子供部屋の壁紙を変えておしゃれに!可愛くておすすめなのは?

海外のようなかわいい子供部屋に憧れたことはありませんか?子供部屋の壁紙は子供の成長と共に張り替えたいですよね。そんなお母様方におすすめしたい、子供部屋にぴったりな簡単に張り替えられるシールタイプの壁紙や機能的でしかもかわいい壁紙などをご紹介します。

子供部屋の壁紙を変えておしゃれに!可愛くておすすめなのは?

目次

  1. 子供部屋は必要?
  2. 子供部屋に使える壁紙はどんなタイプがあるの?
  3. 子どもが喜ぶ!子供部屋の壁紙の選び方
  4. 部屋を広く見せる効果!子供部屋にぴったりなオレンジの壁紙
  5. かわいいもの好きな女の子におすすめ!子供部屋用壁紙
  6. 子供部屋を長く使いたい人におすすめのグリーン系壁紙
  7. 勉強する子供部屋にぴったり!青系壁紙で集中力アップ
  8. 子供部屋っぽくしたくない!隠れアクセントのおしゃれ壁紙
  9. 子供部屋デビューの男の子におすすめの壁紙
  10. 初めての子供部屋を持つ女の子にぴったりのかわいい壁紙
  11. 海外の子供部屋の壁紙がかわいい!
  12. 子供部屋の壁紙を自分で貼ってみよう!
  13. 子供部屋の壁紙の貼り替え費用はどれくらい?
  14. おすすめの子供部屋用壁紙ショップ
  15. 子供の成長とともに壁紙もチェンジしよう

子供部屋は必要?

快適な住まいを作っていく中で、お子さまがいらっしゃるかたは、いつから子供部屋を作ったらいいのか悩みますよね。そもそも、子供部屋は必要なのでしょうか。また、いつから子供部屋は必要なのでしょうか。

子供部屋が必要か不必要かはそれぞれのご家庭で考え方が異なるものです。子供部屋は必要ないと考えるかたは、子供部屋を作ることで家族間のコミュニケーションの時間が減るという意見が多く、子供部屋が必要だと考えるかたは、子どもが集中して勉強をする空間として子供部屋が必要だという意見が多いようです。

子供部屋は子どもの自我を育てたり、プライバシーを守ったりするのに必要です。しかし、その子供部屋を作る時期は住まいの事情を含め、ご夫婦や子どもたちと話し合うといいでしょう。一般的には小学生高学年から、中学生の頃に子供部屋デビューをする子が多いようなので、参考にしてみてください。

子供部屋に使える壁紙はどんなタイプがあるの?

いざ子供部屋を作るとなったときに、家具などの他に壁紙も悩みのタネになります。今回は住まいに役立つ子供部屋に使える壁紙や壁紙の選び方などの知識をご紹介していきます。まずは子供部屋に使える壁紙の種類にはどんなものがあるのでしょうか。

シールタイプ

最近のDIY人気とともに、人気が高まってきているのがこのシールタイプの壁紙です。壁紙の裏面がシールになっていて、自分で簡単に壁紙を貼ることができます。このシールタイプの壁紙は賃貸にも使えることが嬉しいポイントです。粘着力が弱く長期間使うことができませんが、いろいろな壁紙を試してみたい子供部屋の壁紙などにはぴったりです。

生のりつきタイプ

こちらはプロも使う本格的な壁紙です。のりがついた状態で密封されており、裏紙をはがすだけで壁に貼って使えます。シールタイプと違って粘着力も強く、しっかりときれいに仕上がります。しかし、生のりなので、開封しなくても1ヶ月ほどでのりが乾いてしまいます。このタイプの壁紙を子供部屋などに使うときは購入してからすぐに使うようにしましょう。

のりなしタイプ

子供部屋用の壁紙だけでなく、壁紙で最もポピュラーなのが、こののりなしタイプです。種類がとにかく豊富で、価格も他のものと比べると比較的安価なものが多いです。貼ってはがせるのりを使えば賃貸にも使えるのもうれしいですよね。しかし、のりや道具を自分で揃えなくてはいけないので、難易度は少し高めですが、本格的に貼り替えをしたいというかたにはおすすめです。

主な3つの壁紙の種類をご紹介しましたが、子供部屋に最もおすすめなのはシールタイプの壁紙です。子どもの成長や好みに合わせて簡単に張り替えることができ、また、子どもも手伝いやすいので、自分の子供部屋に愛着を持ってもらうこともできます。

