ゆず茶の美味しいレシピまとめ!効果効能やおすすめアレンジも紹介

色々とホットドリンクはありますが、中でも甘くて心が満たされるホットドリンクがゆず茶ですよね。ゆずの香りがさわやかでありながらも甘い味わいは、まさに至福ですよね。今日はゆず茶の効能から基本レシピとアレンジレシピをたくさん紹介します!

ゆず茶の美味しいレシピまとめ!効果効能やおすすめアレンジも紹介

目次

  1. 寒い時に美味しいゆず茶!どんな効果や効能があるの?
  2. 嬉しい効果がたくさん!ゆず茶がもたらしてくれる効果や効能
  3. 豊富なビタミンCで風邪の予防効果や美容効果が高い
  4. 乾燥肌におすすめ!リモネンの効果で乾燥を抑える
  5. 抗酸化作用で体の老化をストップさせる働きがある
  6. ペクチンで便秘解消や糖の吸収を穏やかにする
  7. シトラールの効果でリラックス効果や質の良い睡眠がとれる
  8. 美容効果の高いコラーゲンが豊富で脂肪燃焼効果も
  9. まずはゆず茶の素!ゆず茶のレシピを覚えておこう!
  10. ゆず茶の基本レシピ
  11. ゆず茶はアレンジレシピも豊富!アレンジレシピを楽しもう
  12. 夏におすすめ!さっぱり美味しいレシピ【ゆず茶+炭酸水】
  13. デトックス効果が高くなるレシピ【紅茶+ゆず茶】
  14. 女性におすすめレシピ!ポカポカ体が温まる【焼酎+ゆず茶】
  15. 朝食に簡単美味しいレシピ【ゆず茶トースト】
  16. ゆず茶があれば簡単に出来るおすすめレシピ【ゆず茶ドレッシング】
  17. ゆず茶があれば味のアクセントが簡単なおすすめレシピ【ゆず茶と鶏肉のソテー】
  18. 誰でも簡単圧力鍋で簡単レシピ!【ゆず茶とさんまの醤油煮】
  19. アイスに混ぜて滑らか美味しいレシピ【ゆず茶とヨーグルトアイス】
  20. 効果もたくさんあるゆず茶を色々なアレンジレシピで楽しもう!

寒い時に美味しいゆず茶!どんな効果や効能があるの?

寒い時期は特に温かいゆず茶が恋しくなりますよね。ゆず茶は女性だと好きな人も多いホットドリンクの1つで、オールシーズン楽しめるので人気があります。甘くてほのかに香りゆずの香りは飲んでいるだけで幸せな気持ちになりますよね。今日はゆず茶の基本的な作り方から美味しいアレンジレシピまで詳しく紹介します!

暖かくて気持ちも嬉しくなるゆず茶を飲んで、体の芯からしっかりと温まりましょう!どのレシピも簡単に作ることができますので、是非参考にしてみて下さいね。

そもそもゆず茶とは

そもそもゆず茶とは何でしょうか?ゆず茶は韓国が発祥の伝統的なお茶で、発祥元の韓国では小さい子供からお年寄りまで飲まれているとても定番のお茶です。ゆず茶にはゆずの皮や果肉を甘く煮詰めたゆずジャムで作るゆず茶と、ゆずの皮を乾燥させたものから作るゆず茶があります。基本的には、ゆずを甘く煮たゆずジャムから作るゆず茶になります。

嬉しい効果がたくさん!ゆず茶がもたらしてくれる効果や効能

甘くて美味しいゆず茶は、体も温まるだけでなくリラックスすることができますよね。しかし、実はゆず茶には他にもたくさんの効果や効能があることがわかっています。ゆず茶がもたらしてくれる効果や効能とはどのようなものがあるのでしょうか?

