紫玉ねぎの人気レシピや食べ方!普通の玉ねぎとの違いや栄養価を調査

紫玉ねぎを使った人気のレシピや食べ方をまとめてご紹介します!紫玉ねぎを使うと、栄養豊富で見た目もおしゃれな美味しい料理が出来ます。普通の玉ねぎとの違いや具体的な栄養効果も解説しますので、ぜひ紫玉ねぎについて知ってレシピを活用できるようにしましょう。

紫玉ねぎの人気レシピや食べ方!普通の玉ねぎとの違いや栄養価を調査

目次

  1. 紫玉ねぎは良いことたくさん
  2. 普通の玉ねぎとの違いは何?
  3. 紫玉ねぎの食べ方のポイント!
  4. かつお節香る!紫玉ねぎとオクラの和風サラダ
  5. 人気のタイ料理風!紫玉ねぎのエスニックサラダ
  6. ナッツが香ばしい!紫玉ねぎとナスのサラダ
  7. 豪華!サーモンと紫玉ねぎのマリネ
  8. カラフル!パプリカと紫玉ねぎのマリネ
  9. 常備薬にもおすすめ!紫玉ねぎのピクルス
  10. 紫玉ねぎの人気レシピで栄養バッチリ

紫玉ねぎは良いことたくさん

玉ねぎはたくさんの家庭料理に使われる身近な野菜ですが、紫玉ねぎを日常的に使っているというご家庭は少ないかもしれません。赤玉ねぎとも呼ばれる紫玉ねぎは、その名の通り赤紫の鮮やかな色が特徴的です。料理に入れると色合いが美しくなるので、カフェやレストランで出されるおしゃれなサラダなどに活用されているのをよく目にしますね。

比較的耳馴染みのある「アーリーレッド」という名前は、紫玉ねぎの中の一つの品種の名前です。アーリーレッドは少し甘みがあるのが特徴で、他にも「湘南レッド」「くれない」などの品種の紫玉ねぎが作られています。紫玉ねぎは、栄養が豊富で味も美味しく、サラダやマリネなどの料理に使うのにとてもおすすめな野菜です。

ここでは、紫玉ねぎを使った人気の料理レシピをご紹介します。今まで普通の玉ねぎばかり使っていたという人も、ぜひこの機会に紫玉ねぎを使ったレシピを試してみて下さいね。レシピを見ていく前に、普通の玉ねぎと紫玉ねぎの違いを解説します。

Thumb赤玉ねぎの栄養・保存方法!玉ねぎとの違いや食べ方・おすすめレシピは?

普通の玉ねぎとの違いは何?

注目の違い①辛味

紫玉ねぎは、普通の玉ねぎと比べると味に違いがあります。普通の玉ねぎは、生で食べると辛みが強いですよね。出来るだけ薄くスライスして水にさらしたり、塩もみしたりして食べやすく調理することは出来ますが、それでも生の玉ねぎの辛みが苦手だという人はいるでしょう。

紫玉ねぎの場合、普通の玉ねぎに比べて辛味やツンとした匂いが穏やかで、生で食べても甘みを感じられます。そのため、サラダやマリネなど生で食べるメニューには、普通の玉ねぎよりも紫玉ねぎの方がおすすめなんです。

みずみずしさもあるので、サラダがとても美味しくなります。逆に、紫玉ねぎは加熱調理によって風味が失われたり、他の食材に紫色が移ったりすることがあるので、加熱して料理するレシピには普通の玉ねぎの方が向いています。食べ方に合わせて種類を選ぶと良いんですね。

注目の違い②栄養

紫玉ねぎと普通の玉ねぎの違いというと、一目で分かるのは色の違いですね。この色の違いは、紫玉ねぎだけに含まれる「アントシアニン」というポリフェノール成分によるものです。抗酸化作用に優れたアントシアニンは、体が酸化することによる老化を防いでくれます。

そのため、アンチエイジングによる美容効果や生活習慣病を予防する効果が期待できます。他にも、血管を健康にして血液をサラサラにする効果や、眼精疲労の回復・眼病予防など目の健康のためにもアントシアニンは役立ってくれます。普通の玉ねぎにはないとても大切な栄養素です。

Thumb玉ねぎの栄養成分を徹底調査!血液サラサラで健康な体を目指そう!

紫玉ねぎの食べ方のポイント!

レシピをチェックする前に押さえておこう

紫玉ねぎの食べ方としては、味の面でも栄養の面でも、生で食べるか短い加熱時間で食べるのがおすすめです。紫玉ねぎは生でも辛みが少なくて食べやすいですし、みずみずしさを味わうことも出来ます。また、紫玉ねぎ特有の栄養素であるアントシアニンは熱に弱いため、生で食べる方が栄養素を壊さずに食べられるのです。

加熱調理によって紫玉ねぎの鮮やかな色が薄くなったり、一緒に煮込んだり炒めたりした他の食材に色が移ってしまうこともあります。見た目の美しさからいっても、生でサラダやマリネにするのがおすすめの食べ方です。

また、紫玉ねぎの場合は、普通の玉ねぎスライスのように長時間水にさらす必要はありません。生でも甘みを感じれるような食べやすい野菜なので、さっとさらす程度で十分美味しく食べられますよ。紫玉ねぎの特徴に合わせて美味しい食べ方が出来ると良いですね。

かつお節香る!紫玉ねぎとオクラの和風サラダ

紫玉ねぎを使った人気のレシピ①

まずご紹介するのは、紫玉ねぎとオクラを合わせた和風サラダです。作り方は、①軽く塩ゆでしたオクラを食べやすい大きさで斜め切りにします。②紫玉ねぎを薄い輪切りにします。③オクラと紫玉ねぎの水気を切って混ぜ、めんつゆ・お酢・ごま油を合わせたドレッシングをかけます。

