唐揚げは小麦粉と片栗粉どっちが美味しい?カリッと仕上がるレシピも紹介

唐揚げの衣を作る時に、小麦粉と片栗粉どちらを使っていますか?カリッカリの唐揚げを作るには、揚げ方の前にまずは粉を選びましょう。小麦粉や片栗粉、それぞれ仕上がりに違いがあります。小麦粉や片栗粉、それぞれの違いや美味しい唐揚げ作りの方法について見ていきましょう。

唐揚げは小麦粉と片栗粉どっちが美味しい?カリッと仕上がるレシピも紹介

目次

  1. 唐揚げの衣は小麦粉など使う粉によって違いがある
  2. 好みの食感ごとに唐揚げの衣を使い分けよう
  3. しっとり唐揚げは「小麦粉」で衣作り
  4. カリカリ唐揚げは小麦粉よりも「片栗粉」で衣作り
  5. 「小麦粉」と「片栗粉」合わせ技でふんわりサクサクの唐揚げ
  6. クリスピーな唐揚げは意外な物で簡単に
  7. 小麦粉や片栗粉に合わせて使いたい「卵」
  8. 小麦粉を使ったカリっとした唐揚げのレシピ
  9. 揚げ焼きでも小麦粉を使ってカリっとした唐揚げを
  10. 唐揚げは好みの食感に合わせて小麦粉や他の粉類を選ぼう

唐揚げの衣は小麦粉など使う粉によって違いがある

揚げ物が上手に出来ると、料理が上手になったなと嬉しくなります。そんな揚げ物の中でも、作られる頻度が高い唐揚げ。唐揚げは子供から大人まで大好きなメニューの一つです。揚げたての唐揚げもいいですが、カリっとして味のしっかりとした唐揚げは冷めても美味しくお弁当に入っていると嬉しいメニューです。おつまみとしても、おかずとしても人気です。

しかし、唐揚げをカリっと仕上げるのは中々至難の業です。毎回上手くいくわけでもなく、揚げ方がいけないのかパサついたりべちゃっとしてがっかりしてしまう事も多々あります。もちろん揚げ方に注意するのも大事な事ですが、実はカリっとした唐揚げに仕上げるには衣に使う粉に秘密があります。市販の粉を使わずに、カリっとした唐揚げを作ってみましょう。

そこで今回は、唐揚げの衣について詳しく見ていきましょう。よく衣に使われている小麦粉や片栗粉、どっちを使うか悩みますが、仕上がりで選びましょう。しっとりの唐揚げが好きか、カリッカリの唐揚げが好きか、好みに合わせて使う粉を選びましょう。一緒に、美味しい唐揚げを作るレシピもご紹介していきます。これで失敗せずに唐揚げを作る事が出来ます。

好みの食感ごとに唐揚げの衣を使い分けよう

普段唐揚げを作る時に使っているのは、小麦粉と片栗粉どっちを使っていますか?普段小麦粉を使っていると、何となく当たり前のように小麦粉ばかりを使ってしまいがちですが、実は使う粉によってもカリっと仕上がるか、しっとりと仕上がるか違って来ます。そう、普段揚げ方にばかり気を使いがちですが、実は使う粉によっても仕上がりが違うのです。

では、小麦粉と片栗粉どっちが正解なのでしょうか。実は、どっちを使っても良いのです。しかし、カリっとした唐揚げが好きならカリっとする物を、しっとりした唐揚げが好きならしっとりとする物を選ぶ事がベストです。まずは好みに合わせて粉を選びましょう。そこでここからは、小麦粉など使う粉ごとの仕上がりと使い方について見ていきましょう。

しっとり唐揚げは「小麦粉」で衣作り

しっとりとして、衣が柔らかい唐揚げが好みなら小麦粉をおすすめします。小麦粉を使うと、カリっとするよりもお肉自体に衣が密着しやすく、旨味が詰まったしっとりとした唐揚げに仕上がります。また、最初からしっとりと仕上がるので冷めても食感が変わらないのも特徴です。お弁当など、冷めても美味しい唐揚げを目指すなら小麦粉がおすすめです。

小麦粉を使う場合には、下味を付けた鶏肉の水気を軽く拭き、均一に行きわたるように小麦粉をまぶしていきます。あまり付けすぎず、振りかける程度で大丈夫です。ここであまり小麦粉をかけ過ぎてしまうと、小麦粉は重たくべちゃっとなりやすいので衣が剝がれる原因にもなってしまいます。また、練りこむとねばりが出てきて重たい唐揚げになってしまいます。

カリカリ唐揚げは小麦粉よりも「片栗粉」で衣作り

カリっとした唐揚げが好きなら、小麦粉よりも片栗粉を使ってみましょう。片栗粉は、小麦粉よりもカリっとしっかりとした衣になります。ちょっと硬めな衣は、唐揚げにあんやタレをかけて食べる食べ方にピッタリです。時間と共に衣が柔らかくなってしまうので、揚げたてをカリっと食べる時には片栗粉がおすすめです。竜田揚げも片栗粉で作られています。

片栗粉を使う場合には、小麦粉よりもしっかりとまぶす必要があります。小麦粉よりもお肉に付きにくいので、水気を拭き取った後にしっかりとお肉に付けて揚げていきましょう。そのままではあまり付かないと言う場合には、この後ご紹介する卵を使った合わせ技でしっかりとお肉に片栗粉を付ける事が出来ます。しっかりと付ける事で、よりカリっと仕上がります。

