水太りは体のむくみが原因なの?解消する方法と食べ物って?

女性にとっていつまでも細いスタイルでいたいと思うのは永遠のテーマですよね。しかしダイエットをしていても中々体重が減らないなんて時はもしかしたら水太りかもしれません。今日は水太りの原因から、水太りを解消する方法や食事方法などを詳しく解説します。

水太りは体のむくみが原因なの?解消する方法と食べ物って?

目次

  1. 中々体重が減らないのは水太りが原因かも?
  2. 水太りの原因はむくみ?実は水太りのむくみには色々な原因がある
  3. 塩分やアルコールの摂取過多による水太り
  4. 体が冷えていたりホルモンバランスが乱れている
  5. 根本的に水分が足りていないと水太りしやすい
  6. 水太りを解消したい!食事で改善できる?
  7. 代謝を向上させる【生姜や黒酢】
  8. カリウムが豊富な食材で塩分を排出させる【パセリ】
  9. デトックス食材を食べて体の老廃物を排出する【寒天】
  10. 利尿作用でいらない水分を排出しよう【黒豆茶】
  11. 食事+αで水太りを撃退しよう!水太りに効果的な方法とは
  12. 有酸素運動は血流アップに繋がり水太りの解消に効果的
  13. 骨盤のゆがみを整えて筋力アップすると水太りに効果的
  14. お風呂はゆっくりと湯舟に浸かって体を温めよう
  15. 水太りは生活習慣の改善がポイントになる!

中々体重が減らないのは水太りが原因かも?

ダイエットにチャレンジしている女性は大勢いますが、食事制限やバナナダイエット、運動を取り入れたダイエットなど今はたくさんのダイエットがありますよね。そんなダイエットをしていても、中々体重が減らないと思っている人も多くいるかと思います。実は体重が増える原因として、脂肪太りと水太りの2種類があります。

自分が脂肪太りなのか、水太りなのかをしっかりと知ることで、ダイエットも効果的に行うことができますし、体の調子を整えることもできます。まずは脂肪太りなのか、水太りなのかを調べることが大切です。

脂肪太りと水太りとは?

では脂肪太りと水太りとは何が違うのでしょうか?脂肪太りとは自分が本来持っている基礎代謝が摂取カロリーを下回ってしまい、太ってしまうことです。いわゆる食べ過ぎによるカロリーオーバーということです。脂肪太りはお腹周りや太ももが太くなりやすく、内臓脂肪を溜めているケースが多くなります。

それに比べて水太りとは、水分が必要以上に体に蓄積してしまっている状態で体重が増えていることを指します。水太りは主な症状として、体のむくみがあります。それほど食べていないのに太ってしまっているという場合は水太りの可能性がたかくなります。

水太りの原因はむくみ?実は水太りのむくみには色々な原因がある

水太りは、体に余分な水分が溜め込まれてしまっている状態です。ですので、直接的な原因はむくみということです。しかしこのむくみがどうして起こってしまったかという原因を調べることが、対策をねるのに必要になります。では、水太りの原因のむくみはどうしておこってしまうのでしょうか?

塩分やアルコールの摂取過多による水太り

食事の時に塩分が濃い食事が好きだったり、間食もポテトチップスなど塩分が濃いものを好んで食べていませんか?食塩に含まれるナトリウムとは、体にはなくてはならない成分の1つですが、過剰に摂取してしまっては、体に多くの水分を蓄積してしまう原因になります。塩分は外食やコンビニなどの食事がメインの場合にも摂取が多くなりすぎてしまいますので、注意が必要です。

また、お酒といったアルコールをたくさん飲んでしまうと、アルコール濃度を下げるために水分が余分に溜め込まれてしまいむくみを引き起こしてしまいます。お酒をたくさん飲んだ翌日って顔がパンパンに腫れていたり体が重くなっていたりしますよね。アルコールは水太り体質の人にはかなり危険ですので、出来たら控えめにするようにしましょう。

体が冷えていたりホルモンバランスが乱れている

女性に多い原因の1つが、ホルモンバランスの乱れや体の冷えです。ホルモンバランスは尽きに1回くる生理が大きく関係しており、1ヶ月の中でも女性のホルモンバランスは変化しています。特に生理前などはホルモンバランスがかなり乱れてしまいますので、自律神経が乱れてしまいむくみを引き起こしてしまいます。

妊娠中などにむくみが起きやすいのも、普段とホルモンバランスが変わっていることが原因です。自律神経はストレスでも変化してしまいますので、注意が必要です。また、女性に多い体の冷えもむくみを引き起こす原因の1つ。冷え性の人は男女問わず多くなっていますので、体を芯から温めて水分をしっかりと排出させることが大切です。

体の冷えは水太りだけでなく他にも様々な病気の引き金になってしまいます。食生活や生活習慣を見直してしっかりと体の冷えを解消させてあげることが、水太りの解消にもつながっていきます。

