懐メロ80年代ヒット曲ランキング!誰も懐かしい邦楽の名曲を紹介

1980年代はアイドルの全盛期で多くの邦楽の名曲がヒットしました。80年代の懐メロは40代の方には懐かしいと思いますが、リバイバルされている名曲も多く、若いかたもご存じだと思います。80年代にヒットした邦楽の懐メロをランキングでご紹介します。

懐メロ80年代ヒット曲ランキング!誰も懐かしい邦楽の名曲を紹介

目次

  1. 1980年代の邦楽懐メロは今も色あせない
  2. 15位:元はB面になるはずだった名曲「恋人よ」
  3. 14位:大人っぽい名曲「桃色吐息」
  4. 13位:黒塗りの顔が目立っていたグループ「ランナウェイ」
  5. 12位:28人がカヴァーしている「矢切の渡し」
  6. 11位:カラオケでも人気のヒット曲「六本木心中」
  7. 10位:2017年リバイバルヒット曲「ダンシングヒーロー」
  8. 9位:映画主題歌「セーラー服と機関銃」
  9. 8位:火曜サスペンス劇場主題歌「聖母たちのララバイ」
  10. 7位:浮気する男性と意地をはる女性「悪女」
  11. 6位:松山千春さんの代表曲「長い夜」
  12. 5位:ガールズロックバンドのヒット曲「Diamonds」
  13. 4位:「お経みたい」と言われた名曲「ルビーの指輪」
  14. 3位:替え歌やものまねもヒット?!「ダンシングオール・ナイト」
  15. 2位:衣装が素敵なヒット曲「DESIRE」
  16. 1位:クリスマスの定番邦楽曲「クリスマスイブ」
  17. 80年代邦楽懐メロには名曲が多い

1980年代の邦楽懐メロは今も色あせない

1980年代は、フォークソングやアイドル歌謡曲が全盛と言われた時代です。1980年には松田聖子さんがデビューされ以後、中森明菜さん。小泉今日子さん、堀ちえみさんたちは1982年にデビューされ「花の82年組」とも呼ばれていました。どなたも現在でも活躍されていますので、若いかたでもご存じなのではないでしょうか。

1985年には「おニャン子クラブ」が結成され、工藤静香さん、国生さゆりさん、渡辺満理奈さんたちも、活躍されました。男性ではチェッカーズ、ジャニーズの光GENJI、近藤真彦さん、田原俊彦さんたちの楽曲がヒットして人気となりました。

歌番組もとても多く「ザ・ベストテン」「ミュージックステーション」などで、毎日のように人気歌手のヒット曲を耳にする機会がありました。今や懐メロと呼ばれていますが、現在でも名曲をカバーするかたも多くいます。今回は1980年代の懐かしい邦楽のヒット曲をランキングでご紹介します。懐メロで昭和を懐かしんでくださいね。

15位:元はB面になるはずだった名曲「恋人よ」

80年代懐メロ名曲ランキング15位

80年代懐メロ名曲ランキング15位は「恋人よ」で1980年8月に発売されました。シンガーソングライターの五輪真弓さん作詞作曲され歌い、大ヒットした名曲です。シングル売上枚数も96.1万枚、1980年代売上ランキングでも15位になっています。1980年のNHK紅白歌合戦にも初出場されましたが、日本レコード大賞は金賞となっています。

「恋人よ」は、五輪真弓さんのプロデューサーが事故死されたのを思い書かれた曲で、親しい人との絶望的な別れの悲しさが歌詞には込められています。それを踏まえると「冗談だよと笑って欲しい」という歌詞が辛く哀しく聞こえるのではないでしょうか。この曲はB面の予定でしたが、レコーディングのときにこちらの方がよかったため、A面で発売されました。

14位:大人っぽい名曲「桃色吐息」

80年代懐メロ名曲ランキング14位

80年代懐メロ名曲ランキング14位は「桃色吐息」で1984年5月に発売されました。作詞は康珍化さん、作曲は佐藤隆さん。宝石のブランド「カメリアダイアモンド」のコマシャールソングとして有名になりヒットしました。「咲かせて咲かせて桃色吐息」「こぼれる華になる」など、大人っぽく色っぽい邦楽懐メロです。

