付き合う前のデートの男性心理まとめ!好意・脈ありサインを見抜く方法は?

付き合う前のデートの男性の心理や好意を判断する脈ありサインについてまとめました。男性と付き合う前のデートに出かけるときは脈ありサインや好意を示す心理についてチェックしておくことが大切。脈ありサインや男性心理を把握して付き合う前のデートに出かけましょう。

付き合う前のデートの男性心理まとめ!好意・脈ありサインを見抜く方法は?

目次

  1. 付き合う前のデートの男性心理や好意のサインについて知りたい
  2. 脈ありサインを付き合う前のデートの男性心理から読み取ろう
  3. 次の話を男性からしたら脈ありサインを出している可能性が高い
  4. 将来の話で好意を示すのも男性の脈ありサイン
  5. プランを男性が積極的に立ててくれるのも好意の表れ
  6. 連絡を頻繁にとってくれる男性は脈ありの心理がある
  7. 話を覚えていることも男性に好意があるか判断するのに大切
  8. 脈ありではないサインを付き合う前のデートから読み取るには?
  9. 男性の心理を満足させることが付き合う前のデートでは大切
  10. 付き合う前のデートで男性心理を動かすには自己主張しすぎない
  11. 相手のテンポに合わせて会話を楽しもう
  12. 奢られるのを当たり前と思わないことも付き合う前のデートでは重要
  13. 帰りにお礼メールをして付き合う前のデートに好印象を残そう
  14. どんなところが付き合う前のデートにおすすめ?
  15. 男性のサインに敏感になって付き合う前のデートを成功させよう

付き合う前のデートの男性心理や好意のサインについて知りたい

男性との付き合う前のデートは考えることがたくさん

付き合う前のデートは相手の男性が自分のことをどう思っているのか、心理が気になりますよね。付き合う前のデートだからこそ「失敗したらどうしよう」「相手が楽しいと思っていなかったら嫌だな」と考えてしまうこともあるのではないでしょうか。好きな男性との付き合う前のデートはいろいろと考えることがたくさん出てきます。

付き合う前のデートを失敗させないためには、男性の心理をしっかりとつかんでスムーズにデートを進めていくことが大切になります。お互いが楽しいと思えるような付き合う前のデートにできればその後の展開も期待することができますよね。気になる男性と良い関係になれるように、付き合う前のデートの男性心理や脈ありサインをチェックしておきましょう。

男性心理から脈ありや好意のサインをチェックしよう

「付き合う前のデートで男性の心理を把握するにはどうすれば良い?」「男性が脈ありかどうか付き合う前のデートで判断しておきたい!」という場合に役立つ付き合う前のデートに最適な情報をまとめました。今後どういった展開になるかわからない付き合う前のデートは緊張することもしばしば。男性心理を把握して、付き合う前のデートを楽しめるようにしましょう。

Thumb付き合う前デートの注意点まとめ!成功に導くデート回数やNGな行為とは?

脈ありサインを付き合う前のデートの男性心理から読み取ろう

男性からの好意を判断できれば付き合う前のデートも楽になる

付き合う前のデートは何かと緊張することが出てきます。「本当は相手の男性は自分のことをどう思っているのかな?」と不安に思っていると、いろいろなことが気になってデートに集中できないこともあるのではないでしょうか。そんな時に知っておきたいのが男性の脈ありサイン。脈ありサインを把握しておくことで、付き合う前のデートの緊張もほぐせそうですよね。

男性から出される脈ありサインがどういったものかチェックしておけば、そのサインが出た時に「自分に好意を持ってくれているかも」と自信を持つことができ、付き合う前のデートに向かう時の気分も楽になるのではないでしょうか。気分を楽にしてデートを楽しむためにも、脈ありかどうかの判断は大切なポイントになります。