根本的に水分が足りていないと水太りしやすい

水太りと聞くと、単に水分を多く摂りすぎていると思っていませんか?実は水分が足りていない場合にも水太りが起きてしまいます。水太り体質の人は確かに水分を多く摂取してしまうと、むくみをおこしてしまいますが、それを気にして水分を極端に押さえてしまうと、今度はカダラが飢餓状態になり、少しの水分でもたくさん溜め込もうとします。

また、水分が不足してしまうと血流も悪くなってしまいます。そうすると本来静脈で水分を吸収するのですが、それがうまく働かなくなり、むくんでしまいます。水分は適量を守ってしっかりと摂取することが大切です。

水太りを解消したい!食事で改善できる?

女性にとって見た目にすぐ現れてしまう水太りは、どうにかして解消したいですよね。水太りはいわゆるむくみなので、一時的なものなのではと思うかもしれませんが、むくみを放置していると代謝が悪いためにいずれ肥満になってしまったり、セルライトの発生を促してしまいます。

そうなる前にまずは水太りを解消することが大切です。その解消方法として、挙げられるのが食事での解消方法。運動をして解消したいけれど、仕事や家事、育児で運動が思うように出来ないことがありますよね。そんな時にはまず食事での解消を試してみませんか?では、水太りを食事で解消する方法を紹介します。

代謝を向上させる【生姜や黒酢】

冷えはむくみの最大の敵。女性の多くは辛い冷え性に悩んでいるとされており、体を温めてむくみの解消をすることが大切です。体を温める食べ物として挙げられるのが生姜です。生姜は誰もがしっている体をポカポカにしてくれる食べ物ですよね。生姜は水太りにもとても効果的で、体を温めて余分な水分や老廃物を体の外へ出す働きがあります。

黒酢も水太りを解消する優秀な食べ物です。黒酢はアミノ酸が豊富に含まれており、このアミノ酸は代謝を促進させたり維持するのにとても効果的です。ですので、アミノ酸が豊富な黒酢を積極的に摂取することで、水太りの解消を測ることができます。

Thumb蒸し生姜パウダーの作り方!ダイエットにも効く効果と効能まとめ!

カリウムが豊富な食材で塩分を排出させる【パセリ】

水太りを解消するのに大切なことはまず体に蓄積した水分を排出することです。特に塩分が多い食生活をしている人はその塩分を体の外に排出することで、水太りを解消することができます。塩分を排出する効果が高い食べ物がパセリです。あまりメインの食べ物として使われることは少ないパセリですが、実は塩分排出効果の高いカリウムがとても多く含まれています。

野菜や果物などの食べ物はカリウムを基本的に含んでいるものが多いですが、その中でもトップクラスの含有量でパセリには5gでなんと50gも含まれています。カリウムが豊富なパセリは1度に食べる量は少ないかもしれませんが、ソースやスープにするとたくさんのパセリを摂取できますし、パセリ独特の香りも少なくなりますので、苦手な人も美味しく食べることができますよ。

デトックス食材を食べて体の老廃物を排出する【寒天】

水太りを解消する時に、体に溜められた水分を排出することを挙げましたが、老廃物もしっかりと出してデトックスをすることでさらに水太りの解消効果は高くなります。そのデトックス効果が高い食べ物が、寒天です。寒天といえば、デザート等で多く使われますが、海藻の1種で私達の身近にある食べ物ですよね。

寒天は体の中に溜め込まれた老廃物をすんなりと排出してくれますし、食物繊維も豊富なので、便秘解消効果も高い食べ物です。便秘解消をすることで、いらない水分も排出し水太りだけでなく、肌の調子も整えてくれる効果があります。

Thumb寒天ダイエットの効果は凄いの?口コミや方法・デメリットも調査!

利尿作用でいらない水分を排出しよう【黒豆茶】

体の水分を排出するのに紹介した食べ物と一緒に飲むとさらに効果が高くなるのが、黒豆茶です。黒豆茶は黒豆から作られたお茶のことで、昔から丸薬として保存されているくらいたくさんの効果があるお茶です。黒豆茶には利尿作用がありますので、不要な塩分などを体の外に排出する効果があります。また黒豆茶にはデトックス効果や便秘解消効果もありますので、水太りには非常に効果的です。

女性にとって美肌効果の高いイソフラボンも多く含まれていますので、一石二鳥なお茶なんですね。黒豆茶を飲んで利尿作用を得るだけでなく美肌効果や便秘解消効果もありますので、是非積極的に飲んで欲しいお茶です。また、先程紹介した水太りを解消する食べ物と一緒に摂取するとさらに効果的ですよ!

Thumb黒豆茶の効能と効果とは?妊娠中の便秘やむくみや血糖値に効く?