ゆず茶は先程紹介したように、韓国ではとても良く飲まれるメジャーなお茶です。韓国では風邪をひいた時や喉が痛い時などに、薬代わりに飲まれているのですが、日本でも人気が出てくるにつれて、ゆず茶の効果や効能が注目されています。ゆず茶のたくさんの効果や効能を知って、たくさんの効果を得ましょう!

Thumbゆずの保存方法・日持ち期間を紹介!香りを逃がさず冷凍・乾燥するには?

豊富なビタミンCで風邪の予防効果や美容効果が高い

女性にとって気になる美肌。いつまでも綺麗なままの肌でいたいと思いますよね。そんな美肌でいるために効果がある成分がビタミンCです。ビタミンCは柑橘系の中でもゆずにはトップクラスで含まれており、みかんの約3倍、レモンの約4倍ほどの量が含まれています。もちろんフルーツの中でもビタミンCの含有量はゆずが上位にきますので、とても優秀な果物になります。

このビタミンCですが、紫外線などからの肌のダメージやメラニン色素の生成を抑制し、シミやシワの予防をするという効能があります。また、ビタミンCは美肌効果だけでなく、風邪の予防や風邪を初期症状でストップさせるなど、健康面に対しても大きな効果を発揮してくれます。

ゆずは天然の万能薬になると言われており、その中でも風邪などの体調不良にはとても効果的です。喉が痛い時などはゆず茶の甘さや爽やかさが本当に身にしみますよね。体もしっかりと温めてくれるので、熱が出て寒気がある場合にもおすすめです。

乾燥肌におすすめ!リモネンの効果で乾燥を抑える

ゆず茶の効果や効能として挙げられるのが、乾燥肌の緩和です。ゆず茶に含まれるリモネンと呼ばれる成分には、皮膚上に膜を張る効能がありますので、しっかりと水分や油分をカバーしてくれます。体の水分をしっかりと保ってくれる作用がありますので、乾燥肌が気になる場合には、積極的にゆず茶を飲むのがおすすめ。

リモネンとはいわゆるゆずの独特のあの香りを発している成分の1つのことで、リラックス効果も高くなります。このリモネンの香りを嗅ぐことで、心身共にリラックス効果がありますので質の高い睡眠も促してくれる効果や効能があります。質の良い睡眠は健康維持だけでなく、肌の調子を整える上でもとても需要な役割を担っていますので、特に女性にはおすすめのお茶になります。

抗酸化作用で体の老化をストップさせる働きがある

ゆず茶には強い抗酸化作用もありますので、体の老化を抑制させる効果や効能があります。これはゆず茶に含まれるビタミンCに強い抗酸化作用があるために期待できる効果です。体は日々生活している中で、体の中から蓄積した疲労などが老化させてりまいます。その原因となるのが活性酸素です。

活性酸素が多く発生してしまうと体が錆びてきてしまい老化をしていってしまいます。体を酸性にしないためにも、しっかりと活性酸素をやっつける抗酸化作用が必要になります。ゆず茶には、たくさんのビタミンCがありこのビタミンCこそが強い抗酸化作用があり体の老化から守ってくれるのです。

ペクチンで便秘解消や糖の吸収を穏やかにする

ペクチンといえば、リンゴにも多く含まれる成分の1つで、食物繊維の1種になります。ゆず茶にはペクチンが豊富に含まれており、腸内環境を整える効果や効能があります。長は第二の脳と言われるくらい、体の健康維持に大きな効能がありますので、腸内環境をしっかりと整えておくことが大切です。

ペクチンをたくさん摂取すると便秘の解消に効果がありますので、特に便秘が多い女性は積極的に摂取するのがおすすめです。またペクチンには糖の吸収を穏やかにするという効能もありますので急な血糖値の上昇を防ぎ肥満防止にも効果的です。血行を良くしたりコレステロールを減らしたりとたくさんの効能がある成分なので、積極的に摂取しましょう。

