトドアベッドがあります。価格も機能性や耐久性によって様々です。折りたたみ式は耐久面で不安な所がありますが、立ち上げも早くコンパクトな物が多いです。

組み立て式は、折りたたみ式と違い立ち上がるまで時間がかかります。ですが、安定感が抜群で、何よりコンパクトに収納できるのが嬉しいポイントです。軽量な組み立て式のアウトドアベッドも多いので、荷物を少なくしたい場合はコンパクトな組み立て式がおすすめです!

エア式は空気をいれて膨らませるタイプのアウトドアベッドです。寝心地が良くコンパクトに収納できますが、膨らます為のポンプが必要ですし、立ち上げに時間がかかるのがデメリットです。ものによっては電動ポンプがついているものもあるので快適な寝心地をお求めならおすすめです。

アウトドアベッドの「ローコット」と「ハイコット」違いは?

アウトドアベッドの種類「ローコット」と「ハイコット」ですが、脚の長さが違います。その違いでどのような影響が出るのでしょうか?基本的な違いは「空間」に違いがでてきます。ローコットの場合低重心になるので空間アウトドアベッドをおいても広く感じます。

その反面アウトドアベッドの下に荷物を置くことが出来なくなるため空間を広く使える事は出来ません。ハイコットのタイプは荷物を下に置くことが出来るのですが、どうしても空間の圧迫感はでてしまいます。ですがベンチとして使用する事もでき便利です。

「ローコット」「ハイコット」の選び方はその人の用途によって変わります。又寝相が良くない人や小さなお子さんがいる方は「ローコット」が安全面的におすすめです。ではアウトドアベッドを発売しているブランドはどこがおすすめなのでしょうか?

人気のアウトドアベッドのブランドは?

キャンプと言えば「コールマン」!

リーズナブルで高性能なアウトドア用品を多く発売しているコールマンはアウトドアベッドも人気です。特にキャンプ用品は種類が豊富で自分に合ったアイテムを見つける事ができます。勿論アウトドアベッドも種類が多く様々なラインナップがあります!

リーズナブルな「ドッペルギャンガー」!

リーズナブルなアウトドアアイテムを提供し続ける「ドッペルギャンガー」ですが今は名称をDoDに変更してます。ドッペルギャンガーのアウトドア用品や自転車等は機能的で、かなり安くアウトドアビギナーの方には強い味方です。

その中でも、ドッペルギャンガーのアウトドアベッドはかなり優秀で価格も安く多くのキャンパーに高い評価を得てます。さらに種類も豊富で、他のアウトドアベッドにはない大きさ等を作りしっかり差別化を図っているのもおすすめするポイントです。

Thumbコールマンのテントおすすめランキング!人気タイプの特徴を口コミから調査

おすすめのアウトドアベッドをご紹介!

ここまでアウトドアベッドの必要性等を特徴を交えながらご説明してました。次からおすすめのアウトドアベッドを品番毎にご紹介していきます。これからおすすめするのはどれもコンパクトで持ち運びがし易いベッドばかりです。

ある程度荷物が増え、空間を使ってしまいますがアウトドア活動で快適な寝心地を可能にするためにもアウトドアベッドはおすすめです。これからご紹介するアウトドアベッドを参考に、自分に合ったもの見つけて快適な寝心地を手に入れて下さい!

快適に過ごせるドッペルギャンガーのアウトドアベッド!

ドッペルギャンガー「ワイドキャンピングベッド」

アウトドアベッド特に人気のブランドドッペルギャンガーから快適なアウトドアベッドをご紹介します。ドッペルギャンガー「ワイドキャンピングベッド」は横幅が77CMと珍しいサイズのワイド型アウトドアベッドです。平均的なサイズより10CM以上広い設計です。

このアウトドアベッドはワイドタイプで大人がゆったり快適寝れるだけではなく、通気性も良いので夏のアウトドア活動に特におすすめです。又、収納時も20×80CMとコンパクト性能なので邪魔になりません。この一台で快適な寝心地を得られますよ!