子どもが喜ぶ!子供部屋の壁紙の選び方

では、子供部屋の壁紙はどのように選んだらよいのでしょうか。子供部屋用の壁紙にはたくさんの種類やデザインがあります。もちろんお子様の好みに合わせて選んであげるのもいいですが、他の選び方のポイントもまとめるので参考にしてみてください。子供部屋のみならず、住まいに役立つポイントとなっています。

汚れや傷に強い壁紙

お子様が小さいうちに子供部屋デビューをする場合、どうしても傷や汚れがつきやすくなってしまいます。これは子供部屋に限ったことではなく、住まいのすべてのお部屋に言えることですが、特に子供部屋はお子様が遊ぶ部屋なので、傷や汚れに強い壁紙を選ぶことをおすすめします。

表面強化クロスやウレタンコートクロスは壁紙の表面が頑丈に作られています。傷に強く、長持ちします。一方、防汚機能付き壁紙や抗菌壁紙は壁紙の表面がフィルム加工してあり、汚れが付着しても簡単に雑巾などで拭き取ることができます。小さいお子様の子供部屋の壁紙にはこのような壁紙が良いでしょう。

アレルギー抑制・防カビ機能付きの壁紙

アレルギーを持つお子様には花粉やダニは大敵です。そんなお子様の子供部屋には壁紙もアレルギー抑制壁紙や防カビ機能付き壁紙を選びましょう。アレルギー抑制壁紙は、壁紙の表面にアレルギーの原因となる花粉やダニの死骸などを吸着し、抑制してくれる薬が塗ってあります。お子様も親御さんも安心して暮らせる子供部屋や住まいにしたいですね。

色やデザイン

子供部屋の壁紙には様々な色やデザインがあります。色やデザインは精神状態などに大きく影響してきます。子供部屋の用途によって壁紙の色を考えることが重要です。壁紙の色については次から詳しくご説明していきますので、参考にしてみてください。

Thumb壁紙や壁汚れの落とし方!カビ・ヤニのおすすめ洗剤や掃除方法を調査!

部屋を広く見せる効果!子供部屋にぴったりなオレンジの壁紙

子供部屋といえど、少しでも部屋を広く見せたいものですよね。そんなかたにおすすめなのがオレンジの壁紙です。オレンジは部屋を明るく見せる効果があり、解放感があるので部屋が広く感じます。

オレンジの壁紙を取り入れた子供部屋のコーディネートには、反対色であるブルーの家具を合わせた子供部屋もかわいいですし、とてもおしゃれに仕上がります。また同系色でそろえたり、シンプルな白などの色で家具やラグを統一することでおしゃれな子供部屋に大変身します。

かわいいもの好きな女の子におすすめ!子供部屋用壁紙

かわいいものや色が大好きな女の子の子供部屋にはピンク色がおすすめです。家具がシンプルなものばかりでも壁紙をかわいいピンクのものに変えるだけで一気に女の子らしい子供部屋になります。

ピンクと一言で言ってもビビットピンクとパステルピンクでは全く子供部屋のイメージが変わってきます。お子様が小さいときの子供部屋には濃いピンクを選びがちですが、長く子供部屋として使うことを考えると薄いピンクがおすすめです。しかし、シールタイプの場合は簡単に張り替えができるので、思い切って濃いピンクを子供部屋に選ぶこともできます。

子供部屋を長く使いたい人におすすめのグリーン系壁紙

子供部屋は子供の自我を形成したり、プライバシーを守るためにとても大切な空間です。そんな子供部屋には子供がリラックスして過ごせるような工夫が必要です。グリーンの壁紙はリラックス効果があり、子供部屋のみならず、住まいのどの部屋にもおすすめの壁紙です。

さらにグリーンは男女年齢関係なく受け入れられやすい色なので、どんなお子様の子供部屋にも長い期間使っていただけます。家具も白や黒のシンプルな色をはじめ、暖色にも寒色にも合わせやすいので簡単におしゃれな子供部屋を作ることができる万能色です。

勉強する子供部屋にぴったり!青系壁紙で集中力アップ

多くのかたが知っているかもしれませんが、青色は集中力を高める色です。さらに、鎮静効果もあるので、子供部屋を勉強をするために使うお子様にとってぴったりな壁紙です。

しかし青色の壁紙を子供部屋に取り入れるときに注意が必要なのが、体感温度が下がるという点です。夏は涼しげでさわやかな印象を受けますが、冬は少し寒々しい印象を受けてしまいます。黄色やオレンジなどの明るい色を子供部屋の家具やラグに取り入れたり、青色の使い方を工夫してみるといいかもしれません。