シトラールの効果でリラックス効果や質の良い睡眠がとれる

ゆず茶に含まれるシトラールという成分は、ゆずの皮に多く含まれている成分の1つです。シトラールはゆずに香りの大部分の香りを閉めており、よくシトラスの香り、と表現される元になっています。シトラールの香りは、リラックス効果が高くなりますので、安眠効果があり質の良い睡眠をとることができます。ゆず茶を寝る前に飲むことで体も温まりますし、熟睡することができます。

最近寝てもあまり疲れが摂れていなかったり、起きるのが辛い、という方はゆず茶を飲んでシトラールの香りでしっかりと体をリラックスさせてから眠りにつくのがおすすめです。体も暖かくなりますので、ぐっと熟睡出来るようになりますよ。

美容効果の高いコラーゲンが豊富で脂肪燃焼効果も

美容効果を期待する場合に必要不可欠になる成分がコラーゲンです。ゆず茶にはコラーゲンがたくさん含まれており、美容関係の効能はとても期待できます。またコラーゲンは脂肪燃焼効果もありますので、ダイエットにもおすすめ。体の中の脂肪をしっかりと燃やしてくれますので、運動と一緒に摂取すると、効果がさらに高まります。

もちろんコラーゲンは肌のハリを整えてくれる効能がありますので、肌の調子をしっかりと整えておきたい場合などには、ゆず茶を飲むのがおすすめです。たくさんの効能があるゆず茶。ダイエット効果や美容効果などたくさんの効能があるので、特に女性にはおすすめのお茶です。

まずはゆず茶の素!ゆず茶のレシピを覚えておこう!

ゆず茶はゆずを甘く砂糖やハチミツで漬けたものを使用します。なので、まずはゆず茶を作るための素を作る事が大切です。ゆず茶の素の必要な材料としては、ゆずの皮約400g、果汁200g、砂糖100g、ハチミツ100gです。ハチミツを入れた方がコクがでますし、ハチミツもたくさんの効能がありますのでおすすめです。ゆずは予め果汁をしっかりと搾っておきましょう。

果汁を搾る器具がない場合には、手でギュッと搾るだけでもかまいません。種は取り除いて置いて下さいね。また、果汁とゆずの皮はわけておくのがおすすめですが、面倒な方は果汁も絞らずそのままいちょう切りにしてもかまいません。ゆず茶のレシピとしては、煮沸消毒をした密閉できる容器にまずゆずの皮をいれて、砂糖を全体に覆うようにいれます。

その後ハチミツをいれて、再びゆずの皮を入れましょう。この作業を砂糖がなくなるまで繰り返し行います。最後に果汁を上からかけてしっかりと密閉しましょう。できれば最後は綺麗な砂糖で終わるのがベストです。そのまま冷蔵庫にいれて砂糖が溶けるまで待ちしょう。約5日程度で砂糖が透明になってきますので、そうしたら、ハチミツを入れてゆっくりと上下に降りましょう。

ハチミツをいれてから約3日程度たってハチミツが全体に馴染んだら完成です。ハチミツが馴染むまで毎日1回は瓶を上下に振るようにして下さいね。また、保存する場合は必ず冷蔵庫で保存するようにしましょう。常温で置いておくとカビてしまう危険があります。

ゆずジャムのようにしっかりと煮込むことがありませんので、簡単に出来ますし酵素もしっかりと摂取出来ますね。作る際にはできれば無農薬のゆずを使うようにしましょう。皮にはたくさん農薬が残ってしまいますので、無農薬のゆずがおすすめです。

Thumb生はちみつのすごい効果まとめ!普通のものとの栄養・効能の違いとは?