コンパクトで軽量のドッペルギャンガーはこれ!

ドッペルギャンガー「バッグインベッド」

ドッペルギャンガーの中で特に軽量でコンパクトなアウトドアベッドをご紹介します。ドッペルギャンガー「バッグインベッド」は正にバッグに入るほどコンパクトで重さも2.3キロと軽量な手軽なアウトドアベッドです。

さらにこのドッペルギャンガー「バッグインベッド」は収納時コンパクトでありながら、組み立ても楽々です。さらに布の張りが柔らかく、寝た時部品にも当たらない等寝心地も良いとユーザーから大人気です。価格も約一万円程で購入できおすすめです。

スリムなコールマンのアウトドアベッド!

コールマン「ベンチイージースリムコットⅡ」

アウトドアベッドで空間の圧迫感を少しでも減らしたいのであればコールマン「ベンチイージースリムコットⅡ」がおすすめです。他のアウトドアベッドが約70~80CMに対しこのコールマンのアウトドアベッドは横幅約64CMと大変スリムな設計です。

スリムな設計なので、空間を有効に使う事ができ最適な移住スペースを確保する事が可能です。組み立ても、折りたたまれた状態からサイドにそのまま開き前後脚を伸ばすだけなので女性の方でも楽々組み立てできます。狭いテントで大活躍出来るアウトドアベッドです。

快適なコールマンのリクライニング式!

コールマン「コットラウンジャー」

折りたたみ式の中で特に快適な寝心地を可能にする「リクライニング式」をコールマンからご紹介します。コールマン「コットラウンジャー」は背面4段階、脚側が2段階ポジション変更ができるゆったりサイズのアウトドアベッドです。

耐荷重は102.1KG、身長は190CMまで対応設計のコールマン「コットラウンジャー」は正にキャンプシーンにおいて欲しいアイテムの一つです。収納時は三つ折りにできるので、コンパクト性も高く場所をとりません。又組み立ても楽々で耐久性も高いのも嬉しいポイントです!

プロも登山家も愛用するサーマレストから組み立て式を!

サーマレスト「ウルトラライトコット」

サーマレヅトは「良い睡眠は良い行動に繋がる」という信念のもと、アウトドア活動でも快適な睡眠をサポートするアイテムを発売してます。そんなプロの登山家も信頼し、愛用されているサーマレストから「ウルトラライトコット」をご紹介します。

こちらのアウトドアベッドは組み立て式で安全性も高く、コンパクトに収納でき多くの登山ユーザーに大人気のアウトドアベッドです。サイズがレギュラーとラージから選ぶことができるのも嬉しいポイントです。このアウトドアベッドは軽量でコンパクトなだけではありません。

設計は高さ約10CMの「ローコット」タイプのアウトドアベッドですが、シートの張り・適切なテンションなので体が地面につくことなく、軽量でありながら耐荷重が147KGと耐久性も持ち合わせてます。さらに体温を逃がさない技術を搭載しており冬でも安心のアウトドアベッドです!

快適な寝心地を可能にするヘリノックスの組み立て式!

ヘリノックス「コットワン」

組み立て式で快適な寝心地と評価が高いアウトドアベッドをご紹介します。ヘリノックス「コットワン」は収納時はそこまでコンパクトではないものの、軽量で持ち運びしやすく寝心地が良い事で高評価を得ているアウトドアベッドです。

寝心地の良さは組み立て時のテンションの張りにあります。テンションの張りがパンパンに貼っているのですが、実際の寝心地は絶妙な張り具合で快適な寝心地を可能にしてくれます。軽く、組み立てもしやすいので寝心地を求める方に是非おすすめです。

国産ブランドスノーピークが人気のアウトドアベッドを!