子供部屋っぽくしたくない!隠れアクセントのおしゃれ壁紙

子供部屋を作りたいけれど、住まいの雰囲気を考えると子供部屋っぽくしたくないというかたもいらっしゃると思います。そんなかたの子供部屋におすすめなのが隠れアクセント壁紙です。隠れアクセント壁紙とは子供部屋の収納スペースの壁にアクセントとなる壁紙を貼るテクニックです。

普段は子供部屋の収納スペースを閉めているので分かりませんが、開けると一転おしゃれでかわいい雰囲気になります。住まいとの調和もはかれて技ありな子供部屋コーディネートと言えるでしょう。

子供部屋デビューの男の子におすすめの壁紙

子供部屋を子供が小さなころから与える親御さんにとって、どのような子供部屋にするかは悩みどころですよね。そんなかたにむけて、子供部屋デビューのお子さんにぴったりな壁紙を男の子と女の子に分けてご紹介します。まずは男の子におすすめの壁紙です。

まずは子供部屋に慣れてもらうためにその子が好きなものを壁紙に取り入れることがおすすめです。例えば、車が好きな子の子供部屋だったら、車をイメージした壁紙にすると好奇心も刺激されることに加え、好きを伸ばすことができます。また、絵を描くことが好きな子の子供部屋でしたら、黒板のように絵や文字を描いて消せる壁紙も良いでしょう。

初めての子供部屋を持つ女の子にぴったりのかわいい壁紙

続いて子供部屋デビューの女の子におすすめな壁紙は小花柄などのかわいい柄の壁紙や、パステル系の色の壁紙になどです。もちろんその子の好みに合わせた子供部屋のコーディネートすることがベストですが、子供の興味を引き出すのも大切です。例えば様々な色の花が描かれた壁紙で色を覚えていくなど、親子の会話をしながら勉強ができるのも良いですね。

壁紙は子供部屋の一部でありながら、メインにもなれるものです。子供部屋を与える目的などに合わせた壁紙選びをすることが重要でしょう。また、子供が小さいときはリビングの一角を壁紙を変えるなどし、子供のプレイルームを作ってあげることも良いかもしれません。

Thumb子供部屋の作り方・女の子編!子供が喜ぶレイアウトやインテリアは?

海外の子供部屋の壁紙がかわいい!

海外の映画やドラマに登場する子供部屋はどれもポップでかわいいおしゃれなものばかりですよね。そんな海外の子供部屋に憧れたことはありませんか?実はあまり意識したことがないかもしれませんが、海外の子供部屋も壁紙を工夫してあることが多いのです。実際の海外の子供部屋の写真を参考にご紹介していきます。

この子供部屋は女の子のためにかわいい仕上がりになっています。壁の1つの面だけを淡いピンク色にして、さらに華やかでおしゃれな花のウォールアートが描かれています。このようなおしゃれなウォールアートはシールになって売っているショップもあるので探してみてください。

こちらの子供部屋は壁の1つの面に図形などが描かれています。このほかにも世界地図や宇宙を壁の1つの面に描いた部屋などもありました。部屋のアクセントになるだけではなく、おしゃれで子どもの興味を引き出すことができます。壁を見ているだけでも勉強になってしまうなんて楽しいですよね。

このほかにもたくさんのおしゃれな子供部屋がSNSに投稿されています。壁紙のショップや家具のショップのサイトやSNSにも参考になる部屋作りのアイデアがたくさんあるので、見ているだけでも楽しいと思います。

Thumbおしゃれな子供部屋のインテリア例!カーテンや壁紙・家具などの参考に

子供部屋の壁紙を自分で貼ってみよう!

壁紙のショップでは業者に頼まなくてもシールタイプの壁紙など、自分で壁紙が貼り替えられるキットなども販売されています。貼り方はキットに書かれていることが多いですが、基本的な貼り方をご紹介します。

用意するもの

必要なものはカッター、ハサミ、角ベラ、ローラー、カット定規、なでバケなどです。自分でのりをつける場合はのりやバケツなども必要です。これらがセットになったものも通販などで購入することができます。

壁紙の下地処理

まずコンセントや電気のスイッチカバーなどを外します。古い壁紙については、そのまま上から新しい壁紙を貼ることもできますし、はがしてから新しい壁紙を貼ることもできます。そのまま貼りたいときは、古い壁紙の素材がのりがくっつきやすいものか、表面がデコボコしていないものかなどをチェックする必要があります。古い壁紙は雑巾などで綺麗に拭いておきましょう。