ゆず茶の基本レシピ

体が温まり甘いゆずの味わいが美味しいゆず茶ですが、基本レシピとしては、先程作ったゆず茶の素がポイントになります。ハチミツを入れておくとこっくりとした味わいのゆず茶になりますし、砂糖のみでつくればあっさりとしたゆず茶になります。他にもきび砂糖などで作ると天然のミネラルも多く摂取できますのでおすすめですよ。

ゆず茶のレシピは、先程作ったゆず茶の素をコップにいれて、適量のお湯をいれてしっかりと撹拌させます。しっかりとゆず茶の素がとけたら完成です。ゆず茶の素さえ作っておけば簡単に飲みたい時に飲めますよね。今は市販でもゆず茶の素が売っていますし、ゆずジャムでも代用できるので続けやすい方を選びましょうね。

ゆず茶はアレンジレシピも豊富!アレンジレシピを楽しもう

ゆず茶は単に温かいお湯と一緒に飲むだけと思っていませんか?実はゆず茶はアレンジが豊富にありますので、ドリンクだけでなくたくさんのアレンジレシピがあります。一回にゆず茶の素を作ると、たくさんの量ができて、持て余してしまうことってありますよね。そんな時にはアレンジレシピを試してみませんか?

ゆず茶は飲み物だけでなく料理のレシピも豊富

ゆず茶はホットドリンクが定番のレシピですが、実はドリンク以外で料理にもとてもおすすめです。ゆず茶を甘みの代わりとして入れると、一気に味にコクがでますし、ゆずが魚や肉の臭みも消してくれます。ハチミツを加えているのでしっかりと照りも出やすいので、是非料理のレシピにもゆず茶を活用してみてくださいね!

夏におすすめ!さっぱり美味しいレシピ【ゆず茶+炭酸水】

通常ホットドリンクして飲むゆず茶ですが、暑い夏にはさっぱりとしたゆず茶が美味しいですよね。そんな時におすすめのアレンジレシピが、ゆず茶と炭酸水を足したドリンク。ゆず茶を入れたグラスに炭酸水を注ぐだけで、爽やかな味わいに変化しますよ。炭酸水は必ず無糖のものを選びましょう。

ゆず茶の甘い味わいと炭酸水の爽やかな味わいが、暑い夏には特におすすめのレシピです。ゆず茶の素が溶けにくい場合には、耐熱性の容器にゆず茶と熱湯を少量いれて溶かしてから、炭酸水をいれるとしっかりと馴染んでくれます。フルーツを一緒にいれても美味しいので、おもてなしにもおすすめです!

デトックス効果が高くなるレシピ【紅茶+ゆず茶】

ホットドリンクでも、デトックス効果を高める場合におすすめのレシピが紅茶とゆず茶の組み合わせ。紅茶は利尿作用があり老廃物を体の外に排出する効果がありますし、紅茶に含まれるカフェインが脂肪燃焼効果がありますので、ゆず茶と一緒に摂取するとさらに効果を高めることができます。

紅茶とゆず茶のレシピとしては、紅茶を淹れた所にゆず茶を入れるだけです。甘みの代わりとしてゆず茶をいれるのがおすすめですよ。紅茶はティーパックでも大丈夫ですがおすすめは、きちんとポットで抽出させた紅茶の方が美味しいです。おやつの代わりに飲むと体も温まり、リラックス効果もありますよ。

しかし、紅茶とゆず茶のレシピの場合に跳ねる前には飲まないようにしましょう。紅茶に含まれるカフェインが安眠を妨げてしまいます。紅茶を飲む場合には日中にするようにしましょうね。

女性におすすめレシピ!ポカポカ体が温まる【焼酎+ゆず茶】

大人な方におすすめの飲み方が、ゆず茶を焼酎で割ったもの。ゆずは良くお酒に使用されますが、特に焼酎と一緒に飲むのはおすすめ。焼酎の場合冷たいままはもちろんのこと、温めても美味しくなります。ゆず茶のおかげで甘みが増えますので、焼酎が苦手な方も飲みやすい味わいになりますよ。