どういった男性からの脈ありサインがあるか要チェック

男性と女性とでは考え方が違うところもあるので、どういったところで脈ありサインがあるのかわからない場合もあります。そうならないように、男性心理を把握して脈ありサインを出す男性の振る舞いについて知っておきましょう。気になる男性とのデートだからこそ思い切り楽しみたいですよね。そうできるように脈ありかどうかをチェックしてみてはいかがですか。

次の話を男性からしたら脈ありサインを出している可能性が高い

付き合う前のデートで次の話をする=乗り気の心理

男性が脈ありかどうかをチェックするのに大切なポイントになるのが、次の話をしてくるのかどうか。デートに対して乗り気の男性の場合は付き合う前のデートの最中でも「次はどんなところへ行こうか?」と聞いてくる確率が高くなります。男性側から次のデートにつなげたいと思っており、相手の女性に対して脈ありサインを出している可能性が高いのではないでしょうか。

「この映画が面白いから、次会った時に行かない?」「あそこのお店のご飯が美味しいんだよね。また次に行こう」といったように相手の男性から「次」というワードが出てきたら脈ありと思って良いのではないでしょうか。相手から次の話が出たらぜひ乗っておきましょう。相手の話に乗ることで、男性側もこちらの好意を知ることができます。

男性がもっと会いたいと好意を抱いている

好意を抱いていなければ、「今回限りのデートにしてあとは会わなくても良い」と思いますよね。そうではなくて次も会いたいと思っているからこそ次の話を出してくるのではないでしょうか。相手の男性の気持ちがなかなか掴めない時は、話の節々に次の話が出てくるかチェックしてみましょう。次につなげられるような素敵なデートにしてみてくださいね。

将来の話で好意を示すのも男性の脈ありサイン

付き合う前のデートで将来に関する仮定の話をする

付き合う前のデートで男性から将来に関する話が出てきたら大きな脈ありサインです。「もし◯◯と付き合ったら……」「もし恋人同士になったら」といったように仮定を交えて2人の将来に関する話をするということは将来的に付き合いたいと思っているっと断定しても良いでしょう。男性の方からそういった話が出てきたら脈ありと考えてみてくださいね。

相手の好意をはかりたいという男性の心理がある

「もし付き合ったら」といったように将来的な話をするということは、男性にとってもそれなりにハードルの高いことです。思い切って仮定の話をすることによって相手の反応を見ている可能性があるのではないでしょうか。

「付き合って恋人同士になったら」といったような2人の関係の核心に近いところを話題にすることで相手がどれくらい自分のことを思っているかをはかっていると考えられます。もし相手の男性に好意を抱いているのであれば、こういった仮定の話が出てきたら素直に喜ぶ態度に出てみましょう。喜ぶことによって、相手の男性も「自分に脈ありなのかな」と自信を持つことができます。

プランを男性が積極的に立ててくれるのも好意の表れ

付き合う前のデートプランを男性から提案してくれる

付き合う前のデートで男性側の方から積極的にプランを提案してくれるのも脈ありサインと考えて良いのではないでしょうか。男性から「◯◯のイベントがあるから行こう」「◯◯のお店が美味しいらしいから、行ってみよう」といったようにいろいろなプランやスポットを提案してくれるのはデートが楽しみだからです。

いろいろなプランを練って相手を楽しませようという表れと考えて良さそうです。付き合う前のデートで男性がどういった姿勢を見せてくるかをチェックしてみましょう。

積極的にアプローチをしたい心理がある

積極的に相手にアプローチをしようという意思がなければ、デートプランを積極的に提案しようという考えにはいたりません。相手に対して好意を抱いているからこそ「喜ばせたい」という気持ちが働き、付き合う前のデートでいろいろなプランを提案してくれるのではないでしょうか。

自分からプランを提案して、相手の気持ちをこちらに引き寄せたいという男性心理が働いています。どういったプランを男性が提案してくれるのかも付き合う前のデートでは大切になりますね。