古い壁紙をはがす場合は床や天井など壁紙のつなぎの部分にカッターで切り込みを入れます。刃を寝かすように入れると下地の壁を傷つけずにはがすことができます。意外と簡単にできるので、お子様と一緒に作業してみるのもいいかもしれません。

壁紙をカットする

壁紙を必要な分だけカットします。床から天井までの高さや、壁の幅、壁紙の柄なども考慮しながらカットしていきます。

のりを塗る

のりがついていない壁紙の場合はのりを塗る必要があります。水で希釈するタイプののりは分量に沿って希釈します。少し置いておくととろみがついて作業しやすくなります。のりがあらかじめついているタイプの壁紙やシールタイプの壁紙はこの作業は必要ありません。

壁紙を貼る

壁紙を貼っていく際は利き腕の方向から貼り始めます。まっすぐになるように注意して、角バケで「ハの字」を書きながら中心から外に向かって空気を抜きます。そして余った部分をカッターで切って、はみ出したのりをふき取ります。詳しい貼り方は動画を参考にしてみてください。

子供部屋の壁紙の貼り替え費用はどれくらい?

思い切って住まいの壁紙をチェンジしようとするときに気になるのはやっぱり費用ですよね。貼り替えは一般的に、自分で行うか業者に頼むかのどちらかになります。

業者に頼む際、費用は平米単価かメートル単価によって算出されることが多いです。平米単価とは1平米あたりの単価のことで、貼りかえる面積単位での費用計算になっています。一方メートル単価とは貼り替えに必要なクロスの長さのメートル数で、0.9平米あたりの単価での費用計算になっています。

ちなみに、なぜ0.9平米かというと、クロスはロール状になっており、その幅が0.9mで作られているため、1m×0.9で0.9平米で算出されます。

一般的には平米単価表記よりもメートル単価表記の方が多いようです。1平米あたり約950~1500円がだいたいの相場で、当たり前のことながら貼りかえる面積が広ければ広いほど費用は高くなります。自分で貼り替える際は、新しい壁紙と必要な道具を揃えれば良いので費用としては自分で貼り替えたほうが断然安くなります。

おすすめの子供部屋用壁紙ショップ

住まいを自分で変えていくDIYが身近になってきたことによって、壁紙が手軽に購入できるようになってきました。ここでは壁紙を購入するときにおすすめのショップをご紹介します。

サンゲツ

壁紙と言ったらサンゲツを思い浮かべるかたも少なくないのではないでしょうか。サンゲツは壁紙をはじめとするインテリアのトータルコーディネートを手掛けています。約40年の歴史があり、種類もとても豊富で、店員さんも丁寧に商品を説明してくれます。

トータルコーディネートを手掛けているだけあって、どんな壁紙にしようか悩んでいるかたや、この部屋にこの壁紙で本当にいいのかと悩んでいるかたなどのためにプロ目線の意見を教えてくれます。壁紙張りに不安があるかたは一度サンゲツのお店に行ってみると新たなイメージが浮かんでくるかもしれません。

壁紙屋本舗

壁紙屋本舗は自分で楽しくお得にリフォームをしたいかたを応援する通販サイトです。種類も多く、初心者セットやお得なパックなども用意されていて、見ているだけでも楽しくなってしまいます。また、壁紙屋本舗のホームページでは壁紙屋本舗で購入することのできる壁紙の張り方なども動画で分かりやすく解説されているので安心です。

先ほどもご紹介したとおり、業者に依頼すると結構な金額になることがあります。自分たちではできないと思っていたことが自分たちだけでできることに加えて、節約にもつながるとなれば試したくなりますよね。壁紙にはシールタイプをはじめ、様々な種類があるので、予算や経験なども考慮して選んでみてください。

子供の成長とともに壁紙もチェンジしよう

ここまで様々な子供部屋に使える壁紙をご紹介してきました。子供部屋は子供が多くの時間を過ごし、自我を形成していく上で大切な空間です。少しでも快適な住まいを作っていくために、子供の成長や好みに合わせて壁紙も変えていきましょう。

壁紙を変えるだけでお子様だけでなく、親御さんの気持ちも新たに毎日が過ごせるはずです。進学や進級を機に壁紙を変えてみてはいかがでしょうか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-21 時点

新着一覧