ゆず茶+焼酎のレシピとしてはグラスにゆず茶をいれてそこへ焼酎を少量いれます。しっかりとゆず茶を溶かしたら、残り焼酎をいれて水と氷で味わいを調節したら完成です。焼酎のガツンとした味わいがゆず茶の甘みでカバーされて、女性でも飲みやすいお酒になります。また、温かいゆず茶で割るのもおすすめレシピです。

その場合のレシピは、ゆず茶を熱湯で溶かします。お湯をカップ半分くらいまでそそぎ、その後焼酎を入れたら完成です。こちらは焼酎よりもゆず茶がメインになりますので、焼酎はお好みで淹れて下さいね。また、ホットの場合だとすりおろし生姜を入れるのも美味しいです。生姜を入れることでさらに体を温めてくれますよ。

Thumb生姜紅茶のレシピと効能まとめ!ダイエット効果も期待できる?

朝食に簡単美味しいレシピ【ゆず茶トースト】

朝食って仕事に行く前や、子供達を送り出すために忙しい時間帯ですよね。そんな時に、さっと食べられる食事だととても助かるもの。ゆず茶トーストは朝から甘いパンを食べたい時にピッタリの簡単レシピです。子供から大人まで美味しく食べるこができるので、是非作ってみて下さいね。

ゆず茶トーストのレシピとしては、まずマーガリンを塗っったパンを軽くトーストします。目安としては、ほんのり茶色くなるくらいで大丈夫です。一度取り出してゆず茶の素を乗せて、また、トーストしましょう。お好みでグラニュー糖を乗せるとさらに甘みがしっかりと増します。パンが程よく茶色く焼けたら完成です。

ゆず茶トーストのアレンジレシピはたくさんあります。クリームチーズと一緒に乗せて焼いたり、ゆず茶トーストにシナモンや抹茶パウダーをふりかけても香りが異なって美味しいですよ。とろけるチーズも塩気とゆず茶の甘みが相まってとても美味しいです。

ゆず茶があれば簡単に出来るおすすめレシピ【ゆず茶ドレッシング】

女性の方が多く食べるのがサラダですよね。今はコンビニでもたくさんのサラダがありますので、ちょっとした野菜不足の解消に役立っています。そんなサラダに必要不可欠なアイテムがドレッシングです。ドレッシングはたくさんの種類が販売されていますが、是非ゆず茶があればドレッシングも手作りしてみましょう。添加物も入っていませんし、何よりも自分の好みの味わいに近づけることができますよ。

ゆず茶のドレッシングの材料としては、オリーブオイル大さじ1、酢大さじ3、しょうゆ小さじ1、塩少々、ブラックペッパー少々、ゆず茶大さじ1です。レシピはこの材料を全て混ぜるだけで完成です。酢はバルサミコ酢だと濃厚な味わいになりますし、酸っぱいのが余り得意でない方はすし酢など甘みがあるものを使うのがおすすめで美味しいですよ。

温野菜と一緒に食べると効果がアップするおすすめレシピ

サラダは生野菜を食べる事が多いですよね。もちろん生野菜も体にはたくさんの効果や効能がありますので、良いのですが、体を冷やしてしまうといったデメリットがあります。生野菜をサラダとして食べる場合には体温を挙げやすい良質な油の摂取を一緒にするのがおすすめですが、サラダを温野菜にするのも美味しいアレンジレシピですよ。

ブロッコリーや人参、じゃがいもなどを電子レンジでチンするだけで十分サラダになりますし、野菜を温めることで体温の上昇効果もありますし、いつものサラダよりも多くの量の野菜を摂取することができます。是非温野菜サラダ試してみて下さいね。

ゆず茶があれば味のアクセントが簡単なおすすめレシピ【ゆず茶と鶏肉のソテー】

アレンジレシピが豊富なゆず茶は、もちろん料理にもおすすめです。甘みの代わりに使うことができますし、コクをプラスすることができます。おすすめのレシピがゆず茶と鶏肉のソテーです。材料は鶏もも肉1枚、玉ねぎ1個、ゆず茶大さじ1、醤油大さじ1と2分の1、酒大さじ1、片栗粉大さじ1です。ゆず茶の甘みが足りない場合には、量を変更して下さいね。