歌ったのは、高橋真梨子さん。高橋さんはペドロ&カプリシャスの2代目ボーカルとしてデビューされました。「五番街のマリーへ」や「ジョニィの伝言」などヒット曲も多く、1978年以降はソロ歌手として活躍され、1996年「ごめんね…」は火曜サスペンスドラマの主題歌としてもヒットしました。2016年にはNHK紅白歌合戦で歌われましたので、若いかたもご存じかもしれませんね。

13位:黒塗りの顔が目立っていたグループ「ランナウェイ」

80年代懐メロ名曲ランキング13位

80年代懐メロ名曲ランキング13位は「ランナウェイ」で1980年2月に発売され、シングル売上枚数97.5万枚。1980年代のシングル売上ランキングでも13位になっている邦楽ヒット曲です。作詞は湯川れい子さん、作曲が井上忠夫さん。歌ったのはシャネルズ。トランペットが1人とボーカル4人のグループです。

4人のボーカルが顔を真っ黒に塗っているとても目立つグループでした。1982年に1度活動を停止しましたが、1983年にラッツ&スターと改名。ラッツ&スターとして発売した「め組のひと」がシングル80万枚を売り上げたヒット曲になりました。ご存じのように、現在はメンバーにも問題があり活動はしていませんが、「解散」とはなっていません。

12位:28人がカヴァーしている「矢切の渡し」

80年代懐メロ名曲ランキング12位

80年代懐メロ名曲ランキング12位は「矢切の渡し」です。「矢切の渡し」は最初1976年にちあきなおみさんのB面曲として発売され、82年にはA面曲として再発売されました。1983年に、細川たかしさん、瀬川瑛子さん、中条きよしさんなどと競作で発売されたのですが、一番ヒットしたのが、細川たかしさんのシングルでした。

細川たかしさんのシングルは100万枚以上売り上げ、1983年の日本レコード大賞も受賞、細川たかしさんは、1982年の「北酒場」でもレコード大賞を受賞されましたので、史上初の2年連続受賞となりました。「矢切の渡し」は美空ひばりさん、中森明菜さんもカバーされていて、28人がレコード化されている邦楽でも珍しい曲です。

11位:カラオケでも人気のヒット曲「六本木心中」

80年代懐メロ名曲ランキング11位

80年代懐メロ名曲ランキング11位は「六本木心中」で1984年10月に発売されました。歌手はアン・ルイスさん。アメリカ人と日本人のハーフで歌唱力の高いカッコイイ女性です。昭和バブルの象徴のような派手な衣装や化粧が、とてもよくお似合いですよね。

「六本木心中」の作詞・作曲は湯川れい子さん。タイトルに六本木とついていますが、歌詞には出てきません。湯川れい子さんは「六本木心中」のモデルは吉川晃司さんをイメージして書かれたそうです。吉川晃司さんとアン・ルイスさんは姉と弟のような関係だったそうで、夜のヒットスタジオでは伝説を言われているコラボシーンもあります。

10位:2017年リバイバルヒット曲「ダンシングヒーロー」

80年代懐メロ名曲ランキング10位

80年代懐メロ名曲ランキング10位は「ダンシングヒーロー」で1985年11月に発売されました。元はディスコサウンドの「Eat You Up」で「ダンシングヒーロー」はカバー曲になります。歌手は荻野目洋子さん、シングル累計70万枚を売り上げたヒット曲です。

邦楽懐メロとしてバブル時代の懐かしい曲でしたが、2017年大阪堺市にある府立登美丘高等学校のダンス部が、「バブリーダンス」としてダンシングヒーローを使用して踊った動画が大人気となり、リバイバルでヒットした邦楽になりました。ダンス部のかたがバブル時代の衣装と化粧でキレッキレに踊る動画をご覧になったかたも多いのではないでしょうか。