連絡を頻繁にとってくれる男性は脈ありの心理がある

付き合う前のデート前後でしっかり連絡がとれる

付き合う前のデート当日はもちろんのこと、その前後のやりとりも要チェックです。付き合う前のデートの前後でしっかりと頻繁に連絡を取り合うことができるのも脈ありサイン。

付き合う前のデートの前であれば、「◯◯日を楽しみにしている」「◯◯が楽しそう」といったようにデートに関する話などさまざまなことで連絡をするはずです。デートが終わった後は「楽しかったね」といったようにデートの感想や「次は◯◯へ行こう」といったような次のでーとの誘いなどの連絡があるはず。そういった連絡の頻度も脈ありの判断に使えます。

男性に好意があるからこそ連絡をとりたい心理になる

男性に好意があって付き合いたいと考えているからこそ、相手に頻繁に連絡を取ろうとするのではないでしょうか。頻繁に連絡を取ることで相手に自分の印象を残し、付き合う前のデートもスムーズに進めるようにしたいという考えの表れという可能性が高いです。女性側からも好印象が残るような連絡のやりとりをして、付き合う前のデートに繋げてみてくださいね。

話を覚えていることも男性に好意があるか判断するのに大切

脈ありであるからこそ話したこそは男性側が覚えてくれている

脈ありかどうかをチェックする上で指標になるのが自分が話したことを覚えているかどうかということです。相手に好意を持っているからこそ、興味を持って相手の話を聞くことができますよね。好きな相手の話はちゃんと覚えて、その後のアプローチに使えるかどうかも考えているはず。話を覚えているのと覚えていないのとでは大きな違いがあります。

付き合う前のデートで話したことを覚えているかチェック

付き合う前のデートでさりげなく以前話したことを話題に出してみましょう。相手の男性がちゃんと覚えていれば脈ありの可能性が高くなります。これから大切にしていきたいと思っている人だからこそ、話したこともしっかり覚えてくれているのではないでしょうか。忙しくて忘れっぽいなどよほどの理由がない限りは、好意がある人の話は関心を持って覚えているはずです。

Thumbデートで手をつなぐのは何回目?付き合う前でもOK?成功する方法を紹介

脈ありではないサインを付き合う前のデートから読み取るには?

連絡が遅く、デートプランの提案もない

男性からの脈ありサインがある一方で、脈なしサインのあるのでチェックしておいてはいかがですか。デート前後の連絡があまりなく、こちらから連絡をしたとしても返信が遅い場合は脈なしの可能性が高いでしょう。また、相手から全くデートプランに対する提案がなく、乗り気を感じられない場合も脈なしの場合が多くあります。どういった態度であるか把握してみてくださいね。

以前話したことを覚えていない

以前話したことのはずなのに全く覚えていない場合も脈なしである可能性が高くなります。大切な人であれば話したこともちゃんと覚えておいてくれる可能性が高くなるので、話したことをほとんど覚えていない時は相手が自分の話をあまり真剣に聞いていない表れではないでしょうか。そういった男性の態度から脈ありか脈なしかはかってみてくださいね。

男性の心理を満足させることが付き合う前のデートでは大切

付き合う前のデートは今後の展開を大きく左右する

もし、相手から脈ありのサインを感じられなかったとしても付き合う前のデートで逆転できる可能性はあります。楽しいデートの時間を過ごせれば相手の印象も変わり「やっぱり、この人と一緒にいると楽しいかも」と思ってくれる場合もあるのではないでしょうか。そのため、今後良い展開にするためにも付き合う前のデートで好印象を残すことが大切です。

お互いの心理を満足させることで付き合う前のデートを成功させよう

逆に相手から脈ありサインが出ていても付き合う前のデートであまり良い印象を残すことができなかったら付き合う段階までいけない可能性もあります。付き合う前のデートでは、お互いに満足して「楽しかったな」と思えることが重要。そうなるために付き合う前のデートのために取り入れておきたいポイントも見ていきましょう。