レシピとしては、まず鶏肉は一口大にカットし片栗粉をまぶしておきます。玉ねぎはざく切りやくし切りで大丈夫なのでカットしておきましょう。サラダ油(分量外)をフライパンに伸ばしで熱し、鶏肉を焼いていきます。両面に焦げ目がついたら玉ねぎも炒めて、蓋をして弱火で10分程熱し鶏肉の中まで火を通しましょう。

余分な油をキッチンペーパーで拭き取ってから、ゆず茶と醤油、酒を合わせた調味料をいれてしっかりと馴染ませましょう。焦げやすいので注意して焼くのがポイントです。しっかりと全体に馴染んだら、お皿に乗せて盛り付けましょう。ゆず茶の甘みがしっかりとついて鶏肉が美味しく食べられるレシピですよ。

誰でも簡単圧力鍋で簡単レシピ!【ゆず茶とさんまの醤油煮】

魚料理はいつも塩焼きや照り焼きになっていませんか?魚は臭みもありますので、調理が意外と難しいですよね。そんな時に圧力鍋でさっと作ることができるのが、ゆず茶とさんまの醤油煮です。さんまとゆず茶を使ったアレンジレシピは、ごはんにが進むしっかりとした味になっています。

ゆず茶とさんまの醤油煮の材料は生サンマ2尾、ゆず茶大さじ1、はちみつ大さじ1、酢大さじ1、酒大さじ1、醤油大さじ1です。レシピはまず生サンマは内臓を取り除き3等分しておきましょう。内臓部分は綺麗にしっかりと洗うと苦味が出にくくなります。調味料とサンマを圧力鍋にいれて、強火で5分加圧しましょう。その後、弱火にして5分煮れば、完成です。圧力鍋を使用していますので、骨まで柔らかくなっていますよ。

魚料理に困った時には是非作ってみて下さいね。サンマの臭みが苦手な人はイワシでも美味しいですし、生姜を入れるとさらに臭みが減りますよ。和食のメインにおすすめのレシピです。

アイスに混ぜて滑らか美味しいレシピ【ゆず茶とヨーグルトアイス】

デザートにおすすめなのがゆず茶とヨーグルトを使ったアイスです。さっと食べたい時に作ることが出来ますし簡単なアレンジレシピですので、おもてなしにもおすすめです。ゆず茶のヨーグルトアイスの材料はプレーンヨーグルト300g、に市販のバニラアイスクリーム2つ、ゆず茶小さじ2です。

ボウルにバニラアイスクリームをいれてソフトクリーム状になるまでゴムベラで混ぜます。そこへプレーンヨーグルトとゆず茶をいれて均一になるまで、しっかりと混ぜましょう。出来上がったのも冷凍できる容器にいれて、冷凍庫へ入れて約2時間冷やしましょう。

アイスがしっかりと固まったら完成です。ミントの葉を添えたり、フルーツを添えて食べるとさらに美味しいですよ。ゆず茶で甘くなりますが、好みで量は調節して下さいね。さっぱりと食べられておすすめのアレンジレシピです。

効果もたくさんあるゆず茶を色々なアレンジレシピで楽しもう!

たくさんの効果があるゆず茶。女性には特に飲んで欲しいおすすめのお茶です。簡単に作ることが出来ますので、飲みたい時に飲めるのも嬉しいですよね。ゆず茶は甘みもありますので、おやつ代わりにも美味しいですよ。

和食・洋食・デザートまで色々アレンジレシピがあるのでおすすめ!

また和食から洋食、デザートに至るまでたくさんのレシピがあるので、ゆず茶がたくさんある場合には色々な料理に活用してみてください。コクや照りをだしてくれますし、いつもと違うメインを作ることができますよ。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-04-01 時点

新着一覧