食事+αで水太りを撃退しよう!水太りに効果的な方法とは

水太りを解消するのに、食べ物など食事で解消することは非常に効果的です、食事は毎日の出来事ですので、その食事を工夫するだけで、一気に水太りも解消に向かいます。しかし、残念ながら食べ物だけでは水太りが解消されない人も多くいます。そんな時には、やはり運動など軽く体を動かすことで水太りを解消することができます。

有酸素運動は血流アップに繋がり水太りの解消に効果的

水太りを解消するのに効果的な方法はやはり運動です。運動をするとなると、激しい運動やランニングなどを思い浮かべるかもしれませんが、実際水太りのむくみを解消する方法としておすすめの運動は、ウォーキングなどの比較的軽い運動です。ウォーキングならベビーカーを押しながら散歩をしたり、帰りに1駅分手前で降りて歩くなど少しの工夫でチャレンジすることが出来ますよね。

ウォーキングは有酸素運動になりますので、血行を改善し不要な水分を体の外に排出することができます。そしてなによりも大切んなことは、軽いウォーキングでも毎日継続するということです。1日長いウォーキングをするよりも短距離でも構わないので、毎日軽いウォーキングをすることの方が、水太りの解消や予防に効果的です。

ウォーキングをする時間すらない!という方は、いつもよりも早足で歩いたり、通勤や通学に階段を使って登ったりと、少しの工夫をするだけでも大丈夫ですよ。また雨の日などの場合には、家の中でスクワットをしてみるのも良いですね。有酸素運動を効率的に行うことで水太りを解消することができます。

骨盤のゆがみを整えて筋力アップすると水太りに効果的

女性に多いのが骨盤のゆがみ。特に出産を終えた女性は骨盤が開いていたり、ゆがんでいることが多くなり、そのゆがみが原因で血行が悪くなってしまったり代謝が悪くなってしまいますので無駄な水分を溜め込んでしまい水太りしてしまっていることがあります。

骨盤をきちんと正しい位置に戻してあげた上で、しっかりと腰の周りの筋肉を鍛えてあげることによって代謝を良くすることができます。代謝を良くすることは要らない水分を体の外に排出することになりますので、しっかりと腰まわりの筋肉と骨盤のゆがみを整えることができます。

骨盤のゆがみは自宅でも簡単にすることができますし、ちょっとの時間でトレーニングをすることができるので、時間がない方にもおすすめです。骨盤の開きを戻したり、正しい位置にしてあげることは、水太りだけでなく基礎代謝をアップしてダイエットにも繋がりますので、是非骨盤トレーニングをしましょう!

お風呂はゆっくりと湯舟に浸かって体を温めよう

水太りからくるむくみの原因に大きく関わっている冷え性。体を芯から温めてあげることで、体の代謝をアップさせて不要な水分を排出してくれます。体を芯から温める方法として有効なのが、お風呂に入ることです。お風呂に入り全身をしっかりと温めてあげることで、要らない水分を汗として排出することができますし、美容効果にも繋がります。

冷え性の人で意外と多いのがシャワーで入るお風呂です。シャワーで入るのは手軽に済ますことができますし、暑い夏場などは特に湯舟に浸かるのが嫌な場合もありますよね。しかし、シャワーでは体を芯から温めてあげることができませんし、体の表面は温まっても肝心の冷え性を治すまでの体の温める能力はありません。ですので、冷え性で悩む人の場合できれば毎日湯舟にしっかりと浸かることが大切です。

またお風呂に浸かる時に体を温める効果が高いゆずの皮やみかんの皮などを一緒に入れてあげるのも効果的です。さらに体を芯からしっかりと温めてくれますよ。市販の入浴剤でも体の冷えを治す効果が高いものも販売されていますので、そちらをうまく利用するのも良い方法となります。

水太りは生活習慣の改善がポイントになる!

水太りをしてしまう人は、他の人に比べて食生活や生活習慣が体のむくみとして現れやすい体質になります。むくみだし、本当に太っているのではないと思うかもしれませんが、放置していると肥満にゆくゆくはつながっていってしまいますし、女性にとって天敵となるセルライトになってしまう危険もありますので、水太りかもしれないと思った時には早急に解決方法を試してみるのがおすすめです。

水太りは基本的な生活習慣を正してあげることが、1番早い解消方法になりますので、まずは自分の生活を見直してみましょう。特に食生活などが乱れていて、外食やコンビニ食が多い、塩分が多い食生活を送っている人などは水太りに陥りやすいですし、その他にも高血圧などたくさんの生活習慣病のリスクをあげてしまいます。

塩分は控えめにして出汁の味をしっかりと持たせてあげたり、香りの強い野菜などをたくさん使うことで、出来るだけ塩分は控えめにしておきましょう。水太りは見た目にも現れてしまうやっかいな症状ですので、食事や簡単な運動、骨盤トレーニングなど自分が行いやすい方法を見つけてチャレンジしてみて下さいね!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-20 時点

新着一覧