④黒ゴマとかつお節をかけて完成です。濃縮タイプの麺つゆを使う場合には、味の濃さに合わせて水を足しましょう。かつお節はたっぷりとかけた方が美味しいですよ。茹でたオクラの緑色と紫玉ねぎの赤紫色が綺麗なコントラストになります。

人気のタイ料理風!紫玉ねぎのエスニックサラダ

紫玉ねぎを使った人気のレシピ②

スイートチリソースを使ったタイ料理風な味付けは人気が高いです。このレシピはパクチーは使っていませんので、タイ料理は好きだけどパクチーは苦手という人にもお勧めできます。紫玉ねぎのエスニックサラダの作り方は、①フライパンを温めて薄切り豚肉を炒めます。

②紫玉ねぎのスライスと食べやすくちぎったサニーレタスを冷水にさらし、すぐに水気を切ります。器に盛って、上に焼いた豚肉を盛り付けます。③食べやすい長さに切った細ネギと千切りの生姜を散らして、プチトマトやミントの葉を飾ります。④砂糖・レモン汁・しょう油・スイートチリソースを合わせたドレッシングをかけて完成です。ドレッシングの割合は、砂糖以外を同量で混ぜ、味を見ながら少量の砂糖を加えて下さい。

ナッツが香ばしい!紫玉ねぎとナスのサラダ

紫玉ねぎを使った人気のレシピ③

香ばしくて食感の良いナッツがポイントのサラダです。カシューナッツやアーモンド、くるみなどお好みのナッツ類でアレンジが可能です。作り方は、①茄子を薄い半月切りにして、水にさらしてから電子レンジで加熱します。②スイートチリソース・ナンプラー・オリーブオイル・らっきょ酢・砂糖を合わせてドレッシングを作ります。

③ドレッシングに加熱した茄子を入れ、紫玉ねぎのスライス・ブロッコリースプラウト・砕いたナッツ類を加えて全体に混ぜ合わせたら完成です。スーパーフードとも呼ばれる栄養豊富なブロッコリースプラウトが入っていますので、紫玉ねぎのアントシアニンと合わせて抗酸化力の高いアンチエイジングサラダになります!

豪華!サーモンと紫玉ねぎのマリネ

紫玉ねぎを使った人気のレシピ④

紫玉ねぎの食べ方としては、サラダと同じくマリネもとてもおすすめです。普通の玉ねぎよりも甘みがあるので、生のままマリネにするととても美味しくなります。お刺身を使ったマリネは、ごちそう感が出てとても豪華ですよ。

サーモンと紫玉ねぎのマリネの作り方は、①オリーブオイル・酢・砂糖・塩・粒マスタードを混ぜ合わせてマリネ液を作ります。②マリネ液に、スライスしたサーモンと紫玉ねぎを入れます。③冷蔵庫で2~3時間漬けて、味が馴染んだら完成です。盛り付けた後にパセリを振りましょう。

カラフル!パプリカと紫玉ねぎのマリネ

紫玉ねぎを使った人気のレシピ➄

紫玉ねぎは赤紫色が鮮やかで綺麗ですよね。赤パプリカや黄パプリカと合わせてマリネにすると、とても華やかになります。パプリカと紫玉ねぎのマリネの作り方は、①パプリカをグリルして、しんなりしたら皮をむいて食べやすい大きさに切ります。

②ボウルに、オリーブオイル・ワインビネガー・粒マスタード・塩コショウを合わせてマリネ液を作ります。③パプリカとスライスした紫玉ねぎを加えて和え、冷蔵庫で冷やしたら完成です。盛り付けてからパセリを振りかけましょう。パプリカは、赤か黄色どちらかにしても良いですし、混ぜて作っても綺麗です。

常備薬にもおすすめ!紫玉ねぎのピクルス

紫玉ねぎを使った人気のレシピ⑥

ピクルスは、きゅうりや人参、パプリカ、セロリなど様々な野菜を使って作ることができますが、紫玉ねぎをピクルスの材料にするのもおすすめです。紫玉ねぎのピクルスの作り方は、①お鍋に酢半カップ・砂糖大さじ4杯・みりん大さじ2杯・塩小さじ半分を入れて沸騰させ、保存容器に注いで粗熱を冷まします。

②食べやすい大きさにスライスした紫玉ねぎを容器に加え、冷蔵庫で半日以上寝かせたら完成です。保存容器は煮沸消毒して、清潔な布巾の上で自然乾燥させてから使いましょう。冷蔵で数日保存できるので、作り置きおかずやお弁当のおかずとして活用できるレシピです。

紫玉ねぎの人気レシピで栄養バッチリ

紫玉ねぎの味や栄養などの特徴と、紫玉ねぎを使ったおすすめ料理のレシピをご紹介してきました。普通の玉ねぎにはない魅力を持った紫玉ねぎは、様々なレシピに活用できますね。生で食べるのが美味しい野菜なので、サラダやマリネなど紫玉ねぎの魅力を活かせるレシピを取り上げています。

普段は普通の玉ねぎばかりを使っているという人は、この機会に紫玉ねぎを使ってみてはいかがでしょうか?「ツンとした辛さが苦手だからオニオンスライスは嫌い!」と思っていた人でも、紫玉ねぎのスライスを食べたらその考えが変わるかもしれませんよ。色鮮やかな見た目も、御馳走やおもてなし料理にぴったりですし、アンチエイジングに効果的なポリフェノールを含んでいるのも魅力的ですね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-16 時点

新着一覧