9位:映画主題歌「セーラー服と機関銃」

80年代懐メロ名曲ランキング9位

80年代懐メロ名曲ランキング9位は「セーラー服と機関銃」で、1981年11月に発売されました。「セーラー服と機関銃」は赤川次郎さんの小説で、暴力団の4代目を継ぐことになった高校生の少女の話しで、角川が映画化しました。主人公を薬師丸ひろ子さんが演じ、映画も曲も大ヒットしました。

作詞は来生えつこさん、作曲は来生たかおさん。「夢の途中」というタイトルで来生たかおさんが歌うことになっていましたが、薬師丸ひろ子さんが歌うことになりタイトルも「セーラー服と機関銃」に変更になった経緯がありますので同名異曲となった邦楽です。2016年には「セーラー服と機関銃-卒業-」で橋本環奈さんが歌われています。

8位:火曜サスペンス劇場主題歌「聖母たちのララバイ」

80年代懐メロ名曲ランキング8位

80年代懐メロ名曲ランキング8位は「聖母(マドンナ)たちのララバイ」で、1982年に発売されました。1981年より毎週火曜日1話完結のサスペンスドラマを日本テレビが放送していましたが、そのドラマのエンディング曲としてヒットした名曲です。火曜サスペンスドラマはオープニングも有名ですよね。

「聖母たちのララバイ」は当初レコード化の予定はなかったそうですが、視聴者の要望を受けレコード化され、1982年のシングル売上枚数は80万枚以上、80年代を代表する名曲になりました。火曜サスペンス劇場は2005年に放送終了しましたが、多くのシリーズ作品や良質なドラマもありましたので、懐かしいかたも多いのではないでしょうか。

7位:浮気する男性と意地をはる女性「悪女」

80年代懐メロ名曲ランキング7位

80年代懐メロ名曲ランキング7位は「悪女」で、1981年に発売されました。シングルは80万枚以上売り上げた名曲です。作詞作曲歌、中島みゆきさん。中島みゆきさんは女性の心の機微を書くのがとてもうまく、比喩も巧みなかたですので、歌詞も小説のように情景が浮かぶのではないでしょうか。

「悪女」の歌詞は、付き合っている相手が浮気をしていて、本心は「いかないで」と言いたいのですが、自分から彼氏に嫌われるような言動をして彼氏を浮気相手の元へ行くように仕向けるようにします。「悪女」になりきる哀しい女性の歌です。中島みゆきさんは1970年代80年代90年代00年代とシングルチャート1位となった唯一のシンガーソングライターです。

6位:松山千春さんの代表曲「長い夜」

80年代懐メロ名曲ランキング6位

80年代懐メロ名曲ランキング6位は「長い夜」で、1981年4月に発売されました。作詞・作曲・歌、松山千春さん。シングル売上は86万枚以上で81年の邦楽ランキングでも5位に入っています。物まねしやすい曲ですので芸能人のかたも多く真似ていますし、男性がカラオケで得意曲としているかたもいるのではないでしょうか。

松山千春さんは1977年「旅立ち」でデビュー、1980年には「恋」1978年には「季節の中で」がヒット、スターとなりました。北海道出身で「北海道を愛するフォークシンガー」だとこだわりをもち、スターとなった現在も北海道在住、地元のかたはよく姿を見られるそうです。歌は繊細ですが毒舌なのが魅力の人です。

5位:ガールズロックバンドのヒット曲「Diamonds」

80年代懐メロ名曲ランキング5位

80年代懐メロ名曲ランキング5位は「Diamonds」1989年4月に発売されました。シングル発売数は100万枚以上、シングルCDとして初めてミリオンセラーを記録した名曲です。歌ったのはプリンセスプリンセス。女性のみで結成されたガールズバンドで「プリプリ」の愛称で人気となり、以後多くのヒット曲を発表されています。

「プリプリ」はアイドルの立ち位置ではなく、女性だけのロックバンドとしてそのカッコよさから、日本で最も成功したガールズバンドと言われています。1996年に惜しまれながら解散しましたが、2012年には、東日本大震災の復興支援として期間限定で再結成。チャリティーコンサートや復興活動支援に活動し、2016年に再結成での活動も終了されました。