「小麦粉」と「片栗粉」合わせ技でふんわりサクサクの唐揚げ

小麦粉と片栗粉、どっちものいい所を取ったのが合わせ技です。片栗粉だけの唐揚げは少し硬すぎるし、かと言って小麦粉だけではしなしなで冷凍の唐揚げのように感じてしまうという場合には、片栗粉と小麦粉を両方使って揚げていきましょう。小麦粉のおかげで中はしっとりとして、表面は程よくカリっとした食感を残して揚げる事が出来ます。

両方を使う場合の衣の付け方は、二通りあります。まずは、小麦粉を付けてから片栗粉を付ける方法です。小麦粉がしっかりと鶏肉に密着するので、しっかりと旨味を閉じ込めてくれます。ここでたくさん小麦粉を付けてしまうと、片栗粉が付きにくくなってしまうので小麦粉は振りかける程度に、少し小麦粉が馴染んでから片栗粉を付けると付きやすくなります。

もう一つは、小麦粉と片栗粉を混ぜた物にお肉を付けていく方法です。基本の配合は、小麦粉と片栗粉同量ずつですが、小麦粉が多いと少ししっとりめに、片栗粉が多めで少しカリっと仕上がります。好みに合わせて分量を変えてみましょう。最初から混ぜてあるので、どっちも均等にお肉に付ける事が出来て簡単です。泡立て器で粉どうしを混ぜると均一になります。

クリスピーな唐揚げは意外な物で簡単に

サックサクのカリカリなクリスピーな唐揚げには、意外な粉を使ってみましょう。それが、米粉や上新粉です。どっちも米から出来ている粉で、小麦粉と片栗粉を合わせたような食感に仕上げてくれます。米粉や上新粉だけで衣を付ければ、しっかりとサクサクカリっと仕上がってクリスピーな唐揚げになりますが、片栗粉と合わせて作るとさっくり柔らかく仕上がります。

片栗粉と米粉や上新粉を合わせて使う場合には、片栗粉に2割程度の米粉や上新粉を合わせて付けていくだけです。少しさっくり感を増やしたい場合には、4割程度に増やすとさっくり感が増します。最初にしっかりと粉類を混ぜ合わせてから付けていくようにしましょう。時間が経つと、少し衣が柔らかくなっていくので、揚げたての香ばしさを味わいましょう。

小麦粉や片栗粉に合わせて使いたい「卵」

ここで気になってくるのが、卵です。卵を使った唐揚げも多々ありますが、付けるタイミングや揉みこんでおく必要があるのかなど付け方も様々あってどの方法が良いのかお悩みの人も多いようです。ここで、美味しい唐揚げに仕上げる卵の使うタイミングを見ていきましょう。卵を使う事で、粉類を付けやすくするだけでなく旨味をより閉じ込めてくれます。

卵を使うタイミングは、一番最初です。浸けていた汁を捨てて、軽く水気を拭き取ったお肉に溶き卵を揉みこんで馴染ませましょう。その後、小麦粉や片栗粉をまぶしていきます。溶き卵にくぐらせるだけよりも、しっかりと揉みこんでおいた方が美味しい唐揚げに仕上げる事が出来ます。米粉や上新粉を使う場合も同様にする事でより美味しい唐揚げに仕上がります。

小麦粉を使ったカリっとした唐揚げのレシピ

ここで美味しい唐揚げのレシピをご紹介しましょう。まずは、基本のたっぷりの揚げ油で揚げる方法です。まずは、使う鶏肉を同じ大きさに揃えてカットし、フォークで穴をあけておきます。これで均一に揚げる事が出来ます。その後、好みの下味を付けて行きます。浸ける時間は15~20分程度にしましょう。一晩浸けるレシピもありますが、パサつきやすくなります。

浸け終わったら、つけ汁を捨てて軽く水分を拭き取り卵を揉みこみましょう。小麦粉と片栗粉を合わせておいた物をしっかりとまぶして、180度に熱した油で揚げて行きます。1分半程度経ったら一度上げ、少し休ませてから再度同じ温度で40秒ほど揚げれば完成です。休ませている間に予熱で火が通るので、短時間で揚げる事ができパサつかずにカリっと仕上がります。

揚げ焼きでも小麦粉を使ってカリっとした唐揚げを

最近では揚げ油を少量で済ませる事の出来る揚げ焼きのレシピも人気です。そこで、揚げ焼きで美味しい唐揚げを作るレシピも見ていきましょう。衣を付けるまでは、基本的に同じです。しかし、違うのは揚げ方です。まずは、フライパンに1㎝程度の油を中強火で少し高温に温めて行きます。沸々してきたら、準備しておいたお肉を重ならないように入れます。

衣がしっかりと固まるまで触らないようにして、ふちの色が変わって来たら初めてひっくり返しましょう。最初は5分程度かかりますが、裏返してからは色が付きやすくなります。その後は、軽く空気に触れさせるようにひっくり返しながら揚げていきましょう。こんがりとした色になったら完成です。このレシピなら、空気に触れる事でカリっと仕上がります。

唐揚げは好みの食感に合わせて小麦粉や他の粉類を選ぼう

唐揚げにも好みの食感が様々あります。揚げ方だけでなく、衣にもしっかりと好みの食感に仕上げる粉を選ぶ事でより美味しい唐揚げに仕上げる事が出来ます。まずは衣にこだわってみて、そこからしっかりとした揚げ方で完成させましょう。

一緒に読みたい唐揚げに関するおすすめの記事

Thumb唐揚げは二度揚げが秘訣!美味しく揚げるコツは時間と温度が決め手?
Thumb鶏胸肉の唐揚げ!簡単に美味しくジューシーに仕上げるコツは?
Thumb唐揚げのカロリーは?太る?ダイエット中に注意する事とは?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-04-01 時点

新着一覧