スノーピーク「スノーピークコットハイテンション」

人気の国産アウトドアブランド「スノーピーク」からおすすめのアウトドアベッドをご紹介します。スノーピーク「スノーピークコットハイテンション」は絶妙なテンションの張り心地で快適な寝心地を可能にするアウトドアベッドです。

寝心地が良いだけではなく、地厚で耐久性が高い素材布を採用しており破れの心配が少ない事も嬉しいポイントです。価格が高く手が出しづらいアウトドアベッドです。ですが、高さもちょうどよく安定感も抜群ですので信頼性で選ぶのであればおすすめのベッドです。

コールマンからエアベッドをご紹介!

コールマン「コンフォートエアーマットレス」

アウトドア用のベッドの中にエアベッドという選択があります。エアベッドだと破れ等の耐久面や組み立ての手間等から敬遠されがちですが寝心地は抜群です。そこで、信頼性の高いコールマンから組み立てが楽々なエアベッドをご紹介します。

コールマン「コンフォートエアーマットレス」は電動ポンプを内装しており、簡単に膨らませる事が可能です。「空気が足りない」という場合に備えてフットポンプも付属してます。信頼性の高いコールマンのエアベッドは快適な寝心地を可能にします。

リーズナブルなリクライニングベッドをご紹介!

先ほどコールマンの折りたたみ式をご紹介しましたがどうしても場所を取ってしまう事と、価格が高くてが出づらいので敬遠されがちです。ですが、収納性が高く、組み立てもしやすい上自分の気に入ったポジションに調整できるリクライニング式はキャンプには非常に便利です。

勿論テントの広さの兼ね合いもありますが、一つあるとキャンプ等のアウトドアをより快適にしてくれます。そこで先ほど紹介したコールマンの他に2つ価格がリーズナブルでおすすめのリクライニング式をご紹介します。是非検討してみて下さい!

キャンパーズコレクション「キャンピングベッド」

キャンパーズコレクション「キャンピングベッド」は10段階の角度調整ができる、収納性が高いアウトドアベッドです。四本足で安定感抜群です。価格も約四千で安くキャンプだけではなくビーチでも活躍できます。

ロゴス「FDベッド・ポライト」

人気のアウトドアブランドからリクライニング式アウトドアベッドをご紹介します。ロゴス「FDベッド・ポライト」はおしゃれな生地を使用したロゴスらしい色合いのアウトドアベッドです。重量も3.7KGと軽量で、価格も約四千円とリーズナブルです。

各アウトドアベッドはこの様に選ぶべき!

テントの広さと価格を見比べて!

アウトドアベッドを選ぶ事において重要な点はテントの広さと価格です。通常なキャンプの場合高性能な組み立てアウトドアベッド「サーマレスト」等は登山以外だとオーバースペックです。むしろコールマンやドッペルギャンガーの方がおすすめです。

この二つのメーカーはそれなりにコスパも良くおすすめです。ツーリングやソロキャンプにはドッペルギャンガー「バッグインベッド」は非常に優秀です。又テントの広さによって「ローコット」や「ハイコット」どちらを選ぶかを考えなければいけません。

テントが狭く、荷物の置き場を確保したいのであれば「ハイコット」がおすすめです。広いテントでは空間を圧迫してしまう「ハイコット」より「ローコット」がおすすめです。テントの広さと価格の兼ね合いで自分に合ったアウトドアベッドを選択して下さい。

おすすめのアウトドアベッドで快適に!

ここまで人気のアウトドアベッドをご紹介してきました。先ほども述べた通り自分のアウトドア活動にあわせたアウトドアベッドの選び方をしてみて下さい。アウトドアベッドには種類がありますが、高いアウトドアベッドは非常に寝心地が良く快適です。

ですが、アウトドアシーンによってはオーバースペック気味になる事もあります。もし自宅でも使うのであれば話は別ですがシーンに合わせて購入するのがベストです。是非おすすめのアウトドアベッドで快適なアウトドアライフを過ごしてください!

おすすめのアウトドアアイテム記事もご覧ください!

Thumb登山テントおすすめ10選!選び方のポイントや張り方のコツとは?
Thumbアウトドア用テントの人気ランキング!初心者向けのおすすめを徹底比較

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-12-06 時点

新着一覧