付き合う前のデートで男性心理を動かすには自己主張しすぎない

自己主張しすぎることで相手を疲れさせるのはNG

付き合う前のデートで気をつけておきたいのが自己主張しすぎないこと。相手に自分のことを知ってもらいたいという一心で「あれが良い」「こっちの方が良い」といったように自分の好みだけを押し付けては相手も疲れてしまいますよね。「自己中なのかな」と思われ、今後の付き合いにも悪影響を与えてしまいます。

バランスをとりながら相手と接するようにしよう

自分の好きなものは伝えつつも、相手のこともしっかりと考えることが付き合う前のデートでは大切。「◯◯君はどうしたい?」といったように相手の意見も聞きながらデートを進めていきたいですよね。2人で楽しく過ごすにはお互いが満足しあえるようなバランス感覚を持つことが重要です。

相手のテンポに合わせて会話を楽しもう

会話が楽しいを思わせることが重要

付き合う前のデートでは「この人と一緒にいると楽しい!」と思ってもらうことが大切ですよね。そう思ってもらうには会話が重要なポイントになります。2人で楽しい会話のキャッチボールをすることができれば、それによって好印象を残し、次のステップに進めるようになるのではないでしょうか。

相手の好きなものを把握して会話に盛り込む

相手がどんなことを好きなのか、どういったことに興味があるのかを把握してそれを会話に盛り込んでいきましょう。2人で共通した趣味があるのであれば、そういった事柄で盛り上がっていきたいですね。そういったことも考えながら相手のテンポに合わせつつ、会話を楽しむようにしてみましょう。

奢られるのを当たり前と思わないことも付き合う前のデートでは重要

財布をあてにしているという心理が生まれる

「男性は女性に奢って当たり前!」というスタンスは男性に良い印象を与えません。「自分の財布をあてにしているんだな」という不信感を抱かれ、良い印象を残すことができないのではないでしょうか。自分が男性側の立場になった場合、相手が奢ってもらって当たり前と思っているのは負担になりますよね。そう思わせないことも大切です。

払う意思はしっかり見せよう

付き合う前のデートでは男性も奢ろうという気持ちになっているかもしれません。しかし、そういった場合でも財布は取り出して払う意思は見せるようにしましょう。そうすることで経済観念をちゃんと持っていることをアピールできます。

帰りにお礼メールをして付き合う前のデートに好印象を残そう

デートが楽しかったことを伝える

デートの後はちゃんと相手と連絡を取り合って次につなげていきたいですよね。そうするためにデートの後には必ずお礼のメールを送っておきましょう。「今日は楽しかった。また行きたいね」といったようにシンプルに相手に気持ちを伝えられるようにしてくださいね。

奢ってもらった時はそのお礼も

相手に奢ってもらったのであれば、そのお礼もしっかりします。まったくお礼がないのでは相手に対して失礼になってしまうので気をつけましょう。

Thumb付き合う前のLINEはOK?頻度や内容で気になる男心をくすぐろう!

どんなところが付き合う前のデートにおすすめ?

2人の密着度が増す水族館

付き合う前のデートにまずおすすめしたいのが水族館。水族館は水槽を覗き込むときなどに自然と2人の距離が近づきやすくなるので、付き合う前のドキドキ感も楽しめます。

可愛い動物に癒される動物園

続いておすすめなのが動物園。可愛らしい動物たちを見て回ることで盛り上がり、親密度もアップするのではないでしょうか。動物とのふれあい広場では2人の密着度も上がり、デートに最適です。

Thumb付き合う前のデート場所おすすめまとめ!失敗しない場所選びポイントも紹介

男性のサインに敏感になって付き合う前のデートを成功させよう

付き合う前のデートで大切になるのがお互いに楽しいと思えるようになることです。2人でデートプランを練ったり、相手が喜んでくれるようなことを計画したり、いろいろな工夫をしてみてはいかがですか。また、デート中には相手に脈ありサインが出ているかどうかもチェックしておきましょう。気になる男性と良い関係が築けるように頑張ってみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-04-25 時点

新着一覧