4位:「お経みたい」と言われた名曲「ルビーの指輪」

80年代懐メロ名曲ランキング4位

80年代懐メロ名曲ランキング4位は「ルビーの指輪」で、1981年2月に発売されました。作詞は松本隆さん、作曲・歌は寺尾聰さん。売り上げ枚数は134万枚以上、ヨコハマタイヤのコマシャールソングや1982年の選抜高校野球の入場行進曲としても使用されています。

寺尾聰さんは、この曲を発売時、石原プロモーションに所属していました。石原裕次郎さんは「いいんじゃない」という感想でしたが、専務には「お経みたいな歌」と言われたそうです。お経のようと言われた曲は、以後、福山雅治さん、桑田佳祐さん、水谷豊さんなどがカバーされている名曲となったのも、面白いですよね。

3位:替え歌やものまねもヒット?!「ダンシングオール・ナイト」

80年代懐メロ名曲ランキング3位

80年代懐メロ名曲ランキング3位は「ダンシングオール・ナイト」で、1980年4月に発売されました。もんたよしのりさんが結成したバンドもんた&ブラザーズのデビュー曲で、シングル売上枚数161万枚以上、80年代のシングル売上ランキングでも2位となっている大ヒット曲です。

とても特徴的なハスキーボイスは、3日間布団を口に当てて叫び、喉を潰して生まれた声だそうです。カラオケやテレビで真似をされることも多い名曲ですし、2010年にはトヨタ自動車のキャンペーンでアンタッチャブルの山崎さんが、替え歌を歌い人気となりました。

2位:衣装が素敵なヒット曲「DESIRE」

80年代懐メロ名曲ランキング2位

80年代懐メロ名曲ランキング2位は「DESIRE-情熱-」で、1986年2月に発売されました。作詞は阿木燿子さん、作曲は鈴木キサブローさん。歌手は中森明菜さん。当初はB面の予定でしたが中森さんの要望でA面として発売されました。

中森明菜さんは80年代を代表するアイドル歌手ですが、衣装や振り付けは、曲に合わせて自身が考えられていました。「DESIRE-情熱」も、着物で歌いたいということで、着物風の衣装に帯、髪はボブのウィッグをつけ、足はヒールの高い靴。昭和のアイドル歌手ですが、平成の時代に見ても、スタイルよくかっこいい人です。中森明菜さんには、他にもヒットした曲が多々ありますので、1度お聴きになってみてはいかがでしょう。

1位:クリスマスの定番邦楽曲「クリスマスイブ」

80年代懐メロ名曲ランキング1位

80年代懐メロ名曲ランキング1位は「クリスマスイブ」です。1983年12月に発売された曲ですが、今でもクリスマスの季節になると、テレビCM・ラジオなどで何度も流れますので、クリスマス=「クリスマスイブ」といった風になっていますよね。シングル売上は182万枚以上。大ヒットの名曲です。

クリスマスの時期になるとオリコンのチャートにランクインしますので、2015年度まで30年連続トップ100にはいり、「連続チャートランクインした曲」として、ギネスの記録にも認定されています。山下達郎さんは、他のかたに提供した楽曲にもヒット曲を多く出されています。

80年代邦楽懐メロには名曲が多い

80年代の懐メロ人気ランキングをご紹介しました。現在でもカバーされていたりCM、テレビドラマでも使用されています。80年代の曲はメロディやフレーズがとてもキャッチーで耳に残り易く覚えやすいのが特徴です。

昭和最後の10年(1989年は昭和64年ですが1月7日まで)の懐かしい名曲も、デジタル化されていますし、動画サイトでも見ることができます。是非一度じっくりと聴いてみてください。カラオケで歌うと盛り上がりますよ。

他にも気になる懐メロの記事はこちら

Thumb懐メロ2000年代ランキング!カラオケで人気のヒット曲・名曲を紹介
Thumb90年代のヒット曲・名曲まとめ!ふと聴きたくなる懐かしい曲は?
Thumb懐メロ90年代ランキング!カラオケで盛り上がる定番ヒット曲・名曲集

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-06-02 時点

新着一覧